患者には出しても、医者なら「まず飲まない薬」

 「私は医者ですが、できるなら薬は飲まないのが一番いい。それは確信を持って言えます」

 こう語るのは内科医で高雄病院理事長の江部康二氏。同氏は52歳のときに糖尿病と診断されながら、一切、薬は飲まずに食事療法と運動療法だけで、糖尿病を克服した。

 「現在69歳になりますが、おかげさまで合併症(視力障害、腎臓障害など)もなく元気に過ごしています。

 なぜ私が薬を飲まないのか。それはいくら薬を飲んでも糖尿病自体は治せないからです。薬をやめるとまた元に戻ってしまう。一生薬を飲み続けないといけないのは、大きな負担です」

 多くの患者は、医師から「ちゃんと毎日飲み続けてください」「やめると悪化しますよ」と言われ、高血圧や糖尿病など生活習慣病の薬を長年飲んでいる。当然、患者たちは「病気を治すために薬を飲んでいる」と信じ込んでいる。

 だが、それは大きな間違いであることを医師たちは知っている。事実、患者には出しても、極力自分では薬を飲みたくないという医師は多い。

 江部氏が続ける。

 「生活習慣の乱れが原因の2型糖尿病に薬は必要ない場合が多いと思っていますが、中でもグリミクロンやアマリールなどのSU薬は、糖尿病に詳しい医者であれば、まず飲みたがりません。

 低血糖になりやすいからです。近年、SU薬は本来血糖値を抑えるべき食後ではなく、夜中に効き過ぎて『夜間低血糖』を引き起こしやすいこともわかってきました」

 夜間低血糖が続くと心臓や認知機能に悪影響を与える。致死性の不整脈を起こして、突然死を招くこともあるのだ。

 こんなデータがある。「日経メディカル」が医師2286人(30代以上)に健康状態についてアンケートを取ったところ、約68%の医師が、高血圧や脂質異常症など何らかの「持病」があると答えた。

 その一方で「薬を常用しているか」という質問に対しては、服用していないが約53%、1種類の服用が16%、2~3種類が21%、4~5種類は7%にとどまった。

 片や、患者を見てみると、日本老年医学会のデータによれば、40~64歳で5種類以上飲んでいる人は24%。65~74歳では30%にも上る。

 患者には薬を出しながら、医者自身は薬を飲むメリットをあまり感じていないことが見てとれる。

 なぜ、医師は自分では飲まないのに、患者には薬を出すのか。その理由の一つとして、医師たちは「ガイドラインに従って、基準値まで薬で下げておかないと、患者さんが脳卒中や心筋梗塞を起こした際に責任が取れないから」と主張する。

 基準値に最も振り回されているのが、いまや国民病とも言える高血圧だ。4月末にはガイドラインの改訂により、目標値が「130/80mmHg」に引き下げられる予定で、このままいくと日本人の約半分の6300万人が高血圧と診断されてしまう。これはさすがに「目標値がおかしい」と言わざるを得ない。

 現実問題として「若い人ならまだしも、高齢者まで薬で無理に血圧を下げる必要はない」と考える医師は意外と多い。

 サン松本クリニック院長の松本光正氏(76歳)もその一人だ。自身も血圧、血糖値ともに基準値を超えることがあるが、「薬は飲んでいない」と言う。

 「歳をとって血圧が上がるのは、自然なことです。血圧とは心臓から送り出される血流の強さ=生きる力でもあります。

 薬で無理に血圧を下げると、血流が弱くなり、血栓が詰まる脳梗塞のリスクが上昇することは普通、医師ならだれでも知っていることです。

 特にベテランの医師ほど、処方を控えるし、自分では薬を飲まない人が多いでしょう。それは歳をとると血圧は下げ過ぎるほうが、よっぽど怖いと知っているからです」

患者には出しても、医者なら「まず飲まない薬」(現代ビジネス) – Yahoo!ニュース

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

初期症状から2~3ヵ月で視力低下

「糖尿病性白内障」に要注意

 

img_c14451ae808e4592f2caf068b270a501104779-2019-05-18-17-22.jpg

 

本連載では、白内障治療に強みをもつ、アイケアクリニック院長の佐藤香氏が、白内障の基本的な症状や治療法を解説します。今回は、若いうちから発症する可能性もある「糖尿病性白内障」について見ていきます。

20~30代で発症することもある「糖尿病性白内障」

糖尿病で血糖値が上がることによって、水晶体に糖の老廃物がたまり発症する「糖尿病性白内障」。20~30代という若さで発症することも多く、発症後は進行するスピードがはやいため、早期に治療をする必要があります。

◆年齢に関係なく発症する糖尿病性白内障

糖尿病から併発する白内障を「糖尿病性白内障」といいます。糖尿病性白内障は、一般的に発症することの多い加齢性白内障より、進行するスピードがはやい傾向があります。

その理由は、水晶体のなかにソルビトールという糖や糖化タンパクが蓄積しやすくなることで、水晶体内の浸透圧が変わって水分量が増加し、濁りが生じやすくなるためと考えられます。長期にわたる高血糖が発症の原因となるため、年齢はあまり関係なく、20~30代でも発症することがあります。

◆2種類の糖尿病性白内障はどちらも油断できない

糖尿病性白内障は、1型糖尿病に伴って発症する「真性糖尿病性白内障」と、加齢性白内障を発症した後に合併する「仮性糖尿病性白内障」にわけられます。

●若くても発症しやすい真性糖尿病性白内障

真性糖尿病性白内障は、1型糖尿病に伴って発症するものをいいます。すい臓には、血糖値をコントロールするためのインスリンを分泌するβ細胞がありますが、1型糖尿病は、これが破壊されることで、血糖値が高まってしまう病気です。原因は生まれつきの自己免疫疾患にあることが多く、治療はインスリン注射が欠かせません。

加齢性白内障は40代から発症しはじめます。加齢性である可能性がほとんどない40歳以下の人で、1型糖尿病を患っていると、真性糖尿病性白内障と診断されます。

●仮性糖尿病性白内障では、糖尿病が加齢による白内障に影響をあたえることも

糖尿病を発症し、年齢も40歳を超えているとき、原因が加齢なのか、糖尿病なのか、判別の難しい場合があります。そのような症状を、仮性糖尿病性白内障といいます。

原因が加齢であれば、本来はゆっくり進行するはずですが、糖尿病を患っていると、加齢性白内障の進行するスピードもはやまる傾向があります。そのため、「仮性」だからといって油断せず、早期の治療を行う必要があります。

●糖尿病性白内障の症状

白内障は、水晶体の濁りの部位によって、以下の4種類にわけることができます。

・核白内障

・皮質白内障

・前嚢下白内障

・後嚢下白内障

img_d1f77572fe9b48f33a0d91bc0f8ef7228605-2019-05-18-17-22.jpg

水晶体の構造

糖尿病性白内障は、皮質白内障か後嚢下白内障となることが多いです。皮質白内障は、水晶体の周囲から濁っていくので、初期の段階では見え方への影響はそれほどありません。

img_5769076456fd05271ee9a1cfe1de2e887249-2019-05-18-17-22.jpg

一方、後嚢下白内障は、水晶体の膜の後ろ側がまんべんなく濁り、早期から強い見えにくさや、まぶしさを感じます。また、進行するスピードもはやいため、症状を自覚して2~3ヵ月後には、激しい視力低下に陥ることもあります。後嚢下白内障となっている場合は、早期に治療する必要があります。

img_e4747921d9ec5df637edc1a3fcda765d6680-2019-05-18-17-22.jpg

img_9adbc49f9dfbe5aea68ee3a864242c4644850-2019-05-18-17-22.jpg

糖尿病を発病していても「白内障手術」は可能

◆糖尿病性白内障は合併症のリスクが高まる

●糖尿病網膜症の発見や観察を妨げる

糖尿病性白内障の大きなリスクとして、糖尿病網膜症の扱いが難しくなることが挙げられます。この病気は、糖尿病に合併する目の病気として、糖尿病性白内障よりもよく知られています。

糖尿病になると、網膜に密集している多くの細い血管が、血糖値の上昇の影響で詰まったり破れたりしてしまい、網膜に栄養や酸素が行き届かなくなります。そうすると、網膜は新生血管という新しい血管を生みだして、酸素や栄養の不足を補おうとします。

ところが、この新生血管はとてももろく、水分がにじみでたり、破れて出血を起こしたりしてしまうほか、かさぶたのような膜を作り(増殖組織)、この膜が網膜を引っ張って網膜剥離を引き起こしてしまうようになります。進行すると、失明することもある怖い病気です。

糖尿病の人は、常に糖尿病網膜症が発症、進行、再発するおそれがあるため、定期的に眼底検査を受け、網膜に異常がないか診察を受けなければなりません。

網膜のある眼底は、水晶体の奥にあります。そのため、水晶体が濁っていると網膜が見づらく、網膜症の兆候や進行を観察することが難しくなります。白内障の症状がでてきたらすぐに手術をして、眼底が見やすい状態にしておく必要があります。

●医療の進歩で血糖値が高くても手術ができるように

手術では、内科の先生と協力して、全身状態を見ながら治療方針を決めていきます。重度の糖尿病の人は、免疫力が著しく落ちているため、感染症のリスクが高まることが知られています。手術のための切開創も治りがよくなく、化膿しやすくなる傾向があります。

しかし、白内障手術は進歩を続けており、極小切開術で目への侵襲を抑えることで、血糖値を気にせずに、手術をできるようになりました。もちろん、内科の先生と協力して手術のタイミングを見極めることは重要ですが、以前のように血糖値が下がるまで延期することは必要なくなりました。

●白内障手術後に糖尿病網膜症が急激に進行するリスクも

ただ、血糖値が高い人は、術後の経過に注意が必要です。

血糖値が高い状態で白内障手術をすると、糖尿病網膜症の症状が一気に進行してしまうことがあります。同じく糖尿病による合併症として知られる糖尿病黄斑浮腫も、急激に進行するリスクがあります。

これらの眼底疾患があれば、白内障手術の前にレーザー治療を施したり、ステロイド薬や抗VEGF薬(新生血管の増殖を防ぐ薬)を投薬したりすることで、網膜症や黄斑浮腫の治療を行うこともあります。

糖尿病性白内障の治療は、このように合併症のリスクが高くなりますので、眼底もしっかり検査し、治療計画を立てることが、とても重要になります。

佐藤 香

アイケアクリニック院長

医療法人トータルアイケア理事

アイケアクリニック銀座院副院長 医師

img_9adbc49f9dfbe5aea68ee3a864242c4644850-2019-05-18-17-22.jpg

初期症状から2~3ヵ月で視力低下「糖尿病性白内障」に要注意 | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

野菜は1日にどれだけ食べるとよい?

糖尿病専門医が教える「手ばかり法」とは

2019/05/18

健康

2d5e0caf6d0d723998ad55af402d3f051-2019-05-18-17-19.jpg

これまで、お菓子やおかずのタンパク質、ごはんやパン、麺類の炭水化物について、食べすぎないように適量を知る「手ばかり法」をご紹介してきました。「手ばかり法」とは、1食、あるいは1日に食べるとよい食材の量を、自分の両手のひらで、ひと目で理解できる簡単な計量法です。

今回は野菜の手ばかり法について、これまでに引き続き、糖尿病専門医で臨床内科専門医、ふくだ内科クリニック(大阪市淀川区)の福田正博院長に詳しく聞いてみました。

87c331694ad98fdeab1a22c17a0f69d5-2019-05-18-17-19.jpg

糖尿病専門医の福田正博先生

 

自分の手のひらに乗る量が食べるべき目安となる

はじめに福田医師は、「手ばかり法」について、次のように説明をします。

「以前の記事でも説明をしたように、『手ばかり法』は、糖尿病やメタボリック・シンドローム、肥満などの治療でも用いられています。

手のひらに乗る量を目安にして、自分が1食のうちに食べるべき食材の量を測ります。人によって手のひらの大きさは異なります。ですから、自分の手のひらに乗る量が適切な食事の量であり、それ以上は食べすぎだとイメージしてください」

わたしは、どこへでも行ける…車で東京から2時間の絶景を堪能してきた

 

野菜は1日に約350グラム、1食120グラム食べる

次に福田医師は、野菜を1日に食べる量の目安について、こう説明を続けます。

「食事のうち、野菜は副菜として食べることが多いでしょう。ビタミンやミネラル、食物繊維はおもに野菜から摂取されます。厚生労働省の「健康日本(第二次)」では、生活習慣病などを予防し、健康な生活を維持するための野菜の目標値として、『1日350g以上食べましょう』と掲げられています。1食あたりなら、120グラムが目安になります。

ただ、1日に350グラム、1食で120グラムといってもいったいどのぐらいの量になるのか、把握できないことが多いでしょう。野菜は種類も多く、調理法によっても摂取カロリーが大きく異なります。そこで、野菜の種類や調理法別に手ばかり法を紹介しますので、数字にこだわらずとも、手のひらに乗る分量を目安にして食べましょう」

さっそく福田医師に、「1日や1食で食べたい野菜の手ばかり法」で、目安となる量を教えてもらいました。

(1)緑黄色野菜

EE4AC03A-7A08-48F6-8FD5-93EAF3AFEB10-2019-05-18-17-19.jpg

トマト、ブロッコリー、ホウレンソウ、にんじん、小松菜、ピーマン、ニラなどの緑黄色野菜は、両方の手のひらに乗る量を1杯分、食べましょう。次に紹介する(2)の緑黄色野菜以外(淡色野菜)と合わせて、1:2の割合で合わせて「両手のひらに乗る量の3杯分」が1日に食べる量の目安になります。

(2)緑黄色野菜以外(淡色野菜など)

2d5e0caf6d0d723998ad55af402d3f05-2019-05-18-17-19.jpg

    タマネギ、なす、きゅうり、ごぼう、セロリ、れんこん、もやし、大根、グリンピース、とうもろこし、白菜などの緑黄色野菜以外の野菜は、両方の手のひらに乗る量を2杯分、食べましょう。

  

(3)生野菜

E3237103-9F2E-47D3-B572-C9E93B0504FE-2019-05-18-17-19.jpg

サラダなどで生野菜を食べたい場合は、1食では、両方の手のひらに乗る量を1杯分、食べましょう。約120グラムにあたります

(4)加熱した野菜

onnyasai-2019-05-18-17-19.jpg

1食では、片方の手のひらに乗る量を1杯分、食べましょう。約120グラムにあたります。

(5)糖質の多い野菜

potato-2019-05-18-17-19.jpg

ジャガイモやサツマイモなどのイモ類やかぼちゃには、糖質が多く含まれるので、1日3食合わせて、こぶし1つ分までの量としましょう。

(6)キノコ類・海藻類

54946660-F3C3-413E-91DB-8D21540CACD4-2019-05-18-17-19.jpg

キノコ類、海藻類を合わせて、1日で両方の手のひらに乗る量を1杯分、食べましょう。野菜には分類されませんが、これらは食物繊維が豊富なので、野菜と合わせて、いため物やあえ物などに調理をして積極的にとるとよいでしょう。

さらに福田医師は、1食分のカロリーについて、こうアドバイスをします。

「野菜はこれだけ食べるのは多いと思われるかもしれませんが、逆に考えて、たくさん食べても太ることはないことを意識しましょう。ただし、野菜だけ食べていては、エネルギーも栄養も不足します。

1食で摂取するカロリーのバランスは、主食の炭水化物が50%、主菜のタンパク質で25%、残りを脂質でとるのがよいでしょう。1食全体で600キロカロリーを食べるとして、主食は約300キロカロリー、主菜は約200キロカロリー、副菜の野菜は1食・120グラムで約30kcalとし、残りのカロリーを乳製品や果物でとるとビタミン類も補給できます。これを1日に3回食べると栄養のバランスが整い、食べすぎることがなく、太りにくい健康的な体づくりができるでしょう」

冒頭でもお伝えしましたが、これまでの記事で、主食(炭水化物)、主菜(おもにタンパク質)の1日に食べる適量を手ばかり法にて紹介していますので、合わせて参考にしてください。

野菜は、いくら食べても太りにくいこと、また、主食や主菜と合わせてバランスのよい分量を食べて栄養のバランスを整えようということです。1日に3回、食材の量と全体の割合を考えた食事を続けたいものです。

(取材・文 藤原 椋/ ユンブル)

野菜は1日にどれだけ食べるとよい? 糖尿病専門医が教える「手ばかり法」とは|ウートピ

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

「糖尿病性腎症」の重症化予防を強化 

自治体向けに手引きを作成 厚生労働省

糖尿病ネットワーク

20170405-3-2019-05-17-17-06.jpg

 厚生労働省は、「糖尿病性腎症重症化予防に関する事業実施の手引き」の公開を開始した。自治体が糖尿病性腎症の重症化予防に積極的に取り組むための具体的な手法を紹介している。

糖尿病性腎症の重症化予防に対する取組みが本格化

 糖尿病性腎症の重症化予防に対する取組みが本格化している。国は国保制度における保険者努力支援制度などを実施。  国が定めた「健康日本21(第2次)」では、糖尿病性腎症による年間新規透析導入患者数の減少を数値目標として掲げられ、さまざまな取組が進められている。

 また、2015年に日本健康会議で採択された「健康なまち・職場づくり宣言2020」の中でも、重症化予防に取り組む自治体数の増加を目標としている。

 その結果、日本健康会議の宣言として掲げられた達成要件を満たしている市町村数は1,003市町村、後期高齢者医療広域連合数は31広域連合と拡大している(2018年時点)。

 厚生労働省はこれまで、▼「糖尿病性腎症重症化予防プログラム」の策定、▼日本医師会および日本糖尿病対策推進会議との「糖尿病性腎症重症化予防に係る連携協定」の締結、▼糖尿病性腎症重症化予防プログラムの策定、▼「腎疾患対策検討会報告書~腎疾患対策の更なる推進を目指して」のとりまとめなどを実施。

 報告書では、長野県松本市、埼玉県および埼玉県所沢市・志木市、東京都足立区での糖尿病腎症重症化予防の先進事例を紹介している。

かかりつけ医や専門医と保健師・管理栄養士が連携

20190517-1-2019-05-17-17-06.png

 

 自治体が行う糖尿病性腎症重症化予防事業の目的は、
(1)糖尿病が重症化するリスクの高い医療機関未受診者・受診中断者に対して、適切な受診勧奨、保健指導を行うことにより治療に結びつけること、
(2)糖尿病性腎症などで通院する患者のうち、重症化リスクの高い者に対して主治医の判断により保健指導対象者を選定し、腎不全、人工透析への移行を防止することだ。

 自治体が重症化予防の事業に取り組む理由として、 (1)糖尿病性腎症が重症化すると患者にとって著しいQOL(生活の質)の低下や健康寿命の短縮をきたす。全国で毎年1.6万人以上の新規透析患者が発生し医療費増大をもたらす点でも健康課題として重要、
(2)糖尿病性腎症は、重症化に至るプロセスで、健診やレセプトで把握しやすい疾患、
(3)適切な医療受診や生活改善などにより改善効果が示されており、保健師・管理栄養士などの専門職がかかりつけ医、専門医などとともに対応可能、
(4)対象者の抽出から事業評価まで、国保データベース(KDB)などの活用により効率的な運用が可能、
(5)医療保険者の保健事業として財源確保を行いやすく、国の支援もある
――といったことが挙げられる。

 一方で、重症化予防に取り組んでいる市町村などでは、▼保健指導の対象者の抽出でレセプトを用いている保険者が少ない、▼アウトカム指標で評価する保険者が少ないなど、取組の内容にはばらつきがみられる。

 その背景として、具体的な取り組み方がよく分からないという自治体関係者の声もある。

 そこで厚労省では実践事例などを収集・参照しながら、実用的な手引き書をまとめた。

国保データベース(KDB)の健診データ・レセプトデータを活用

20190517-3-2019-05-17-17-06.png

 自治体の重症化予防事業の基本的な取組みは、体制整備(庁内連携、地域連携)・事業計画(Plan)、事業実施(Do)、事業評価(Check)、改善(Action:次年度事業の修正)という、PDCAサイクルで示される。

 重症化予防プログラムでは、重症化予防の取組みを広げ、質を確保するため、対象者の抽出や、関係者との連携や評価などを、PDCAサイクルに沿って事業を進めるための基本的事項をまとめている。

 具体的には、▼健康診査データ・レセプトデータなどで抽出されたハイリスク者に対する受診勧奨、保健指導、▼治療中の患者に対する医療と連携した保健指導、▼糖尿病治療中断者や健診未受診者に対する対応が行われる。

 国保データベース(KDB)などを活用して、糖尿病性腎症の対象者を把握し、受診勧奨対象者・保健指導対象者を合わせた糖尿病性腎症の対象者の把握が行われる。

 KDBには、被保険者の健診・レセプトデータが格納されており、事業対象者の抽出、事業対象者の経年的なデータ抽出などが可能だ。全国9割以上の市町村保険者および広域連合は、KDBを活用している。

糖尿病未治療の人、治療を中断している人にも対応

20190517-4-2019-05-17-17-06.png

 糖尿病性腎症による新規透析導入患者を減少させるには、以下のような3段階での取組が必要となる。
(1)糖尿病性腎症予防の必要性を本人が十分理解した上で定期受診を継続するとともに、生活習慣を改善する(健康的な食生活、適度な身体活動、適正飲酒、禁煙など)。
(2)医療と連携して血圧や血糖、脂質のコントロール、腎機能維持を目指し、薬物治療や保健指導を行います。感染症対策などの日常の衛生管理を行うとともに、多剤を併用している場合は服薬指導を行うことも重要となる。
(3)以上の取組から腎機能低下を防止し、また対象者自身のQOL向上や生活機能低下防止につながっているかを確認しながら、継続的な関わりの中で包括的に支援していく。

 「糖尿病未治療の人、治療を中断している人」に対しては、日本糖尿病協会が発行している「糖尿病連携手帳」を各医療機関で配布して、糖尿病治療医療機関を紹介、あるいは市町村担当者への連絡が速やかに行えるよう、紹介システム体制の整備が行われる。

 保健指導は、電話などによる指導、個別面談、訪問指導、集団指導などを実施手段とし、具体的に検討される。

「糖尿病療養指導士」「腎臓病療養指導士」と連携

 自治体が行う保健指導の強みは、 (1)保有する健診・レセプトデータから「未治療」「治療中断」「コントロール不良」の人を抽出し継続的に追跡できる、
(2)対象者の日常生活をふまえて地域包括支援センターや福祉サービス、職域などの他部門、他機関と連携した包括的な支援が行えるということだ。

 さらに、地域の中核的医療機関の専門医、「糖尿病療養指導士」(糖尿病について高度で幅広い専門知識をもち、患者のセルフケアを支援するための資格)や「腎臓病療養指導士」(腎臓病の療養指導に関する知識をもつ医療従事者のための資格)などとの連携や、栄養士会などの職能団体との連携を拡大できれば、より包括的な地域連携を構築することが可能となるとしている。

厚生労働省が公開しているビデオ

糖尿病性腎症について「知って備えよう!糖尿病性腎症」

<div class=”player-unavailable”><h1 class=”message”>エラーが発生しました。</h1><div class=”submessage”><a href=”http://www.youtube.com/watch?v=-uaISwwetOg” target=”_blank”>www.youtube.com</a> での動画の視聴をお試しください。また、お使いのブラウザで JavaScript が無効になっている場合は有効にしてください。</div></div>

糖尿病性腎症重症化予防の推進に向けた広報事業(厚生労働省) 医療保険者によるデータヘルス/予防・健康づくり(厚生労働省)

[ Terahata ]

日本医療・健康情報研究所

「糖尿病性腎症」の重症化予防を強化 自治体向けに手引きを作成 厚生労働省 | ニュース・資料室 | 糖尿病ネットワーク

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

【熱々?ぬるめ?】

睡眠不足やストレスを改善する「緑茶の飲み方」

特選街Web2019年5月16日 12:00

resize-2019-05-16-17-27.jpg

 

お茶の主な栄養成分はカテキン、テアニン、ビタミンC・E、ベータカロチン、食物繊維など。特にテアニンは現代人の睡眠の悩みやストレスの改善に有効で、最近では、うつやPTSDなどの精神的な症状、認知症にいいことも明らかになってきました。【解説】栗原毅(栗原クリニック東京・日本橋院長)

解説者のプロフィール

 

1e0c5630e379676cdfbf12374da872eb.jpg

 

栗原毅(くりはら・たけし)栗原クリニック東京・日本橋院長。1951年、新潟県生まれ。78年、北里大学医学部卒業。東京女子医科大学消化器病センター内科、同大学青山病院・同成人医学センター助教授、中国中医研究院客員教授、東京女子医科大学教授、慶應義塾大学教授、東京女子医科大学教授などを経て、08年に開業。医学博士。日本肝臓学会専門医、日本内科学会認定医、日本未病システム学会認定医。『薬を捨てる 糖尿病を治す』(廣済堂)、『薬に頼らず血糖値をラクラク下げるコツ』(河出書房新社)、『緑茶を食べると、なぜ糖尿病や認知症に効くのか』(主婦の友社)など著書多数。

 

患者さんにもよく勧めている

 

ほんの何十年か前までの日本人にとって、茶葉を家庭に常備し、お茶を淹れるのは、ごくあたりまえで日常的な習慣でした。

しかし今では、お茶、コーヒー、水などの手軽なペットボトル商品も増え、お茶を日常的に淹れる人は、年々減っているようです。

その一方で、ミキサーやミルで茶葉を粉砕して、茶葉を丸ごと料理に使うかたは増えています。

茶葉を使った料理のレシピサイトをのぞくと、「茶葉の栄養を丸ごと取るのは、体によさそう」「茶殻にも栄養が残っている気がして、捨てるのはもったいないと思う」「家族の健康のために」などの口コミが見られます。

2 / 3ページ

この感覚は、大正解。長い歴史の中で、お茶を飲み続けてきた日本人ならではの感覚です。実際、お茶の健康効果には目を見張るものがあります。

お茶の主な栄養成分は、カテキン、テアニン、ビタミンC・E、ベータカロチン、食物繊維など。特に、ポリフェノールの一種であるカテキンは、糖尿病、認知症、ガン、肥満、肝臓病などの予防・改善にも効果的で、一般のかたへの認知も高まっています。私も、患者さんたちにお茶を勧めることはよくあります。

緑茶は睡眠の悩みのほか、生活習慣病予防にも!

うつや認知症への効果も明らかに

 

さて、お茶の多様な成分のうち、私が特に注目しているのは「テアニン」です。

テアニンはアミノ酸の一種で、お茶のうま味、甘味を醸し出すとともに、飲んだかたにリラックスをもたらします。

現代人の睡眠の悩みやストレスの改善に有効で、最近では、うつやPTSD(心的外傷後ストレス障害)などの精神的な症状、認知症にいいことも明らかになってきました。

テアニンのリラックス効果は、夕方以降の摂取なら、スムーズな寝つきと、深い眠りを促します。

日中も、忙しい現代人にとって、テアニンは有益です。山のような仕事や家事に追われ、興奮しきった状態のとき、テアニンの作用で心を落ち着かせると、家事や仕事の能率アップにつながります。

眠気が増すことはありません。むしろ、平常心を取り戻すことで、覚醒したかのような感覚を得られるのではないでしょうか。

【熱々?ぬるめ?】睡眠不足やストレスを改善する「緑茶の飲み方」 (2019年5月16日) – エキサイトニュース

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

南部虎弾が腎臓移植手術を中止 

糖尿病が悪化し10日から入院

 糖尿病の悪化で今月10日から入院していた電撃ネットワークのリーダー、南部虎弾(67)が16日、予定していた腎臓移植手術を中止した。

 関係者によると、ドナーである夫人と血液型が違うために行う血しょう交換措置がうまくいかず、このまま手術すると危険度が90%以上と判断されたため。今後の対応を検討した上で、20日に再決定するという。

 南部は糖尿病を患っていたが、不摂生がたたって悪化。にもかかわらず人工透析をしなかった結果、腎臓移植を余儀なくされた。南部が夫人に病状を説明すると、「私でよかったら」とドナーになることが決まった。

 夫人の血液型はA型、南部が数万人に1人しかいないO型RHマイナスだったため、血液融合剤を投与するなどの血しょう交換措置を施したが、うまく適合せず今回は断念することに。手術の準備をしていた夫人は16日、退院した。

 南部はこの日、フェイスブックで「ショックです。今日の手術はキャンセルになってしまいました。1週間後にもう1度交換にチャレンジします。せめてリスクが50%までさがってくれれば…」とコメント。

 血しょう交換で再度、夫人の血液型との融合を試みるが、駄目だった場合には山形県に住む肉親にドナーが変更される可能性もあるという。

南部虎弾が腎臓移植手術を中止 糖尿病が悪化し10日から入院 – 芸能社会 – SANSPO.COM(サンスポ)

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

経済成長進む新興国、肥満や糖尿病が社会問題化

2019.5.14 06:07

遅い夕食や運動不足、コンビニも普及

 アジアの新興国で経済成長が進む中、肥満が大きな社会問題となっている。都市部を中心にライフスタイルが大きく変わり、高カロリーな食生活や運動不足によって糖尿病の患者も増加。医療費の増加など深刻な影響をもたらしかねないとして、専門家は警鐘を鳴らしているが、有効な対策は見いだせていない。

mcb1905140500004-p1-2019-05-14-17-15.jpg

インド・ニューデリー中心部の菓子店。最近では、砂糖の量を控えた商品も並ぶ=2月7日(共同)

 

 ◆知識とバランス欠如

 約13億の人口のうち、およそ3人に1人が菜食主義者とされるインド。ヨガの盛んな健康大国のイメージがある一方、世界でも屈指の糖尿病大国でもある。国際糖尿病連合によると、2017年のインドの糖尿病患者数は7290万人で、中国に次いで2位。だが45年には1億3430万人となり、中国を抜くと予測されている。

 インドの医療研究機関「全国糖尿病・肥満・コレステロール連合」のアノープ・ミスラ代表は「菜食主義者でも油と砂糖の多く入った食事を好む。知識とバランスの欠如が患者を増やしている」と話す。夕食を午後10時以降にとって直後に寝る食習慣、過酷な気候や大気汚染による屋外運動の妨げも原因という。

 ニューデリー中心部の菓子店では、甘いシロップをたっぷりかけた商品が並ぶ。だが最近では売れ行きが落ち、砂糖の使用を控えた菓子も。店主は「甘いものを控えるより、スマートフォンをやめて運動した方がいいはずだ」と顔をしかめた。

 ◆間食の文化根付く

 ご飯や肉類、ハンバーガー、甘い味付けのスパゲティを炭酸飲料で流し込む…。フィリピンではおなじみの光景だ。炭水化物中心で野菜はほとんど食べない。朝昼晩の食事に加え「メリエンダ」と呼ばれる間食の文化も根付いており、肥満を加速させている。

 保健省によると、糖尿病は今や国内の死因第6位。幹部は「糖分や塩分の少ない食生活に移行しなければ、悪化の一途をたどる」と状況を深刻視する。

 フィリピンでは国内総生産(GDP)の成長率が年6%を超える経済の伸びに伴って「肉食化」が加速。さらにコンビニが急速に普及して、夜中でも容易に食料を調達できるようになり、減量へのギアチェンジは容易ではない。

 また、マレーシアは世界保健機関(WHO)の調査で、20~79歳での糖尿病患者の割合が16.7%と、アジアの中で圧倒的に高い。肥満率の調査でも突出した数字だ。

 クアラルンプールのドーナツ店経営者は「イスラム教の影響で酒を飲まない人が多く、代わりに甘いものの需要が高い」と指摘する。使用するチョコレートや砂糖の量は多め。「味は保証付き。体重や健康さえ気にしなければだけれど」と話した。(ニューデリー、マニラ 共同)

経済成長進む新興国、肥満や糖尿病が社会問題化 (1/2ページ) – SankeiBiz(サンケイビズ):自分を磨く経済情報サイト

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

【共通点発見】不眠の人はココが鉄板のように固い!

特選街Web2019年5月12日 12:00

resize-2019-05-12-17-29.jpg

 

現在では不眠は社会問題です。放置すると肥満や糖尿病などの生活習慣病になったり、仕事のミスや事故が起きて経済的な損失になったりすることがわかってきました。足の裏もみは3分程度でできます。入浴中やお風呂上りの習慣としてぜひ取り入れてください。【解説】今枝昌子(一般社団法人日本快眠協会代表理事)

解説者のプロフィール

 

f4cede75fc9924563e752d0c6a943f83.jpg

 

今枝昌子(いまえだ・まさこ)一般社団法人日本快眠協会代表理事。心療内科にてリワーク(うつ病のかたの社会復帰支援プログラム)講師を務め、リフレクソロジストとして1万2000人以上の足裏をもみほぐした経験から、「足裏快眠法」を生み出す。うつ病予防の体感型研修として「睡眠力の鍛え方」を企業、行政、医療の現場で伝える。2012年、日本快眠協会を設立。日本睡眠学会会員。日本心身医学会会員。著書に『生活習慣を変えなくても深い眠りは手に入る』(山と渓谷社)がある。テレビ出演や、雑誌の登場も多数。

不眠の人は足の親指がガチガチに硬い

 

この10年ほどで、不眠に対する印象が、大きく変わってきたことを実感しています。

以前は、「眠れなくても大したことはない」「寝るのは怠け者」と、捉えられていましたが、現在では不眠は社会問題です。放置すると肥満や糖尿病などの生活習慣病になったり、仕事のミスや事故が起きて、経済的な損失になったりすることがわかってきました。

さらに、うつ病の約4割に不眠症が先行して現れることから、うつ病の早期発見に役立てようという「睡眠キャンペーン」を内閣府が行っていました。

2 / 4ページ

こうした流れの中、私は足を刺激するセラピーを取り入れた「足裏快眠法」(足の裏もみ)というプログラムを作成し、企業研修などで提供してきました。今までに1万2000人以上の足を見て、触って、分析し、足の裏への刺激を多くの人の不眠改善に役立てています。

足の裏には、その人の無防備な姿が表われています。悩みを抱えているときには、足の指が縮こまって曲がっています。真面目で実直なタイプの人の足は、角ばった形をしています。また、イライラしているときには赤紫になり、消耗してしまうと白に変化するのです。

不眠に悩んでいる男性は、足の裏を触ったときにとても冷たいか、熱だまりというのでしょうか、熱くほてっています。また、内側から張っているように、全体的に硬くなっています。

女性については、逆に足の裏の弾力がなくなり、クタンとくたびれていて冷えています。

そして男女を問わず、不眠の人の足の親指は、必ずといっていいほど硬くなっています。特に指の腹の部分が、鉄板のようにガチガチになっています。

また、足指の股とつけ根は、ストレスや緊張などの影響が出てくる箇所です。不眠だと、しこりのように硬くなっていることもあります。

ですから、不眠を解消するためには、足の親指、そして指の股と付け根を重点的に、合計で3分ほどもみほぐすようにしましょう(やり方は下項参照)。

睡眠の質も入眠までの時間も改善した

 

以前、私はリフレクソロジスト(施術者)として心療内科に勤務していました。患者さんの98%が不眠に悩んでいたことから、それを足裏から解決できないか、と試行錯誤の末に開発した、「足裏快眠法」を患者さんに施させていただきました。

3 / 4ページ

そしてある日、5年間うつ病だった患者さんから「あなたに足の裏をもみほぐしてもらったら、3日も薬なしで眠れた」と言われたのです。

うれしく、また驚いたのですが、ほかにも「こんなに眠れたのは久しぶり」「睡眠導入剤の量が減らせた」「寝つきがよくなった」と報告してくれる患者さんが増えてきたことで、足の裏への刺激が不眠改善に役立つことが確信に変わりました。

そこで、数十名の患者さんとクリニックのかたがたに協力していただき、アロマテラピーなどと併用した足の裏への刺激が、睡眠の質にどのような影響を与えるのか、調べることにしたのです。

調査には、眠れなかった、目覚め感が悪かったなど、睡眠障害を点数化した『ピッツバーグ睡眠質問票』を使いました。

調査の結果、睡眠の質も、寝床に入ってから眠るまでの時間も、改善したことがわかり、データを2008年に日本心身医学会で発表しました(下のグラフ)。その後、患者さんの反響から、足裏もみだけでも、効果があると感じています。

《足の裏をもみほぐすことで睡眠障害が改善》

13567999bbba45bc8a1d3eb0a1805ba2.jpg

眠れなかった、目覚め感が悪かったなど、睡眠障害を点数化した『ピッツバーグ睡眠質問票』による調査で、睡眠の質も、寝床に入ってから眠るまでの時間も、アロマテラピーや足の裏への施術で改善した。

下痢や便秘の改善にもお勧め

 

足の裏もみは、3分程度でできます。入浴中やお風呂上りの習慣として、ぜひ取り入れてください。

強さの目安は、痛みの中に気持ちよさがある「イタ気持ちいい」感覚です。痛みしか感じなければ、刺激が強過ぎて足の皮膚を傷めることになるので、注意してください。

4 / 4ページ

よく眠れるようになって心身の疲労が取れれば、病原体から体を守る免疫力が向上して、カゼなども引きにくくなるでしょう。また、ストレスが原因の下痢や便秘といった胃腸障害も改善しやすくなります。

バリバリと仕事や家事をこなしていた人が、自分が疲れ過ぎて眠れなくなっていることに気づかず、突然バッタリと倒れてしまったケースは少なくありません。

忙しい毎日を送っていても、1日の中で1回は足の裏を通して、素の自分と向き合ってみるのはいかがでしょうか。グッスリ眠れますように。

「イタ気持ちいい」がポイント!「足の裏もみ」のやり方

 

【ポイント】

※右足→左足の順で行う

イタ気持ちいい程度の強さで行う

※入浴中やお風呂上がりに行うのがお勧めだが、1日のうち、いつやっても構わない※熱があるとき、足裏にケガやできものがあるとき、飲酒をしたときは行わない

d97b6b3605d558da0705dc1cf0c61085.jpg

❶手の親指と人さし指で、足の親指の付け根を挟み、ゆっくり先端方向に絞り上げる。指の腹もしっかり刺激する。

eea2fddd2dc4e86f8d732f9af0516cbd.jpg

❷手の親指と人さし指で、足の人さし指のつけ根を挟み、ゆっくり先端方向に絞り上げる。指の腹もしっかり刺激する。足の中指、薬指、小指も同様に行う。

5e7cc3089bc092dcbda30661fa6d85bb.jpg

❸手の親指で、足の親指の付け根よりやや下、盛り上がっている部分から指の股に向かって、ゆっくり押し上げる。残りの4カ所の足指の股も同様に行う。

dd1577d1ebcd823ef2a87540d3de7a1b.jpg

❹内くるぶしから、かかとまでの距離を四等分し、いちばんかかとに近い場所を探す。そこを、手の親指で押す。

8f774f223438d18444af53143c1e7193.jpg

❺外くるぶしから、かかとまでの距離を四等分し、いちばんかかとに近い場所を探す。そこを、手の親指で押す。

この記事は『ゆほびか』2019年3月号に掲載されています。

【共通点発見】不眠の人はココが鉄板のように固い! (2019年5月12日) – エキサイトニュース

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

スリムな体型と健康を キープする唯一の方法

内臓脂肪がストンと落ちる食事術

江部康二:医師・財団法人高雄病院理事長2019.5.11

まるで“浮き輪”のようなお腹まわり・・・このポッコリお腹をなんとか凹ませたい。

でも、「あんまり頑張らずに」ってのが人情ですよね。

運動すれば痩せるのはわかってる。

けれど、それができない。やりたくないんですよね。

わかってます、わかってますとも!

その体脂肪、運動ナシでも落とせる方法を教えましょう。

img_a91433eed175f42cd81740b3004dccfe45744-2019-05-11-17-20.jpg

 私が理事長を務める高雄病院では1999年から、当時院長だった私の兄である江部洋一郎が、日本で初めて糖尿病治療に糖質制限食を導入していました。

 当初の2年間くらいは「兄貴がまたヘンなことをやっているわ」と、私も、3人いた管理栄養士も傍観していました。

 ところが、患者さんの血糖値が、薬に頼ることなくみるみる改善していったのです。

 内臓脂肪もみるみる減って、肥満が解消するのを目の当たりにすると、完全に兄を見直すようになりました。

 さらに私自身も糖尿病を発病するに至り、ものは試しと、糖質制限食を試してみることにしました。すると、驚くような成果が得られたのです。

 体重は半年で67kgから57kgへと10kg減少。
 学生時代の体重に戻り、お腹の内臓脂肪も減ってメタボが解消しました。
 その後、体重はいまに至るまで17年間変わっていません。

 私はメタボと糖尿病が発覚した52歳で、糖質制限を始めました。

 そこから半年で体重が10kg落ちて、血圧などの健康データも正常化しました。

 コンピューター断層撮影装置(CT)で「126cm2」もあった内臓脂肪の断面積は「71cm2」へと激減しました(CTを撮ったのは2年後でしたが、半年後に体重が落ちて健康データが正常化した時点で、おそらく内臓脂肪の断面積は同様に減っていたと考えられます)。

 ヘモグロビンA1cは、3週間後には6・7%から6・0%へと下降し、糖尿病の診断基準を下回るまでに改善。

 その後もずっとヘモグロビンA1cは5・6~5・9%という安全圏内で、父のように糖尿病で足を切断したり、心筋梗塞を起こすリスクは皆無といえます。

 第1回の連載で述べたような超健康体が、食べトレだけで保たれているのです。

運動なしでも健康に痩せられる

 拙著『内臓脂肪がストンと落ちる食事術』では、私自身が実践して内臓脂肪を減らし、メタボや糖尿病の克服に大きな威力を発揮した食べトレの理論と実践についてお伝えしています。

 ご飯やパン、麺類などの糖質を制限するというと、何かマニアックな食事のように思えるかもしれません。

 でも、本書で詳しくお話ししていますが、そもそも糖質制限食こそが、私たち人類本来の正解の食事なのです。

 米や小麦などの穀物は、なんとなくヘルシーなイメージがあり、子どもにも「ご飯をいっぱい食べなさい」とすすめているかもしれませんが、実は人間にとって“異物”です。
 毒とまでは言いませんが、“中毒性”が高く、不健康な食べ物なのです。

 私たち人類の歴史はおよそ700万年といわれますが、その長い歴史からすれば、穀物などの糖質を摂るようになったのは、“ごく最近”のことです。

 穀物というでんぷん食品を日常的に食べるようになったのは、世界的には農耕が始まった1万年前からですし、日本では2500年前の弥生時代以降です。

 人類の歴史でほとんど糖質を摂ってこなかった私たちの体は、いまのように糖質をたくさん摂る食生活には対応できていません。
 700万年かけて作り上げた体質は、そんな短期間で変化・適応させることはできないのです。

 私たちの体は食べるもので作られていますから、体質に合わない糖質をたくさん食べ続ければ、病気になっても仕方ありません。

 実際、世界中で糖尿病が蔓延しています。

 糖尿病が強く疑われる患者さんは、日本だけでも1000万人を超えており、世界の糖尿病人口は4億人を超えています。

 糖尿病だけではありません。日本人の死因の上位を占めているがん心臓病脳卒中は、いずれも糖質の摂りすぎによるもの。いわば“糖質病”なのです。

 この他にも、認知症やアレルギー疾患のように原因がわからない現代病の多くも、実は“糖質病”だと私は考えています。

 食べトレ(糖質制限と1日2食の半日断食)は、運動なしでも内臓脂肪がストンと落ちるので、体型を改善できるのはもちろん、病気を防ぐいちばんの方法です。

(次回へ続く)

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

夜遅ごはんの太りにくい食べ方は?

糖尿病専門医が教える12のポイント【後編】

2019/05/11

健康

shutterstock_555962284-2019-05-11-17-12.jpg

前回の記事、「夜遅ごはんには夕方の補食でダイエット! 糖尿病専門医が教える食べ方の極意【前編】」では、夕方に「補食」をしておいて、夜遅い時間帯の食事と2回に分けて食べる「分食」という対策法について紹介しました。

今回の後編では引き続き、糖尿病専門医で『糖尿病は自分で治す』(集英社)など多くの著書があり、肥満やメタボの治療実績で知られるふくだ内科クリニック(大阪市淀川区)の福田正博院長に夜遅ごはんの太りにくい食べ方について、具体策を教えてもらいました。

87c331694ad98fdeab1a22c17a0f69d5-2019-05-11-17-12.jpg

糖尿病専門医の福田正博先生

 

旬の野菜料理を先に食べて、おかずやごはんは「かさ増し」を

福田医師は夜遅ごはんについて、前編で紹介した、1食分の総カロリーから補食のカロリーを差し引いて食べる「分食法」に加えて、次のように食べ方のポイントを挙げます。

「どれも普段から習慣にしたい方法ですが、夜遅い時間帯の食事ではとくに、消化やエネルギーの代謝を促す食べ方を実践してください。誰もがすぐに取り組める方法です」と福田医師。

(1)夜遅には、旬の野菜の料理を選ぶ

旬の野菜は、ビタミンやミネラルなどの栄養価が高い時期に収穫されます。春はキャベツやアスパラガス、夏はトマトやキュウリ、秋はキノコ類やゴボウ、冬はハクサイや小松菜などを選ぶと、栄養価が高く低カロリーであり、たくさん食べても太りにくいと言えます。

(2)おかずの2倍の量の野菜、海藻類、キノコ類を先に食べる

ゴボウやキャベツなどの野菜、海藻類やキノコ類には、食物繊維が豊富に含まれています。これらを先に食べると、あとから食べるタンパク質や炭水化物、脂質などの吸収を緩やかにして血糖値の急上昇を抑え、脂肪の蓄積を防ぎます。食事の際には、まずは野菜や海藻類、キノコ類から、おかずの2倍の量を目安として食べましょう。

(3)キノコ類、海藻類、もやし、コンニャクで「かさ増し」を

食物繊維が豊富なキノコ類や海藻類、また、もやしやコンニャクは、低カロリーで糖質も少ない食品です。肉の代わりに、サラダやスープ、野菜炒めなどに入れて「かさ増し」をすると、ボリュームが出て満腹感を得ることができます。

(4)ごはんは、ぞうすいやリゾットにしてふやかす

ごはんをふやかすと「かさ増し」になり、満腹感を得ることができます。ぞうすいやリゾットにして食べましょう。

(5)総菜を選ぶ場合は、おでんを

スーパーやコンビニで総菜を買う場合は、揚げ物ではなく、おでんにしましょう。とくに、おでんの昆布巻きやダイコン、コンニャクはカロリーが低いので覚えておきましょう。ただし、ジャガイモはカロリーが高いので、2個以上食べるのは避けてください。

(6)冷しゃぶサラダの肉は3~4枚にする

冷しゃぶサラダは、一皿で約350キロカロリーです。野菜とタンパク質の両方がとれて栄養バランスが良いため、肉が食べたい日は冷しゃぶサラダを選び、肉は3~4枚までにしましょう。野菜を先に食べてください。

(7)どの料理でも、薄味にする

味が濃い、塩分が高いと、翌日にむくみがでて体重が増える可能性があります。食欲をそそるため、たくさん食べることにもつながります。また、味を濃くするために、しょうゆやソース、塩などの調味料をたくさんかけると、食後の血糖値の上昇が急になります。おかずや食材そのものの味を味わうように意識をして、調味料はなるべく使用せず、薄味にしましょう。

(8)揚げ物は避ける

揚げ物は脂質が多く脂肪が蓄積されやすいため、おなかいっぱいに食べると体重増加に直結します。また、消化に時間がかかるので胃での滞留時間が長く、胃腸に負担をかけて便秘をまねくこともあります。

(9)主食には、雑穀米や雑穀パンを選ぶ

雑穀米は白米より少し硬いため、よく噛んで食べることになります。すると、早食いをせずに満腹感を得やすく、食べすぎを防ぐことができます。消化も腹持ちも良く、白米や菓子パンに比べて、食後の血糖値の上昇も抑えられます。

夜遅い時間帯では、雑穀米はお茶碗に半分(約130キロカロリー)、雑穀パンの場合はスライス一枚(約80キロカロリー)を目安に食べましょう。

(10)おかわりは野菜のおかずを

ホウレンソウやレタスなどの葉ものの野菜は太りにくいため、好きな分だけ食べてもカロリー過剰にはなりません。食べ足りないと感じるときは、葉ものの野菜のおひたしなどをおかわりしましょう。

 

20時過ぎてからのスイーツはNG!

さらに福田医師は、スイーツの食べ方と、よく噛むことについて次のように強調します。

(11)20時以降の夜遅スイーツは禁止

夕食後や20時以降にカロリーが高いスイーツやフルーツを食べると、血糖値が急上昇して、脂肪が蓄積します。夕食後にデザートが食べたい場合は、20時までに、寒天ゼリーやおかきを片方の手のひら1杯分、フルーツの場合は低カロリーであるイチゴを5個程度、バナナ1本など、100キロカロリー以下を目安に選びましょう。

(12)ひと口30回、「よく噛むダイエット」を

よく噛んでゆっくり食べると、脳の満腹を感じる中枢が反応して食べる量を抑えることができます。また、唾液がたくさん出るため、唾液に含まれる消化酵素の分泌が促されて消化に良いこと、それが便秘を予防すること、あごやのどの筋力や咀嚼(そしゃく)力がアップになるなど、体にとってメリットばかりです。夜遅ごはんではとくに有用なので、ひと口に30回ほどは噛んで食べましょう。

最後に福田医師は、摂取カロリーについて、こうアドバイスをします。

「夕方に補食したことを忘れて、夜遅ごはんでガツガツと食べることがないように、スマホや手帳のスケジュール覧などに、何を食べたか、カロリーと共に記録してみてください。1週間で食べたカロリーを集計すると、食べすぎに気づくことがあるでしょう。すると夕食の量やカロリーを抑えようという意識の向上に役に立ちます

夜遅ごはんではとくに食材を選んで、食べる順番を意識し、かさ増し調理などで腹持ちアップや消化によい食べ方の工夫をしようということです。減量や胃腸の働きにも目を向けながら継続したいものです。

(取材・文 藤原 椋・品川 緑 / ユンブル)

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

【健康カフェ】(152)

運動 中年で始めても遅くない

2019.5.9 10:25

 糖尿病で通院する50代男性は、学生時代はラグビーに打ち込んでいたそうですが、社会人になってからは運動らしい運動はまったくしていないそうです。外来受診時に何かスポーツをするように勧めると、「もう若くないし…」と気乗りしない返事でした。

 運動には、心肺機能の向上▽筋力増強▽高血圧や糖尿病の予防▽認知症の予防▽抑鬱の改善-といった効果があり、病気や死亡を減らし、生活の質を上げることが分かっています。

 健康維持のために、週150分の中強度の運動、もしくは週75分の高強度の運動が推奨されています。若いころから継続的に運動を続けるのが理想ですが、仕事や子育てなどで忙しい時期は、運動をやめてしまう人も少なくありません。

 約30万人の米国人を対象に、運動歴と死亡率の関係を調べた研究結果が3月、米国の医学雑誌に発表されました。研究は、50~71歳の男女に、10代後半▽20代▽30代後半▽40~50代-の余暇時間の運動歴を回答してもらい、その後の約14年の経過を追ったものです。

 結果は、年を取っても運動をしている人は、運動をしていない人に比べ、全死亡の割合が減っていました。運動を一時期やめていた人でも、再び運動を始めれば、継続して運動している人とほぼ同等に全死亡が減っていました。逆に、若い頃に運動していても、年を取って運動量が減ると、もともと運動しない人と死亡率で差がありませんでした。

 この結果から、成人してからの運動習慣はとても大事であることが分かります。一時的に運動を中断したとしても、運動を再開するのに遅すぎることはなさそうです。一方で、若い頃に運動していても、年を取ってから運動しないと、健康維持には役立たないともいえます。

 運動といっても、中高年になってラグビーやサッカーをするのはハードルが高いかもしれません。まずはウオーキングやジョギングから始めてみてはいかがでしょうか。

(しもじま内科クリニック院長・下島和弥)=次回は23日掲載予定

【健康カフェ】(152)運動 中年で始めても遅くない – 産経ニュース

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

内臓脂肪をストンと落として腹を凹ませたいなら

筋トレしなくても「食べトレ」すればいいんです

内臓脂肪がストンと落ちる食事術

江部康二:医師・財団法人高雄病院理事長2019.5.9

まるで“浮き輪”のようなお腹まわり・・・このポッコリお腹をなんとか凹ませたい。

でも、「あんまり頑張らずに」ってのが人情ですよね。

運動すれば痩せるのはわかってる。

けれど、それができない。やりたくないんですよね。

わかってます、わかってますとも!

その体脂肪、運動ナシでも落とせる方法を教えましょう。

img_c7a73d661ee146942fdabebd9ec140ad68211-2019-05-9-17-16.jpg

「メタボ」「高血圧」「糖尿病」からの脱出

 前回、冒頭からエラそうに健康自慢をしましたが、食べトレを開始する17年前、52歳だった頃の私は不健康そのものでした。

 体重は、いまより10kg重い67kg。お腹まわりは内臓脂肪を抱えてでっぷりとして、完全なメタボ(メタボリックシンドローム)だったのです。

 血圧は下が95前後、上は150くらい。

 少なからずストレスが加わり、血圧が上がる外来診療後は、下が100、上が180を超すことも珍しくはありませんでした(単位はいずれもmmHG)。これは立派な高血圧患者です。

 糖尿病の診断指標の1つであるヘモグロビンA1cの値は6・7%でした。

 6・5%以上だと「糖尿病型」と判定されますが、実際にのちの診断で糖尿病が確定しました。

 私の父は、糖尿病によって77歳で足を切断し、80歳で心筋梗塞で亡くなっています。

 私も同じ道をたどらないように、何とかしなければと思っていました。

 そのときに開始したのが糖質制限食、これが「食べトレ」をスタートさせるきっかけになったのです。

 デブでメタボ、高血圧で糖尿病……まるで“病気のデパート”みたいですが、決して不健康な生活をしていたわけではありません。

 むしろ、医者だけに健康には気を遣っていました。

 食事は基本的に「玄米魚菜食」でした(いかにも健康そうですね)。

 玄米、イワシやサバなどの魚介類、野菜をたっぷり食べて、肉類や油脂は控える食事法です。

 いまでこそ、糖質制限食のパイオニアとして知られるようになった高雄病院ですが、もともとは糖質をたっぷり含む玄米魚菜食を糖尿病の患者さんに推奨していたのです(いまとなっては、反省しています)。

 高雄病院が入院患者に対する病院給食として玄米魚菜食を提供し始めたのは、1984年のことでした。おそらく、日本で初めての試みです。

 厳格な「玄米菜食」だと、たんぱく質やビタミンが不足する恐れがあるので、魚介類と鶏肉はOKとしました。

 そして、患者さんに食べてもらうなら、自分も同じものを食べるべきだと思い、私も玄米魚菜食にしたのです。

 それまで大好きだったラーメンもうどんも断ち、好物のチョコレートもやめました。健康には気を遣っていた(つもりだった)のです。

 年に一度は断食もしました。

 私は全共闘最後の世代です。その縁もあって1984年、私が34歳のときに母校・京都大学の学生たちが、トマホーク核ミサイルを積んだ米原子力潜水艦が佐世保港に入港するのに抗議して、京都高島屋の前でハンガーストライキ(断食)をした際、健康管理を頼まれたことがありました。

 このことがきっかけとなり、私も断食を試してみたのです。

 ハンガーストライキは断食そのものであり、断食の健康効果は古くから認められていたからです。

 また週2回は趣味のテニスで汗を流し、週1回はスポーツジムにも通うなど、やはり健康に気を遣っていました。

 当時は玄米魚菜食で、年1回は断食して、定期的に運動をしていたのに、私の体重はじわじわと増え続けていきました。内臓脂肪がたまり、血圧や血糖値などの健康データは、年々悪化し続けたのです。

 健康に気を遣っていたのに、なぜ不健康になっていったのでしょうか?

 諸悪の根源は、糖質を日に何度もたくさん食べる“糖質の頻回・過剰摂取”にあったのです。

(次回へ続く)

内臓脂肪をストンと落として腹を凹ませたいなら筋トレしなくても「食べトレ」すればいいんです | 内臓脂肪がストンと落ちる食事術 | ダイヤモンド・オンライン

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病患者にナッツが利益?

死亡リスクが下がる可能性

ただしピーナッツの利益は少なめ

2019/5/8

 2型糖尿病(*1)と診断されている人々のナッツの摂取量と、その後の死亡や心血管疾患の発症との関係を調べた米国の研究で、ナッツの摂取量が多い人ほど、死亡リスクや心血管疾患(心筋梗塞、脳卒中など)の発症リスクが低いことが分かりました。

p1-2019-05-8-17-08.jpg

糖尿病患者がナッツを食べると死亡リスクが減少する?(C)dionisvera-123RF

一般の人より死亡リスクが高い糖尿病患者にもナッツは有益?

 ナッツには、不飽和脂肪酸や、植物性たんぱく質、食物繊維、ミネラル、ビタミン、ファイトケミカル(*2)などが豊富に含まれています。これまでに、一般の人々を対象とする研究で、ナッツの摂取頻度が高い人のほうが、高血圧、心血管疾患、がんの発症や、死亡が少ないことが示されています。しかし、糖尿病にかかっていることによって心血管疾患や死亡のリスクが上昇している人々にも、ナッツが利益をもたらすかどうかは明らかではありませんでした。

 また、マメ科の一年草の種子であるピーナッツと、樹木の種子(木の実)であるそれ以外のナッツ(アーモンド、クルミ、ヘーゼルナッツ、ピスタチオ、マカデミアナッツ、松の実など)の成分は異なりますが、これまでに行われた研究は、それらを区別して分析していませんでした。

 そこで、米ハーバード大学公衆衛生大学院のGang Liu氏らは、2型糖尿病患者を対象に、ナッツの摂取量とその後の心血管疾患(心筋梗塞、脳卒中など)や死亡などの関係を検討。さらに、ナッツをピーナッツと木の実に分けて詳しく検討することにしました。

*1 2型糖尿病:生活習慣病として発症する糖尿病のこと。遺伝的な要因で膵臓がインスリンを作れなくなる糖尿病は「1型糖尿病」と呼ばれ、2型糖尿病とは区別される。

*2 ファイトケミカル(フィトケミカル):植物性食品に含まれる栄養素以外の成分(香りや色、苦みなど)のこと。ポリフェノール類や硫黄化合物であるイソチオシアネート類、色素成分のカロテノイド類などが含まれる。

 

 

 分析対象となったのは、米国の医療従事者を対象とした大規模疫学研究の参加者のうち、もともと糖尿病だった、または追跡期間中に糖尿病と診断された男女1万6217人です。既に心血管疾患を経験していた患者や、がんと診断されていた患者などは除外しました。

 対象者に2~4年ごとに行った食物摂取頻度調査から、前年1年間のナッツの摂取量を調べました。1皿は28gとし、「ナッツは食べない/ほぼ食べない」「1カ月に1~3皿」「1週間に1皿」「1週間に2~4皿」「1週間に5~6皿」「1日1皿」「1日2~3皿」「1日4~6皿」「1日6皿超」のいずれかに分類しました。同様に、ナッツを木の実とピーナッツに分けた摂取量調査も行いました。

 研究者たちが特に注目したのは、心血管疾患の発症リスクおよび死亡のリスクと、ナッツ摂取量の関係です。

 両者の関係に影響を及ぼす可能性のある要因として、BMI(体格指数)、運動習慣、喫煙、飲酒、病歴、心筋梗塞またはがんの家族歴、高血圧、脂質異常症などに関する情報も収集しました。

 心血管疾患に関する追跡期間は22万3682人-年、死亡に関する追跡期間は25万4923人-年になりました(*3)。

*3 人-年:観察対象の集団がリスクにさらされた期間の合計。同じ集団に属する10人を10年間追跡した場合は、10人×10年=100人-年となる。同じ集団に属する5人を5年間、別の5人を10年間追跡した場合には、5人×5年+5人×10年=75人-年となる。

ナッツの摂取量が多い人ほど死亡や心血管疾患は少ない

 ナッツの摂取量は、「心血管疾患の発症」と「死亡」のリスクと関係していました。両者の関係に影響する可能性がある要因を考慮した上で分析した結果、ナッツの摂取量が1カ月に1皿未満の人(参照群)に比べ、1週間に5皿以上食べる人では、心血管疾患の発症が17%少なく、死亡も31%少なくなっていました(表1)。心血管疾患の発症、心血管疾患のうち心筋梗塞・狭心症(冠動脈疾患)の発症、死亡、心血管疾患による死亡については、ナッツの摂取量が多くなるほど、利益が大きくなるという傾向性が見られました。一方、脳卒中の発症やがんによる死亡のリスクには、ナッツの摂取量は関係していませんでした。

表1 ナッツの摂取が2型糖尿病患者の健康に及ぼす影響

zu1-2019-05-8-17-08.jpg

 次に、ナッツを木の実とピーナッツに分けて分析したところ、表2のような結果になりました。木の実を週に2皿以上食べている人は、月に1皿未満の参照群と比べて、心血管疾患の発症、心血管疾患のうち心筋梗塞・狭心症の発症、死亡、心血管疾患による死亡、がんによる死亡のリスクが低下していました。一方、ピーナッツの摂取量が多い人には、死亡リスクの低下のみが見られました。

表2 木の実またはピーナッツの摂取が2型糖尿病患者の健康に及ぼす影響

zu2-2019-05-8-17-08.jpg

 最後に、糖尿病発症前と発症後の、ナッツの摂取量の変化と、その後の健康の関係について検討しました。ナッツの摂取量に変化がなかった患者に比べ、診断後に摂取量が増えていた患者では、心血管疾患の発症(11%減)、心筋梗塞・狭心症の発症(15%減)、死亡(27%減)、心血管疾患による死亡(25%減)のリスクが低いことが明らかになりました。

 今回の研究結果は、2型糖尿病患者が、日常的にナッツ、特に木の実を食べると、死亡リスクが減少するなど健康への利益を得られる可能性を示しました。

 論文は、Circulation Research誌2019年3月15日号に掲載されています(*4)。

*4 Liu G, et al. Circulation Research. 2019;124:920–929.

大西淳子(おおにしじゅんこ)

医学ジャーナリスト

糖尿病患者にナッツが利益? 死亡リスクが下がる可能性:話題の論文 拾い読み!:日経Gooday(グッデイ)

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

「梅干し」一粒で医者いらず!

疲労回復&老化防止のスーパーパワー

2019.05.07 06:00

img_53b7a0ce977c70b66046a55ac245f05b1369342-2019-05-7-17-23.jpg

画像はイメージです

 

 最大10連休となった今年のGW。休み明けに遊び疲れた、と感じる人も多いのではないだろうか? そんなときにうってつけなのが、1日1粒で医者いらずといわれる梅干しだ。

 食品の健康効果に詳しい薬剤師の田村哲彦氏(壮健タムラ薬局代表)は、「梅干しは平安時代から即効性のある疲労回復食品として重宝されていた」と言う。

「梅干しの酸っぱさの元はクエン酸やリンゴ酸など8種類の有機酸ですが、こうした有機酸が細胞の燃焼効率を高め、乳酸などの疲労物質を速やかに排除してくれるんです」(前同)

 梅干しの優れた疲労回復効果は、小さな実にぎっしり詰まっているという。

「A、B1などのビタミン類をはじめとして、さまざまなミネラル分の含有量も他の果物に抜きんでています。カルシウムはリンゴの4倍で鉄分も6倍。マグネシウムや亜鉛も梅のほうが多いです」(健康ライター)

 疲労回復のみならず、梅干しは、糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病を予防・改善する効果も高い。

「梅には、糖の吸収に関わる酵素の働きを阻害する成分が含まれ、これが食後高血糖を抑え、糖尿病予防に。脳卒中や心筋梗塞を引き起こす動脈硬化にも、予防効果がラットを使った実験で実証済みです。胃がんや胃潰瘍の原因となるピロリ菌を弱らせたり、梅干しの強い抗酸化成分(梅リグナン)が老化防止に役立つことも明らかになりました」(医療専門誌記者)

 そして中高年男性にはうれしい、こんな効果も。

「最近では梅干しに含まれるバニリンという物質が脂肪の燃焼効果を高めたり、肝機能を向上させる研究も発表されました」(田村氏)

 肉はたくさん食べると体が酸性に傾き腎機能低下などの弊害が出ることが。ところが梅干しには、体の酸性化を防ぐ作用もあるのだ。

 いいことずくめの梅干しだが、塩分が多いのが玉にキズ。普通の梅干し1個で塩分が約4グラム。かつお味などの調味梅干しは1~2グラムで、カリカリ梅も1袋(50グラム)に約3グラムの塩分が含まれる。厚生労働省指針は成人男性で1日8グラム以下なので、塩分を減らしたい。どうすればいいのか?

「水に一晩さらすと塩分が減少しますよ。真水より薄い塩水のほうが効果的です」(前出の健康ライター)

 さらに梅干しの塩分(ナトリウム)を中和するのが、カリウムを含んだ食品。田村氏のお薦めは、ネギやショウガなどをたっぷり乗せた梅干し冷や奴だ。

「豆腐(大豆)、ショウガやネギにはカリウムがたっぷりですし、醤油の代わりに梅干しを使えば、塩分もカットできます。豆腐と梅の酸味が爽やかで、とてもおいしいですよ」

 1日1粒で元気と若さがよみがえる!

 現在発売中の『週刊大衆』5月20日号では、この他に「令和の日本を襲う超値上げ商品」についての特集など、得する情報記事を多数掲載している。

「梅干し」一粒で医者いらず! 疲労回復&老化防止のスーパーパワー | 日刊大衆

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

食事を「朝型」にすると糖尿病が改善 

血糖コントロールが良好に

糖尿病ネットワーク

20160810-1-2019-05-7-17-10.jpg

 2型糖尿病のある人は、朝食のカロリーを高めるよう食事を調整すると、体重が減少し、インスリン量も減り、血糖コントロールが改善するという研究が発表されている。

 朝食を抜き、夕食を遅い時刻にとるのが習慣化すると、体に深刻な悪影響があらわれるという研究も発表された。

食事パターンを「朝型」にすると血糖コントロールが改善

 食事パターンを「朝型」にすると、体重が減り、糖尿病の人では血糖コントロールが改善するという研究を、イスラエルのテルアビブ大学が発表した。

 この研究は、イスラエル保健省の支援を受けて実施されたもので、イリノイ州シカゴで開催された第100回米国内分泌学会年次総会(ENDO 2018)で発表された。

 肥満や過体重の人に共通する食事スタイルとして、夕食でドカ食いをしてカロリーを摂り過ぎる「ビックディナー」がある。

 この食習慣を改めて、なるべく朝食でカロリーを多めに摂り、昼食は平均的、夕食を小食にするよう調整すると、1日の摂取カロリーは同じでも、体重が減りやすい。糖尿病の人では必要なインスリン量が減り、血糖コントロールが改善するという。

 「多くの人が食事で気にすることは、どんな食品を食べるかとカロリーを抑えることですが、食事を摂る時間と頻度も大きな問題です」と、テルアビブ大学医学部のダニエラ イカボヴィッチ教授は言う。

 「私たちの体の代謝機能は1日を通して変化しています。同じパンを朝食で摂るのと、夕食で摂るのとでは、グルコース反応が異なります。朝食で摂った時の方が、体重が減りやすく、痩せやすいのです。糖尿病の人では血糖コントロールが改善します」と、イカボヴィッチ教授は指摘している。

食事を朝型にすると血糖値が低下 インスリン投与量も減少

 研究チームは、2型糖尿病と肥満のあり、インスリンで治療をしている、平均年齢69歳の18人の男性と11人の女性を対象に、3ヵ月の実験を行った。参加者は3ヵ月間、1日の摂取カロリーと栄養バランスが同じになるよう食事を調整し、2つの食事スタイルに振り分けられた。

 1つめのグループは、朝食のボリュームを増やし、昼食は平均的、夕食は少なめにする食事療法を続けた。2つめのグループは、1日の食事を6回に分け、摂取カロリーを均等にする食事療法を続けた。

 とくに食後の血糖値の上昇が分かるようにするため、血糖値の変動を持続血糖モニター(CGM)で、研究の開始時と、最初の2週間、終了時に測定した。

 3ヵ月後に、朝食をしっかり摂ったグループは体重を平均して5kg減らした。空腹時血糖値は54mg/dL低下し(161から107に低下)、平均血糖値は、最初の2週間は29mg/dL低下し(167から138に低下)、3ヵ月後には38mg/dL低下した(167から129に低下)。

 睡眠中の平均血糖値も改善し、朝食をしっかり摂ることで、24mg/dL低下した(131から107に低下)。インスリン投与量も減少し、1日の単位量は20.5減少した(54.7から34.8に減少)。

朝食が体と頭が活動を開始するためのスイッチに

 食事パターンが朝型になると、食欲を抑えられ、脂肪燃焼量が増加することは、過去の研究でも確かめられている。朝型の食事がとくに影響するのは「体内時計」だ。

 食事は、体内時計を調整する因子として働き、食事をいつ食べたのかを目安に、運動や休息に適した体内リズムが調整される。

 朝食は特に重要で、体と頭が活動を開始するためのスイッチとなる。体内時計は絶食を長時間続けた後の食事によって調整される、つまり朝食が体内時計をリセットしやすいということが分かっている。

 朝食を抜くと、学習や運動能力のパフォーマンスが低下したり、やる気も低下するという研究も報告されている。また、朝食の摂取頻度が少ない人ほど肥満になりやすいという報告もある。

 同じ量の食事であっても、摂取時刻によってエネルギー代謝に与える効果は異なる。朝食を抜く頻度が高かったり、夜食や間食の頻度が高い人ほど2型糖尿病や肥満のリスクが上昇する。

 食事をとる時刻も体内時計に影響する。1日の最後の食事は夕食だ。夕食をとる時刻が遅いと、体内時計に狂いが生じ夜型になり、心身の不調を引き起こしかねない。

夕食を遅く食べ朝食を抜く人は心臓病のリスクが上昇

20160622-4-2019-05-7-17-10.jpg

 朝食を抜き、夕食を就寝直前に摂る人は、心臓発作後で死亡するリスクが上昇するという研究も発表された。

 ブラジルのサンパウロ州立大学の研究によると、この2つの食習慣をもつ人は、心筋梗塞から退院後30日以内の死亡リスク、再発リスク、狭心症(胸痛)リスクが4?5倍高いという。

 心電図波形のうちで、ST部分はS波の終りからT波の始まりまでの部分。心筋梗塞を起こし、心電図でとくにSTが上昇するのが「ST上昇型急性心筋梗塞」で、とくに重篤とされている。

 研究チームは、ST上昇型急性心筋梗塞による入院患者113人(平均年齢60歳、男性が73%)を対象に、(1)週3回以上朝食を抜くか、(2)週3回以上の遅い夕食(就寝前2時間以内)を摂るかを尋ねた。

 朝食を欠食する人は58%、遅い夕食を摂る人はは51%、両方そろっている人は41%いた。

 退院後の経過をみると、朝食抜きと遅い夕食の両方の食習慣をもつ患者では、30日以内の死亡、新たな心臓発作、胸痛のリスクが4?5倍高かった。

 今回の研究では、夕食時間と就寝時間の間隔が狭いと「夕食が遅い」と定義された。遅い夕食を週3回以上とっていた人のほとんどは、夕食の時間帯そのものが遅かった。

朝食のカロリーが15~35%を占めるよう調整

 これまでの研究によると、朝食を欠席し夕食が遅い人は、運動不足であったり喫煙習慣があるなど、他にも不健康な習慣をもっている可能性が高い。とくに夜遅くまで働いている人は、夕食を摂るのも遅くなり、結果として朝はお腹が空かないという悪循環におちいりやすい。

 「不健康な習慣が積み重なることで、心臓の健康を損ないやすくなります」と、ミニクッチ氏は言う。

 不健康な食生活は、炎症反応、酸化ストレス、血管の内皮機能の低下などを引き起こし、結果として心血管転帰に悪影響をもたらすという。

 「夕食から就寝まで、2時間以上の間隔をあけ、朝食のボリュームは多めにすることをお勧めします。1日のカロリー摂取比率からみて、朝食は15~35%を占めるようになります」と、ミニクッチ氏はアドバイスしている。

 朝食として良いとされるのは、乳製品(無脂肪または低脂肪の牛乳、ヨーグルト、チーズ)、炭水化物(全粒粉のパン、ベーグル、シリアル)、果物などだ。

Late dinner and no breakfast a killer combination(欧州心臓病学会 2019年4月18日)

Skipping breakfast concomitant with late-night dinner eating is associated with worse outcomes following ST-segment elevation myocardial infarction(European Journal of Preventive Cardiology 2019年4月17日)

High-energy breakfast promotes weight loss, helps reduce total daily insulin dose for type 2 diabetes(米国内分泌学会 2018年3月20日)

[ Terahata ]

日本医療・健康情報研究所

食事を「朝型」にすると糖尿病が改善 血糖コントロールが良好に | ニュース・資料室 | 糖尿病ネットワーク

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com