がん、糖尿病 死亡率、全国ワースト2 

17年 /青森

 厚生労働省がこのほど発表した2017年の人口動態統計(概数)によると、死因別で見た県内の死亡者数は、がん(悪性新生物)が28・4%と最多で、心疾患14・8%▽脳血管疾患9・7%▽肺炎8%--だった。この四つの死因による死亡者数は、全体の約6割を占めた。【井川加菜美】

 また、人口10万人あたりの死亡率でみると、がんは391・3(前年比1・1ポイント増)となり、5年連続で全国ワースト2位を記録。また、糖尿病による死亡率も、19・1(同2ポイント増)で全国ワースト2位だった。

 県は糖尿病予防に向けた啓発キャンペーンや女性ががん検診を受ける機会を増やすための事業などを展開する。

 一方、県内の出生数は前年より591人少ない8035人と減少したが、死亡者数は1万7575人で前年より266人増加し、人口の自然増減は19年連続のマイナスとなった。女性1人が生涯に産む子どもの数を示す合計特殊出生率は1・43(前年比0・05ポイント減)と5年ぶりに減少に転じるなど、人口減少に歯止めがかからない状況が続いている。

「あとトマト1個分 県民は野菜食べて」 糖尿病の予防へ県が委員会発足

 糖尿病の発症や重症化を防ごうと、県庁職員で構成する「青森県庁糖尿病リテラシー向上委員会」が発足した。県では4月にPR隊「高血糖ストッパーズ」を結成しており、協力し合いながら糖尿病に関する知識の普及・啓発活動を進める。

 同委員会は、公募で集められた県職員33人で構成。12日に県庁で行われた交付式には29人が参加し、三村申吾知事が任命書を手渡した。三村知事は「今を変えれば未来が変わる。健康寿命に対する意識が高まればうれしい」と激励した。

 交付式では、「高血糖ストッパーズ」による寸劇も披露。飛び入りで“出演”した三村知事は「野菜は1日350グラム必要。県民はあとトマト1個分の100グラムの野菜が足りない。トマトを食べて」とアピールしていた。

 同委員会では今後、メンバーの職員自らが勉強会に参加して糖尿病への理解を深めるほか、血糖コントロールの重要性など糖尿病予防策の普及・啓発をはかる。メンバーの田端康佑さんは「県民と同じ立場で一緒に理解を深めていきたい」と意気込んでいた。

 県によると、糖尿病による県内の死亡率(人口10万あたり)は2014年から3年連続で全国ワーストが続いた。17年は順位を一つあげたものの、全国ワースト2位にとどまる。【井川加菜美】

人口動態統計:がん、糖尿病 死亡率、全国ワースト2 17年 /青森 – 毎日新聞

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病や高血圧の患者に必要な食品

カナダのゲルフ大学の学者らが実験を行い、内分泌系機能、及び心血管系機能を改善する食品を明らかにした。

スプートニク日本

学者らは、緑レンズ豆と赤レンズ豆の料理が糖尿病や高血圧の患者にとって極めて有益であると主張している。

1917578-2018-06-18-10-33.jpg
East News/Media for Medical/UIG
糖尿病と戦う細胞、露で開発

学者らは成人24人を対象に実験を行った。参加者は米やジャガイモのみ、また米やジャガイモに緑レンズ豆と赤レンズ豆を1対1の割合で混ぜるという2種類の食事をとり、食前と食後の2時間にわたって血糖値と血圧が測定された。

結果、米とレンズ豆を食べた時の血糖値は、米のみを食べた時よりも20%低かった。ジャガイモの場合は、35%低かった。またレンズ豆の料理を食べた後は血中コレステロール値も低下し、血圧の正常化も見られたという。

学者らはその理由について、レンズ豆には価値のあるビタミンや微量元素が豊富に含まれていることを挙げている。

 

関連ニュース

卵を毎日摂取すると健康に良いことが判明

ニンニクの予期せぬ効能が発表される

糖尿病や高血圧の患者に必要な食品 – Sputnik 日本

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

やせて筋肉少ない女性に糖尿病リスク その原因は?

96958A9F889DE1E2E4EBE1E5EAE2E3EAE2E7E0E2E3EAE2E2E2E2E2E2-DSXZZO3069453018052018000000-PB1-1-2018-06-17-10-36.jpg

gooday_newlogo-2018-06-17-10-36.png

 最近、日本では女性のやせすぎが問題になっている。極端なやせは、肥満と同様に、さまざまな病気の原因になる。例えば、やせた女性は、太った女性と同様に糖尿病になりやすいことが知られている。なぜそんなことが起こるのだろうか。

 順天堂大学大学院医学研究科・スポートロジーセンターセンター長の河盛隆造氏、同センター准教授の田村好史氏、特任助教の染谷由希氏らは、やせている女性を対象に研究を行い、やせていて筋肉の「量」と「質」が低下した女性ほど、高血糖になりやすいことを明らかにした。

■閉経後のやせた女性の4割弱が糖尿病予備群

 研究には、20代のやせた女性31人と、50~65歳で閉経後のやせた女性30人が参加。20代の普通体重の女性13人、50~65歳で閉経後の普通体重の女性10人も参加した。20代はやせた女性の割合が最も高い年代で、閉経後は糖尿病の発症リスクが高まる年代。「やせ」の基準は、BMI[注1]16以上18.5未満、「普通体重」の基準はBMI18.5以上23未満とした。

 これらの参加者について、糖尿病の診断に用いる「75g経口ブドウ糖負荷試験」「体組成の測定」「異所性脂肪の測定」を実施した。

[注1]BMI:体格指数。体重(kg)を身長(m)の2乗で割ったもの。

やせて筋肉少ない女性に糖尿病リスク その原因は?|ヘルスUP|NIKKEI STYLE

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

多産が糖尿病のリスクに!?

2018年6月17日
20180613-027-OYTEI50009-N-2018-06-17-10-36.jpg
画像の拡大

 少子化問題を抱える日本では、国を挙げた対策が講じられている。そんな中、こうした動きに水を差しかねない新たな研究成果が、JPHC研究を実施する国立がん研究センターなどの研究グループから報告された。出産回数が多いほど、糖尿病の発症リスクが高まるという。研究の詳細は、4月18日発行の医学誌「Journal of Diabetes Investigation」( 電子版 )に掲載されている。

出産回数が多いほど糖尿病リスクが上昇

 肥満や運動不足、喫煙、糖尿病の家族歴などがあると、糖尿病のリスクが高まることはよく知られているが、性ホルモンも糖代謝に関連していることが分かっている。例えば、女性ホルモンであるエストロゲンは、糖尿病の原因となるインスリン感受性を改善したり、インスリン分泌を高めたりする。エストロゲンの血中濃度は、生理周期や妊娠・出産などの影響を受けて変化するため、これらの要因が糖尿病の発症に関連している可能性がある。

 そこで研究グループは、JPHC研究に参加した45~75歳の女性のうち、糖尿病やがん、循環器系疾患の病歴のない3万7,511人を対象に、研究開始時と5年後に、女性関連要因に関するアンケートを実施。初経年齢、月経状況、閉経年齢、初経から閉経までの期間(生殖可能期間)、ホルモン剤の使用歴、出産回数、初産年齢、授乳歴を調べた。また、研究開始から10年後に、糖尿病の発症の有無を確認した。集めたデータに基づき、女性関連要因と糖尿病発症との関連を検討した。5年後調査以降の5年間に糖尿病を発症したのは513人だった。

 その結果、未経産婦に比べ出産回数の多い女性ほど、糖尿病の発症リスクが高まった。しかし、肥満度の指標であるBMIの影響を除くと、この傾向は弱まった。そして、出産回数以外の女性関連要因には、糖尿病発症との関連は見られなかった。

 今回の結果について、研究グループは、「出産に伴う糖尿病リスクの上昇は、産後の体重増加が理由の1つとして考えられる」と分析。実際、解析対象となった女性は、出産回数が多いほどBMIが高い傾向だったという。

 これまでの欧米等の研究では、初経年齢や閉経年齢が早い人、閉経した人は、糖尿病の発症リスクが高まると報告されている。にもかかわらず今回の研究では、出産回数以外の要因は、糖尿病発症との関連が認められなかった。この点について、研究グループは「理由ははっきりしないが、糖尿病の重要なリスク因子である肥満の割合が、欧米と日本では大きく異なるためかもしれない」と推察。さらに「女性関連要因と糖尿病に関して、日本を含むアジアでの研究は少ない。今後はさらなる研究データの蓄積が必要だ」とコメントした。(あなたの健康百科編集部)

多産が糖尿病のリスクに!? : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

少量のアスピリンでがん抑制か 

65歳未満の糖尿病患者

朝日新聞デジタル

 

 65歳未満の糖尿病患者が長期間、少量のアスピリンをのみ続けると、がんを抑えられる可能性があるとする研究結果を、奈良県立医大や国立循環器病研究センターなどのチームがまとめた。アスピリンの抗炎症作用ががんを抑制していると考えられるという。17日、米国糖尿病学会誌に発表する。

 糖尿病患者はがんになりやすい傾向があるとされる。生活習慣が主な原因となる「2型糖尿病」の患者約2500人を、低用量アスピリンを毎日のむグループと、のまないグループに分け、2002年から追跡した研究をもとに、検証した。海外の研究などからアスピリンのがん抑制効果が注目されているため、10年後にがんになった頻度を比較した。

 その結果、研究参加時点に65歳未満だった人でみると、10年後にがんになったのは、のむグループ7%に対し、のまないグループ12%。統計学的な分析では、のむグループは、がんになるリスクが3割強少なかった。ただし、65歳以上の人も含めた全年齢でみると、差はみられなかった。

少量のアスピリンでがん抑制か 65歳未満の糖尿病患者:朝日新聞デジタル

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病もガンも認知症も…糖質制限はやっぱり人類を救う ライフ・マネー

toshitu_seigen_1-2018-06-15-10-46.jpg

『写真・AFLO』

 

 いまやダイエットや体質改善の常識となりつつある、糖質制限。入口が「主食の米、パン、麺を減らす」と手軽なうえ、短期間で効果が出やすく、“信者” は増え続けている。

 一方、カロリーや脂質の制限を推奨してきたこれまでの専門家の主張を覆した理論でもあり、批判の声も少なくない。テレビでもときに、批判が展開される。

 4月には新たな主張として、「週刊新潮」が「老化」「短命」と「がん」「認知症」をテーマに2号連続の記事を掲載(4月5、12日号)、「女性セブン」が「老化」「お米ダイエット」で記事を掲載(4月12日号)し、注目を集めた。

 記事はどちらも、2018年の3月に発表された東北大学大学院の農学研究科チームによる実験の結果をきっかけにしていた。マウスを2群に分け、一方に主食である炭水化物を一切与えない「糖質制限食」、もう一方に脂質、糖質、タンパク質をバランスよく配合した「通常食」を与えたところ、糖質制限群は平均寿命より20~25%も短命になったという。

 また、糖質制限群は通常食群に比べて30%も早く老化が進んだ、とも報告された。両誌とも、毛が抜け、見るからに弱ったマウスの写真を掲載し、糖質制限の危険性を訴えた。

 はたして糖質制限は本当に危ないのか。異なる分野で糖質制限を導入している、4人の専門家に聞いた。

「マウスの実験結果で人間の糖質制限を論じるなんて、理解できません」

 そう語るのは、糖質制限ブームの火つけ役でもある医師の夏井睦先生だ。

「ネズミはもともと穀物を食べて生きる動物です。生命力の源である炭水化物を一切与えなければ、それは不健康になるに決まっているでしょう。

 反対に人間は元来、肉食に適した生き物です。肉をはじめとするタンパク質は5分から10分もすれば胃液ですぐ溶けてしまうのに、米やうどんは10時間近く消化できないんです」

 糖質制限をガン治療に取り入れている臨床医の古川健司先生は、実験の条件の極端さを指摘する。

「まったく糖質を与えない、というのはガン治療でおこなうレベルの話。普通の状態の生き物なら、悪いデータが出るのは当然です。

 また『週刊新潮』は、大腸ガンの権威である米ジョンズ・ホプキンス大のボーゲルシュタイン教授らが発表した『低血糖がガンを発生させる』という論文を根拠に、糖質制限を批判しています。

 しかし、糖質制限をしても、人体では糖質以外の物質からブドウ糖を作る『糖新生』が起きるので、低血糖にはなりません」

 古川先生が監修を務めた『免疫栄養ケトン食でがんに勝つレシピ』(光文社)の著者で、管理栄養士の麻生れいみ先生も、「週刊新潮」の矛盾点を指摘する。

「糖質制限反対派として登場する、Y’sサイエンスクリニック広尾の日比野佐和子統括院長が、『3年間ストイックに糖質制限を続けたら、脳梗塞になりかけた』と語っていますが、最近の女性誌に、糖質制限を上手に取り入れて理想的な食事を摂られている様子が特集されていましたよ。

 糖質制限は、“食べるダイエット”。カロリー制限とは考え方がまったく違います。またリスクや禁止事項など、正しい知識を身につけることも大切です」

 妊娠の影響で発症する糖代謝異常である、妊娠糖尿病の治療を数多くおこなう宗田哲男先生も、「糖質制限で老化が早まる」との主張に強く反論した。

「糖質制限をすると、エネルギー代謝の回路が切り替わり、体内でケトン体という物質の濃度が上昇します。このケトン体は、ブドウ糖と同じく脳のエネルギー源となるものですが、それが老化の原因になるというのです。

 しかし世界的にも、老化の原因は『酸化』と『糖化』、つまり糖質であるという考え方が主流です。私の研究では、これから成長していく胎児はケトン体の塊であることがわかっています」

 ケトン体への批判については、夏井先生も反論する。

「『糖質制限をすると、ケトン体燃焼の影響で睡眠中の脳がエネルギー不足に陥る』という記述がありました。脳は睡眠中も活発に活動していますので、睡眠時のエネルギー補給は、体内に貯められる量の少ないブドウ糖は不向き。脂肪を代謝するケトン体がいいのです」

 また、長年にわたり糖質制限と寿命との関係について、あたかも正しく研究がなされてきたような記述があることも問題である、と夏井先生は語る。

「数百人の被験者の糖質制限を10年以上にわたり調査した、という欧米の論文を論拠に、寿命が短くなったという主張がありました。毎日、他人の食事を正確に把握することは困難です。調査や研究で人数が多いもの、期間が長いものは被験者の自己申告頼りになり、信頼性はあまり高くありません」

2 / 2ページ

toshitu_seigen_2-2018-06-15-10-46.jpg

『増える糖質カット食品』

 では実際、糖質制限はどのように役立っているのだろうか。医療の現場では、すでに有効な治療方法として活用されていた。

「糖尿病と、合併症のせいで要透析になる患者さんは、年々増え続けています。治療方針が正しい方向に進化しているのであれば、患者さんは減るはずですよね。

 いままでの治療では糖尿病がよくならなかった人も、私が糖質制限を指導すると、すぐに改善します。糖尿病治療ではカロリーと脂質を抑えた食事をガイドラインにしていますが、これが間違いなのです」(宗田先生)

 糖尿病に並んで糖質制限を取り入れているのが、ガンの治療である。

「私がふだん対面するのは、ステージIVのガン患者さん。実際におこなっている食事療法は『スーパーケトジェニック』といい、糖質を95%制限します。糖質はガンの栄養素ですから、断つことでガンの縮小と消滅を狙うのです。

 この治療法は、私が治療をしたステージIVの方の83%に効果がありました。ただ、ここまでの制限を一般の方が1年以上おこなうと、動脈硬化のリスクが高まるなどの影響が出ます。普通の方は糖質を1日130グラム程度に抑える『ロカボ』レベルで十分です」(古川先生)

 なお2017年、食事の本を刊行して話題になったサッカーの長友佑都選手がおこなっているのは「ロカボ」のひとつ上のカテゴリー「セミケトジェニック」で、1日の糖質摂取量は80グラムまで。

「ガンなどの予防にかなり効果があり、継続しても問題ありません」(同前)

 予防という観点からいえば、意外にも認知症対策に効果があるそうだ。

「ケトン体はすでにアルツハイマー病の治療にも使われ、効果があったという論文がいくつも発表されています。いま、糖質制限の認知症予防効果に注目が集まっていますよ」(宗田先生)

 いくつもの分野の治療で、効果が実証されている糖質制限。「専門医のもとでの治療がうまくいかず “駆け込み寺” として相談に訪れる患者が、たくさんいます」と夏井先生は語る。

「糖尿病で『脚を切断するしかない』と言われた人、膝の火傷治療で『背中から皮膚を移植します』と言われた人が、ネットで検索して私のところに来ます。そして糖質制限をしたら……治るんです。

 治療法を学会ガイドラインに頼るだけの専門医に、患者さんが通わなくなる時代が、もうすぐ来ると思いますよ。

 最近、私のまわりでは、歯科、内科、精神科、整形外科といった分野で、柔軟な医師たちが、糖質制限を治療に取り入れて成果を挙げています」

 ダイエット、病気の予防、治療、さらに代替療法まで。いいところだらけに思える糖質制限だが、実際に生活に取り入れるときは注意が必要だ。

「糖質の処理能力には個人差があります。また、ただ『ご飯を抜けばいい』と単純に考えている方が多いことが問題なのです。炭水化物を抜いたら、代わりにタンパク質やビタミン、ミネラル、食物繊維を摂ってください。

 そしてなにより、糖質制限の専門書を一冊読んで勉強し、自分に合った糖質制限を知ることが大切です」(麻生先生)

 印象だけで自分勝手におこなう “糖質抜き” は危険なのだ。

(週刊FLASH 2018年5月29日号)

糖尿病もガンも認知症も…糖質制限はやっぱり人類を救う | Smart FLASH[光文社週刊誌]スマフラ/スマートフラッシュ

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病の医療費 

合併症を発症すると負担が数倍に跳ね上がる

20160706-12-2018-06-14-10-28.jpg

 糖尿病の医療費を抑えるために必要なのは、合併症の予防であることが、ドイツの研究で明らかになった。

 2型糖尿病の医療費は年間65万円ぐらいだが、糖尿病合併症のひとつである腎症により人工透析を開始した場合、医療費ははじめの四半期だけで300万円に跳ね上がるという。

糖尿病合併症が医療費を増やしている

 糖尿病のさまざまな合併症は医療費の負担を増加させることが、ドイツで30万人以上の糖尿病患者の医療保険のデータを調査した研究で明らかになった。

 世界全体では糖尿病の医療費は、医療費全体の12%を占め、80兆円(7,270億ドル)に上る。

 「糖尿病の医療費を抑えるために必要なのは、適切な治療を続けて、合併症を予防することです」と、研究者は強調している。

 研究は、ドイツ糖尿病研究センター(DZD)が資金提供して行われたもので、米国糖尿病学会(ADA)が発行する医学誌「Diabetes Care」に発表された。

糖尿病による社会的な負担が増大

 糖尿病は初期の段階であっても、高血糖や脂質異常などが長時間持続することで、血管や臓器に障害がもたらされる。

 全身のあらゆる臓器に障害が起こりうるが、とくに細小血管症では、失明につながる網膜症や、腎不全を引き起こす腎症がある。大血管症では、心筋梗塞などの冠動脈疾患、脳血管障害などがある。足の切断につながる足病変も、深刻な糖尿病の合併症だ。

 ドイツの2型糖尿病の患者数は約700万人と推計されている。糖尿病の医療費は患者1人当たり年間に約65万円に上るとみられている。

 「糖尿病患者の数が増え、糖尿病による社会的な負担は増大しています。研究の目的は、医療保険で負担している糖尿病の医療費を調べることです」と、ミュンヘン環境健康研究センター(HZM)のカタリナ カーム氏は言う。

糖尿病合併症の医療費は高額

 研究チームは、ドイツの2型糖尿病患者31万6,220人の2012~2015年のデータを調べた。

 ドイツの保険診療の明細書のデータをもとに、2型糖尿病の有病率が高い60~69歳の男性の医療費を抽出した。糖尿病の合併症により四半期にどれだけの医療費がかかったかを調べた。

 その結果、糖尿病の合併症の医療費は、下記の通り高額になることが分かった。

  ・ 糖尿病網膜症 9.1万円(700ユーロ)   ・ 失明 39万円(3,000ユーロ)
  ・ 腎障害 44.2万円(3,400ユーロ)
  ・ 腎不全(透析導入) 300万円(2万3,000ユーロ)
  ・ 糖尿病足病変 16.9万円(1,300ユーロ)
  ・ 足切断 182万円(1万4,000ユーロ)

 「糖尿病の医療費は、治療が長期にわたり続く慢性疾患です。糖尿病合併症を発症すると、医療費は数倍に跳ね上がります」と、カーム氏は言う。

 心血管疾患および脳血管疾患の医療費の負担は幅がある。狭心症の医療費は35万円(2,700ユーロ)ほどだが、致死性の高い虚血性心疾患は260万円(2万ユーロ)になり、いずれも深刻だ。

合併症を長期にわたり防ぐ予防プログラムが必要

 「糖尿病の合併症は発症した四半期の医療費が高いのですが、その後も医療費は増えていきます」と、カーム氏は言う。

 合併症を発症すると、患者の生活の質(QOL)が大きく低下するだけではない。増加する医療費は、患者にとって大きな負担になるが、国の財政にとっても深刻なダメージになる。

 糖尿病の医療の重要な目標は、合併症を長期にわたり防ぐ予防プログラムを整備することだという。「糖尿病の医療費について詳しい解析をできたことで、合併症を防ぐことがいかに重要であるかが、より明確になりました」と、研究者は述べている。

 「2型糖尿病の予防・治療するためのプログラムを策定し、糖尿病をコントロールすることが、国の政策として優先度が高いことが示されました。今後は高血圧や脂質異常症など、併発している疾患による経済的影響についても調査する予定です」としている。 Type 2 diabetes: the costs of treating complications(ミュンヘン環境健康研究センター 2018年2月2日)

Health Care Costs Associated With Incident Complications in Patients With Type 2 Diabetes in Germany(Diabetes Care 2018年5月)

糖尿病の医療費 合併症を発症すると負担が数倍に跳ね上がる | ニュース・資料室 | 糖尿病ネットワーク

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病の人が「卵」を食べても血糖やコレステロールに影響しない

20180614-2-2018-06-14-10-21.jpg

 目玉焼き、ゆで卵、スクランブルエッグなど、さまざまな調理法がある卵は、栄養価の優れた食品だ。

 コレステロールが多く含まれているので、卵を控える人は少なくない。しかし最近の研究では、卵を毎日食べても、血糖値やコレステロール値に影響せず、心血管疾患のリスクも上昇しないことが分かってきた。

2型糖尿病の人は卵を毎日食べても大丈夫?

 2型糖尿病の人は、卵を毎日食べても、血糖値やコレステロール値に影響せず、心血管疾患のリスクも上昇しないという研究をシドニー大学が発表した。

 「卵はコレステロールが多く含まれる食品で、2型糖尿病の人は悪玉のLDLコレステロールの値が高い傾向があります。今回の研究では、糖尿病の人が卵を食べ続けても安全であるかを検証しました」と、シドニー大学のニック フラー氏は言う。

 研究チームはこれまでの研究で、糖尿病患者が3ヵ月間、卵を食べ続けても、コレステロール値や血糖値、血圧値に影響しないことを確かめていた。今回の研究では、卵を食べる期間が1年間に及んだ場合も安全であるかを確かめようとした。

 研究には128人の糖尿病患者と予備群が参加した。参加者は最初の3ヵ月間は、週に12個の卵を食べる群と、週に2個の卵を食べる群に分けられた。その後は卵を食べるローテーションを続けながら、3ヵ月の体重コントロールにも取り組んだ。6ヵ月間のフォローアップを加えて、合計12ヵ月間、参加者は卵を食べ続けた。

卵を毎日食べても心疾患リスクは上昇しない

20180614-1-2018-06-14-10-21.jpg
 その結果、卵を食べる量の変化に関わらず、参加者の心血管リスクを示す検査値には有害な変化はなく、体重減少も達成できた。週に12個の卵を食べた群は3.1±6.3kg、週に2個の卵を食べた群では-3.1±5.2kg、それぞれ体重が減少した。

 「2型糖尿病の食事療法では、卵のようなコレステロールの多い食品を食べ過ぎないように指導されることが多いが、今回の研究では、野菜や果物、全粒穀物、魚、ナッツ類と組み合わせて食べれば、卵を制限する必要はないことが示されました」と、フラー氏は言う。

 ただし、バターやチーズ、赤身の肉、ベーコンやハムなど、動物性の脂に多く含まれる飽和脂肪酸は、体内で悪玉のLDLコレステロールを増やす作用がある。心臓疾患を予防するために勧められるのは、多価不飽和脂肪酸や一価不飽和脂肪酸、精製されていない全粒粉などの炭水化物だという。

1日1個の卵で心血管疾患リスクが低下

 卵を毎日食べる食事スタイルは、むしろ健康に良いという研究も発表されている。英国のオックスフォード大学などの研究チームは、卵を1日に1個食べている人は、まったく食べない人に比べ、心臓病や脳卒中のリスクが減少する可能性があるという研究を発表した。

 北京大学健康科学センターなどは、30~79歳の健康な中国人51万2,891人を対象に、前向き研究を行なった。卵を食べる頻度と、心臓血管疾患(CVD)や冠状動脈イベントなどの関連を約9年にわたって追跡して調査した。

 その結果、卵を毎日食べると、出血性脳卒中のリスクが26%、出血性脳卒中による死亡リスクが28%、CVDによる死亡リスクが18%、それぞれ低下した。さらに、卵をよく食べているグループ(週に5.32個)は、あまり食べていないグループ(週に2.03個)に比べ、虚血性心疾患のリスクが12%減少した。

 「卵には高品質のタンパク質、ビタミン群、リン脂質やカロチノイドなどの生理活性物質が含まれます」と、研究者は指摘している。

コレステロールの摂取量の基準はない

 
卵はコレステロールの多い食品として代表的で、以前は「卵は1日1個までにしないとコレステロール値が上がる」と言われていた。これは、1970年代に行われた研究を根拠としていた。

 以前まで、厚生労働省では、1日のコレステロールの摂取基準を女性600mg、男性750mgと設けていた。卵1個のコレステロール値はおよそ300mgなので、卵は「1日1個まで」が良いとされていた。

 しかし、厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」は2015年に改定され、コレステロールの目標量(上限)の記載が消えた。コレステロールを多く含む食品を食べても、血中コレステロール値には影響がないという研究報告が相次ぎ、目標量は「十分な科学的根拠がない」とされたためだ。

コレステロール値の変動に気をつけることが大切

 コレステロールの70~80%は肝臓など体の中で作られ、食事から摂取されるのは20~30%にとどまる。血中のコレステロール値は、健康な人では、血中の濃度が体内での合成量により調節され一定に保たれており、食事によるコレステロール摂取量がそのまま反映されるわけではない。

 現在は、卵は一般的には1日2個までなら食べても大丈夫だとアドバイスする専門家が増えている。卵は安くて栄養豊富な食品だ。卵には必須アミノ酸が含まれ、卵黄に含まれるレシチンには血管を強くしたり、血中の余分なコレステロールの沈着を防いだりする作用がある。

 ただし、卵などを食べると体内のコレステロールが増えやすい体質の人もいるので注意が必要だ。また、コレステロールの摂取量を気にしなくて良いという話は、脂質異常症のある人にはあてはまらない。

 コレステロール値を下げるために必要なのは、良い生活習慣を持ち続けること。さらに「コレステロール値が高い」と指摘された人は、検査を定期的に受けて、コレステロール値の変動に気をつけることが大切だ。

Eggs not linked to cardiovascular risk, despite conflicting advice(シドニー大学 2018年5月7日)

Effect of a high-egg diet on cardiometabolic risk factors in people with type 2 diabetes: the Diabetes and Egg (DIABEGG) Study―randomized weight-loss and follow-up phase(American Journal of Clinical Nutrition 2018年5月7日)

Daily egg consumption may reduce cardiovascular disease(BMJ 2018年5月21日)

Associations of egg consumption with cardiovascular disease in a cohort study of 0.5 million Chinese adults(Heart 2018年5月21日)

糖尿病の人が「卵」を食べても血糖やコレステロールに影響しない | ニュース・資料室 | 糖尿病ネットワーク

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病の人は夏こそ「フットケア」 

水虫に対策するための8つの方法

20180613-2-2018-06-13-10-42.jpg

 高温・高湿の夏の季節がやってきた。じめじめするこの時期に、気になるのが水虫だ。水虫の原因になる真菌は、体力が落ちているときや抵抗力が弱くなっていると増殖し、トラブルの原因になる。水虫に感染しないために、日常生活で心がけることが肝心だ。

 

足に80種類以上の真菌が生息

 真菌感染症は、皮膚にカビ(真菌)が寄生して起きる皮膚病。一般的な真菌感染症としてもっとも多いのは、真菌の一種の白癬菌が寄生して起きる足白癬(水虫)で、次に多いのが、主に足の指の爪にできる爪白癬。ほかにも、顔や首、手、股などに起こる体部白癬、頭髪部にできる頭部白癬などがある。

 「人間の細胞は、多くの細菌や真菌と共生しており、体全体が生態系になっているといえます。真菌は体のさまざまな部位で生息しており、特に足には多く、健康な人の足にも80~100種類の真菌が生息しています」と、米国立ヒトゲノム研究所(NHGRI)のジュリー セグレ氏は言う。

 セグレ氏らは、ヒトゲノム計画の技術による高度なDNA解析装置により、足に真菌がどれだけ生息しているかを調べた。その結果、足には80種類を超える真菌が生息していることが分かった。これに比べると、背中、首の後ろ、耳の内側、耳の後ろ、頭や胴体の部位は、それぞれわずか2~10種類しか生息していないという。

 水虫は、足の裏や指の間の角質層に常在する白癬菌が増えることによって起こる感染症だ。皮膚(角質層)がアカとなってはがれ落ちると、白癬菌もそれに付着してともにはがれ落ちる。皮膚が乾燥していれば洗い流せば感染しないが、気温や湿気が高いと白癬菌が皮膚の角質層に侵入し繁殖しやすくなる。

 なぜ白癬菌は足を好むのか? 「足は靴や靴下を履いているため湿度が高くなっています。特に夏の靴の中は湿度が95%にも及びます。また、足は体の一番下にあるため、体の他の部分に比べて温度が低い傾向があり、それらが白癬菌の繁殖に適した環境をつくります」と、セグレ氏は説明する。

 

水虫を防ぐための8項目の足のケア

 

 白癬菌は湿度70%以上、温度15℃以上になると活発に増殖するため、梅雨から蒸し暑い夏には注意が必要だ。生活でちょっとした工夫をすることで白癬菌の感染を抑えられる。米国家庭医学会では、水虫に対策するために、次のことをアドバイスしている。

・ 帰宅したらすぐに足を洗う

 帰宅したら、すぐに足を石鹸で洗って清潔に保つことが望ましい。洗い方は、足の指一本一本を丁寧に洗うことが肝要だ。  いちいち浴室に行くのは面倒という人は、水虫ができやすい足指の間やかかとを洗い、 ティッシュペーパーを使い乾燥させよう。
 アルコールを含んだティッシュペーパーや脱脂綿を用意できれば、汗だけでなく、水虫菌の栄養分となる皮脂を拭き取ることもできる。

・ 清潔と乾燥が予防の基本

 カビが増える状況をできるだけ減らすことが効果的なので、汗や汚れをそのまま放置せず、清潔に保つと効果的だ。  風呂やシャワーをこまめに利用し、体全体を石鹸を使って洗い、よく乾かそう。
 気になる場合は、薬局やドラッグストアで販売されている抗真菌剤入りのシャンプーやボディシャンプーを利用する方法もある。

・ 通気性の悪い靴・靴下を避ける

 入浴後やスポーツなどで汗をかいた後は、足をしっかり乾燥させ、なるべく涼しく保つことが大切。通気性の悪い靴・靴下はなるべく避けよう。

・ 靴下を毎日履きかえる

 水虫を治療するためには、清潔な靴下を履くことが大切。適度な湿度がある履き古した靴下は水虫菌の温床になる。  靴下を毎日履きかえ、使った靴下は洗ってしっかりと乾燥させよう。

・ 部屋をこまめに掃除する

 水虫になると、皮膚が剥離してはがれやすくなる。はがれた皮膚にいる白癬菌は感染力をもつ。感染を予防するために、部屋の掃除が重要だ。  剥がれた皮膚を掃除機でこまめに吸い取るようにしよう。

・ 足拭きマットは汚染されやすい

 水回り、特に浴室にある足拭きマットなどは、白癬菌により汚染されやすい。家族に水虫の人がいる場合は、足拭きマット、タオル、爪切り、スリッパなどはその人専用のものを用意する。  面倒な場合は、水虫の人は足拭きマットを使わずに使い捨てのキッチンタオルなどで足を拭こう。

・ 共同で使う施設では素足を避ける

 フィットネスクラブやサウナなどの共同で使う場所でも感染しやすい。足拭きなどを避けても、水虫の人の皮膚が剥離していて、それを踏んでしまうと感染してしまう可能性がある。  共同で使う施設に行ったときは、サンダルを履くなどして素足でいるのを避け、帰宅後にケアすることが重要だ。

・ 医師の診断を受ける

 爪の水虫は皮膚の水虫と違ってかゆみがないばかりか、見た目ではわからないこともある。しかし、放置すると爪が厚くなり手入れをしにくくなる。また、変形したり割れやすくなって、ケガのもとにもなる。  皮膚病や水虫に悩まされている人は、医師に診断してもらい適切な治療を受けることが望ましい。
 足のトラブルに悩む糖尿病の人や、足の変形や痛みで困っている場合は、足の治療やケアを行なうフットケア外来で対処してくれる。

 

 

高齢者の水虫は転倒リスクに

20180215-2-2018-06-13-10-42.jpg

 早稲田大学スポーツ科学学術院の中村好男教授らが、平均年齢75.2歳の高齢者1万581人を対象に行った調査によると、足の指や爪に足白癬、皮膚の炎症、爪の肥厚や変形、血流障害などの問題を抱えている高齢者は、男性の46.0%、女性の39.0%に上る。

 そうした人は転倒のリスクが高くなる。高齢者の転倒による骨折は、要介護になる原因のひとつで、健康寿命を縮めることにつながる。転倒を防ぐための対策は重要だ。

 中村教授らの調査では、「足白癬」のある人ではそうでない人に比べ、過去1年間に転倒を経験した割合が、男性で1.37倍に、女性で1.29倍に増加することが分かった。足白癬があると転倒の不安感じる人の割合も上昇する。

 「足に疾患があると、足の指が地面から体を支える力が不安定になり、バランスを崩したり、すり足になったりして転倒する可能性がある」という。水虫や爪白癬などをよくあることだと放っておかずに、きちんと治療することが大切だ。

糖尿病の人は特に注意が必要

 糖尿病の人が血糖値が高い状態が続くと、全身の血管だけでなく、神経も障害される。そのため、痛みや熱さなどに対する感覚が鈍くなり、足の変形、たこやうおのめなどが起こりやすくなる。

 また、血糖コントロールが良くないと血管障害があらわれ、血液の流れが悪くなりやすい。特に抹消の足には十分な栄養や酸素が届きにくい。さらに、免疫の働きも低下するので、ちょっとした傷でもすぐに化膿し、壊疽になるおそれがある。

 足の変化をいち早く発見して治療をする「フットケア」を行うと、症状が悪化するリスクを減らせる。

 日ごろから足を観察し、「水虫」「乾燥やひび割れ」「たこやうおのめ」「靴ずれ」「皮膚の色や温度」などを見逃さないようしよう。異常が起きていればに医師に相談し、ケアを受けることが重要だ。 NIH researchers conduct first genomic survey of human skin fungal diversity(アメリカ国立衛生研究所 2013年5月22日)

Over-the-Counter Foot Remedies(米国家庭医学会)

地域在住高齢者における足部に関する問題と転倒経験・転倒不安との関連(日本公衆衛生雑誌、2010年)

糖尿病の人は夏こそ「フットケア」 水虫に対策するための8つの方法 | ニュース・資料室 | 糖尿病ネットワーク

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

「壁は乗り越えられる」 

1型糖尿病の元Jリーガー・杉山新さん

1型糖尿病の子どもたちのスペイン行き実現は「本当にたくさんの人に支えてもらった」と感謝を述べる杉山新さん
PK2018061202100097_size0-2018-06-12-10-38.jpg

 元Jリーガーの杉山新さん(37)は、1型糖尿病を発病後にレギュラーに定着し、チームのJ1昇格に大きく貢献した。引退後の昨年、同じ1型の子どもを励まそうと、スペインのトップチームで活躍する同病のサッカー選手を訪ねる旅に出た。 (聞き手・由藤庸二郎)

 発病は二〇〇三年、二十三歳の時です。だるさが治まらず、四つ目の病院で1型糖尿病と分かりました。血糖は正常値の十倍近く、すぐに入院でした。

 J1の柏レイソルで結果を出せず、J2のヴァンフォーレ甲府に移った直後。1型が生活習慣病でないとは知らず、チームの健診を受けていたのになぜ、という思いでした。

 年末のチームの提示は「契約金ゼロ」。次の契約はないという意味です。練習生としてキャンプに参加できたものの、チームに必要な選手であることを証明できなければ解雇。下を向く暇はなかった。血糖は自己管理できると分かったので、リハビリ中、走るたびに血糖を測ってインスリンの注射量を決めてキャンプイン。何とか契約を更新できました。

 それまでは給料をもらってプレーするのが当たり前でしたが、発病後は一年一年が勝負。自分を見つめ直すことになりました。

 食生活は改め、きちんと三食にする。試合前に軽食を取り、血糖が少し高めになるようにインスリンを打つ。低血糖になると手や舌が震えます。そうしたらすぐスポーツドリンクで糖分を補う。周囲に気配は見せなかった。運動量が自分の持ち味で、倒れたら使ってもらえない。

 〇四年は約二十試合に出場。〇五年はプレーも充実して病気は気にならなかった。四十試合以上に出て、J1昇格を懸けた入れ替え戦は柏が相手。何が何でもと頑張って完勝しました。生涯のベストゲームです。

 啓発に取り組んだのは三十四歳で引退した後、1型の子どもたちと話をする場に呼ばれたのがきっかけです。

PK2018061202100098_size0-2018-06-12-10-38.jpg
 病気のせいで自信のない子がいて、保健室やトイレで注射を打つ話も聞きました。大人で発病した自分も他人の目を気にした時期がある。子どもはもっと大変だろうと。周囲の理解が足りないと感じました。

 自分に何ができるだろう。考えるうち、スペインの強豪レアル・マドリードに十二歳で発病したナチョという1型の選手がいることを知りました。

 世界最高峰のチームの一員としてプレーする姿を見れば、子どもたちもきっと何かを感じてくれる。募金が集まって昨年末、1型の子五人とスペインへ行くことができました。

 ナチョと直接話せたのは偶然です。子どもたちはユニホームにサインをもらってぽかーんとしてましたね。試合では、彼がゴールを決め、スタンドに向けて手でハートマークをつくってくれた。奇跡かと思いました。

 まだまだこの病気には社会の壁がありますが、子どもたちには壁は越えられること、何にでもチャレンジできることを伝えたい。

<すぎやま・あらた> 1980年埼玉県生まれ。99年柏ユースからトップチーム入り。2003年甲府に移籍。攻撃的右サイドバックとして活躍。大宮、横浜FC、岐阜などを経て15年引退。現在はさいたま市のサッカースクールや私立高校でコーチを務める。

<1型糖尿病> 膵臓(すいぞう)の細胞が壊れ、血糖を下げるホルモン「インスリン」が分泌できない病気。生活習慣の影響が強い2型と異なる原因不明の自己免疫疾患。小児から若年での発症が多い。生活で変動する血糖をインスリンの自己注射で管理する。

東京新聞:「壁は乗り越えられる」 1型糖尿病の元Jリーガー・杉山新さん:暮らし(TOKYO Web)

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

がん、糖尿病、心臓病、肺炎まで“死に至る病”を引き起こす「歯周病」の恐怖

週刊女性2018年月6日19号 2018/6/9

 

img_d1597dc19b21dfd8c08e6d2b24bf424463426-2018-06-9-11-06.jpg

※写真はイメージです

 

「40代は歯のメンテナンスの始めどきです。ケアを怠ると、50代でも歯が抜けてスッカスカになりますよ! おまけに全身疾患のリスクも高くなります」

 そう話すのは歯科医の遠山敏成先生。なんともオソロシイ話だけど、これは現実。

歯は身体じゅうの病気とつながっている!?

 厚生労働省の歯科疾患実態調査(H28年)によると、なんらかの理由で歯を失い「すべて自分の歯ではない」人の割合は、40~41歳で31・1%、45~49歳で41・1%と年を重ねるほどに増えていく。

 50~54歳では61.5%と、なんと半数以上が歯を失っているというからシャレにならない。

「ミドル世代は女性ホルモンの分泌量が低下し始めるころ。それにより骨粗しょう症を心配する方が増えてきます。しかし、忘れてはならないのが歯とそれを支える骨の存在。骨が弱くなる年代は歯も弱くなるので、いまから歯を守ることが大切です」(遠山先生)

『8020運動』をご存じだろうか? 平成元年に、当時の厚生省と日本歯科医師会が提唱した、80歳までに20本の歯を残すという趣旨の運動だ。H28年時点で、80歳で20本以上の歯が残っている人は51・2%。H23年調査の40・2%と比べて大きく増えている。

「80歳で20本という数字は、まだまだ甘いと思います。どうせ目指すのならば、80歳で28本、“すべて自分の歯”を目指していただきたい」

 と熱く語るのは、矯正歯科医の坂本紗有見先生。

「全身疾患に比べて、歯に何かトラブルがあったとしても、病院に行くのが遅れがち。歯並びやかみ合わせが悪いと、8020に達成していない人が多いのです」(坂本先生)

 本来であれば、歯の健康に最も気を配るべきオーバー40の読者世代。とはいえ毎日はあわただしく、病院にかかるとなれば治療費も気になる。そのため、歯に多少の痛みや異変を感じたとしても、我慢してしまいがちなのでは? 

 前出の遠山先生も、坂本先生の意見に口をそろえる。

がん、糖尿病、心臓病、肺炎まで“死に至る病”を引き起こす「歯周病」の恐怖 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病が原因でEDになる?

『糖尿病性勃起障害』に要注意

editeur2018/06/09 05:58

糖尿病の合併症により、EDの状態になる『糖尿病性勃起障害』

そもそも『糖尿病性勃起障害』とはどのような病気なのだろうか。

「『糖尿病性勃起障害』とは、糖尿病の合併症によって引き起こされるEDのこと。陰茎が勃起しなくなったり、勃起の維持が困難なため、満足に性交を行えなくなったりする状態を指します。糖尿病に罹患すると同世代の健康な人と比べ、EDの発症率が2~3倍高くなるといわれています」(水谷さん、以下同)

通常、勃起するためには、性的な興奮を感じる『脳』、興奮を伝達する『神経』、血流を確保する『血管』、勃起を維持する『男性器(海綿体)』の4つが正常に機能することが必要不可欠。しかし糖尿病に罹ってしまうと、血管障害(血管壁や血管内皮の障害)により血管が硬くなり弾力性が失われるという。

「そうなると、性的刺激による血管の拡張や陰茎の平滑筋という部分の弛緩が妨げられやすくなり、陰茎への血液流入が不十分になります。そのため、満足のいく勃起が得られず、EDを引き起こしやすくなるというわけです」

糖尿病患者全員がEDになるわけではない点に注意。まずは原因を正しく探そう

糖尿病患者の全員がEDを発症するわけではないが、特にEDを併発しやすい人の特徴というものはあるのだろうか。

「EDの危険因子として『糖尿病の罹病期間が長い』、『血糖コントロールの不良』、『動脈硬化が進んでいる』などが挙げられます。ほかにも、栄養バランスの偏った食生活、運動不足による肥満、1日20本以上の喫煙習慣がある人はEDにかかりやすくなるリスクが増えます。しかし、逆に考えれば、生活スタイルを見直せば、危険因子を減らすことができるともいえるのです」

糖尿病の治療を行うことでEDの症状が軽減される場合も。ED治療薬との併用も可

最後に『糖尿病性勃起障害』の治療法について教えてもらった。

「食事療法、運動療法、薬物療法を駆使して、糖尿病を治しながら進行を抑えることがED治療にもつながり、重要になります。糖尿病を治すことで血流が良くなり、神経障害も防ぐことができます。糖尿病患者の人は、血糖値、血圧、コレステロール値をコントロールし、適正値に近づけることでEDのリスク低下だけでなく、ほかの合併症予防にもなります。

また、ED治療薬(バイアグラ・レビトラ・シアリス)を服用することで、ED症状の改善の見込みがあることも知っておいて損はないでしょう」

最後にアドバイザーからひと言

「最も重要なのは、EDの根底にある原因を治療することにあります。EDの根本的原因を探るためにも少しでも心配な人は、専門医師のアドバイスを受けましょう」

854cd7aeb166cda00228f0e70ef169f41154a0d701ea309d2c1aca0678d4928026948a1a2eab7ea669cf399d784eff382ad029544e728b61a663363c9fb76bca-2018-06-9-10-45.jpg

pixta_7316762_S(1)

糖尿病が原因でEDになる? 『糖尿病性勃起障害』に要注意 | ニコニコニュース

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

相沢まき 妊娠糖尿病より陰部静脈瘤の方がしんどい…「産んだら治ると信じて」

2018.06.09.

 タレントの相沢まき(38)が8日に更新したブログで、妊娠糖尿病と陰部静脈瘤の悩みを告白した。相沢は3日のブログで「妊娠8ヶ月の症状」と記しており、出産が近い状況となっている。

 相沢はふくらんだおなかの写真を掲載し、「おへその形が変わってきて内側から押されてるからかこのままだとでべそになるんじゃって勢いです」と冗談を交えて現状を報告した。続けて、「眠りが浅く、やたらと夜中目が覚めるのと、身体が重くて寝付くまでにかなり時間がかかる様に」と睡眠がうまくとれないことも記した。

 相沢は「妊娠糖尿病の食事報告↓」として、フルーツサラダヨーグルトなどの写真を掲載。「今日は朝食の血糖値を測定☆朝食は食べ過ぎると眠くなる為、こういう簡易的なモノが多いんですが、食前71、食後107と思った程は上がらず目標クリアでした」と厳しく管理している様子。また、「今のところお米食べた日がかなり上がったので、玄米とか全粒粉のパスタとかも試してみます」と、つづった。

 読者から妊娠9カ月当時の出血の悩みを寄せられたことに「全く同じですね 出血本当に焦るし、正直糖尿病より陰部静脈瘤の方が立ってても座っててもしんどいから辛いです 産んだら治ると信じて悪化させないように上手く付き合います」と記した。

相沢まき 妊娠糖尿病より陰部静脈瘤の方がしんどい…「産んだら治ると信じて」/芸能/デイリースポーツ online

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

【健康カフェ】

(129)思春期の過体重 将来の糖尿病リスクに

 

2018.6.8 14:27

 

 高血圧で通院する70代女性は、長男夫婦と思春期の年齢の孫といっしょに暮らしています。家族の食事作りの大半を女性が担っていますが、ある日、「うちの孫はみんな太っているけど、大丈夫ですか?」と聞かれました。女性が作る食事をよく食べるのはもちろん、お菓子やジュースもよく口にしているそうですが、「注意したくても、孫にうるさがられるのが嫌で言い出せない」と言います。

 高血圧や糖尿病など生活習慣病の多くが肥満と関係しています。健康診断で生活習慣病のチェックをするのは40歳からということもあり、生活習慣病は大人になってからのあしき生活が生み出すと思っている人も多いのですが、実は子供のころの生活習慣や体形も影響しています。

 今年4月、デンマークで約6万人の男性の7歳、13歳、20歳前後の体重と、30歳以降の糖尿病発症の関係を調べた研究結果が発表されました。

 それによると、幼少期に過体重だった人は、正常体重だった人に比べ、糖尿病の発症率が4倍という結果。ただ、7歳で過体重でも、13歳までに正常体重に是正されれば、7歳から正常体重の人と発症率は変わりませんでした。一方、13歳から20歳前後までに正常体重となった人は、是正されないままの人に比べれば発症率は低いですが、7歳から正常体重だった人の1・5倍でした。また、7歳で正常体重でもその後に過体重になると発症率が上がり、特に13歳までに過体重となるとより顕著に高くなりました。

 この結果から、特に思春期に過体重となることは、将来の糖尿病発症と強く関係していると考えられます。また、子供は本来なら5歳前後が一番痩せているものなのですが、その頃に肥満体形になることも好ましくありません。

 成長期にある子供は栄養をしっかりとる必要がありますが、育ち盛りだからいくら食べても大丈夫なわけではありません。間食が多くて体重が多過ぎるのであれば、見直す必要があります。間食せず、きちんとした食生活をしているのに過体重の場合は、運動不足が考えられ、体をしっかり動かすことを心がけるべきだといえます。

 冒頭の女性に「お菓子やジュースの取り過ぎがよくないのは大人も子供も同じです。子供には誰かが教えてあげる必要がありますよ」と伝えると、「そうですね。孫の将来の健康のために、心を鬼にして注意してみます」とのことでした。(しもじま内科クリニック院長 下島和弥)

【健康カフェ】(129)思春期の過体重 将来の糖尿病リスクに(1/2ページ) – 産経ニュース

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病の薬に脳の若返り効果、

世界が注目する「認知症治療」

 

記事投稿日:2018/06/09 16:00 最終更新日:2018/06/08 18:36

ninchisho_chiryoyaku2_1_line_tw-2018-06-8-10-43.jpg

 

認知症は、厚生労働省のデータによると、65~69歳までの有病率は1.5%だが、5歳ごとに倍増。85歳の有病率は27%にものぼるといわれる。長寿化する日本においては、がんと並ぶ“国民病”ともいえるほど身近な病だ。しかしーー。

「がんの予防・検診・治療などは日進月歩ですが、認知症は進行を遅らせるという薬が4つあるものの、まだ効き目が弱く、画期的な治療薬も開発されていません」

認知症治療の現状を解説するのは、米国ハーバード大学元研究員で、老化や疫学の研究に従事したボストン在住の内科医・大西睦子さんだ。

年始には大手製薬メーカーであるファイザー社が認知症薬の開発から一時撤退することを表明するなど、認知症の研究において暗いニュースもあった。

しかし、最近、認知症治療が可能になるような、新しい研究が続々発表されている。

「3月に掲載されたイギリスの『テレグラフ』誌の記事によると、アルツハイマー病に関して50歳以上の者が接種できるワクチンが、10年以内に開発可能だと報じています。ワクチンはアルツハイマー病の約70%を予防することができると予想していますが、こうしたワクチン開発と同時進行で、世界中の研究者は日々、認知症と闘っています」

ほかにも今年に入ってから、認知症の治療を目指す夢の治療法の研究が進んでいる。その最前線を、大西さんが解説してくれた。まず、知っておきたい基礎知識が、認知症の原因だ。

「現在のところ、認知症の約7割を占めるアルツハイマー型の特徴は、アミロイドβによる老人斑とタウタンパク質による神経原線維の変化です。これらが徐々に蓄積して集合体になって、神経細胞を傷つけたり死滅させて起こるといわれています」

■糖尿病の薬に脳の若返り効果が!

英国ランカスター大学のクリスチャン・ホルシャー教授が、1月2日付の同学内ニュースに「アルツハイマー病などの慢性神経変性疾患の、新たな治療法に発展する」と発表した。それは、2型糖尿病治療のために開発された薬の利用だ。

「新薬を開発する発想ではなく、他の病気の治療薬が、アルツハイマー病にも効くのではないかと、アプローチした研究です」

薬を投与する実験の結果、マウスの脳は“若返り”に成功。

「マウスをプールに入れる水迷路試験では、学習と記憶力が大幅に改善されたと報告されています。さらに『神経細胞の機能を保護する脳成長因子のレベルが高まる一方で、アミロイドβ斑、慢性炎症や酸化ストレスが抑えられ、神経細胞の損失率は低くなった』とあります」

実験中のこの薬だが、人への安全性と有効性のデータ蓄積が期待されている。

■脳ペースメーカーで脳機能が回復

「米国有力紙『ニューヨーク・タイムズ』でも取り上げられたのは、米国ペンシルベニア大学で行われている“脳ペースメーカー”とも呼ばれる、新たな治療方法の提案です」

同様の研究は複数の施設で行われているが、大西さんが注目するのは1月30日、オハイオ州立大学医療センターの研究者が発表したレポートだ。

「基本的に心臓ペースメーカーと同じ構造です。異なるのは、電気を通す細いワイヤを心臓ではなく、アルツハイマー型認知症患者の前頭葉に埋め込むこと。前頭葉は、問題を整理したり、計画を立てる役割を果たしていますが脳ペースメーカーによって深部脳刺激(DBS)を与えると、治療していないアルツハイマー病患者に比べて、認知機能と日常機能の低下を遅らせられたとのことです」

実際に3人の研究参加者全員の症状が、改善されているという。米国オハイオ州に住む85歳の女性は、’13年から試験に参加した。当初、食事の準備ができない状態だったが、脳ペースメーカーを埋め込んでから2年後には、簡単な献立を作り、食材を選び、さらに料理をするまでに回復したという。

「研究者たちは、手術をしなくてもいい、非外科的方法を探求したいと考えているそうです」

■臓器移植で使用される薬剤が認知症の進行を遅らせる

臓器移植手術後に使用される免疫抑制剤を、長期間投与している患者は、アルツハイマー型認知症の発症頻度が低いことに目をつけたのは、米国テキサス大学だ。

「日本の医療現場でも使用頻度が高いFK506という薬剤です。レシピエント(提供される人)がもらい受けた臓器を、体内で異物として排除しないために投与されます。免疫力が下がるので感染症対策が重要ですが、認知症患者へは、そうしたリスクを回避できるほどの少量の投与で済むようです。しかも神経細胞を、アミロイドβから保護できる結果となったようです」

現段階ではマウスによる実験だが、既存薬ということもあり、安全性が担保されている。人への応用も可能なはずだ。

重度の認知症患者は24時間のケアが必要となり、家族には介護負担ばかりでなく、経済的負担も一気にのしかかる。そうした老後の不安を取り除くためにも、認知症医療の進展に期待したい。

 

PastedGraphic1-2018-06-8-10-43.png

糖尿病の薬に脳の若返り効果、世界が注目する「認知症治療」 | 女性自身

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com