温泉10種類の泉質の効能 共通するのは高血圧と糖尿病の改善

ライフ

2019.09.21 07:00  女性セブン

onsen_02-2019-09-21-11-47.jpg

効能のある温泉が豊富にある日本!

写真1枚

 

 源泉の数が約2万7000以上という世界一の温泉大国・日本。その効果を存分に活用しないなんてもったいない! 不調改善に期待できる温泉を、医学博士の一石英一郎さんが科学的目線でピックアップした。

「泉質は大きく分けて10種に分けられます。全泉質に共通する効能は、高血圧と糖尿病の改善。加えてそれぞれの泉質ごとに、期待できる効能があります」(一石さん・以下同)

 温泉の効能には、【1】温度や水圧による温熱効果やマッサージ効果(物理的作用)、【2】食塩や二酸化炭素など、温泉に含まれる成分による健康効果(化学的作用)、【3】自律神経やホルモンバランスを整えることによる癒し効果(生物学的作用)の3つがあると一石さん。

「入浴すると温泉成分は皮膚に付着して膜を張り、芯から体を温めます。さらに、炭酸ガスや硫化水素ガスなどが含まれる温泉では、皮膚を通して吸収されたガスが血管を拡張し、血流を促します。その結果、血圧も低下し、免疫力もアップ。ほかにも老廃物の排出、鎮痛作用、美白効果…など、本当に数多くの効果が期待できます」

 効果が高い温泉だが、入浴は1日に4回までを限度に。また入浴前には心臓に遠い場所からかけ湯を行い、温度差によるヒートショックを防止することが大切。

「基本、入浴後に温泉成分は流さないほうがよいのですが、肌に刺激の強い硫黄泉や酸性泉は真水で洗い流しましょう」

◆10種類の泉質の特徴

【硫酸塩泉】

硫酸と聞くと危ないのではと思いがちだが、古くから火傷や怪我に効くと重宝されてきた“傷の湯”である。そのため、手術後の回復などにもよいとされている。

・効能:火傷・切り傷・血圧低下・動脈硬化など

【炭酸水素塩泉】

重曹などを含む弱アルカリ性のお湯は、肌にやさしく美容効果がある。お湯から上がるとひんやりと爽やかな感覚があり、暑い日の入浴にもおすすめ。

・効能:美肌作用・皮膚乾燥症・肌荒れなど

【塩化物泉】

濃い塩分量が皮膚を刺激して、体を芯から温めポカポカにするため“熱の湯”ともいわれる。リラックス効果も高く、自律神経のバランスも整えてくれる。

・効能:自律神経・末梢循環障害・冷え性・血流向上・殺菌作用など

【単純泉】

全国の7~8割を占める最もポピュラーな温泉。マイルドなお湯は無味無臭で、湯あたりしにくく入りやすい。食塩・マグネシウム・亜鉛の成分が疲労に効く。

・効能:疲労回復・動脈硬化・リウマチ・脳卒中・病後、術後の静養など

【硫黄泉】

卵の腐ったような臭いのする硫黄泉。血中に硫黄が巡ることで体内の酸化を防ぎ、細胞や遺伝子を活性化させる。ただし、硫黄泉の臭気の吸いすぎには要注意。

・効能:細胞活性化・血管拡張・鎮痛・血流促進など

【含ヨウ素泉】

消毒液に含まれるヨウ素成分には殺菌作用があり、臭いも少し薬品のような香りがする。また全身の代謝を促し、皮膚や髪のターンオーバーを早めて美容にも◎。

・効能:殺菌作用・代謝活性・甲状腺ホルモン活性化など

【含鉄泉】

鉄分が豊富なため鉄欠乏性貧血や疲れやすい症状にはもってこい。見た目は茶褐色。成分の鉄分は酸化すると錆びるため、源泉に近い温泉を選ぶとよい。

・効能:めまい・貧血症・神経痛・疲労回復・うつ症状など

【酸性泉】

世界的に数の少ない貴重な泉質。強い殺菌効果があり、水虫やアトピー性皮膚炎にも効くとされ、湯治では仕上げの湯として他の泉質と共に利用されることも。

・効能:殺菌作用・アトピー性皮膚炎・湿疹など

【二酸化炭素泉】

炭酸水のような気泡が肌につく泉質。入浴後は血圧低下効果が長く持続し、心臓への負担が小さいというメリットもある。低温でも保温効果は抜群だ。

・効能:心臓疾患・冷え性・末梢循環障害・血管拡張など

【放射能泉】

ラジウムやラドンなどの放射線物質が含まれている泉質。放射線は危険なイメージが強いが実は微量であれば、細胞を刺激して免疫力を増す健康効果がある。

・効能:免疫力アップ・リウマチ・痛風・更年期障害・細胞活性化など

 

【Profile】医学博士・一石英一郎さん/国際医療福祉大学病院内科学教授。全国の温泉を巡り、温泉を活用した健康法に精通。温泉入浴指導員の資格を持つ。著書に『医者が教える最強の温泉習慣』(扶桑社)。

※女性セブン2019年9月26日・10月3日号

温泉10種類の泉質の効能 共通するのは高血圧と糖尿病の改善|NEWSポストセブン

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

睡眠不足大国の日本! 

秋の夜長にぐっすり眠るためのポイントは

“就寝時間”よりも“起床時間”

PastedGraphic-2019-09-19-11-41.png

 

 春眠ならぬ、秋眠暁を覚えず。秋の足音が聞こえ始め、だんだん日が短くなってきました。夜が明けるのが遅くなり、朝起きるのがつらいという人も多いのではないでしょうか。

【写真】この記事の写真を見る(6枚)

 世界的に見て日本人の睡眠時間は短いのですが、それが近年はますます顕著になってきています。厚生労働省の調査によると、1日の睡眠時間が6時間未満の人は、2007年には3割未満だったのが、2015年には約4割に増えました(平成27年「国民健康・栄養調査」)。

 その要因の一つがスマホの普及だと考えられます。深夜までSNSやオンラインゲーム、ネットサーフィンに没頭する人が多いのではないでしょうか。しかし、眠る前に明るい光を浴び続けると入眠時間が遅れ、眠りも浅くなってしまいます。

 睡眠不足が続くと日常生活や仕事に支障をきたすだけではありません。病気の発症や悪化とも関連すると言われています。ですから、秋の夜長を楽しむのもほどほどにして、質のいい睡眠をとるよう心がけてほしいのです。

睡眠不足の人には肥満が多い

 たとえば、睡眠不足が引き起こす病気に、糖尿病高血圧があります。以前取材した睡眠障害の専門医によると、睡眠不足が続くと、血糖値を調整するホルモンであるインスリンの働きが弱まり、血糖値が上昇しやすくなるそうです。

 また、睡眠不足の人には肥満が多いという研究結果もあります。これは、食欲を抑制するホルモンである「レプチン」が低下する一方で、空腹を促すホルモンである「グレリン」の分泌が増加することが一つの要因として考えられています。

 さらに、眠たいと昼間の活動性が落ちて運動不足になりがちなうえに、睡眠不足によって生じるストレスを解消しようと食欲が増します。それによって太りやすくなって、糖尿病や高血圧を引き起こしやすくなるのです。実際、睡眠不足があると糖尿病や高血圧のリスクが1・5~3倍高くなるという研究結果が複数あります。

 このように、睡眠不足は糖尿病や高血圧を引き起こす原因となるのですが、これとは逆に、糖尿病や高血圧が睡眠不足の原因になるという研究結果もあります。

 糖尿病になると、口が渇く、夜間頻尿になる、神経の合併症で足に痛みやしびれが起こるなどの症状が出てきます。そのため、夜、眠れないと訴える人が増えるのです。糖尿病患者は健常な人に比べ、2倍も不眠を訴える頻度が高くなるという研究があります。

 また、自律神経は夜になると体をリラックスさせ、眠りに誘う「副交感神経」が優位になるのですが、高血圧の人は昼間の活動性を高める「交感神経」が亢進するため、眠りにくくなります。さらに、降圧薬を飲んでいると、その副作用で眠りにくくなることもあります。

 このように、睡眠が十分にとれていないと糖尿病や高血圧になり、今度はそれらの病気が不眠を悪化させるという悪循環に陥ってしまう恐れがあるのです。もしかすると眠れないで困っている人は、こうした病気が隠れている可能性もあります。不眠で医療機関にかかる人は、糖尿病や高血圧の可能性もないか、医師に診てもらったほうがいいでしょう。

 では、睡眠不足に陥らないためには、どうすればいいのでしょうか。ネットなどを検索すると、様々な安眠法が紹介されていますが、専門医の多くが第一に勧めるのが「寝る時間」より「起きる時間」を決めることです。なぜなら、朝、目覚めて光を浴びることで、睡眠覚醒リズムをコントロールしている体内時計がリセットされるからです。

 人は、目覚めてから16~17時間後に睡眠のスイッチが入ります。たとえば、朝6時に起きたとしたら、夜の10時か11時頃には眠たくなります。このリズムを狂わせないためにも、寝不足のときには早い時間に眠ることよりも、決まった時間に起きることを意識したほうがいいのです。

 平日に睡眠不足が重なった場合は、休日に1~2時間朝寝坊してかまいませんが、体内時計を狂わせないためにも、できれば同じ時間に起きるよう心がけましょう。また、光をほとんど通さない遮光カーテンを使っていると朝日が入らず、リズムが整いにくくなるので、10センチほど開けて眠るようにしてください。

 夜眠る前は、前述の通り強い光を浴びてはいけません。入眠の1時間前までには、スマホやテレビのスイッチを消しましょう。室内の灯も電球程度の明るさに落とし、リラックスして過ごすようにしてください。専門医によると、夜寝る前のテレビやスマホをやめただけで、ぐっすり眠れるようになる人も多いそうです。

睡眠時間にこだわり過ぎないことが大事

 もう一つ大事なのが、睡眠時間にこだわり過ぎないことです。04年に名古屋大学の研究グループが日本人11万人を10年間追跡した調査で、平日の睡眠時間は7時間(6.5~7.4時間)の人が最も長生き(死亡リスクが低い)という結果が出ています。また、かつて「理想の睡眠時間は8時間」などと言われました。

 そのため、専門医の元には「8時間も眠れない」と訴えて受診する患者、とくに高齢者が少なくないそうです。しかし、睡眠時間はエネルギー代謝と関係しています。15歳くらいまでの成長期にある子どもは8時間以上眠り、深く眠る時間も長いのですが、年を取るほど代謝が落ちて睡眠時間が短くなり、65歳以上になると平均6時間ほどしか眠れません。

 年をとってあまり眠れなくなるのは、人として自然なことなのです。にもかかわらず、高齢者は早い時間から床に入りがちです。すると、夜中にトイレに行ったきり眠れないとか、早すぎる時間に目が覚めて、朝まで身を持て余すということになります。朝ちょうどいい時間に目覚めるためにも、むしろ高齢者ほど少し夜更かしをしたほうがいいのです。

 また、高齢者の中には、テレビを見ながら昼間にウトウトして、気が付いたら夕方という人もいます。もちろんこれも、夜に眠れない原因になります。昼寝をするとしても、強い眠気が出る午後2時頃に、30分までにとどめることが大切です。

「眠れない」という焦りが不眠の原因に

 そして、「きょうよう」と「きょういく」と言うのですが、「今日、用事がある」「今日、行くところがある」という具合に、昼間に外出をして、心地よい疲れを感じるような活動をすることが、いい眠りにつながると言われています。

 そうした心がけをしても、十分な睡眠時間がとれないことは誰でもあります。しかし、「眠れなかった」と心配し過ぎるのは、かえってよくありません。眠れないと焦ることが、不眠の原因にもなるからです。

 人によっては体質的に長く眠らなければ満足できない「ロングスリーパー」がいれば、眠らずしゃべり続けていると言われる明石家さんまさんのように、「ショートスリーパー」もいます。専門医によると「朝起きて疲れがとれていて、昼間の活動に差支えがなければ、睡眠時間は十分足りている」とのこと。その人によって、必要な睡眠時間は異なるのです。

 あまり眠れずに、何日も何週間も疲労感が取れないといった場合は専門医の受診をおすすめしますが、1週間に3~4日以上「よく眠れた」と思える日があれば、よしとすべきでしょう。

 とはいえ、睡眠不足が続いてしまうと病気を招きます。いい睡眠がとれるよう心がけつつ、秋の夜長を楽しみましょう。

◆◆◆

 より詳しい睡眠不足の原因と解消法については、鳥集徹「寝る時間より『起きる時間』を決める」(「文藝春秋」 2018年 2 月号)をご参照ください。

鳥集 徹

睡眠不足大国の日本! 秋の夜長にぐっすり眠るためのポイントは“就寝時間”よりも“起床時間”(文春オンライン) – Yahoo!ニュース

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

最愛の夫が糖尿病になり…夫婦生活が変わってしまった

All About

糖尿病の夫に浮気を勧められて

長年、結婚生活を送っていると、何もなく平穏に過ごす時期がいかに少ないか、それがいかに貴重かがわかってくるものなのかもしれない。マリエさん(46歳)の夫は糖尿病と診断された。幸い、薬を服用しながら仕事は続けているが、男女としての関係はなくなっている。

夫のことは大好きだけれど

10歳年上の夫と結婚して18年。マリエさんにとって、夫は大事な人だ。

「仕事でうまく人間関係を築けず、ぼろぼろになっていた私を救ってくれたのが会社の先輩だった夫。人間関係で過敏になるな、仕事は必死に取り組めば誰かが見てくれると励ましてくれ、ある程度、仕事で評価を得たところで結婚したんです。逃げの結婚だったらきっとうまくいっていなかった」

妊娠がわかって退職、ふたりの子をもうけてマリエさんはパートで働いている。

「夫は仕事人間だけど家庭も大事にしています。子どもたちが小さいときはよく、ふたりを遊びに連れ出して、私がひとりで好きなことをできる時間を作ってくれた。気持ちがやさしいんです。そんな彼が糖尿病と診断されたのは3年前。彼の両親がふたりとも糖尿病だったから気をつけていたみたいですが、それでもやはり予防しきれなかった」

入院治療したことである程度、よくはなったが、薬は手放せない。マリエさんも夫の食事にはことさら気を遣い、一生懸命勉強もした。

「ただ、性機能だけはどうもダメみたいなんです」

子どもが大きくなっても、夫婦は週に1、2度必ず愛を確認してきた。セックスレスなんて自分たちには関係のない言葉だと思っていた。だが夫が病気になってから、どうがんばってもできなくなってしまったのだという。

「私は抱き合うだけでもよかった。でも夫にしてみれば、『したい気持ちはあるけど、できないのがつらい』と。だからスキンシップも避けたいみたいなんですよね。私は夫のことが大好きだから、その気持ちもよくわかりました」

一緒に寝ていたダブルベッドを、シングルふたつに変更、ベッドの間には少し距離がある。

我慢がイライラを招いて

それまで満たされていたから気づかなかったのだが、夫とレスになってみるとマリエさんはだんだん気持ちが乱れていった。

「自分でも抑制がきかないくらいイライラして子どもに八つ当たりしてしまっては落ち込んで。たまに夫が抱きしめてくれると、かえってせつなくて泣いてしまう。性欲が満たされないからイライラしているんだ、と思いたくない。私はそんな女じゃないってなぜか虚勢を張って。でもやっぱりイライラするんですよ」

夫が見かねてセルフプレジャー用の商品を買ってきてくれたこともある。だがマリエさんは使うことに抵抗があった。それまで自分でしたことがなかったのだ。

「そのうち、夫が『マリエ、浮気してもいいよ』と言い出した。オレはマリエを満たしてやれない。きみがイライラしているのを見るとせつないし悲しい。もしチャンスがあるなら、他の男性としてきてもいいんだよって。夫にそう言わせてしまった自分が情けなくて……」

そんなことはできない、あなた以外の人とする気にはなれないと夫にしがみついて泣いたという。

「あれから夫は何も言いませんが、最近、私もそろそろ限界かなと思うようになっているんです。今、パート先で知り合った男性が気になって。先日、ふたりでお茶したんですが、あちらも既婚者で、奥さんが病弱だということがわかった。似たような境遇なんだねって共感しあったんですよね。たぶん私がその気にさえなればいいんだとわかってはいる。あと一歩、踏み出してしまおうかと思いながら、やっぱりそれは病気の夫に申し訳ないという気持ちもあって苦しいんです」

おそらくマリエさんの気持ちは、彼とつきあうことを望んでいる。何もしなければ夫への愛を貫いたことになるのか、それとも穏やかに夫と接するためにも彼とつきあったほうがいいのか、誰にも答えは出せないのかもしれない。

(文:亀山 早苗(恋愛ガイド))

最愛の夫が糖尿病になり…夫婦生活が変わってしまった(2019年9月19日)|BIGLOBEニュース

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

「テアニン」含む緑茶の摂取が糖尿病リスク低減の可能性 

九州大学とサントリー共同研究

2019/9/18 16:30

   昨今、糖尿病疾患が増加している。2017(平成29)年に厚生労働省が発表した「2017年患者調査の概況」によると、糖尿病の人口は過去最多の328万9000人だ。年間医療費は1兆2076億円に上る(厚生労働省「平成25年度国民医療費の概況」)。糖尿病には遺伝的要因の1型と環境要因の2型がある。2型の発症要因は生活習慣で、糖尿病人口増加を防ぐには「発症の予防や早期発見が重要」だ。

   生活習慣を正しつつ、糖尿病にならないよう過ごす。そのヒントが、九州大学久山町研究室とサントリー食品インターナショナルが19年6月に発表した共同研究結果にあった。旨味成分「L-テアニン(以下、テアニン)」を含んだ緑茶を摂取すると、糖尿病リスクの低減に貢献する可能性があると示されたのだ。

糖尿病リスク低減の第一歩「『緑茶を飲む』選択肢を持つ」

   J-CASTトレンドは19年9月、福岡県久山町の「ヘルスC&Cセンター」で、緑茶摂取による糖尿病リスク低減の可能性について取材した。九州大学大学院医学研究院衛生・公衆衛生学分野の二宮利治教授によると、テアニンとはアミノ酸の一種で、緑茶の旨味・甘味成分だ。お茶の中でも、玉露や煎茶は1杯あたり約40ミリグラムと、特に多く含んでいる。

「テアニンは摂取後約1時間で血中濃度がピークになり、12時間で消失します。そのため、空腹状態で受診する健康診断ではテアニン濃度を測ることは難しい。そこでテアニンの代謝物であり、摂取から24時間後も血中に持続する『エチルアミン』濃度を測定することで糖尿病の発症リスクを調べました」(二宮教授)

   約2200人を対象に、住民健診で使用するアンケート項目の「緑茶の摂取」に関する記録と健診時に採血した保存血清を用いて7年間追跡研究した結果、血清エチルアミン濃度が高い人ほど、糖尿病の発症リスク低下が見られたという。

「バランスのよい食事を取り、適度に運動するなど規則正しい生活を送ることが重要です。そのうえで例えば『普段であれば炭酸飲料や嗜好品を飲むところを緑茶に替えてみる』ことが望ましい。日々の中に『緑茶を飲む』選択肢を持つことが、糖尿病リスク低減への第一歩になるのではないでしょうか」(二宮教授)

日本の茶葉特有「テアニン」の可能性追求

   九州大学は1961年から、久山町と相互協力のもと、40歳以上の住民全員に対する疫学調査「久山町研究」を継続して行っている。内容は、住民が受診したその日に検診結果を出して発症リスクを伝える毎年の健診、「剖検」による正確な死因の究明、そして追跡率99%以上を誇る追跡調査だ。約60年にわたり、およそ1万人の健康情報を蓄積してきた。

   緑茶飲料「伊右衛門」を販売するサントリー食品インターナショナルは、今回、九州大学と共同で研究にあたった背景について、

「後継者不足などで高級緑茶茶葉の手配や入手に苦心している茶農家を元気にして茶葉生産のモチベーションを喚起することが、国内の茶農家の『源流調達』にこだわる伊右衛門の使命。そのために、緑茶に含まれる成分の中でも、伊右衛門が特徴としてもつ、日本の茶葉特有のテアニンに可能性がないかと考え、生活習慣病予防の研究と啓発に長年取り組む九州大学の久山町研究室のドアを叩いた」

と発表資料で明かしている。

「テアニン」含む緑茶の摂取が糖尿病リスク低減の可能性 九州大学とサントリー共同研究 : J-CASTトレンド

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病リスク、男女とも上昇 香川県の小4調査

香川県がまとめた小学4年生の児童を対象とした2018年度の小児生活習慣病予防健診で、糖尿病の発症リスクがある児童の割合は、男子で10.2%、女子で8.7%だった。17年度の調査と比べて男子で1.8ポイント、女子で0.4ポイント増加した。県は生活習慣の見直しを呼びかけていく。

肥満傾向の児童の割合は男女とも17年度を上回った。今回の検査結果から脂質異常が見つかった男子は9.6%(0.8ポイント増)、女子は10.1%(0.4ポイント減)で1割ほどの児童で異常がみられた。

香川県は糖尿病の患者が多く、炭水化物に偏った食生活などが原因とみられる。子供のころから適切な生活習慣を身につけてもらおうと調査を実施しており、18年度は小学4年生の7852人が参加。血液検査などのデータを集計した。

糖尿病リスク、男女とも上昇 香川県の小4調査  :日本経済新聞

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

本当に怖いよ糖尿病!糖質の摂り方、もう1度よく考えて!

インスリン分泌量の低下が糖尿病の元

運動で消費する糖質以上に糖分を摂取してしまい、高血糖傾向の体質になってしまう…。

これはよく聞く話ですが、果たして高血糖とはどんな状態なのでしょうか。高血糖とは、簡単にいえば血液中の糖の量が異常に高くなった状態を指します。

高血糖状態に陥ると、体内に摂取された糖質が消化・吸収されて生成されるグリコーゲンを、肝臓や筋肉に貯蔵するために必要となる「インスリン」 の分泌量の調節能力が低下します。

そして、この状態が続くことで糖尿病が発症するのです。

家族に糖尿病の人がいる場合は要注意

高血糖状態の間は自覚症状はほとんどなく、知らないうちに高血糖に陥っているという人が多いため、血糖値の検査は定期的に受けたほうがよいでしょう。

とくに、高血糖は遺伝的な面も高いといわれているので、家族に糖尿病の人がいる場合は注意が必要です。

また、過去に血糖値が高めと指摘されたことのある人も注意しましょう。

0029-2-1024x629-2019-09-18-11-37.jpg

日ごろからのケアが重要なポイント

糖尿病の真の恐怖は糖尿病が引き起こす合併症です。

中でも、目の病気(糖尿病性網膜症)、腎臓の病気(糖尿病性腎症)、手足のしびれなど末梢神経の病気(糖尿病性神経障害)が代表的な合併症。

動脈硬化などの血管系の疾患のリスクも高くなるうえに、免疫力が低下するので感染症にもかかりやすくなるというオマケつきです。

日ごろからの意識が大切!高血糖になりにくい体づくりを心がけましょう。

出典:『脱メタボ!太らない食べ方

監修:篠原絵里佳

ライター:YOLO編集部

本当に怖いよ糖尿病!糖質の摂り方、もう1度よく考えて! (2019年09月18日) |BIGLOBE Beauty

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

世界初の全員が1型糖尿病選手の

「チーム ノボ ノルディスク」

「2019ジャパンカップサイクルロードレース」

出場メンバー発表

2019年9月18日 13時09分


ノボ ノルディスク ファーマ株式会社(代表取締役社長:オーレ ムルスコウ ベック、本社:東京都千代田区)は、アジア最高位の自転車ロードレース「2019 ジャパンカップサイクルロードレース」(2019年10月18日(金)~20日(日)、宇都宮市にて開催)に出場する、全員が1 型糖尿病患者で構成されたプロサイクリングチーム「チーム ノボ ノルディスク」(米、UCIプロフェッショナルコンチネンタルチーム)の出場選手を発表します。チームは、本大会に6年連続での参戦となります。チーム ノボ ノルディスクは、10月19日(土)クリテリウム、20(日)サイクルロードレースに出場します。

2019ジャパンカップサイクルロードレースの出場メンバーは、下記の6名です。6年連続出場となるシャルル プラネ選手は、8月に開催されたツール・ド・ポローニュでMost Active Riderジャージを獲得しています。また、2019年よりチームに加わったペーテル クストル選手は、北京オリンピックにハンガリー代表として出場した経験を持ちます。クストル選手は、昨年33歳で1型糖尿病を発症しました。

d6756-28-403955-0-2019-09-18-11-20.png

今年のジャパンカップでは、選手が1型糖尿病の子どもたちの名前をバイクや自転車につけて走る“Fan of the Race”を開催する予定です。1型糖尿病を抱えていてもできることを示す彼らへの応援をお願いします。

「2019ジャパンカップサイクルロードレース」のチーム紹介はこちらをご覧ください。

http://www.japancup.gr.jp/image-gallery/term/447

チーム ノボ ノルディスクについて

チーム ノボ ノルディスクは、世界初の全員が1型糖尿病患者で構成されたプロサイクリングチームで、国際自転車競技連合(UCI)のプロフェッショナルコンチネンタルチームとして競技に参戦しています。
チーム ノボ ノルディスクのCEO兼共同創設者のフィル サザーランド氏は、糖尿病をコントロールしながら自転車のレースに挑戦することで、同じ1 型糖尿病とともに生きる人々を勇気づけられると考えチームを創設しました。
チーム ノボ ノルディスクのミッションは「糖尿病とともに生きる人々を元気づけ、治療に積極的に取り組み、それぞれの人生の目標に向けて生きていくことを応援する」ことです。
Changing Diabetes®(糖尿病を克服する)をミッションとする当社は、2012 年12 月にチームとパートナー契約を締結しました。

チーム ノボ ノルディスク公式サイト(英語): http://www.teamnovonordisk.com/
チーム ノボ ノルディスク日本語紹介サイト: http://www.club-dm.jp/tnn/

 Changing Diabetes®(糖尿病を克服する)について

ノボ ノルディスクのミッションである、Changing Diabetes®(糖尿病を克服する)は、患者さんがより良い血糖コントロールを行うことで、より質の高い生活の実現を目指すものです。さまざまな活動を通じて、ノボ ノルディスクは、糖尿病とともに生きる人々を応援していきます。

1 型糖尿病について

糖尿病には、1型、2型と呼ばれるタイプがあり、それぞれ発症要因が異なります。
日本で糖尿病全体の約95%を占める2型糖尿病は、遺伝的要因と環境的要因(過食や運動不足などの生活習慣や肥満、加齢など)が重なり合い、インスリン分泌の低下やインスリンの働きが悪くなることで発症します。
1 型糖尿病には、自己免疫反応の異常やウイルス感染により、すい臓のβ細胞を自分で攻撃してしまい、インスリンを出す機能を壊してしまうタイプ(自己免疫性)と原因不明のタイプ(特発性)の2 つがあります。いずれのタイプでも患者さんのすい臓は、自分でインスリンを出す力がなくなってしまいます。そのため、治療にはインスリン療法が必要です。特徴としては、10~20 代の若い人に突然発病する場合が多いですが、高齢者でも1型糖尿病として糖尿病を発症することがあります。日本では、2 型糖尿病に比べ非常に発症率が低いのが特徴で、1 年間に10 万人の中で約1.5~2.5 人ほど、1 型糖尿病を発症するひとが存在するといわれています*1。最も高い国はフィンランドで、1 年間に10万人の中で約40 人ほど、1型糖尿病を発症するひとが存在すると報告されています*2。最近では、遺伝子の中である特徴をもつ遺伝子と1 型糖尿病との関連が認められており、1 型糖尿病の発症メカニズムの解明が期待されています。

*1 Kida K, et al: Incidence of type 1 diabetes mellitus in children aged 0-14 in Japan, 1986-1990, including an analysis for seasonality of onset and month of birth: JDS study. Diabet Med 17:59-63,(2000)
*2 The DIAMOND Project Group: Incidence and trends of childhood Type 1 diabetes worldwide 1990-1999. Diabet Med 23:857-866,(2006)
出典:糖尿病サイト 糖尿病を知ろう http://www.club-dm.jp/column/1/5.php

ノボ ノルディスクについて

ノボ ノルディスクは、デンマークに本社を置き、95 年以上にわたり糖尿病治療に必要な革新的な医薬品の開発を通じ糖尿病ケアの革新をリードしてきました。糖尿病の克服を目指して培ってきた経験や能力は、肥満症、血友病、成長障害といったその他の重篤な慢性疾患の領域にも生かされています。ノボ ノルディスクは現在80カ国に約4万1,600人の社員を擁し、製品は170カ国以上で販売されています。日本法人は1980年に設立されました。  

世界初の全員が1型糖尿病選手の「チーム ノボ ノルディスク」 「2019ジャパンカップサイクルロードレース」出場メンバー発表|ノボ ノルディスク ファーマ株式会社のプレスリリース

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

「減塩」はやはり必要 塩分の摂り過ぎは糖尿病を悪化させる | ニュース・資料室 | 糖尿病ネットワーク

20190917-1-2019-09-17-11-26.jpg

 塩分の摂り過ぎが糖尿病を悪化させることを示した研究が相次いで発表されている。

 塩分の多い食事が、高血圧や体重増加の原因になり、心筋梗塞や脳卒中の危険性を上昇させることが、大規模な研究で確かめられている。

塩分の摂り過ぎが糖尿病リスクを上昇させる

 塩は血糖値に直接には影響しないが、過剰な塩分摂取は高血圧や体重増加の原因になり、結果としてインスリンが効きにくくなるインスリン抵抗性を引き起こし、2型糖尿病のリスクを上昇させると考えられている。

 糖尿病の人はとくに高血圧の影響をうけやすく、糖尿病と高血圧を治療しないでいると、心臓病、脳卒中、腎臓病などのリスクが上昇する。塩分の過剰摂取は胃がんなどのリスクも高める。糖尿病の食事療法の一環として塩分の摂取量を減らすことは重要だ。

 スウェーデンのカロリンスカ研究所環境医学研究所の研究によると、塩分の過剰摂取は2型糖尿病のリスクを上昇させる。研究チームは、スウェーデンの35歳超の2型糖尿病患者1,136人と、年齢や性を合わせた糖尿病ではない男女1,379人(対照群)のデータを比較した。

 その結果、食塩の摂取量が2.5g増えるごとに、2型糖尿病を発症するリスクは65%上昇することが分かった。

 さらに、食塩の摂取量が少ない人(5.8g未満/日)と比べて多い人(7.3g/日以上)では、2型糖尿病の発症リスクが72%上昇することも明らかになった。

 

塩分を摂り過ぎると心疾患発症のリスクが2倍に上昇

 塩分の多い食事が、心筋梗塞、脳卒中の危険性を上昇させる。塩分摂取量が多い2型糖尿病の患者では、心血管疾患を発症するリスクが2倍に上昇するという研究も発表されている。

 新潟県立大学人間生活学部の堀川千嘉氏らは、日本人の2型糖尿病を対象とした前向きコホート調査である「JDCS」(Japan Diabetes Complications Study)の結果を解析した。

 研究では、2型糖尿病患者1,588人を対象に、食事に関する調査を行った。患者の年齢は40~70歳で、HbA1cは6.5%以上だった。

 8年間のうちにどれだけ心血管疾患を発症したかを調べたところ、塩分摂取量が平均14g/日の群では、平均7g/日の群に比べ、心疾患発症のリスクが2.07倍に上昇した。

 HbA1cが9.0%以上で、血糖コントロールが不良の患者では、塩分の過剰摂取により、心疾患発症のリスクは9.91倍に跳ね上がった。

 「2型糖尿病のある人にとって、食事を見直すことが、血糖コントロールを改善し、心血管疾患のリスクを減らすために重要です。今回の調査では、塩分摂取量を減らすことが、糖尿病による危険な合併症を予防するのに役立つ可能性があることが示されました」と、研究者は述べている。

塩分を摂り過ぎないための4つの対策

 糖尿病患者向けの治療ガイドラインでは、糖尿病の合併症の危険性を抑えるために、塩分摂取量を控えることが勧められている。

 日本の食事ガイドラインでは、塩分摂取量を、1日6g未満に抑えることが推奨されている。一方、日本人の塩分摂取量の平均は、男性 10.8g、女性 9.1gだ。

 日本食は健康的な食事として評価されているが、塩、しょうゆ、みそといった調味料から塩分を摂り過ぎる傾向がある。日本食の長所を生かしながら塩分を減らすには、次の工夫が必要だ。

・ 料理はうまみや香味、酸味をいかし、なるべく塩分を控えめにする。

・ みそ汁はしっかりだしを摂り、具を多く入れてみその量を減らす。

・ 刺身などしょうゆをつけて食べる食品も多い。しょうゆは少しだけつけ、つけた部分から食べるようにする。

・ 麺類を食べるときは、塩分の多い汁を残す。

 味の濃いものを食べ慣れている人は減塩を続ければ、やがて薄味に慣れ、それが”ふだんの味”になっていく。まずはおかずを一品薄味にするなど、少しずつ慣れていくことが大切だ。

加工食品にも塩分が含まれる

20150902-2-2019-09-17-11-26.jpg
 また、個々の食品に含まれている塩分量を意識することも大切だ。食品の塩分量は、包装などに記載されている栄養成分表示から、「ナトリウム(g)×2.54」という食塩換算式で算出することができる。

 特に気をつけたいのはハムや練り物などの加工食品だ。ウインナーソーセージ(1本20g)に0.38g、ロースハム(2枚30g)に0.75g、かまぼこ(2枚30g)に0.75gの塩分がそれぞれ含まれる。塩分量の多い食品を食べる量や頻度を減らす工夫が必要となる。

塩分の摂取量が増えると肥満が増える

20190528-1-2019-09-17-11-26.jpg

 1日当たりの塩分の摂取量が増えるにつれて、「過体重」や「肥満」になるリスクも上昇することが、日本を含む4ヵ国の成人を対象とした研究で確かめられている。

 対象になったのは、食事と血圧に関する国際共同研究である「INTERMAPスタディ」に参加した、日本、中国、英国、米国の40~59歳男女4,680人。

 各国の参加者の1日当たりの塩分摂取量の平均は、日本が11.6g、中国は13.3g、英国は8.5g、米国は9.5gだった。体格指数(BMI)の平均は、日本が23.4、中国が23.1、英国が27.5、米国が28.9だった。

 研究では、塩分摂取量が増加するにつれて、どの国でもBMIは統計学的に有意に上昇することが明らかになつた。1日当たりの塩分摂取量が1g増加すると、過体重や肥満になるリスクが、日本では21%、中国では4%、英国では29%、米国では24%、それぞれ上昇していた。

外食や加工食品にはとくに注意が必要

 「塩分の多い食品を食べ過ぎることが、血圧上昇の要因になっており、そうした食品の多くは、商業的に販売されている加工食品であることに注意する必要があります」と、ノースウェスタン大学のジェレミア スタムラー教授は言う。

 たとえば米国が摂取する塩分の4分の3は、家庭で調理した食事からではなく、加工食品や包装済みの食品、レストランなどの外食などによるものだという。

 「高血圧に苦しむ人は大変に多く、多くの人が塩分の摂取量を減らすために、塩分を調整した食品を選択できるようになることを望んでいます。外食や加工食品を提供する企業も協力するべきです」と、米国心臓学会栄養委員会のシェリル・アンダーソン氏は述べている。

Sodium (salt) intake is associated with a risk of developing type 2 diabetes(Diabetologia 2017年9月14日)

Dietary sodium’s impact may not be offset by other aspects of a diet(米国心臓学会 2018年3月5日)

Relation of Dietary Sodium (Salt) to Blood Pressure and Its Possible Modulation by Other Dietary Factors(Hypertension 2018年3月5日)

High-salt diet doubles threat of cardiovascular disease in people with diabetes(米国内分泌学会 2014年7月22日)

Dietary Sodium Intake and Incidence of Diabetes Complications in Japanese Patients with Type 2 Diabetes: Analysis of the Japan Diabetes Complications Study (JDCS)(Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism 2014年10月1日)

Healthy diet may not offset high salt intake(インペリアル カレッジ ロンドン 2018年3月5日)

Salt reduction(世界保健機関 2016年6月30日)

[ Terahata ]

日本医療・健康情報研究所

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

座る時間が長い人ほど認知症になりやすい訳

プレジデントオンライン2019年9月16日 17:15

2025年には700万人に達するといわれる認知症患者。家族はどんな準備をしておけばいいのか。今回、7つのテーマに分けて専門家に聞いた。第5回は「治療・予防法」について――。(全7回)

▼治療・予防法

最大リスクは糖尿病。頼れる医師をどうやって探すか

■ランニングよりもウオーキング

認知症はケアのやり方や生活習慣を見直すことで、症状の進行を止めたり、進行を緩やかにすることが可能な病気です。
認知症を引き起こす最大のリスク要因は糖尿病。肥満になると、細胞内の老廃物を排出する働きを有するアディポネクチンというホルモンが低下し、アミロイドβなどが脳細胞から排出されず溜まった結果、アルツハイマー型認知症を発症することがわかってきました。認知症予防には糖尿病を防ぐ生活習慣を守ることが大切です。
食事でいえば糖質の過剰摂取を改めてバランスの取れた食事にします。またオリーブオイルなど体によい油を摂ること。いきなりご飯を食べずに最初に野菜を食べるなど、食べる順番にも気をつけます。また高血圧も認知症の危険因子で、まずは減塩が基本です。医師や栄養士の指導に従ってください。もう1つ大事なのが、日々の歯のお手入れです。歯の本数と認知症には強い相関があることがわかっています。
食べることと並んで重要なのが運動です。なかでも効果的なのは軽い有酸素運動です。特に高齢者にはランニングではなくウオーキングがお勧めです。歩くことで脚部の骨や筋肉からメッセージ物質が放出され、それが脳、特に短期記憶の仮置場である海馬に作用して、神経細胞の再生を促したり、脳のなかの神経伝達物質であるアセチルコリンの分泌を増やし、脳の血流を増加させます。

 

■座っている時間が長い人ほど認知症になりやすい

日々の生活の中でこまめに歩くことがなによりも大切です。短距離の移動に車や自転車ではなく、リュックサックを背負い両手を大きく振って歩くようにしましょう。椅子に座っている時間をできるだけ短くするよう心がけます。座っている時間が長い人ほど認知症になりやすいことがわかっています。

認知症予防協会では「あれっ?」と思ったときに簡単に自己診断できるよう、簡便な「認知症自己診断テスト」をネット上で公開しています。そうしたテストなどで家族の誰かが認知症ではないかと感じたら、市町村の医師会が認定している認知症サポート医など、認知症に詳しい医師に相談することをお勧めします。各区市町村が運営する「地域包括支援センター」や医師会も、認知症についての相談窓口を設けています。

日本には60万人もの「中高年の引きこもり」がいるとされています。その中には相当数のMCIがいるのではと想像します。ご本人のためにもご家族のためにも、早い段階で医師に相談することが理想です。しかし引きこもりに限らず多くの人は医療機関の受診を嫌がります。当然、認めたくないという自尊心が関わっています。実際、うっかり「認知症の検査をします」と突然持ちかけたら、「誰が認知症だ!」と怒りだしてしまうことが多いのです。

私の場合、適当に口実を作って家にお邪魔し、仲良くなったところで、「実は医者もやっていますが」と打ち明け、「よかったら1度健康診断を受けますか」と丁寧に話してから、検査を受けていただくケースもあります。いい言葉を選び、自尊心を傷つけない対応を常に心掛けています。

▼受診させるには当人への十分な配慮を

———-

長尾 和宏(ながお・かずひろ)

長尾クリニック院長/医学博士

東京医科大学卒業後、大阪大学第二内科に入局。1995年兵庫県尼崎市で開業。複数医師による365日無休の外来診療と24時間体制での在宅医療に従事。

———-

(長尾クリニック院長/医学博士 長尾 和宏 構成=久保田正志)

座る時間が長い人ほど認知症になりやすい訳 (2019年9月16日) – エキサイトニュース

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病の人は心筋梗塞の症状がない? 

“命の危険”指摘する投稿話題に、医師に聞く

オトナンサー2019/09/15 06:10

 先日、SNS上で「糖尿病の人心筋梗塞になっても症状が出ない」という投稿が話題になりました。症状がないからといって放置していたら、命に関わるという指摘です。本当にそのようなことが起きるのでしょうか。糖尿病専門医の市原由美江さんに聞きました。

動脈硬化が進むと心筋梗塞リスク

Q.心筋梗塞の原因や症状、危険度について教えてください。

市原さん「心筋梗塞は、心臓に栄養を運ぶ血管(冠動脈)の硬化(動脈硬化)が進み、冠動脈がふさがる『閉塞』、または狭くなる『狭窄(きょうさく)』という状態になり、心筋(心臓を構成する筋肉)が壊死、つまり死に至る病気です。

加齢や喫煙、肥満、糖尿病脂質異常症高血圧などが原因で起こります。症状は、突然胸が痛み(前胸部痛)、締め付けられるような激しい痛みが30分以上続きます。痛みが背中や左肩部分に広がったり、呼吸困難、吐き気、嘔吐(おうと)を伴ったりすることもあります。

心筋梗塞による死亡は発症直後に多く、亡くなる人の半分以上は、発症後1時間以内に亡くなっています。病院に到着する前に亡くなってしまうことも多いため、正確な死亡率は分かっていませんが、入院してからの死亡率は5~10%程度です。主な後遺症は、心臓の動きが悪いために起こる心不全です」

Q.糖尿病心筋梗塞の関係について教えてください。

市原さん「糖尿病があって、特に血糖値のコントロールができていない人は動脈硬化が進みやすくなり、その結果、心筋梗塞リスクが高まります。また、糖尿病の人高血圧脂質異常症など、動脈硬化を進める病気を同時に持っていることが多く、その場合、よりリスクが高くなります」

Q.「糖尿病の人心筋梗塞になっても症状が出ない」というのは事実でしょうか。

市原さん「症状が出ないことが多いのは事実です。糖尿病による合併症の一つである神経障害によって、心筋梗塞による痛みを感じなかったり、軽く感じたりすることがあり、これは決して珍しくはありません」

Q.症状が出ない場合、医師はどのようにして診断し、患者に説明するのでしょうか。

市原さん「症状が出ないため、たまたま測定した心電図や血液検査で心筋梗塞の疑いが分かることもあります。他には、不整脈を感じたり、息切れしたり、冷や汗が出たりすることで病院を受診して判明することもあります。心筋梗塞の診断は、心電図や血液検査、心臓の超音波検査などで行います」

Q.症状が出ないからといって放置した場合、どうなるのでしょうか。

市原さん「軽度の心筋梗塞であれば、症状がないままのこともありますが後々、心不全や不整脈の症状が出てくることもあります。重度の心筋梗塞を放置すると、不整脈などによって亡くなることも考えられますが、重度の場合、痛みはなくても、動悸(どうき)や息苦しさなどの症状が出ることがほとんどだと思います」

Q.症状が出ない場合、患者が自分で、もしくは周囲の人たちが気付く方法はありますか。

市原さん「本人が何も異常を感じていない場合、周囲の人が気付くことは難しいと思います。ただ、糖尿病で定期的に病院を受診している場合は、定期的な血液検査はもちろん、心電図など心臓の検査をすることも大切ですので、症状がない段階から、かかりつけの病院で検査をしてもらうことをおすすめします。

糖尿病コントロールができていない人は心筋梗塞リスクも高いので、特に検査が大切です」

Q.糖尿病患者が心筋梗塞を起こさないための注意点を教えてください。

市原さん「血糖値のコントロールをして、良好な状態に保つことです。1~2カ月前の血糖値の平均を反映するHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)という検査で7%未満を維持することが推奨されていますが、これを満たしていても、食後の高血糖状態があると、それだけで狭心症心筋梗塞リスクが高まることが分かっています。

食後の血糖値を上げないよう、適切な食事量、食べる順番(野菜から肉、魚、その後、炭水化物)にも注意しましょう」

Q.心筋梗塞との関係については、糖尿病ではないものの血糖値が高い、「糖尿病予備軍」の人たちも注意が必要なのでしょうか。

市原さん「糖尿病予備軍の人は食後の高血糖が認められます。この段階から、狭心症心筋梗塞リスクが高まることが分かっていますので、予備軍であっても油断してはいけません。糖尿病への進展を防ぐために、過体重があれば、減量、定期的な運動、食べ過ぎずにバランスのいい食事、間食を控えるなどしましょう」

オトナンサー編集部

41f07eeb5ab5c3154db4303e15f180370573faeee431192739b3f0b7853c71ed95081a2e90fb34c516fe2cd65a85ef70b37547732d6d0f69bcd3bc00efb1b9b2-2019-09-15-11-35.jpg

糖尿病だと心筋梗塞の症状がない?

糖尿病の人は心筋梗塞の症状がない? “命の危険”指摘する投稿話題に、医師に聞く | ニコニコニュース

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

高血圧に糖尿病…生活習慣病は「薬に頼らずに治せる」

第一人者が語る

慈恵医大・ 横山啓太郎教授

生活習慣病の薬を飲み始めたら、死ぬまで飲み続けなくてはならないと思っている人に吉報だ。新しい考え方で高血圧や高血糖に抗う道を模索する医師がいる。この道の第一人者に秘訣を聞いた。

 

薬で寿命は延びない

「かつては、高血圧の患者には、とりあえず降圧剤を出すような『ふつう』の治療をしていました。たしかに薬を飲めば、血圧は一気に10~20mmHgほど下がります。ですが、数値だけを下げても、根本的な解決にはならないと気づいたのです」

こう話すのは、東京慈恵会医科大学教授で、同大病院晴海トリトンクリニック所長を務める横山啓太郎氏だ。

50代以上となれば、ほとんどの人が高血圧や、高血糖、高コレステロールを抱えている。病院で「生活習慣病を放置すると、脳出血や心筋梗を起こす恐れがあります」と言われて、薬を飲み続けている人は多いだろう。

もちろん、薬を飲み始めれば血圧は下がる。数値が下がれば、病気が治っているように感じて、安心してしまいがちだ。だが、薬で血圧を下げるだけで本当に患者は健康になるのか。そうした根源的な疑問を投げかける医師が現れ始めている。

その第一人者が、薬だけに頼らずに生活習慣病を治す取り組みを積極的に行う横山教授だ。

高血圧をはじめとした生活習慣病を30年にわたり診察し、’16年、日常生活の見直しを促すことで生活習慣病を治す「行動変容外来」を大学病院として日本で初めて開設した。

横山教授は、治療法を見直すきっかけとなった実体験をこう語る(以下、括弧内は横山教授)

「60代の会社役員の男性を診ていた時のことです。この方は血圧が高めで降圧剤を飲んでいましたが、薬のおかげで血圧も正常値内に収まっていました。

ですが、この患者さんがある冬の朝に、脳出血を起こして病院に運び込まれたのです。

血圧は問題ないはずなのになぜ、と疑問に思い、患者さんが回復してから24時間血圧計を装着してもらったところ、早朝、散歩をしている時に血圧227/150mmHgにまで急上昇していました。

その方は安静にして血圧を測った時には正常値なのに、寒いところでは、血圧が急上昇しやすい体質だったのです。たとえ降圧剤で血圧が正常値内に収まっていたとしても、脳出血が起きるケースもあるという事実を突き付けられました」

降圧剤で安静時の血圧を下げたとしても、脳出血や心筋梗塞の発症率が減少し、薬を飲んでいない人と比べても遜色ないほどに寿命が延びるとは限らない。

この患者であれば早朝の散歩を控えるなど、血圧が上がりやすいタイミングを把握し、そうした危険を避けることも有効なのだ。

最新の研究でも、降圧剤が生存率を向上させることは認めるものの、その効果は期待されるほどでないと報告されている。

「’17年、アメリカで従来の高血圧治療のガイドラインを揺るがすような研究結果が報告されました。

脳卒中や心筋梗塞のリスクをもつ人に対して5年間、薬で安静時収縮期血圧を120mmHg以下に下げる実験を行ったところ、2%の確率で生存率が上がったというのです。

注目すべきは、この2%という確率です。例えば、1万人が5年間降圧剤を飲み続けた場合、長生きできる人は200人ということになります。つまり、残りの9800人は5年間では、薬の恩恵を受けることがないということになります」

これを受けて、米国と日本のガイドラインでは降圧目標値を下げたものの、薬での治療だけでなく、生活習慣の改善を重視するように舵を切った。

img_f42137274c5d26eac1ea8851151560f039985-2019-09-14-11-50.jpg

Photo by iStock

高血圧はただの「老化」

高血圧に糖尿病や腎臓病などが合併していれば薬で血圧を下げるメリットもあるが、高血糖など他の症状がない場合は、降圧剤の効果に疑問を投げかける論文がある。

「軽度高血圧のほかに糖尿病や腎疾患などの合併症を抱えていない人を対象に、降圧剤を飲んだ人、飲まなかった人を比べると、生存率にほぼ差がなかったと報告されています」

高血圧だけでなく、糖尿病の薬にも、飲むことに意味があるのか疑わしいものがある。たとえば、DPP-4阻害薬。’09年に国内で発売開始された新しい薬だが、いまや糖尿病薬のなかでもメジャーな薬になっている。

「通常なら、発売開始から10年経てば、『脳卒中や心筋梗塞のリスクが減った』という論文が出てくるものです。ところが、この薬は広く使われているにもかかわらず、そうした報告が上がってこない。

たしかにDPP-4阻害薬は血糖値を下げます。しかし、残念ながら、寿命を延ばすことに繋がっているという証拠はいまのところないのです」

薬を飲んで数値が改善しても、寿命が延びるといったメリットが伴わないのはなぜなのか。

「高血圧、糖尿病、脂質異常症といった生活習慣病は、『病気』というより、『老化』と捉えたほうがわかりやすいと思います。

例えば、10年前、20年前に比べてお酒を飲めなくなった、あるいは二日酔いするようになったと感じる人は多いでしょう。これはつまり、アルコールを分解する機能が衰えたということです。

生活習慣病の場合も同じです。糖質や、塩分などを体内で処理する能力が低下することで、高血圧や高血糖といった症状が生じます。体の機能が衰える、つまり老化することによって、生活習慣病が発症するのです」

生活習慣病の薬は、衰えた体の機能を回復させたり、老化を止めたりすることはできない。だから、薬を飲んでも根本的には「治らない」のだ。

 

握力が低下すると死ぬ

「老化は体の一部にのみ起こるのではなく、全身に等しく生じるものです。高血圧の人の約半数が、高血糖も抱えているのは、この2つの原因が根っこのところで同じだからです。

そのため、高血圧が目立つからといって、血圧だけを下げても、根本的な解決にはなりません。

高血圧や高血糖など何か一つでも症状が出ていれば、全身の老化が進んでいると考えたほうがいいでしょう」

本丸の「老化」に対処しない限り、生活習慣病は何度でも形を変えて襲いかかってくる。

特に、これから先は人生100年時代。一度飲み始めた薬を飲む期間も長くなるからこそ、老化をいかに遅らせるかが、豊かに後半生を過ごすための最重要ポイントとなる。

「老化を完全に止めることはできなくとも、遅らせることはできます。そのためには、まず自分の体の変動に意識を向けて、老化が進んでいるなら、運動や食事の習慣を変えていくことが大切です」

例えば、半年前に比べて歩くスピードが遅くなった、階段を上がった時に息切れしやすくなったと感じるなら、筋力や心肺機能が低下していることの証拠だ。さらに、身近でありながら思いがけない老化の予兆もある。「握力」の変化だ。

img_a790275061965d65e448a7275b89a93e69369-2019-09-14-11-50.jpg

Photo by iStock

「’15年、カナダのマクマスター大学が発表した論文によれば、世界17ヵ国で14万人を調査したところ、握力が低下すると、死亡リスクが増加することがわかったのです」

握力が弱い人は、脳卒中や心筋梗塞が生じやすく、握力が5㎏低下するごとに死亡リスクは16%も増加するという。

たかが握力と思うかもしれないが、人間の体は全身で繋がっている。握力低下は、体全体の筋肉量が減っていることの証拠なのだ。瓶やペットボトルのふたが開けにくくなったと感じている人は、老化が進行していると自覚したほうがいい。

どうすれば習慣にできるか

見た目の老化も生活習慣病と関連する。肌のシミやシワが増えたと感じる人は、毛細血管の量が減っている。

毛細血管は全身の血管の99%を占めており、歳を重ねるごとに減少していく。毛細血管の密度の低下が恐ろしいのは、血液の循環が悪くなり、血圧や血糖にも悪影響を及ぼすことにある。

「たとえば、太い動脈や静脈は何車線もある広い『高速道路』、毛細血管は『一般道』と考えれば、わかりやすいでしょう。

血圧が急に上がった状態は、高速道路で交通量が急増して渋滞が起こった状態と似ています。渋滞を避けるためには、一般道に降りればいいのですが、加齢で毛細血管の密度が低くなっていると、降りる一般道自体が少ない。

そうすると、高速道路の渋滞は解決しません。人間の体で言えば、動脈から毛細血管に流れる血液が停滞し、急に血圧が上昇してしまうのです」

img_29a2f174adfc1e377f62e5cbbd6b9c3566959-2019-09-14-11-50.jpg

Photo by iStock

毛細血管が減っていなければ、血圧が上がった時も、「血液の逃げ場」ができるのだ。

「毛細血管を増やすためには、運動が効果的だと言われています。毛細血管を増やすことのメリットは生活習慣病予防にとどまりません。

認知症の人は、脳の毛細血管密度が低い。週2回以上運動すれば、認知症になる確率を下げることができるともいわれています」

運動する習慣がない人は、抵抗を感じるかもしれない。まずは、「開眼片足立ち」という簡単なチェックに挑戦してみよう。

「開眼片足立ちは、両手を腰に当て、両目を開けた状態で片足立ちを維持するだけです。転倒に気を付けながら、まずは20秒できるかどうか、チャレンジしてみてください」

京都大学が行った研究によれば、開眼片足立ちを20秒維持できない人は、「隠れ脳梗塞」と認知機能低下のリスクが高いとの結果がある。

「このような簡単なテストが運動のきっかけになればと、私が開設した行動変容外来では患者さんに試してもらっています」

まずは、毎日20秒間、開眼片足立ちをするところから始めてみよう。

運動を習慣にすれば、老化は防げる。だが、何より大切なのは、無理や我慢をしないことだ。

「慣れ親しんだ習慣を変えるのは、簡単ではありません。これまでの治療では『禁煙しましょう』『減塩しましょう』と言うだけで、どうすれば実際に習慣化できるかは教えていませんでした。

習慣を変えるためには、その人自身のやる気が何よりも大切。でもモチベーションの高め方は人それぞれ異なります。

私の外来では、国際的にも定評のある性格診断を使って、患者さん一人一人がどうすれば、モチベーションを高めやすいかを分析しています。

例えば、我が強い性格の人は、自分を否定されることに苦痛を感じる。そうした人には、本人のやる気を損ねないようになるべく低い目標を設定し、うまくいかなくとも自分の意志の弱さのせいにはしないように勧めています。

実際、自分に合った方法を続けることが、生活習慣病の治療にとっては一番効果的なのです。体を『財産』だと思って、健康を管理することをお勧めしています」

薬を飲んで、血圧や血糖値の数値に一喜一憂するより、自分にできることを習慣化することで、健康的に生活習慣病の悩みから解放される。

 

横山啓太郎(よこやま・けいたろう)

東京慈恵会医科大学教授・行動変容外来診療医長。’16年、行動変容外来を開設。’19年、寝たきりリスクを減らす新型人間ドック「ライフデザインドック」を、所長を務める慈恵医大晴海トリトンクリニックで開始。新刊『健康をマネジメントする』が発売中

「週刊現代」2019年8月24日・31日合併号より

高血圧に糖尿病…生活習慣病は「薬に頼らずに治せる」第一人者が語る(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

おいしいのに“糖質5g未満”!

「低糖質アイスクリーム」フスボンに登場

2019年9月14日 11:30

PastedGraphic1-2019-09-14-11-48.png

低糖質パンと糖質制限スイーツの専門店「フスボン」より、4種のアイスクリームが登場しています。

【ギャラリー】フスボンの「低糖質アイスクリーム」を写真で見る

「フスボン」の低糖質アイスクリームは、人工甘味料を使用せず、天然甘味料(エリスリトールとステビア)で甘みをつけ、中鎖脂肪酸としてエネルギーに変わりやすいMCTオイルや、良質な生クリームを沢山使用した贅沢なアイスクリームとなっています。
フレーバーは、バニラ、ストロベリー、チョコレート、抹茶の4種類。
1個あたりの糖質を、5g未満に仕上げているため、ダイエット中の方、ボディメイクをされている方はもとより、糖尿病や妊娠糖尿病の方へのプレゼントにもぴったりな商品となっています。

■低糖質アイスクリーム

・バニラ

・ストロベリー

・チョコレート

・抹茶

■販売店舗

・Fusubon「フスボン」代官山店舗

・公式ECサイト
【店舗概要】
Fusubon「フスボン」

■住所:東京都渋谷区猿楽町23-8

■最寄り駅:東急東横線・代官山駅・徒歩3分

■TEL:0120-240-815

■営業時間:11:00~19:00 火曜定休

おいしいのに“糖質5g未満”!「低糖質アイスクリーム」フスボンに登場 (2019年9月14日) – エキサイトニュース

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

『私が糖質制限でリバウンドも挫折もしない理由』

誰でもできる実践法

2019年9月13日 10:15

resize-2019-09-13-11-46.jpg

 

リバウンドも挫折もしない糖質制限ダイエット

9月3日、糖尿病になってしまった医師が実践し続けている糖質制限ダイエットについて解説した新刊『私が糖質制限でリバウンドも挫折もしない理由』が発売された。

著者は東京医科歯科大学名誉教授で医師の藤田紘一郎氏である。新刊は新書判であり、961円(税込)の価格で、扶桑社より発売中である。

6か月で体重10kg減の著者

1939年、中国・旧満州に生まれた藤田紘一郎氏は、東京医科歯科大学医学部を卒業し、東京大学医学系大学院修了。寄生虫学や熱帯医学、感染免疫学が専門で、腸内細菌、腸内環境に関する著作が多数あり、『腸内革命』は大ヒットとなっている。
藤田氏は糖尿病の診断基準の空腹時血糖が大幅に上回り、2度にわたり重度の糖尿病を経験している。自身の危機的状況に文献を読み漁り、糖質制限ダイエットを開始し、わずか2週間で空腹時血糖が正常値に、体重も6か月で10kgも減らしており、現在までリバウンドの経験はないという。

新刊では「おいしいものへの誘惑に人一倍弱い」と語る著者が唯一成功し、継続することができている糖質制限ダイエットについて解説している。

(画像はAmazon.co.jpより)

【参考】
※私が糖質制限でリバウンドも挫折もしない理由 – 書籍詳細 – 扶桑社

https://www.fusosha.co.jp/books/detail/9784594082765

元の記事を読む

『私が糖質制限でリバウンドも挫折もしない理由』 誰でもできる実践法 (2019年9月13日) – エキサイトニュース

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

医者が教える「糖尿病予防に効果的な食材とミネラル」とは?

牧田善二:医学博士2019.9.13 3:40

 

糖質の過剰摂取が肥満の元凶で、糖質の過剰摂取で健康を悪化させる人が世界的に増加していることを本連載や『医者が教える食事術2 実践バイブル』では繰り返し警告してきた。特に日本では白米をたくさん食べる地域ほど短命だったという調査結果もある。(*1)とはいえ、米(ご飯)は日本人の食生活・食文化に不可欠なもの。著者も「食べるな」とは主張していない。ただし、少し工夫してほしいという。そこで今回はご飯の上手な食べ方、一緒に食べるといいものについて『医者が教える食事術2 実践バイブル』の中から紹介する。

img_03455564f70dfb34fb3dc626c8c8898b116271-2019-09-13-11-39.jpg

Photo: Adobe Stock

 

タンパク質を食べると

血糖値を下げるホルモンが出る!

 日本人にとって、ご飯はとても重要で、糖質制限を唱えている私も「食べるな」と言うつもりはありません。

 ただ、白米を玄米に変えていくことは、充分に検討に値します。精米の過程でいろいろな栄養素をそぎ落としてしまう白米に対し、そのまま丸ごと食べる玄米は、ビタミンやミネラルは多く残っているからです。

 また、五穀米や押し麦などの雑穀を白米に混ぜれば、まったくの白米より、やはりビタミンやミネラルは多めに摂れます。

 とはいえ、こんな手間をかけることができるのは自宅で自炊する場合に限ってでしょう。最近は玄米や雑穀を提供する外食店も登場してきたとはいえ、まだまだ少数派。ビジネスパーソンがランチタイムにご飯を食べるとしたら白米です。

 それでも、少しの工夫で健康は守れます。

 詳しくは『医者が教える食事術2 実践バイブル』で解説していますが、ご飯やパンなどの炭水化物は、タンパク質や脂質、食物繊維と一緒に食べることで血糖値の上昇が抑えられます。胃腸からの消化吸収が遅れるからです。(*2)(*3)

 とくにタンパク質、脂質、食物繊維のどれが一番血糖値の上昇を抑えるかを比較した研究があります。結果は炭水化物とタンパク質を食べた時、効果が一番ありました。理由は消化吸収を遅らせる以外に、腸から血糖値を下げるインクレチンというホルモンを分泌させるからです。(*3)

医者がツナ入りおにぎりを勧める理由

 ですから、例えばコンビニなどでおにぎりを食べるなら、塩のおにぎりや焼きおにぎりのように「炭水化物だけ」というものを避け、肉やツナを具にしたものを選びましょう。ただし、明太子はやめておきましょう。きれいな赤色を保つために、発がん性物質の亜硝酸ナトリウムが使われている可能性があるからです。

 炒飯のように具材が入っていて油で炒めたものでもいいでしょう。

 定食でご飯を食べるなら、まずは肉や魚といったタンパク質のおかずを食べ、次に小鉢の野菜を食べ、なるべく最後にご飯を食べるようにすれば血糖値の上昇が抑えられます。

 食事が始まると、ご飯をかきこんでしまうクセのある人は、最初は違和感を抱くかもしれません。しかし、だんだんと慣れていきます。長い目で見れば、こうした習慣は健康を守るための財産となります。

マグネシウムを摂ると

糖尿病の発症率が低下!

 炭水化物、タンパク質、脂質の三大栄養素のほかに、ビタミンとミネラルを加えて五大栄養素と呼びます。そのミネラルの中で、最近、注目を浴びているのがマグネシウムです。

 福岡県久山町で1961年から続いている世界的疫学調査では、1日のマグネシウム摂取量が増加するに従い、2型糖尿病の発症率が下がることが突き止められています。(*4)

 40~79歳の糖尿病のない住民、約2000人を21年間にわたって追跡し、マグネシウム摂取量を分析した結果、1日のマグネシウム摂取量が148.5ミリグラム未満のグループを基準に糖尿病の発症率を比較すると、148.5~171.5ミリグラムで16%、171.5~195.5ミリグラムで33%、195.5ミリグラム以上では37%も減少したのです。

 しかも、糖尿病予備軍に近い人ほど、その効果が示されたそうです。

 白米好きは海藻から「マグネシウム」を摂る
 糖尿病予防には貝・海藻・キノコ等が効果あり

 ほかに、2017年の『Diabetes Care』(米国の糖尿病学会の機関誌)に掲載されたタフツ大学の研究論文でも、マグネシウムを多く摂ると2型糖尿病発症が15%低下することがわかっています。(*5)

 とくに、白米を食べている人にその効果が高いとのこと。白米好きな人は、できるだけマグネシウムを含むものを食べるようにしましょう。

 身近な食材では貝や海藻にマグネシウムが多く含まれます。また、色の濃い野菜、豆類、卵、キノコ類もマグネシウムが豊富です。ご飯を食べるときのおかずには、こうした食材を多用するといいでしょう。

 

(この原稿は書籍『医者が教える食事術2 実践バイブル――20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方70』から一部を抜粋・加筆して掲載しています)

(*1)『日本の長寿村・短命村』サンロード 近藤正二著

(*2)栄養学雑誌1993;51:251-8

(*3)Am J Clin Nutr 2017;105:842、

(*4)Diabet Med 2013;30:1487-94

(*5)Diabetes Care 2017;40:1695-1702

医者が教える「糖尿病予防に効果的な食材とミネラル」とは? | 医者が教える食事術2 | ダイヤモンド・オンライン

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

2型糖尿病リスク、身長低い人の方が高い ドイツ研究

【パリAFP=時事】身長が低い人ほど2型糖尿病を発症するリスクが高いとする研究結果が今週、医学誌「ダイアベトロジア」に発表された。

 論文によると2型糖尿病の発症リスクは、身長が10センチ高くなるごとに男性では41%、女性では33%減少するという。論文の執筆陣は、身長が低い人の方がリスクが高いことについて、肝臓の脂肪含有率がより高いこと、また心臓病や梗塞、糖尿病のリスク要因がより多いことが関係していると推測している。

 これまでの研究では、身長の高い人の方が、インスリン感受性やホルモンを分泌する膵臓(すいぞう)内の特定の細胞の働きがより良いことが報告されていた。

 今回の研究はドイツのポツダムで1994年から1998年にかけて、40~65歳の女性1万6600人以上と男性1万1000人近くを対象に行われた詳細な医療調査を分析した。研究者らは「これらの所見は、身長が糖尿病リスクの有益な予測マーカーだということを裏付けるものだ」と結論付けている。

 国際糖尿病学会によると、世界には約4億2000万人の糖尿病患者がおり、その数は2045年までに6億2900万人に増えると予測されている。

 糖尿病は1型と2型の2種類に分類される。糖尿病全体の1割を占める1型糖尿病は、血糖値を調節するホルモンの一種であるインスリンが体内で作られない状態で、通常幼少期に診断される。一方、2型糖尿病は、体内でインスリンは作られるが十分でなく、血中に糖がとどまってしまう。【翻訳編集AFPBBNews】

〔AFP=時事〕(2019/09/12-08:47)

2型糖尿病リスク、身長低い人の方が高い ドイツ研究:時事ドットコム

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com