心筋梗塞の原因と予防方法。睡眠不足の人は・・・

wpid-10980_Large-1038x576-2015-12-30-11-07.jpg

Doctors Me
近頃、若い人でも心筋梗塞が原因で突然死してしまう、というショッキングなニュースを耳にします。
一体、なぜそのような事態が起こってしまうのでしょうか?また未然に防ぐことはできないのでしょうか?医師に詳しく教えていただきました。

そもそも心筋梗塞って
どんな病気?
wpid-33230524_Large-2015-12-30-11-07.jpg

心筋梗塞とは、心臓に酸素や栄養を供給する冠状動脈が詰まることによって心臓の細胞が死んでしまう病気のこと。この冠状動脈の詰りが短時間であれば、心臓の細胞は気絶程度で回復しますが、長時間詰まってしまうと細胞は死んでしまいます。心臓の細胞は再生できませんので、細胞が死んでしまった部分は動きが悪くなり、心不全や不整脈、あるいは心臓の弁の機能低下が引き起こされます。
さらに、ひどい場合では心臓に穴があいてしまうこともあります。これらを防ぐためには、なるべく早めに冠状動脈の血流を再開通する必要があります。

若い世代の
心筋梗塞の原因とは
wpid-591773_Large-2015-12-30-11-07.jpg

動脈硬化を起こす高血圧、高脂血症、糖尿病、喫煙などは徐々に起こるものですが、元々高脂血症や糖尿病の素因がある人がヘビースモーカーで高脂肪食を過度に取るだけでなく、慢性的な睡眠不足やひどいストレスがあったことが若くても心筋梗塞が起こりうる原因だと推察されます。

最近は食生活が欧米化し、高脂肪食を取る機会が増えました。その上、睡眠不足やストレスが多くなっていますので、心筋梗塞が若い世代に増えてきています。また、日本は喫煙に対しては寛容な国で、タバコも海外に比べて安価で簡単に手に入りますので、喫煙の影響も無視できないと思います。

予防・改善法は?

wpid-061082_Large-2015-12-30-11-07.jpg

ストレスを減らすことは中々難しいので、睡眠時間を十分に取り、禁煙し、食生活を改善することで心筋梗塞をある程度は予防、改善することができます。
具体的には高脂肪食を避けてバランスの良い食事をするように気をつけて下さい。特に家族に高血圧、高脂血症、糖尿病などの動脈硬化の原因となる病気を持っている人がいる場合は注意して下さい。

若い世代でも
油断は禁物!

wpid-246_Large-1-2015-12-30-11-07.jpg
心筋梗塞は動脈硬化が原因でおこる病気ですが、必ずしも中年から高齢者だけの病気ではありません。若い世代でもヘビースモーカーでバランスの乱れた食事や睡眠不足、過労、ストレスの多い生活を続けていると知らないうちに動脈硬化が進んで突然心筋梗塞を発症することがあります。

■医師からのアドバイス

若い世代でも年に1度は健診を受けて自分の状態をチェックすることが大切です。万一何か動脈硬化のリスクとなることが認められれば、適切な治療を受けるようにして下さい。この点を注意していけば、若くて心筋梗塞になるリスクを減らすことができるでしょう。

監修:Doctors Me医師
コンテンツ提供元:Doctors Me

wpid-68954b40af76b70a9bd84add18c1f23c534009b6-2015-12-30-11-07.jpg

世界とつながる、MOVEする  –  TABI LABO  

wpid-PastedGraphic4-2015-12-30-11-07.png

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

休みの日こそしっかり早起きしなければならない理由
wpid-bff67_1302_aaaa4d671d0742a3372b272a7cc76976-2015-12-29-11-12.jpg

休みの日の朝はゆっくり寝ていたいという人に悲報です。詳細は以下から。

仕事が休みの日の朝、目覚ましが鳴らず好きなだけ朝寝を楽しんでいい至福の時間…そう思っている人も多かったのではないでしょうか?でも仕事が休みの日こそ、いつも通りしっかり早起きした方がよいという研究結果が発表されました。
「そんな殺生な…!」「神も仏もないのか!」という阿鼻叫喚が聞こえてきそうですが、理由というのが体内時計。動植物や菌類にも内蔵されているというこの体内時計は人間では1日25時間のサイクルで巡っており、これに日光や温度などといった外的環境のツァイトゲーバー(同調因子)が常時調整することで現在の24時間サイクルとなっています。

つまり、その体内時計を週末ゆっくり眠りすぎることで頻繁に狂わせてしまうことで「社会的時差ボケ」とでも呼べる状況が体内で発生し、長期的に見れば健康を損なってしまうのです。

研究では447人の被験者の睡眠パターンをリストバンド式のモニターで計測。健康状態もチェックされ、血液検査も研究を通して行われました。その際研究者らが注目したのは血糖値とコレステロール値です。

予想通り、被験者たちの睡眠パターンは週末には夜更かしと朝寝という変化を起こしました。その際睡眠の変化に伴って発生したのは善玉コレステロール値の減少と血中の中性脂肪値の増加でした。

また、類似した研究は2012年にハーバード大学でも行われています。この時は1日28時間のペースで1日当たり5、6時間の睡眠をとるという生活を研究所内で数週間続けるという実験が行われました。
実験開始時は被験者全員が肉体的には健康だったのですが、実験終了時には3人が血糖値が異様に高いという糖尿病前症の兆候を見せ、他の被験者もその状態に近づいていました。

不眠症が心臓病や糖尿病、肥満の可能性を増加させることは既によく知られていますが、体内時計を狂わせる生活パターンの乱れも体内の正常な新陳代謝を妨げ、長い目で見れば体に少なからぬ負担を掛けていることになります。
楽しい週末に夜更かしや夜遊びをして昼間で爆睡するのは殊の外楽しいものですが、その楽しみはもしかすると命を少しずつ削っているのかもしれません。

毎日終電まで働いて朝は定時出勤だから週末くらいゆっくり寝ないと健康どころじゃない?というかそもそも土日も出勤?それは生活パターンではなくブラック企業の問題かもしれません。

Why You Should Stop Sleeping Late On The Weekends IFLScience

ライブドアニュース

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

OISTなど、海藻から抽出した高分子のカプセルで糖尿病治療に新たな道

沖縄科学技術大学院大学(OIST)は12月25日、糖尿病治療に新たな道筋を示す海藻マイクロカプセルを開発したと発表した。
同成果は、沖縄科学技術大学院大学とワシントン大学、武漢理工大学の研究グループによるもので、12月25日付けの独科学誌「Advanced Healthcare Materials」に掲載された。

1型糖尿病患者に対する、インスリン摂取量を減らしインスリン投与への依存を断ち切るための効果的な治療として、膵臓にあるランゲルハンス島を移植する手法がある。同手法では、大規模な外科手術を必要とせず、局所麻酔ですむ場合がほとんどで、膵臓ごと移植する場合に比べ、安価で安全な手術を行うことができる。しかし、現在はヒト同士の同種移植しかできないため、移植に必要なランゲルハンス島の数は多くない。また、ランゲルハンス島の保存・輸送の際には超低温凍結法が一般的に用いられるが、細胞を冷却し続けると、細胞内部や細胞と細胞の間にある水が凍結しはじめ、氷晶を形成し、これが細胞膜を貫通して細胞を物理的・機能的に破壊するという問題がある。

今回同研究グループは、微小液滴を生成するマイクロ流体装置を用いて、海藻から抽出した天然高分子「アルギン酸塩」で作られたハイドロゲルカプセルでランゲルハンス島を包み込み、凍結時の危険から保護する手法を開発。同ハイドロゲルカプセルは多孔質の微小構造が特徴で、カプセル内には自由水、凍結結合水、不凍水といった3種類の水が含まれている。とくに不凍水を多く含んだハイドロゲルカプセルでは、細胞を氷晶によるダメージから守り、凍結防止剤の使用を減らすことができる。

wpid-001-2015-12-28-11-01.jpg

同研究グループはさらに、酸素感受性蛍光色素を同ハイドロゲルカプセルの中に加え、ランゲルハンス島の酸素量をリアルタイムで測定するセンサーを開発。これにより、細胞の生存状態を個別あるいは細胞群として調べることができるようになる。

また、同ハイドロゲルカプセルは、栄養素や膵臓からの分泌物といった小さな分子を容易に通過させる一方で、移植細胞と宿主細胞が直接接触するのを防ぐことができ、さらに患者のランゲルハンス島を破壊したそもそもの原因である自己免疫反応から移植細胞を保護することも可能となっている。
同研究グループは、同ハイドロゲルカプセルが実用化されれば、移植に必要な臓器不足や、細胞の生存状態を個別に確認できる容易で安全な評価方法の欠如といったランゲルハンス島の移植にともなう重要課題を解消することができると説明している。

マイナビニュース

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病の人はなぜがんになりやすいか

 世界中でさまざまながんの食事療法が提唱されて、それぞれ予防や治療効果をうたっています。しかし本当に効果があるかどうかは、まだよく分かっていません。いわゆる科学的根拠「エビデンス」がないのです。ただ近年、糖尿病(主に2型糖尿病)の人はがんになるリスクが高いことが明らかになってきました。今回は、糖尿病とがんの関係を検証しながら、糖質制限食によるがん予防や治療の可能性について、私の視点を述べてみたいと思います。

糖尿病の人はがんになりやすい

 糖尿病とがんの関連については2010年、米国糖尿病学会と米国癌(がん)学会が、合同で報告を出しました。糖尿病は、「肝臓がん、すい臓がん、子宮内膜がん、大腸がん、乳がん、ぼうこうがんになるリスクを高める。一方で、前立腺がんになるリスクは低下させる」という内容でした。
 糖尿病とがん患者が年々増加しつつある日本においても、日本糖尿病学会と日本癌学会による合同委員会が2011年に発足し、13年に報告を出しました。日本人の疫学データによると、糖尿病の人はそうでない人に比べて1.2倍がんになりやすいことが分かりました。がんの種類別に見てみると、大腸がんになるリスクは1.4倍、肝臓がんは1.97倍、すい臓がんは1.85倍でした。他のがんについては、一定した結論は得られませんでした。
 このように糖尿病は日本でも米国でも、いくつかのがんのリスクを高めることが明らかになってきています。なぜでしょうか。日本の合同委員会の報告では、二つの要素を示しています。一つは糖尿病自体が、がんの発生と促進に関わっていると推察されること。もう一つは、2型糖尿病とがんに共通の危険因子があることです。
 糖尿病自体が、がんリスクの上昇に関わっていることについては、糖尿病の三つの病態が指摘されました。高インスリン血症(血糖値を下げる唯一のホルモンであるインスリンが正常に働かなくなり、高血糖を抑えようとインスリンが過剰に分泌されている状態)、高血糖、脂肪組織の慢性炎症です。また、2型糖尿病とがんに共通する危険因子は、加齢▽肥満▽運動不足▽不適切な食事▽過剰飲酒▽喫煙--などが指摘されました。よって、健康的な食事▽運動▽体重コントロール▽禁煙▽節酒--は、2型糖尿病とがんの予防につながる可能性があるとまとめられました。
がんと糖尿病のリスクを減少させる食事とは
wpid-81-2015-12-28-10-57.jpg


 では、「健康的な食事」とは何でしょうか。この報告では、赤い肉や加工した肉を食べ過ぎないこと、また野菜や果物、全粒粉など食物繊維の豊富な食べ物を取ることを示しています。それだけでよいのでしょうか。私は、糖質の過剰摂取が、生活習慣と相関のあるがんが増加する原因の一つと考えています。

 炭水化物を1人前食べると、糖尿病の人は血糖値のピークが200mg/dLを超えて上昇します。血糖コントロールが正常な人であっても、個人差はありますがピーク時の血糖値は140~180mg/dLくらいになります。そして、この時のインスリンの追加分泌は、基礎分泌の10~30倍にもなります。私はこれをグルコースミニスパイクと名付けました。高血糖によって増加する酸化ストレスは、血管をつまりやすくさせ、動脈硬化や糖尿病の合併症を引き起こすと考えられつつあります。そしてこの酸化ストレスは、細胞のDNAにもダメージを与え、がんのリスクを高めるとも推測されています。さらにがん細胞は、正常な細胞と異なり、酸素の有無に関わらずブドウ糖を分解して必要なエネルギーを作り出す「解糖系」という代謝経路を主に利用することが分かってきたことから、上記の日本の報告でも「高血糖状態は腫瘍(がん)の増大に有利であると考えられる」と指摘しています。

 よって生活習慣と相関のあるがんについては、糖質制限食は、予防効果のある可能性が非常に高いと考えます。高血糖をはじめとして肥満、高インスリン血症など、がんのリスクを低下させる効果が期待できるからです。米国で1、2を争うがん専門病院「ニューヨークメモリアルスローンケータリング癌センター」のセンター長兼CEO、クレイグ・トンプソン博士は「脂質を多く食べてもがんのリスクは全く上昇しません。糖質を多く食べるとがんのリスクを著しく高めます。たんぱく質はその中間に位置します」と講演で述べています

糖質制限食にがんの抑制効果はあるか

 そして、すでに発症してしまったがんに関しては、糖質制限食よりさらに厳しい「ケトン食」の可能性について触れておきたいと思います。米国では2011年7月から、アイオワ大学と米国国立衛生研究所(NIH)などによって、肺がんとすい臓のステージ4に対するケトン食の効果や安全性(通常の化学、放射線治療と併用)を検証する臨床研究が進められています。
 ケトン食とは、難治性てんかんの子供に用いられている治療食です(日本小児神経学会)。脂質の割合が75~80%で、糖質は5%。いわば、糖質制限食をもっと徹底させたものです。ケトン体は脂肪酸が分解されて小さくなったもので、ブドウ糖と共に脳のエネルギー源になります。ケトン食でがんの主なエネルギー源であるブドウ糖を極限まで制限し、血中ケトン体が増加することによって、がんの増殖を抑制できるのではないか。動物実験では、その可能性が示された報告もあります。アイオワ大学とNIHによる17年7月の第1回の報告が楽しみです。


糖質制限食の基本を知る
医療プレミア・トップページはこちら
wpid-41-2015-12-28-10-57.jpg

江部康二
高雄病院理事長
えべ・こうじ 1950年生まれ。京都大学医学部卒業。京都大学胸部疾患研究所(現京都大学大学院医学研究科呼吸器内科学)などを経て、78年より医局長として一般財団法人高雄病院(京都市)に勤務。2000年理事長に就任。内科医、漢方医。糖尿病治療の研究に取り組み、「糖質制限食」の体系を確立したパイオニア。自身も02年に糖尿病であることが発覚し、実践して糖尿病と肥満を克服する。これまで高雄病院などで3000人を超える症例を通じて、糖尿病や肥満、生活習慣病、アレルギーなどに対する糖質制限食の画期的な治療効果を証明し、数々のベストセラーを上梓している。

wpid-PastedGraphic-2015-12-28-10-57.png

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

少量のワインが健康にもたらす効果を実証

wpid-566fb917d6f496bb0b650f9e_lg-2015-12-24-11-11.jpg

少量の飲酒、特にワインが健康に良いとする説はしばしば唱えられますが、実際に長期間の飲酒を治療として行ったときの効果は知られていません。イスラエルで2型糖尿病患者を対象に2年間の研究が行われました。

◆ワインか水かで2年間の効果を比較

この研究では、2型糖尿病があり、開始時点で断酒状態にあった224人が対象になりました。対象者は全員が地中海食という食事療法を受けるとともに、ランダムにグループに分けられ、夕食のときに150mlの赤ワインを飲む群、白ワインを飲む群、ミネラルウォーターを飲む群とされ、2年間の飲酒による違いを調べられました。


コレステロール、睡眠の質に改善

次の結果が得られました。
ミネラルウォーターの群(地中海食のみ)で見られた変化に加えて、赤ワインはHDLコレステロール値を有意に0.05mmol/l(2.0mg/dl)増加させた(95%信頼区間0.04-0.06mmol/l [1.6-2.2mg/dl]、P<0.001)[…]。
3群の間で、血圧、肥満、肝機能、薬物治療、症状、生活の質に実質的な差は見いだされず、例外として睡眠の質はミネラルウォーター群よりも両方のワイン群で改善した(P=0.040)。

ミネラルウォーターのグループに比べて、赤ワインのグループでHDLコレステロール(善玉コレステロール)の検査値に改善が見られました。また、赤ワインのグループと白ワインのグループで、睡眠の質が改善しました。肝臓の機能などの検査値に大きな違いは見られませんでした。
病気を減らすというはっきりした結果には至らないまでも、悪化が見られることもなく、食事療法中であっても1日150mlのワインならおおむね適量の範囲と言えるのかもしれません。ただし、人種など体質によって影響の強さが違う可能性もあり、また2年を超える長期間の影響については未知のままです。
こうした研究が実際に行われることで、健康にも配慮した飲み方がわかってくるかもしれません。

wpid-PastedGraphic5-2015-12-24-11-11.png

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

痩せると「昼間の眠気まで改善」!糖尿病研究で分かった減量と眠りの関係

wpid-shutterstock_229888738-20151222163913-2015-12-24-11-07.jpg

毎日忙しく睡眠時間が短いとされる日本人にとって、「朝はシャキッと目覚め、昼間は眠気に襲われることなく元気に活動したい」と思うのは、すべての人に共通することでしょう。
一方で、現代人、特に糖尿病の人は、日中に眠くなったりやる気がなかなか出ず、無気力になったりしがちです。
しかしアメリカの最新の研究で、食事によるダイエットで睡眠の改善がもたらされるということがわかったんです。

1週間の食事ダイエットで睡眠が改善

ペンシルべニア大学医学大学院の研究者たちは、糖尿病のマウスを2つのグループに分けて実験を実施。一方には通常の食事を、もう一方には3倍の脂肪分を含む高カロリーな食事を与え、経過を観察しました。
さらに8週間後、高カロリーな食事を与えていたマウスには通常の食事を、通常食だったマウスには高カロリー食を……という具合に、一部のマウスのみ食事の内容を入れ替えてさらに1週間観察しました。
すると、ずっと高カロリー食を食べ続けたマウスは、通常食のマウスに比べて体重が30%増え、睡眠時間は1日あたり1時間長くなり、眠気にも襲われやすいという結果に。

しかし、高カロリーな食事を食べていたマウスの中でも、通常の食事に1週間だけ切り替えたマウスの睡眠については、9週間ずっと通常食を食べていたマウスと同じ結果になったのです。
つまり食事の内容を変えるダイエットを行うと、糖尿病の特徴である日中の眠気や長い睡眠時間が改善されるということです。

年末年始は“体重増加×ダラダラ睡眠”に注意

食事によるダイエットで睡眠の改善がみられることがわかりましたが、質のよくない睡眠をとると痩せにくい体になることもわかっています。
起きている時間が長くなると交感神経が刺激され、それによって血行が悪化。すると老廃物などを排出しようとする代謝も落ちてしまい、ダイエットしても痩せにくい体になっていってしまうんです。
年末年始はただでさえ飲み食いの機会が増え、しかも正月休みにはグダグダと寝てばかりという生活スタイルで過ごす方が多いかもしれません。食事で体重が増加して、浅い睡眠をダラダラととっていては、負のスパイラルに陥るばかりです。
「寝ている間に“肥満度”激増!おデブ一直線な睡眠時のNG行動3つ」も参考に、正月休みも体重と睡眠を上手にコントロールしてヘルシーに過ごすようにしたいですね。


本記事は「美レンジャー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

マイナビニュース

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病で足指を切断…歩くのがつらいがどう運動すれば?

近年、生活習慣の変化などにより、糖尿病患者の数が急増しているといわれています。重症化すると、末梢神経障害を起こし足の指の切断を余儀なくされることもありますが、糖尿病と診断されたら、どのようなことに注意して生活すればよいのでしょうか。

■30代男性からの相談:「2型糖尿病で足の指を切断。どのような運動や食事をすれば?」

『2型糖尿病になり、左足の指を3本切断しました。医師から運動してくださいといわれましたが、足指を切断して身体のバランスが少しとりにくく、長時間歩くのがつらいです。鉄アレイなどの筋トレではなく、やはり少しでも歩いた方がよいのでしょうか。あと、野菜を食べてくださいといわれていますが、私は野菜が大の苦手です。野菜ジュースなら飲めるので、野菜の代わりにジュースで代用することは可能でしょうか。 (30代・男性)』

■筋トレよりも全身を動かす運動を

運動はできれば、身体全体を使って大きな筋肉を動かした方がよいでしょう。バランスが取りにくいのでしたら無理はせず、家でできるストレッチや体操などでもよいようです。

『運動は筋トレではなく、血行をよくするため、糖の代謝をよくするためのものと考えてください。長時間歩かなくても散歩程度の運動を行い、無理なら自宅で足の指を曲げ伸ばししたり、ストレッチや体操を行うのもよいでしょう。(看護師)』
『糖尿病のための運動なら手の運動だけでも効果はありますが、手の筋肉は身体の面積に比べると小さいので、長時間行わなければいけません。基本的に大きな筋肉を動かした方が効率はよいので、太ももの筋肉を動かすウォーキングや腹筋・背筋運動などをするとよいでしょう。バランスがとりにくいのでしたら寝転がって両足を上げ、自転車のペダルをこぐようにして太ももを使うとよいかもしれません。(医師)』

■市販の野菜ジュースは糖分に注意

野菜ジュースでも問題はないようですが、市販品は糖分に注意が必要です。野菜ジュースを飲むのなら、できれば自家製のものにした方がよいでしょう。
『食事は糖尿病食の指導を受けているはずですので、指導された食事内容でカロリーを守るようにしてください。野菜が苦手なら野菜ジュースでもよいですが、市販品には砂糖が使われていることが多いです。できるだけ自家製のものにし、甘味が足りないときは果物を混ぜたり、三温糖や黒砂糖など色の濃い砂糖や人口甘味料を使ってください。野菜に限らず、糖分を控えたバランスのとれた食事が基本ですので、栄養が偏らないようにしましょう。(看護師)』

『野菜は、それ程糖分を気にせずたくさん食べることができますが、野菜ジュースは食物繊維は摂れるものの、飲み物ですので胃の満腹感は感じにくいです。またほとんどの野菜ジュースには、果物や砂糖が添加されていることが多いため、1日1本程度を食事の時間に摂る程度にとどめましょう。野菜が苦手なら、こんにゃくやキノコでも代用できると思いますので、医師や栄養士さんに相談してみてください。(医師)』

部分的な筋力トレーニングよりも、身体全体を使った運動の方がよいようです。また食事については、野菜ジュースを飲むのでしたら自家製のものにし、何でもバランスよく食べるように心がけてください。

本記事は「オトコクラス」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

マイナビニュース

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

ついに不老長寿の薬発見!?
ある糖尿病治療薬に寿命を延ばす効果があることが判明

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

wpid-869586-2-2015-12-22-11-02.jpg
100歳どころか、それ以上も!?(shutterstock.com)

 集中力が続かなくなった。体調が悪い日が増えた。小さな字が読みにくくなってきた……。日々のふとしたことで老化を実感し、「あぁ、若い頃の体に戻りたい」と思ったことはないだろうか。もちろん一旦進んだ時計の針を巻き戻すことは非現実的だ。

 しかし、「これから進む老化を、少なくとも20年は遅らせることができます。健康なら120歳までは確実でしょう」と言われたら、あなたはどうするだろうか?
 実はそんな夢のような不老長寿の特効薬が、近い将来に誕生するかもしれない。それも最新の医療技術を投入し、膨大なお金をかけて開発される新薬ではなく、60年近くの間、世界でもっとも多く処方されてきた、1日当たりわずか80円の糖尿病治療薬によってである。

糖尿病患者のほうが健康な人より長生きできる

 このほど米食品医薬品局(FDA)が、世界で始めて「老化を防ぎ寿命を延ばす効果がある」とされる「メトホルミン」の臨床試験を承認。そんな衝撃的なニュースが英紙「デイリー・テレグラフ」を始めとする欧米メディアで報じられたのは12月1日のことだ。

 メトホルミンは、もともと糖尿病患者やその予備軍に投与されていた基礎治療・予防薬で、1959年にフランスで承認されて以来、世界各国で広く用いられてきた。この臨床試験では、現在、投薬を受けるボランティアとして、認知症やがん心臓病を患っているか、そのリスクがある70~80歳の男女3000人の募集を開始。試験のための資金集めも進められている。

 以前からメトホルミンは、寿命を延ばす効果があるのではないかと指摘されてきた。今回の臨床試験に参加するイギリス・カーディフ大学の研究者がメトホルミンを回虫に投与したところ、加齢が遅れ寿命が延びる効果が確認されている。また、マウスへの投与実験でも、寿命が40%も延び、骨も丈夫になることがわかった。

 人に対しても、18万人以上の大規模調査が実施された。その結果、治療薬としてメトホルミンを定期的に服用してきた糖尿病患者は、ほかの薬を飲んでいた患者に比べて平均で8年も長生きだったことが明らかになった。

TOCANA

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病専門医に聞く!
家でも簡単にできて基礎代謝をアップする方法

wpid-26905771_0-2015-12-22-10-58.jpeg

糖尿病専門医に聞く! 家でも簡単にできて基礎代謝をアップする方法

ダイエットのためにウォーキングを続けていますが、雨や雪の日、寒い日、猛暑の日、またデスクワークや家事で忙しいときには屋外で元気に運動することがおっくうになります。
そこで、糖尿病専門医で減量指導に詳しい、ふくだ内科クリニック(大阪市淀川区)の福田正博院長に何かいい方法はないですかと尋ねると、「家やオフィスで、『いつでもウォーキング』をするだけで運動効果があることがわかっています」と話されます。くわしく聞いてみました。

■日常の動作に足踏みをプラスするだけで運動効果あり

患者さんに、家でもできるカロリー燃焼法を指導しているという福田医師は、その理由と効果についてこう話します。
「雪国の冬、西日本の猛暑日などでは運動をしない人が増え、糖尿病の患者さんは運動不足が原因で血糖値が上がるというデータがあります。そこで患者さんには、『いつでもウォーキング』を勧めています。

屋外でのウォーキングは健康にいいことが知られています。屋外の場合は、『1日30分を週に3~5回、大またで速足で歩く』ことを推しょうしていますが、実は、家やオフィスでの日常の生活シーンに、『足踏みを取り入れるだけでも運動の効果がある』という報告があります。例えば、テレビを見ながら足踏みをするなどということです」
どの程度の運動になるのでしょうか。

「座ってテレビを見るのと、足踏みをしながらテレビを見るのでは、同じ時間を使った場合、後者のほうが3倍の運動効果があります。
また、足踏みは、外でウォーキングをした場合の8割の運動強度があると報告されています。ですから、日ごろから実践していれば、基礎代謝のアップには十分に有用です」と福田医師は、足踏みをプラスした動作が基礎代謝アップにつながると強調します。

「1日のトータルで、30分ほどの足踏みをしてください。1回に5分を6回に分けて実践するのもOKです。運動の蓄積になります。
料理中やデスクワーク中などで足踏みがしにくい場合は、つま先を床につけたまま、かかとを上げ下げするだけでも運動効果は認められています」と福田医師。

■いつでも腕と足を動かしておくことを意識する

ここで具体的に、足踏みの方法を指導してもらいましょう。
「太ももを床と平行になるようにゆっくり持ち上げて、降ろしてください。テレビ番組を見ながらなど、手に何も持っていない場合は腕も振って大きな動作で行いましょう。時間は動作を考えた目安ですが、あまり気にすることなく、自分がほどよいと思うところでOKです。

また、これら全部を実践するというのではなく、方法の例ですから、いくつかを組み合わせるなどの参考にしてください」(福田医師)

・歯磨きをしながら足踏みを約3分
・掃除をしながら足踏みを約2分~10分
・テレビ番組を見ながら足踏み&腕振りを約10分
・キッチンで料理や皿洗いをしながらかかとの上げ下げを約1分
・デスクワークをしながらかかとの上げ下げを約3分
・バスタブに座って足を伸ばせる場合はバタ足を約1分
・イスの背もたれを持って、ゆっくり腰を落として戻すスクワットを約10回
・寝転んで、エア自転車こぎを約1分
・床に座って足を前に投げ出し、おしりで前後に移動するおしりウォーキングを約2分
・テレビを見ながら、肩やけんこう骨を前後にゆっくり回すことを約10回ずつ
・市販のステップ台でステップ運動をする場合は、屋外でのウォーキングの2~4倍の強度がある

これらのちょっとした動作でも、それほどに効果があるのはありがたいです。いつでもすぐに実践できそうなところもいいですね。と思ったところで、福田医師は、「ただし」と次のように注意を付け加えます。

「『いつでもどこでもできるからこそ、いつでもしなくなる』という短所はあります。『屋外でウォーキングができない日はこれらをする』と、常に意識して継続することが大事です。いつも腕と足を動かす習慣を身に付けるようにしましょう」
さっそくこれらすべての方法を実践してみました。テレビ番組を見ながら足踏み&腕振りでは、2分ほどで早くも息があがってきました。ゆっくり太ももを上げるという動作がかなり筋肉に負荷をかけているのが分かります。
「歯磨き足踏み」や、デスクワーク時の「かかとの上げ下げ」は、血流アップやストレッチにもなりそうです。ぜひ参考にしてください。
(品川緑/ユンブル)

取材協力・監修 福田正博氏。医学博士。糖尿病専門医。大阪府内科医会会長。医療法人弘正会・ふくだ内科クリニック(大阪市淀川区)院長。著書に『専門医が教える 糖尿病食で健康ダイエット』、『糖尿病は「腹やせ」で治せ!』 (ともにアスキー新書)、『専門医が教える 糖尿病ウォーキング!』(扶桑社新書)、『専門医が教える5つの法則 「腹やせ」が糖尿病に効く!』(マガジンハウス)など多数。

糖尿病専門医に聞く! 家でも簡単にできて基礎代謝をアップする方法 [T-SITE]

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

エナジードリンク「5-hour ENERGY」で判明!カフェインと糖尿病の関係
Simple Share Buttons Adder (6.1.4) simplesharebuttons.com
wpid-5-hour-ENERGY-drink-2015-12-21-11-03.jpg
カナダにて「カフェイン」と「糖尿病」に関する、新たな関連性が報告されている。

エナジードリンク「5-hour ENERGY」は、アメリカ国内で発売されている栄養ドリンクで数年前から若者層に人気のドリンク・ブランドだ。

無糖のエナジードリンク、注意点は「カフェイン量」

 この度、カナダ・カルガリー大学の研究チームはカフェインに関する研究をおこない、エナジードリンク「5-hour ENERGY」を使って調査を実施した。
エナジードリンク「5-hour ENERGY」は57㎖に208mgのカフェインを含んでおり、これは250㎖に80mg含まれる「レッドブル」やコーヒー1杯分の40~180mgよりも多い量なのである。

wpid-5-hour-ENERGY-drink-no-sugar-2015-12-21-11-03.jpg
▲ 画像出典:Flickr(5-Hour Energy)

調査は、13~19歳の20人を対象に通常の「5-hour ENERGY」とカフェインを抜いた「5-hour ENERGY」を飲む2つのグループに分け、データを測定するというもの。
その内容は「5-hour ENERGY」を摂取した40分後に2つのグループに、血糖値およびインスリン抵抗性を測定するため、経口ブドウ糖負荷試験を実施
その結果、無糖が売りの一つでもある通常の「5-hour ENERGY」を飲んだグループは、カフェイン抜きのグループと比べ血糖値が24.6%、インスリン値が26.4%ほど高いことが判明する。

カフェインは「2型糖尿病」のリスクを高める?

 研究チームは、この上昇した数値に関し「カフェインに問題がある」と分析。チームはさらに判明した問題点として「2型糖尿病」のリスクを挙げている。
2型糖尿病はインスリンが作られない「1型糖尿病」と異なり、体内で必要なインスリンが作られるものの、量が十分でなかったり、インスリンの働きが追いつかない状態だ。

今回、エナジードリンクの調査で判明したものは多量のカフェインがインスリンの働きを妨げている可能性であり、その作用のおかげで「アドレナリン」が分泌され、カフェイン特有の興奮作用を引き起こしているという一つの仮説が誕生した。

wpid-caffeine-coffee-2015-12-21-11-03.jpg
Flickr(Coffee Beans)

現在、カフェインと血糖値に関する確かなメカニズムは判明していないものの、今回の調査で「無糖」の飲み物だからといって、必ずしも「糖尿病」のリスクが無いという訳ではなく、カフェインが「糖尿病」取り分け「2型糖尿病」との関連性が高く存在する可能性が判明した。
「5-hour ENERGY」に限らず、カフェインが多く含まれる若者向けエナジードリンクや栄養ドリンクの飲み過ぎには、注意が必要なことは間違いないと言える調査結果をなっている。

情報参照元:CBC News Online

wpid-PastedGraphic1-2015-12-21-11-03.png

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

日本人肥満男性の食事と運動 糖尿病予防に関するエビデンス

年末年始の太り易い時季。肥満が誘因の病気といえば糖尿病だ。この季節の戒めとして、日本の調査からメタボ男性の糖尿病予防策をご紹介しよう。

金沢医科大学公衆衛生学部の櫻井勝氏らによると、体格指数(BMI)25以上の肥満男性が炭水化物を食べ過ぎると、糖尿病の発症リスクが上昇するという。

櫻井氏らは、工場勤務の33~55歳(平均年齢45.9歳)の男性、約2000人を調査。平均BMIは23.4だった。
2003年の登録時に栄養摂取状況を調査し、その後10年にわたり毎年の検診結果から2型糖尿病の発症を確認。食事の内容と発症リスクの関連を調べた。

1日の総摂取エネルギーに対する炭水化物の割合を検討したところ、全体としては糖尿病の発症リスクとの因果関係は認められなかった。しかし、BMI25以上の肥満男性に限った場合、炭水化物から摂取するエネルギー比率が65%を超えると、同50~57.4%の人より、発症リスクが2倍に跳ね上がったのである。

日本人男性の食事摂取基準では、炭水化物エネルギー比は50~65%なのだが、肥満の人に限れば、さらに制限したほうが良さそうだ。
また、同じ肥満でもおなかがポッコリで筋力低下を伴う「ダイナペニア」の方は、食事改善に加えて筋トレがお勧め。
国立健康・栄養研究所の宮地元彦氏らは、日本企業に勤務する40~64歳(平均年齢51歳)の男性、約5000人の検診データと握力測定データを収集。握力は32.5キログラム、37.8キログラム、41.5キログラム、47.3キログラムの4層別で評価した。

調査期間中に糖尿病を発症した人について、BMI25以上と25未満に分けて解析した結果、BMI25以上の肥満者では、握力(筋力)の低下と有意に逆相関して、糖尿病の発症比率が上昇したのだ。研究者は「痩せるだけでなく、筋力を高める運動やスポーツが推奨される」としている。

ちなみに、日本の成人男性の平均握力は48キログラム前後。おなか周りを意識し始めた方は忘年会のビールを2杯減らし、ダンベルを二つ購入しましょうか。
(取材・構成/医学ライター・井手ゆきえ)

wpid-PastedGraphic1-2015-12-20-10-59.png

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

不老長寿? 1日80円の「糖尿病治療薬」で寿命が20年延び、健康なら120歳は確実!?
wpid-869586-2-2015-12-19-11-06.jpg
100歳どころか、それ以上も!?(shutterstock.com)

 集中力が続かなくなった。体調が悪い日が増えた。小さな字が読みにくくなってきた……。日々のふとしたことで老化を実感し、「あぁ、若い頃の体に戻りたい」と思ったことはないだろうか。もちろん一旦進んだ時計の針を巻き戻すことは非現実的だ。
 しかし、「これから進む老化を、少なくとも20年は遅らせることができます。健康なら120歳までは確実でしょう」と言われたら、あなたはどうするだろうか?
 実はそんな夢のような不老長寿の特効薬が、近い将来に誕生するかもしれない。それも最新の医療技術を投入し、膨大なお金をかけて開発される新薬ではなく、60年近くの間、世界でもっとも多く処方されてきた、1日当たりわずか80円の糖尿病治療薬によってである。
糖尿病患者のほうが健康な人より長生きできる
 このほど米食品医薬品局(FDA)が、世界で始めて「老化を防ぎ寿命を延ばす効果がある」とされる「メトホルミン」の臨床試験を承認。そんな衝撃的なニュースが英紙「デイリー・テレグラフ」を始めとする欧米メディアで報じられたのは12月1日のことだ。
 メトホルミンは、もともと糖尿病患者やその予備軍に投与されていた基礎治療・予防薬で、1959年にフランスで承認されて以来、世界各国で広く用いられてきた。この臨床試験では、現在、投薬を受けるボランティアとして、認知症やがん、心臓病を患っているか、そのリスクがある70~80歳の男女3000人の募集を開始。試験のための資金集めも進められている。
 以前からメトホルミンは、寿命を延ばす効果があるのではないかと指摘されてきた。今回の臨床試験に参加するイギリス・カーディフ大学の研究者がメトホルミンを回虫に投与したところ、加齢が遅れ寿命が延びる効果が確認されている。また、マウスへの投与実験でも、寿命が40%も延び、骨も丈夫になることがわかった。
 人に対しても、18万人以上の大規模調査が実施された。その結果、治療薬としてメトホルミンを定期的に服用してきた糖尿病患者は、ほかの薬を飲んでいた患者に比べて平均で8年も長生きだったことが明らかになった。そして驚くべきことに、糖尿病に罹っていない人と比べても、メトホルミンを定期的に服用することで同等以上に寿命を延ばす効果があることがわかったという。通常は糖尿病患者のほうが非糖尿病患者より平均寿命が短いにもかかわらず、である。
 また、メトホルミンを服用していた糖尿病患者の中に、がんに罹る例が少ないという観察研究も多く発表されており、同剤のがん抑制の効果も注目されている。その原因を分析したところ、メトホルミンには生物の細胞を頑丈にし、寿命を延ばすとされる物質を細胞内で増やす効果があることが判明。従来の生命学研究では、ポリフェノールの一種である「レスベラトール」が、いわゆる「長寿遺伝子」のスイッチを入れると言われているが、それと同じような作用がメトホルミンにあるかもしれないというのだ。

老化によるすべての病気を抑制できる?

 今回、米食品医薬品局(FDA)が、はじめて老化を「薬によって改善できるもの」として臨床試験を認めたのは、確かに画期的なことだ。メトホルミンは、数十年にわたって広く用いられてきた糖尿病予防・治療薬であり、臨床例も数多くある。副作用やリスクについて、ある程度判明していることも評価される理由だろう。
 研究者らは、メトホルミンの投薬により人間の老化を20年ほど遅らせる効果があると見ており、「100歳の人は寿命が120歳まで延び、70歳の人は50歳の若さと健康を手に入れられる」と主張する。さらにマウスで寿命が40%延びた効果が人間で再現された場合には、人間の寿命は50%延びる可能性もあると考えられている。
 カリフォルニア州の研究所で老化を研究するゴードン・リスゴー教授は、「老化の速度を落とせれば、老化に伴って発生するすべての病気、がんやアルツハイマー病、パーキンソン病などの発症や進行を抑えることができる。すべてのがんを克服しても、平均寿命は3年ほど延びるだけだが、老化を遅らせることができれば、人類にはるかに大きな恩恵をもたらすだろう」と訴えている。
 アンチエイジング研究の新たな道を切り開き、人類の不老長寿という夢に一歩近づくこの臨床試験。数年後に出てくる結果が非常に楽しみだ。
 しかし、たとえ本当に平均寿命が20年延びたとしても、人は決して「死」を避けられない。病に冒される日が遅くなったとしても、その後の「老い」と「死」は、どのような形でやってくるのか。長すぎる老後は、日本のような少子高齢化社会を招くだけで、国民全員の幸せにつながるのか――。疑問は尽きない。
 不老長寿の恩恵を「持てる人」だけのものにしないためには、多くの難しい課題を解決する必要があるだろう。 (文=編集部)

ヘルスプレス ~健康は知識と情報から~

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病の子にインスリン注射を拒んだ親と祈祷師の罪


wpid-img_43b03876a56bfe6d6ef40fcda1db7898136011.jpg-2015-12-19-10-45.jpeg

11月26日、1型糖尿病を患っていた栃木県宇都宮市の男児(死亡時7歳)にインスリン注射をさせずに死亡させたとして、同県下野市の自称祈祷師の会社役員の男性(60歳)が逮捕された。
重篤な疾患を有している患者に、いかがわしい宗教家が近づき死に至らせる。定期的に世間を賑わす事件類型であるが、印象に残っているのが「グル」と呼ばれる怪しい老人が、シャクティパットなる行為で難病を治療できるとして、脳内出血を引き起こしていた患者を病院から移動させ結果として死亡させた、ライフスペース事件であろう。
ライフスペース事件は被告人の異様な風体や言動でメディアの注目を集めたが、法律業界的にも「不作為でも殺人罪が成立する」という点で重要な判例となった。
今回は刑法上の殺人罪の成立と、1型糖尿病という病気の観点から、少しこの事件を検討してみよう。

殺人罪は適用されるか

まず殺人罪(刑法199条)が成立するためには、故意と行為が必要と解されている。
例えば人を殺す行為があっても、殺すつもりがなかったような場合「床で人が寝ていると気づかず踏み殺してしまった場合」は殺人の行為(構成要件該当性などという)は発生しているが、人を殺そうという故意がないため、過失致死罪(刑法210条)となる。

また殺したいと思っていても、殺人の積極的な行為がない「介護している対象者に食事を与えず結果として衰弱死したような場合」は通常、保護責任者遺棄致死罪(刑法218条219条)となる。
したがって明確な故意もなければ、行為もない場合、殺人罪はなかなか成立しづらいと考えられてきた。
これに対しライフスペース事件の判例で示された判断は、宗教的な祈りと医学的な治療を考えたときに、患者生命保護の観点から「殺人罪」の成立を一歩踏み込んで認めた点で意義がある。
すなわち「被告人たる宗教家のもとに被害者が運び込まれた段階で、医学的な治療を受けさせなければ死亡に至ることが明らかでこれを被告人が認識し、かつ被害者の手当が全面的に被告人に委ねられている場合に、医学的な治療を受けさせずに放置し死亡に至らしめた場合は殺人罪が成立する」としたのである。(より正確な議論は刑法判例を参照していただきたい)
1型糖尿病は中高年の生活習慣病として有名な2型糖尿病と異なり、すい臓組織が破壊されることで血糖値を下げるインスリンが分泌されなくなる病気で、子供のうちに発症することが多い。
10万人あたり1~2人に発症し、回数は患者によって異なるものの毎日インスリンを注射で補う必要がある。注射を欠くと最初はのどが渇く程度であるが、急性合併症を引き起こすと昏睡し死に至る場合もある。
他方で患者本人が行うことのできるインスリン注射をしていれば、通常人と同じように社会の中で生活できる。阪神タイガースの岩田稔投手のように、スポーツ選手として活躍している例すらある。

事件の経緯

さて今回の事件の経緯を見てみよう。まだ不明な点も多いが報道によると、

・昨年11月に当時小学1年生であった被害者の男児が1型糖尿病であると診断される。

・同年12月にその年の夏から母親の知り合いとなっていた自称祈祷師の男性に母親が相談。男性は金品を受け取ったうえで「インスリンは体に毒だ」などとして、自身が祈祷を行う一方でインスリン注射をさせないよう指導する。

・今年2月頃インスリン注射を止めたため男児の体調が悪化、3月末から4月上旬にかけて緊急入院する。

・その後、男児はいったん退院したものの、再度インスリン注射を止めたため、4月26日に容態が急変する。

・同日、男性は午後6時頃、男児の自宅に呼ばれ、その後1時間程度、男児と2人きりになり祈祷を行う。両親に対し「風呂に入れろ」などと指示し、午後10時には「もう大丈夫」と言って男性は男児の自宅から立ち去った。

・翌27日未明、男児が意識不明に。電話で連絡を受けた男性は心臓マッサージを指示。その後救急搬送されるも1型糖尿病による「糖尿病性ケトアシドーシス」で男児は死亡した。

この経緯を前提に先ほどのライフスペース事件の判例が妥当するかを検討してみよう。
まず、男児が「インスリンを注射しなければ死亡する可能性がある」ことは医学的に明らかであったと言える。
問題は祈祷師の男性がこのことを認識していたかであるが、1型糖尿病患者がインスリン注射をし続けなければ死に至る可能性があることを一般国民が理解いているか、というと難しいと思われる。
しかし男児はインスリン注射を止めた結果として3月末に緊急入院しているのである、このことからすると少なくとも4月の男児退院後においては、インスリン注射を止めると男児の生命に危険が及ぶということは男性も認識していたと解するべきである。
次に祈祷師の男性に男児の手当てが全面的に委ねられていたかどうかであるが、まず男性は男児に有効な医学的治療を一切与えなかったことは認められる。では全面的に委ねられていたといえるのだろうか?
確かに男性は男児と1時間ほどは2人きりになったが、場所は男児の自宅でありその後は両親も同席していた、また男児が死亡した時点では男性は帰宅しており同席していない。ライフスペース事件のように宗教家の管理する場所で被害者が死亡した場合とは少し違うと言えそうだ。

この事件は起訴されるであろうから、今後裁判で殺人罪が成立するためには「祈祷師の男性がその場にいなかったとしても、両親を精神的に支配し男児の治療の決定権を握っていた」といえるかどうかが問題になるだろう。

西洋医学は万能ではないが・・・

もっとも殺人罪が成立しないとしても、保護責任者遺棄致死罪の教唆犯は十分成立するであろう。
病院や学校・学童保育が救えなかったのか、などの意見も出るだろうが、インスリンが基本的に自己注射であること、ちょうど学年が切り替わる時期であったこと、などからするとなかなか発見が難しかったかもしれない。
もっとも今年3月末の入院時においては、医師にはインスリン注射が行われていないことが解ったはずであるから、この時どのような指導を両親に対して行っていたかは重要な点になってくるであろう。場合によっては児童相談所への通告もし得たかもしれない。
今回の事件では両親も保護責任者遺棄致死罪の容疑で捜査されていることから、病院からの両親に対する予後指導がどのようなものであったのか、今後の捜査で明らかになることだろう。
確かに現在の西洋医学では治せない病気はある。しかしそれは西洋医学を受けさせないでいいということではない。
身近な人が病気になった際には、その病名でネット検索をしてみることをお勧めしたい。ネットには怪しい情報も氾濫しているがSEO(検索エンジンの最適化、有用な情報が上に表示されるようになる)の進歩により、現在ではある程度その病気に関するまともな知識が手に入る。
慢性疾患の患者は24時間病院にいるわけではない。日常生活で周辺にいる私たちの医学リテラシーを高めることが、こうした患者さんの命を救うことになる。

JBpress

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

1型糖尿病のコントロールが悪い子どもは脳に悪影響?
wpid-5666386dd6f496c104650faa_lg-2015-12-18-11-08.jpg

1型糖尿病は、インスリンの分泌が低下する小児から若年者に多い病気です。今回の研究では、1型糖尿病の子どもを調査し、脳の発達との関連性を検証しました。

1型糖尿病と脳の発達が関連する!?

1型糖尿病は、ウイルス感染などをきっかけに起こる免疫の異常が原因とされ、インスリンを作る膵臓の組織が破壊されることにより、血糖値が高くなります。膵臓以外の臓器への影響は完全にはわかっていません。
今回の研究では、1型糖尿病患者141人を含む子ども210人を対象に、脳のMRI画像を18か月の間隔で2回撮影し、、糖尿病と脳の発達との関連性を検証しました。

◆血糖値が大きく変化すると脳の体積は少なくなる!?

以下の結果が得られました。
糖尿病の患者では、MRIを撮影した時の血糖値の縦断的な経時的変化は、灰白質と白質の体積の変化と負の関連性があった。  

18か月の間で血糖値が大きく変化するほど、脳の成長が悪いという結果でした。

1型糖尿病と脳の発達には、免疫の異常や糖自体が関連する可能性もありますが、例えば運動習慣など、背景に他の要因が関わる可能性が考えられます。1型糖尿病が脳の成長に影響するかどうかはさらなる検証が必要です。

wpid-PastedGraphic7-2015-12-18-11-08.png

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

女性の2型糖尿病の死亡率を下げる構造化ケアとは?

wpid-5669259e1e2b9ecf06c19b5f_lg-2015-12-18-11-03.jpg

2型糖尿病は重症化することで、腎臓や心臓などに影響し、死に至ることがあります。今回の研究では、糖尿病の患者を対象に通常のケアにいくつかの方法を加えた構造化ケアを行い、その長期的な効果を検証しました。

2型糖尿病に構造化ケアは有効か?

構造化ケアとは、個別の目標やそれぞれの症状に合わせて、決められたルールに沿いながら、ケアを行うことです。
今回の研究では、2型糖尿病患者1,381人を対象に構造化ケアを行う群と通常のケアを行う群に分けて治療を行い、その後13年間追跡できた970人を調査しました。 構造化ケアは、通常のケアに加えて、個別の目標設定や医師からの継続的な医学知識の教育を行いました。

◆女性では構造化ケアで死亡する危険性が減る?

以下の結果が得られました。
女性では、構造化個別ケアを行うと、ルーチンケアと比較して、糖尿病関連エンドポイント全体(0.65、p=0.004、調整済み;1年で1000人あたり73.4 vs 107.7人)、糖尿病関連死亡(0.70、p=0.031;34.6 vs 45.7)、全原因死亡(0.74、p=0.028;55.5 vs 68.5)、脳卒中(0.59、p=0.038、15.6 vs 28.9)が低くなったが、男性ではそれが見られなかった。
女性では、構造化ケアを行うと糖尿病に関連した死亡率が減りましたが、男性では通常のケアとの違いは見られませんでした
様々な病気に関係する糖尿病ですが、特別な薬や機械を使わなくても行える方法で、死亡率を下げられる可能性があるかもしれません。

wpid-PastedGraphic5-2015-12-18-11-03.png

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com