「膵島移植」信大が開始 1型糖尿病患者対象 来年度から

12月31日(火)
 信州大病院(松本市)は、脳死や心臓死した人から膵臓(すいぞう)を摘出し、血糖値を下げるインスリンを分泌する膵島(すいとう)(ランゲルハンス島)を抽出して、インスリンが体内で分泌されない1型糖尿病の患者の肝臓に、点滴で移植する治療を来年度から始める。膵島は肝臓内でも機能を保つため、移植を受けた患者はインスリンの自己注射が当面不要になるなど、負担が大幅に軽減される。1型糖尿病には効果的な治療方法で、同様の効果がある膵臓移植を含め、県内では初の取り組みだ。

 県健康福祉部によると、県内で継続的に糖尿病の治療を受けている患者は約3万6千人いるとされ、信大病院は「患者の5~10%が1型とみられる」という。膵島移植は国内では2004年に始まり、これまでの実施例は全国で36例。ドナー(提供者)の数は限定されているが、同病院は「少しでも患者の負担軽減につなげたい」としている。

 同病院は今年9月、膵臓や膵島の移植に取り組む医師らでつくる日本膵・膵島移植研究会(事務局・福島県立医大)から、北陸甲信越地方で初、国内で11施設目となる膵島分離・移植施設の認定を受けた。

 移植外科や糖尿病・内分泌代謝内科のチームが中心になって取り組み、来年4月にも移植を希望する患者の登録を始める。対象は成人。ドナーは基本的に脳死者とするが、心臓死からも想定する。心臓死したドナーから摘出した膵臓は、心停止してから摘出することから臓器が傷んで長期保存に耐えられないため、ドナーは県内か隣県に限られる。

 膵島移植は、2000年にカナダで発表され、欧米を中心に広まっている治療方法。提供された膵臓の膵島細胞と他の細胞をつないでいる線維を酵素で分離し、ばらけた細胞を遠心分離機にかけて比重の軽い膵島細胞を集め、点滴パックに入れる。それを患者の小腸と肝臓を結ぶ門脈という血管に点滴して、膵島を肝臓内に送り込む。

 膵島細胞は「肝臓内でも血糖の上昇を探知し、インスリンを分泌する」(同病院移植外科の三田篤義講師)ため、移植を受けた患者の多くは当面インスリン注射が不要になる。開腹が必要な膵臓移植に比べ、患者の肉体的や精神的な負担が極めて軽く、点滴も30分から1時間で終了する。

 ただ、移植後は免疫抑制剤を飲み続ける必要があり、感染症にかかりやすくなる。さらに移植細胞の機能は徐々に落ちるため、50%程度の患者が3年後に再びインスリン注射が必要になるというが、インスリンの分泌が少しでもあれば、分泌がなかった移植前の状態より血糖値調整がしやすくなる。

 膵島移植は保険適用がなく、信大は研究費から補助を出す方針。患者側の負担額は決まっていない。三田講師は「研究会の他施設と実績を重ね、保険適用を目指したい」としている。

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病、冬に気をつけたいポイント

 聖マリアンナ医科大学病院(区内菅生)で外来相談を担当する看護師に聞いていく。今月は糖尿病フットケアについて。

 年間200件以上の相談があるというフットケア外来。「冬は低温熱傷に気をつけてほしい」と話す認定看護師の若月江利子さん。低温熱傷(やけど)は湯たんぽやコタツ、ホッカイロ、あんか、電気毛布などの暖を取るアイテムを使用するときに起こりやすいという。「睡眠時、気がつかないうちに足に触れて低温熱傷を起こす方が多いです」。合併症による足のしびれや視力障害があると足に異変が起きても気がつかないことが多い。放っておくと潰瘍になり医療処置が必要になることも。「湯たんぽやあんかは就寝前に布団に入れて寝る時は出す、暖房器具を使う代わりに衣類や掛物で調節するなど工夫しましょう。万が一熱傷をおこしてしまったら自己判断せず受診してください」

 また、年末年始はおせち料理やお酒と血糖値が高くなる食べ物が多くなる。「普段と違った食生活になることが多くなります。皆でおもいっきり楽しんだあとは普段の食生活に戻せるよう調整していきましょう」

 同院では他にも療養生活に対する看護相談も行っている。「一人で悩まずに気軽にご相談を」

■糖尿病フットケア外来――足病変予防に向けた処置・日常生活指導。毎週(水)・(木)午後2時~5時。

■糖尿病看護相談――療養生活への不安や悩みの解消。不定期。

 ともに対象は外来患者。要予約、保険診療。詳細は聖マリアンナ医科大学病院【電話】044・977・8111(代表)まで。

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

あなたの仕事効率を上げる甘い物と下げる甘い物「GI値が低いものが効率を上げる」

甘いものに含まれるブドウ糖は、脳のエネルギー源。よって甘いものを食べると、仕事も勉強もはかどると言われますが、食べ方を間違えてしまうと、かえって効率を悪くしてしまうことがあります。効率をあげるための、甘いものの食べ方を調査してみました。
■甘いものを食べた後、効率があがるどころか悪くなることが
お昼ごはんの後の会議で、コックリコックリと思わずうたた寝してしまったことはないでしょうか? 甘いものは脳のエネルギー源として大切なのですが、とりすぎてしまうと、かえって脳の働きを鈍くさせてしまうことがあるようです。甘いものによって脳の働きが悪くなる人は、糖分の血糖値が急激にあがることで、実際にとった糖分よりも、インスリンを大量に分泌している場合があります。
糖分をとった後に、血液中のブドウ糖を消すインスリンを分泌しすぎる傾向があると、インスリンが糖を除去するため、かえって血糖値が下がってしまいます。血糖値が下がると脳にエネルギーが行かなくなるため、脳がうまく働かなくなってしまうのです。だからといって糖を制限すると、イライラがとまらなくなったり、ストレスに悩まされたりします。それは糖による中毒症状のため。糖は人によっては麻薬と同じくらいの、中毒性を引き起こすことがあるのです。
この症状を放置しておくと、インスリンの分泌しすぎで膵臓(すいぞう)が疲れてしまい、インスリン分泌ができなくなり、糖尿病になってしまうこともあります。糖質のとりすぎで、脳がうまく働かない。または糖質をとらないと禁断症状に陥るという人で、上記のような症状が出ているなら、なおさら注意。まずは適切な糖分摂取量を知り、控えるようにしましょう。
■甘いものの摂取量は1日200kcalが目安!?
農林水産省が提案する「食事バランスガイド」では、お菓子や嗜好(しこう)飲料を摂取するときは一日200kcalが目安とされています。板チョコなら半分、プリンなら1個、また缶ジュースを1本程度が目安です。また同じ種類でもものによっては、簡単にカロリーオーバーするものもたくさんあります。糖質は普段の食事、ご飯やパンにも含まれているため、おやつでさらに増やさないよう、糖質少なめの物を選ぶのも大事です。

■糖質をとるときは、徐々に血糖値をあげるGI値の低いものを食べよう
食品による血糖値のあがり方を示す数値に「GI値」というものがあります。GI値が高いもの、すぐ血糖値があがるものばかり食べてしまうと、急激に血糖値があがってインスリンも多く分泌されてしまい、インスリンが増えすぎると今度は低血糖になってしまうため、脳の働きも悪くなってしまいます。
糖質をとるときは、GI値の低い食べ物から食べるようにすると、徐々に血糖値があがるため、摂取した糖質よりも多くインスリンが分泌されてしまうことを防ぐことができます。甘いものや糖質をとるときには、GI値の低いものからよくかんで食べるようにしましょう。
(GI値が低いおやつ)……甘いものなら果物を。ナッツや豆類のおやつも、GI値が低いおやつです。またアイスクリームやヨーグルトもGI値が低いおやつ。
一日200kcalを意識して、これらのおやつを取り入れてみてはいかがでしょうか? 糖質は適度にとる分には問題ありませんが、多すぎたり、体調がおかしかったりすると、かえって仕事の効率を下げる原因に。ぜひちょうどいい糖の量を意識しながら、血糖値をあげすぎない食べ方を意識してみてくださいね。

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

長寿遺伝子:たんぱく質増加で中年太りを抑制 群馬大
 体重調節中枢のある脳の視床下部で長寿遺伝子「サーチュイン」のたんぱく質を増やすと、メタボリックシンドロームなどの「中年太り」を抑制できることを、群馬大の生体調節研究所が明らかにした。ヨーロッパ糖尿病学会の機関誌「Diabetologia」の電子版に26日に掲載された。
 同研究所の佐々木努准教授(神経科学)によると、視床下部には体重の制御中枢があり、食欲とエネルギー消費量のバランスを調節して体重を一定に保とうとする機能がある。この部分のサーチュインは加齢とともに減少するが、太りやすくなることとの関係性はわかっていなかった。研究ではサーチュインを人為的に増やした遺伝子組み換えマウスを飼育し、通常のマウスに比べて加齢に伴う体重増加が緩やかになることを発見した。
 一方、遺伝子組み換えマウスに脂肪や糖分の多い高カロリー食を与え続けると、通常のマウスと同じように体重が増加した。このことから、高カロリー食を摂取することで視床下部のサーチュインや、サーチュインを活性化させる化学物質「NAD(ニコチナミドジヌクレオチド)」が減少することも明らかになったという。
 佐々木准教授は「今後はサーチュインが加齢や食べ過ぎで減少する原因を解明し、病気の治療法の開発につなげたい」としている。【喜屋武真之介】

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

「1日6食vs.1日2食」より効果的に痩せられる食事法はどっち?

ダイエットのため、食事の仕方に気をつけている方は少なくないと思います。サラダから食べる、デザートは食後だけにする、よく噛んで食べるなど、いろんな方法がありますよね。今回注目するのは、1日の食事の回数。1日3食しっかり食べるべきとか、1日に数回小分けにして食べるとよいとか、諸説あります。痩せるために本当に効果的なのは、1日何食なのでしょうか。
 
■1日2食で-3.7㎏減だが夜は食べちゃダメ米国糖尿病会議でプラハのInstitute for Clinical and Experimental MedicineのKahleova氏らが、”1日6食の小分けの食事より、1日2食の方が減量効果がある”と発表しました。同研究では、2型糖尿病患者54人を対象に普段の食事よりも1日-500kcalの食事を、1日6回小分けで食べるグループと1日2回食べるグループに分けて、体重の変化を観察。12週間後の体重は、1日6食グループの平均が-2.3kg、1日2食グループの平均は-3.7kgと、1日2食グループの方が減量効果が高いと判明しました。ただし、1日2食の食事には条件が! それは、朝・昼に食べて、夜は食べないこと。同研究者によれば、夜に食べないことが結果に大きく影響しているのではないかとのこと。1日2食にしても、夜に食べてしまっては同様の効果が得られないので要注意です。
 
■夜食べたい人は1日のバランスを考えて「夜食べないなんて、無理!」という方もいるでしょう。でも、慣れてしまえば意外とできるものです。いきなり朝・昼だけの食事が難しい方は、3食のバランスを少し変えてみることから始めるとよいでしょう。まずは、朝ご飯にしっかり炭水化物やたんぱく質を食べるようにします。起きてコップ1杯の水を飲み、太陽の光を浴びて伸びをすると、ご飯が喉を通りやすくなります。朝早く起きて食事を作れない方は、夜のうちに準備をしておきましょう。昼ご飯も、がっつり食べます。お弁当の方は一回り大きいお弁当箱に変えてみてください。そして夜も食べたい方は、サラダや野菜の和え物、お味噌汁、お米といった“一汁一菜”程度の食事にします。お米はごく少量に。それでも口がさみしい方は、お菓子などには手を出さずナッツや小魚などを食べましょう。
 
朝・昼の1日2食の食事で‐3.7kgを目指せます。ランチにサラダだけなど無理なダイエットはせず、ぜひ朝・昼にボリュームを置く食事法を続けてみてくださいね。
 


看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

こんなに違う食後血糖!「普通食」と「低糖質食」で対決
 食事の中で炭水化物に含まれる糖質を抑えることが、糖尿病の予防や治療にとどまらず、ダイエットにも効果があるといわれる。しかし、それがどれだけ血糖値に影響を与えているかを知る機会は、せいぜい年1度の健康診断くらいだろう。さらに、食後高血糖の危険性が叫ばれる中、健康診断で計測される空腹時血糖だけではあまり意味がないとの指摘も。そこで、糖質を抑える「低糖質食」を広く一般にも推奨している北里研究所病院(東京都)糖尿病センターの山田悟センター長は、企業に勤める約30人を対象に、コンビニエンスストアで買える食品を使い、普通食と低糖質食の食べ比べによる食前と食後の血糖値の変化を「見える化」する実験を行った(関連記事1関連記事2)。食べ物による自身の血糖値の変化が簡単に分かるとあって、参加者からは驚きの声とともに、簡易自己血糖測定の意義に納得の声が上がった。さて、その驚きの結果とは…!?

糖質量は120グラムと25グラムに設定

 今回のイベントは、山田氏が代表理事を務める一般社団法人「食・楽・健康協会」が主催した。参加者は、同協会の趣旨に賛同する支援企業の社員を中心とした30人ほど。コンビニエンスストアで買える昼食を想定した2種類のメニューを用意し(

)、参加者がいずれかのメニューを食すというもの。総カロリー量は約800キロカロリーで両グループ共通だが、総糖質量は普通食が約120グラム、低糖質食は約25グラム(同協会では1食20~40グラムを提唱)に設定された。

表. 各グループの食事メニュー

普通食グループ(総糖質量約120グラム)

おにぎり2個

から揚げ

豆大福

午後の紅茶

低糖質食グループ(総糖質量約25グラム)

ブランパン2個

から揚げ

ブランのロールケーキ

Metsコーラ

※から揚げは両グループ共通

wpid-450x274xsyokuraku02_2.JPG.pagespeed.ic_.9Zn30CR6kh-2013-12-27-11-20.jpg

食後30分でも普通食グループの血糖値は急上昇

 全参加者に血糖値の変化を実感してもらうため、食前と食後約30分および約2時間に自己血糖測定を実施。食後30分での血糖測定を終えた参加者に話を聞いた。

wpid-450x543xsyokuraku03.pagespeed.ic_.xl0ll0DjZl-2013-12-27-11-20.jpg

 

普通食を食べたローソン商品・物流本部の熊谷京子さんは、血糖値が空腹時の血液1デシリットル当たり102ミリグラムから食後30分で一気に131ミリグラムに上昇していた。「年1度の健康診断で空腹時血糖を測ったことしかなかったので、食後にどれくらい上昇するかは全く予測がつかなかった。低糖質食を食べた人の数値と比べても自分の上がり具合が高いことが分かり、食後血糖を知ることの大切さを感じた」と話した。
 一方、旭酒造の桜井博志さんは空腹時血糖が117ミリグラムとやや高めだったが、低糖質食を食べた30分後でも118ミリグラムとほとんど横ばいだったことに安堵の表情を浮かべた。「空腹時血糖の高さが気になっていたが、低糖質食を食べてこれしか上がらないことにびっくりした」とコメントし、「味もおいしく、量的な満足感も得られた」と語った。日本酒「獺祭(だっさい)」で知られる酒造メーカーの代表取締役社長だけあって、「今度はぜひ、『獺祭』を飲んで血糖値を測ってみたい」と付け加えた。
「食事による血糖値の上がり具合を意識した食生活を」
 さらに、食後約2時間が経過した頃、3回目の自己血糖測定を行った。通常は食後2時間くらいを境に血糖値は下がり始めるといわれるため、食後1~2時間で血糖値を測るとその時々の最高値が把握できるという。
 測定終了後、参加者全員の数値のみを山田氏が読み上げた。食後2時間値は血液1デシリットル当たり140ミリグラム未満が望ましいとされるが、普通食グループではその基準内に収まったのはわずか1人(106ミリグラム)で、その他の人は150ミリグラムを超えていた(平均約167ミリグラム)。対する低糖質食グループでは、140ミリグラムを超えた人は2人(166ミリグラム、140ミリグラム)で、平均が126ミリグラムとおしなべて低値だった。

wpid-450x463xsyokuraku04.JPG.pagespeed.ic_.gEfv7n-oVq-2013-12-27-11-20.jpg

 

山田氏は「食後2時間の血糖値が140ミリグラムを超えているからといって、明日にでも病気になるなど、すぐに身体へ悪影響が出るわけではない。ただ、食事によって血糖値の上がり具合が違うことを認識しながら普段の食生活を見直すことが、健康を守る上で大きな手段の一つになる」とアドバイスした。
 同協会では、今後もこうした試食と自己血糖測定をセットにしたイベントを実施していく予定という。

(松浦 庸夫)

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

中南米人の高い糖尿病リスク、旧人由来の遺伝子変異が原因か

【12月27日 AFP】メキシコや中南米の人々に2型糖尿病(Type 2 diabetes)発症のリスクが高い理由を説明する遺伝子変異を発見したとの研究論文が25日、英科学誌ネイチャー(Nature)に掲載された。 このDNAについてはネアンデルタール(Neanderthal)人由来である可能性が指摘されている。
論文によると、この変異は「SLC16A11」と呼ばれる遺伝子に存在するとされ、脂質と呼ばれる脂肪分子の分解に関与しているという。
国際研究チーム「SIGMASlim Initiative in Genomic Medicine for the Americans)」は、メキシコ人と他の中南米地域の人の2型糖尿病の発症率が米国の非ヒスパニック系の白人に比べて約2倍高い理由の解明を目指していた。
研究チームは、メキシコと他の中南米地域の8214人を糖尿病患者と非糖尿病患者に分けてDNAの比較を行った。
その結果、SLC16A11変異を持つグループは、変異を持たないグループに比べて糖尿病の発症率が約20%高いことが分かった。
SLC16A11変異を持つ割合は純粋なアメリカ先住民系の人々で特に高く、約半数がこの変異を持っている。中南米地域全体では、変異を持つ割合は30%から40%となっている。
SLC16A11変異を持つ割合については、その他の人種との比較により、東アジアの人は約11%だが、欧州人は2%と非常に低く、アフリカの人ではゼロであることが分かった。

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

市場と連携 糖尿病予防 東京・足立区 12月27日 21時20分

wpid-K10041788311_1312272122_1312272132_01-2013-12-27-11-14.jpg

東京・足立区は、糖尿病にかかる医療費の増加を抑えようと、市場と連携して、予防に効果がある野菜に関する情報を発信したり、飲食店にサラダの提供を働きかけたりするなど、独自の取り組みを進めていくことになりました。
足立区では糖尿病にかかる医療費が年々増加し、自治体が運営する国民健康保険の被保険者1人当たりの医療費が、東京23区で最も高くなっています。このため足立区は、糖尿病の予防に効果がある野菜を区民に多く食べてもらうため、地元の北足立市場と連携して、独自の取り組みを進めていくことになり、27日、それぞれの関係者が覚書を取り交わしました。今後、北足立市場から旬の野菜や産地の情報を提供してもらい、それを基に、区のフェイスブックなどで、野菜を豊富に取れるレシピを紹介したり、食育に関する講座を開いたりします。また、飲食店に働きかけて、メインの料理の前に必ずサラダを提供する店を増やすなど、野菜を多く食べてもらうための環境作りを進めていくことにしています。足立区こころとからだの健康づくり課の馬場優子課長は、「健康に関心がない人でも自然と野菜が食べられるようにして、糖尿病を予防したい」と話していました。

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病薬の選択肢多様に 自分に合う処方、相談を

 疑いのある予備軍も含めると2000万人以上いるとされる糖尿病で様々な薬が使えるようになってきた。ここ10年あまりで種類が増え、うまく組み合わせて適切に使い続ければ血糖値をコントロールできる人もいる。ただ薬の使い方が複雑で、効き方は体質や生活習慣による個人差が大きい。専門医に相談して自分に合った薬の使い方を見つけたい。
■血糖値を管理・調節
 「個別にきちんと薬の指導を受けた人は受けなかった人に比べて血糖値が下がりやすく、そのまま維持しやすい」。社会保険蒲田総合病院の佐藤信行・糖尿病センター長はこう語る。
 主に専門の看護師がマンツーマンで血糖値に合わせた服薬の指導や生活状況の相談に応じる糖尿病透析予防指導を月に1度ずつ受けた30人の患者と、受けない患者を比べると明らかだという。「糖尿病薬は種類が増えたので、現在の薬が自分に効果があるかどうか不安に思っている患者も多い」(佐藤センター長)。効果をきちんと評価することが、薬を切り替えたり、服薬を継続したりするためにも大事だという。
 日本人は欧米人より血糖値を下げるインスリンの分泌が半分程度と少ない傾向にある。加えて脂肪の多い食事の増加や運動不足で膵臓(すいぞう)が疲弊し、十分に分泌されなくなったり、インスリンの効き目が低下したりして発症しやすくなっているといわれる。
wpid-96958A96889DE4E6E4E6E5E1E4E2E0E5E3E0E0E2E3E1979EE382E2E3-DSXZZO6465671027122013000000-PN1-5-2013-12-27-11-05.jpg

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

武田、期待の糖尿病治療薬の開発中止 経営にも影

 武田薬品工業は27日、糖尿病治療薬の新薬候補品(パイプライン)の開発を中止すると発表した。次世代の糖尿病薬として2015年度以降の発売を予定し、発売されれば年商2000億円規模の大型新薬になるとみられていた。武田もかつての大型新薬「アクトス」に続く独自製品と位置付けていただけに、生活習慣病分野に依存する経営戦略の見直しを余儀なくされそうだ。
 開発中止の発表を受け、27日の東京株式市場で武田の株価が一時、前日比420円(8%)安の4680円と約1カ月半ぶりの安値を付けた。終値は265円(5%)安の4835円だった。
 中止したのは開発名「TAK875(一般名ファシグリファム)」で、膵臓(すいぞう)にある「GPR40」という刺激を受け取る受容体に作用し、適度なインスリンの分泌を促す効果があるという。既存薬に比べて低血糖や、膵臓(すいぞう)が疲弊する副作用が少ない利点があるとされてきた。
 武田は日米欧や南米、アジアなど約6200人の糖尿病患者を対象にした最終臨床試験(治験)を実施。しかし、一部の患者から肝機能の低下につながる可能性のあるデータが見つかり、肝臓専門の学者5人で構成する独立委員会がデータを分析していた。独立委が肝機能の低下につながるリスクを指摘したため武田は開発中止を決めた。
 糖尿病治療薬で武田は1999年に開発した「アクトス」をピークの08年3月期に年3962億円販売するなど長く主導権を握ってきた。アクトスの特許が切れた中、現在主力の「ネシーナ」は米MSDなどとの競合が激しい。TAK875はアクトス同様、血糖値を下げる作用の仕方の独自性が高く、武田の将来の収益を担うパイプラインとして注目されていた。
 バークレイズ証券の関篤史アナリストは「18年3月期まで年ごとの営業増益率を平均20%とする目標の達成は難しそうだ」と話す。
 武田は糖尿病に限らず、高血圧症や脂質異常症、肥満症など生活習慣病全般で製品をそろえ、他社に対抗する戦略だ。豊富な製品ラインアップでTAK875開発中止を補おうとするとみられるが、それには限界がある。2011年に1兆円を投じて買収した米ナイコメッドも売上高が伸び悩む。がんやうつ病などの新薬開発も進めているが、生活習慣病分野に依存する事業構造からの早期の転換は急務だ。

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病、冬に気をつけたいポイント

 聖マリアンナ医科大学病院(区内菅生)で外来相談を担当する看護師に聞いていく。今月は糖尿病フットケアについて。

 年間200件以上の相談があるというフットケア外来。「冬は低温熱傷に気をつけてほしい」と話す認定看護師の若月江利子さん。低温熱傷(やけど)は湯たんぽやコタツ、ホッカイロ、あんか、電気毛布などの暖を取るアイテムを使用するときに起こりやすいという。「睡眠時、気がつかないうちに足に触れて低温熱傷を起こす方が多いです」。合併症による足のしびれや視力障害があると足に異変が起きても気がつかないことが多い。放っておくと潰瘍になり医療処置が必要になることも。「湯たんぽやあんかは就寝前に布団に入れて寝る時は出す、暖房器具を使う代わりに衣類や掛物で調節するなど工夫しましょう。万が一熱傷をおこしてしまったら自己判断せず受診してください」

 また、年末年始はおせち料理やお酒と血糖値が高くなる食べ物が多くなる。「普段と違った食生活になることが多くなります。皆でおもいっきり楽しんだあとは普段の食生活に戻せるよう調整していきましょう」

 同院では他にも療養生活に対する看護相談も行っている。「一人で悩まずに気軽にご相談を」

■糖尿病フットケア外来――足病変予防に向けた処置・日常生活指導。毎週(水)・(木)午後2時~5時。

■糖尿病看護相談――療養生活への不安や悩みの解消。不定期。

 ともに対象は外来患者。要予約、保険診療。詳細は聖マリアンナ医科大学病院【電話】044・977・8111(代表)まで。

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

中南米人の高い糖尿病リスク、旧人由来の遺伝子変異が原因か

【12月27日 AFP】メキシコや中南米の人々に2型糖尿病(Type 2 diabetes)発症のリスクが高い理由を説明する遺伝子変異を発見したとの研究論文が25日、英科学誌ネイチャー(Nature)に掲載された。 このDNAについてはネアンデルタール(Neanderthal)人由来である可能性が指摘されている。
wpid-PastedGraphic1-2013-12-27-09-44.tiff

論文によると、この変異は「SLC16A11」と呼ばれる遺伝子に存在するとされ、脂質と呼ばれる脂肪分子の分解に関与しているという。
国際研究チーム「SIGMASlim Initiative in Genomic Medicine for the Americans)」は、メキシコ人と他の中南米地域の人の2型糖尿病の発症率が米国の非ヒスパニック系の白人に比べて約2倍高い理由の解明を目指していた。
研究チームは、メキシコと他の中南米地域の8214人を糖尿病患者と非糖尿病患者に分けてDNAの比較を行った。
その結果、SLC16A11変異を持つグループは、変異を持たないグループに比べて糖尿病の発症率が約20%高いことが分かった。
SLC16A11変異を持つ割合は純粋なアメリカ先住民系の人々で特に高く、約半数がこの変異を持っている。中南米地域全体では、変異を持つ割合は30%から40%となっている。
SLC16A11変異を持つ割合については、その他の人種との比較により、東アジアの人は約11%だが、欧州人は2%と非常に低く、アフリカの人ではゼロであることが分かった。

2/2 ページ

■「SLC16A11」はネアンデルタール人由来?
論文によると、この遺伝子型は、初期人類の2つのグループ、解剖学的現代人のホモ・サピエンスとネアンデルタール人との混血によって生じた遺伝的形質の1つである可能性があるという。
論文は「このハプロタイプ(片親由来の遺伝子の並び)は、ネアンデルタール人の遺伝子移入に由来しており、ネアンデルタール人との混血が現代の生理機能と罹患(りかん)率に影響を及ぼしている一例を示すもの」と述べている。
論文によると、研究ではロシア・シベリア(Siberia)南部アルタイ山脈(Altai Mountains)の洞穴で発見されたネアンデルタール人の化石化した骨から採取したDNA配列の解析結果が参照されたという。
先週、ネイチャー誌に発表された研究では、現代のヒトのゲノムのうち約1.5%~2.1%がネアンデルタール人に起因するものであることが明らかになっている。(c)AFP

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病啓発サイト「糖尿病がマンガでわかる!」 第2話が公開!

糖尿病啓発サイト( http://tonyobyo-shimin.com )のマスコット、ベータ君登場の第2話「糖尿病って何?」が公開!いまや国民病ともいえる糖尿病について、連載ストーリーマンガでわかりやすく伝えています。
第57回日本糖尿病学会年次学術集会による糖尿病啓発サイト「糖尿病がマンガでわかる!」( http://tonyobyo-shimin.com )で連載中のストーリーマンガ第2話が公開されました。主人公である健康(タテヤス)を中心に、友人や家族のあいだで巻き起こる、糖尿病にまつわるさまざまな出来事を通じて、「糖尿病の真実」を多くの方に伝えていきます。来年1月以降も「第3話 糖尿病が増加!」「第4話 糖尿病と運動」「第5話 1型糖尿病とは?」「第6話 糖尿病とつきあう」「第7話 日本人と糖尿病」「第8話 糖尿病と食生活」「第9話 日常の心がけ」とサイト上で公開し、「第10話 これからに向けて」は2014年5月24日に大阪で開催する「第57回日本糖尿病学会年次学術集会市民公開講座」の当日、会場で公開いたします。マンガを見てさらに興味や疑問をもった方のために、糖尿病を考える上で忘れてはならない重要な用語を説明するとともに、マンガ各話の最後に解説コラムを付けています。
市民公開講座のプログラムも近日中にサイト上で紹介し、併せてウェブ上でお申し込みいただけるようにいたします。
糖尿病にならないために、糖尿病と正しく向き合うために、そして健康な人生を送るヒントを得ていただくために、ぜひ本サイトにアクセスしてください。

【本件に関するお問い合わせ先】
第57回日本糖尿病学会年次学術集会糖尿病啓発プログラム事務局
TEL:03-3469-7062
Email:jds2014-shimin@cresci.jp

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病の薬続々 どう選ぶ?…低血糖と体重増に注意
 食生活の欧米化や運動不足で、患者が約900万人に増えたと推計される糖尿病。生活習慣病である2型糖尿病では、近年、新しい薬が次々に登場し、自分の飲んでいる薬がどのような作用を持つのかわからない人も少なくない。薬の作用や特徴をおさらいしてみよう。
wpid-image.jsp-2013-12-26-11-14.jpg
画像の拡大

 糖尿病は、膵臓
すいぞう
から分泌されるホルモン「インスリン」が足りないか効きが悪いかで、血糖値を十分に下げられない病気だ。インスリンが全く分泌されない1型は、注射でインスリンを補うことが必要になる。
 一方、生活習慣が影響する2型はインスリン注射を打つほど進行していなければ、まずは食事や運動療法で血糖値が下がるか様子を見て、数か月たっても効果がない場合に飲み薬で血糖値をコントロールする。
 飲み薬の作用は、〈1〉インスリンの効きを良くする〈2〉インスリンの分泌を促す〈3〉食後高血糖を改善する――の三つに大きく分けられる。
 主に、ビグアナイド薬やチアゾリジン薬は〈1〉、DPP―4阻害薬、スルホニル尿素薬(SU薬)、速効型インスリン分泌促進薬(グリニド系薬)は〈2〉、αグルコシダーゼ阻害薬は〈3〉の作用を持つ。DPP―4阻害薬と速効型インスリン分泌促進薬は〈3〉の作用も併せ持つ。
 欧米では、ビグアナイド薬の「メトホルミン(商品名・メトグルコなど)」が最初に選択されるべき薬として推奨されている。診療の場での効果が十分立証されて価格も安いためだ。日本人の場合、インスリンの分泌量が欧米人に比べて少なく、やせ形の糖尿病患者も多いため、古くからあり、インスリン分泌を促すSU薬が開業医を中心によく使われてきた。
 薬を選ぶ時、もう一つ重要なのが副作用の問題。糖尿病治療薬で特に気をつけるべきは、低血糖を起こしやすいか、体重が増加しやすいかという2点だ。一覧表に示した。
 来年、各製薬会社が次々と発売する新たなタイプの「SGLT―2阻害薬」は腎臓で糖が吸収されるのを抑え、余分な糖を尿に排出する作用がある。ビグアナイド薬同様、2大副作用はないが、逆に体重や血圧が急激に下がる作用があるため、やせ形の人や高齢者には慎重に選ぶ薬となりそうだ。
 日本の糖尿病関連学会は、欧米と違い、どのような場合にどの薬を選択したらいいかという具体的な指針を示していない。
 しかし、新たな作用の薬が増え続け、海外では効果や副作用を検証する研究が盛んに報告されている。こうした最新の状況も踏まえて、どのように薬を選ぶのが適切か助言する国立国際医療研究センター病院の「糖尿病標準診療マニュアル」がインターネット上で一般公開されている(http://www.ncgm-dmic.jp/html/KatsuyouEtc.html)。
 作成に参加した同病院糖尿病代謝内分泌科医長の能登洋さんは、「血糖値をコントロールする上では、どの薬をどの順番で使っても間違いではないが、動脈硬化症などの予防効果が十分立証されている薬を優先した方がいい。自分で勝手に薬を変えたり減らしたりせず、急激な体調変化がある場合はすぐに受診してほしい」と話している。(岩永直子)
(2013年12月26日 読売新聞)
yomiDr. トップページへ

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病患者でがん罹患リスクが1.2倍程度増加
循環器疾患版 circulation today
Focus
 近年,2型糖尿病ではがん罹患リスクが高まることが注目されている。糖尿病とがんには加齢・性に加えて,喫煙,低身体活動度,多量飲酒など共通の危険因子が関与している。しかし,これらの交絡因子を調整しても,糖尿病患者がなんらかのがんになるリスクは1.2倍程度増加し,臓器別では肝臓,膵臓,大腸などのがん罹患リスクも高まることが指摘されている。わが国の関係学会も今年,医療者に対し,糖尿病患者は年齢,性に応じて適切に有効ながん検診を受診するよう推奨されると提言した。また数年前,インスリンやピオグリタゾンと発がんの関連性が報告され,波紋が広がった。

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com