糖尿病発症リスクは期待できるが…… 
コーヒーのカフェインの摂りすぎって正直どうなの?

shared-img-thumb-PAK88_coffee_TP_V-500x333-2016-02-29-15-38.jpg

コーヒーにふくまれれるクロロゲン酸が、糖尿病発症のリスクを抑えるとして、特定保健用食品として認められています。ところで、コーヒーには興奮作用をもたらすカフェインも含んでいます。
カフェインを含んだエナジードリンクとカフェインの錠剤を服用して、2015年12月21日に福岡市の男性が死亡した事故は、医療関係者の間で問題になりました。それというのも、カフェインの最大摂取量について、日本では明確な基準がないからです。

一般的に化学物質は、体重や性別、年齢などによって身体に与える効果が変わってきます。 これだけでなく、体質によっては、男女年齢性別体重関係なく、特定の化学物質に過敏に反応する方もいます。
ということは、亡くなられた男性ほどではないにしても、同じようにエナジードリンクやカフェインの錠剤を少量服用しただけでも、医師の手当てが必要になる方がいるかもしれません。 同様に、大量にコーヒーを飲んだ場合も同じようなリスクが起こることは十分に考えられます。

コーヒーが、一部の肝臓病や片頭痛に良い効果を与えることを主張する医師は多数います。ただし、気分が悪くなったり、体質的に飲まない方がよい人もいることも認めています。
特に、コーヒーの摂取を控えたほうがよいのは、妊娠中と授乳中の女性。早産の原因や低体重出生のリスクになると、多くの医師が指摘しています。

また、カフェインは細胞中のカルシウムを排泄する作用があるため、骨そしょう症を招く可能性もありえます。 それでも、コーヒーを楽しみたい方は、カフェインを除いた「デカフェタイプ」のインスタントコーヒーや、ミルクを加えて楽しむという方法が良いようです。
要するに、妊娠中授乳中の女性は、可能な限り避けて、他の方はほどほどに楽しむのが一番ということでしょうか。 コーヒーにリフレッシュを求めることを依存しないように、他のことで心の安定を図るように意識することが大事ということでしょうね。

ガジェット通信

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病を防いで、健康寿命延ばそう

PastedGraphic10-2016-02-28-15-49.png

 糖尿病の発症や重症化を防ぐことで健康寿命を延ばす「プロジェクト8」を学んでもらおうと、魚沼市内の事業所の健康管理担当者を集めた会合が27日、魚沼市日渡新田の市立小出病院で開かれた=写真=。

 県魚沼地域振興局が主催。プロジェクト8は、糖尿病の診断基準の一つで血糖状態を示す「ヘモグロビンA1c」を合併症を起こさないとされる8%以下にする魚沼地域の取り組み。

 会合では、魚沼糖尿病対策推進会議の上村伯人会長が「週2、3回の運動で十分に効果が出る。健康診断の結果を無駄にしないでほしい」などとプロジェクト8の意義を説明した。
 参加者は「毎日1万歩以上歩く人を表彰している」など、事業所ごとの取り組みを報告し、お互いの参考にし合っていた。

PastedGraphic9-2016-02-28-15-49.png

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

いま話題の「筋膜リリース」が糖尿病にも効果
~1日10分で半年後に10kg減量!

909216-2-2016-02-28-15-44.jpg

最近話題の「筋膜リリース」(shutterstock.com)

 最近、「筋膜リリース」という手法が、さまざまなところで話題になっている。このサイトでも「肩こりと筋膜」の関係性に触れている。
 今年1月に開催された「第50回日本成人病(生活習慣病)学会学術集会」で、筋膜と糖尿病の関係性が発表された。発表者は、東京医科大学八王子医療センター糖尿病・内分泌・代謝内科の天川淑宏氏である。

 天川氏によると、膝から下に合併症の症状があり運動療法ができない糖尿病患者に下腿筋膜リリース(Myofascial Release:MR)を施行した結果、身体活動量が平均17%増加したほか、体重の減少、HbA1c値の改善などが見られたという。
 つまり下腿筋膜リリースは、運動療法の代替となる可能性があるというのだ。

筋膜リリースで機能が改善

 この効果は、筋膜リリースを行ったことで、糖尿病患者の基礎代謝量や活動量が向上したことよる。糖尿病患者は、筋膜が糖化されてしまい、関節や筋肉が動きづらくなってしまっている。それによりストレッチや運動をしても効果が半減。筋膜リリースによってこの筋膜の機能が改善されたと推測できる。

 筋膜をねじれや癒着から解放し適切な状態に戻してあげることで、関節が動きやすくなったり、筋膜に覆われている筋肉がより働きやすくなる。働きやすくなるということは、同じ動きをしていても運動量や活動量が増えることでもあり、それはつまり、体重減少や筋肉向上にも効果があるということである。

 実際、少し前のテレビ番組『あのニュースで得する人損する人』(日本テレビ系)でも、筋膜リリースを1日10分程度行ったことで半年後には体重が10kgも減少したという報告をしている。

 この原理は、筋膜リリースを行うことで、筋膜の配置が整理され、筋肉や関節が動かしやすくなる。その結果、基礎代謝が上がり、いつも通りの日常生活をしていても基礎代謝量が上がっているために、体重減少につながったというわけだ。

「筋膜の時代」の幕開けか?

 筋膜は肩こりや糖尿病だけではなく、さまざまな身体の不調を治す可能性を持っている。筋膜に対しての施術を得意としているサロン「トリガー」(東京都港区)の半田学代表(理学療法士)は次のように解説する。

 「肩こりや腰痛はもちろんのこと、病院で原因不明だと言われていた痛みが筋膜の調整によって改善したケースはかなりあります。もし原因がわからずに悩んでいるケースがあれば、一度、筋膜へのアプローチを検討することをおすすめしています」

 筋膜にはさまざまな可能性が秘めていることが最近の研究で明らかになってきている。ヘルスケアは、 「筋膜の時代」の幕開けなのかもしれない。 (文=編集部、監修=三木貴弘)

三木貴弘(みき・たかひろ) 理学療法士。日本で理学療法士として勤務した後、豪・Curtin大学に留学。オーストラリアで最新の医療、理学療法を学ぶ。2014年に帰国し、現在は東京都で理学療法士として医療機関に勤務。その傍ら、一般の人に対しても正しい医療知識をわかりやすく伝えるために執筆活動にも力を入れている。執筆依頼は、”Contact.mikitaka@gmail.com”まで。

ヘルスプレス ~健康は知識と情報から~

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

ココナッツオイル健康説の嘘?
体に危険?脂質異常症、動脈硬化、糖尿病リスク増

post_14004_0226-2016-02-27-15-41.jpg

「Thinkstock」より

 少し前から、その絶大な健康効果で注目されているココナッツオイル。痩せられる、コレステロールを下げる、糖尿病予防に有効、そして認知症の予防にまで効果があるといいます。

 これは、果たして本当でしょうか?

 ココナッツオイルは90%以上が飽和脂肪酸でできています。飽和脂肪酸というのは、動物性脂肪と同じ種類。ただ、同じ飽和脂肪酸でも中鎖脂肪酸なので代謝が速く、エネルギーになりやすい脂肪であるのは確かです。

 しかし、現在私が調査をしているスリランカでは、昔からココナッツを日常的に使用し、飲食用だけでなく燃料用などにもなり、捨てる部分がないくらいに有効利用しています。そして、スリランカで昔から食べられている伝統的な食事には、そのほとんどにココナッツやココナッツオイルが使われているような状態です。

 そんなにココナッツを常食しているスリランカの人たちは、さぞかし健康だと思われがちですが、私たちが実施した調査研究の結果では、まったくそうではありませんでした。

 現地の協力者を得て実際に行った健康診断では、協力者の30~50歳代の男女209名中、男性の約30%、女性の約45%が肥満であり、男女ともに60%以上が脂質異常症という結果でした。

 そして、ココナッツオイルを常食している人たちでは、そうでない人たちと比べてLDLコレステロールが高く、動脈硬化のなりやすさを示す動脈硬化指数も、ココナッツオイルを常食している人でも高く、動脈硬化になりやすい結果となっていました。

 2009年に内戦が終わってからは、コロンボを中心に経済も発展しました。そして、そこで出会う生活レベルの高い人たちでは、糖尿病を発症されているケースも多く見受けられました。

 これらの食事や健康診断の結果から、この調査対象の地域では、脂質の摂り方やカロリー摂取量の問題があると考えられます。香辛料は使われているのですが、しっかりとした味や甘味が感じられる味付けの方法にも問題があると考えられます。
多すぎるエネルギーが蓄積されるおそれ

 以上の情報から、巷で噂されているココナッツオイルの健康効果について、私なりに考えてみました。

 ココナッツオイルの中鎖脂肪酸は代謝が速く、確かにエネルギーとして使われやすい脂肪酸ではあります。それで、スポーツ選手のように大量にエネルギーを必要とする生活活動量の多い人では有効だと思われますが、エネルギー摂取量が多すぎる方では、ココナッツオイル以外で摂取した多すぎるエネルギーが体内に溜められてしまうことは避けて通れません。
2/2 ページ

 また、認知症に効果があったというアメリカの論文も確認をしてみました。対象は、高齢ですでに認知症を発症されている方でした。そして、おそらく糖尿病など糖質をうまく利用しにくい体質の方だったのではないでしょうか。脳は主に糖質をエネルギーとして使うことができるのですが、糖質をエネルギーとして利用しにくい人では、ココナッツオイルのようなエネルギーに代わりやすい中鎖脂肪酸を有効利用することは、理に適っているように思いました。

 要するに、ココナッツオイルには健康に有利に働く効果があるとは思いますが、その使い方や食べる量によって、プラスにもマイナスにもなることが予測されます。
 良い情報があるからといって、まずご自身の現状を把握されないまま、良い成果のみを鵜呑みにされてとびつくようなことは、なるべく避けていただきたいと思っています。 (文=森真理/武庫川女子大学国際健康開発研究所講師、栄理栄養士)

ビジネスジャーナル ⁄ Business Journal<

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

よく飲まれるコーヒーの効果!
実は血糖値を下げる効果があるってホント?

2016-02-25-1456414862-8452075-113391-thumb-2016-02-26-15-56.jpg

昔は、カフェインが多く含まれ刺激も強いことから、コーヒーというと、なんとなく体によくないイメージを持つ人も少なくありませんでした。しかし、近年ではコーヒーの健康効果が注目されるようになり、血糖値を下げる効果も期待できるとされています。コーヒーと血糖値の関係について、さまざまな研究結果をもとに解説します。

コーヒーに含まれるクロロゲン酸が食後血糖値を抑制

コーヒーが2型糖尿病の発症リスクを下げるということは、世界各国の研究機関から数多く報告されています。そのメカニズムについては、まだ不明な点も残されていますが、コーヒーに含まれる「クロロゲン酸類」が糖の代謝に影響するのではないかと考えられています。
クロロゲン酸類とは、植物界に広く存在し、強い抗酸化力を持つ「ポリフェノール」の一種です。コーヒー生豆には、クロロゲン酸類が5~10%と、とりわけ豊富に含まれています。

クロロゲン酸類を含む脱カフェインコーヒーを使ってヒト試験を行ったところ、食後30分の血糖値が、コーヒーを摂取していなかった場合に比べて有意に低下したそうです。さらに、食事と一緒に脱カフェインコーヒーを摂取した場合は、食後血糖値の上昇がもっとも抑えられたと言います。こうしたことから、コーヒーに含まれるクロロゲン酸類には、食後血糖値の上昇を抑制する効果が期待できると考えられるようになりました。

次々と報告される2型糖尿病予防へのコーヒーの効果

フィンランド国立公衆衛生研究所が行った大規模な調査によると、1日3~4杯のコーヒーを飲んだ人は飲まない人に比べて、糖尿病にかかる確率が女性で29%、男性で27%減少したそうです。さらに、1日10杯以上飲んだ場合は、女性で79%、男性で55%減少したという結果も出ています。オーストラリアのシドニー大学でも、コーヒーの2型糖尿病予防効果について「効果あり」という研究報告を出していることがわかっています。

また、日本でも国立国際医療研究センター糖尿病研究部の野田光彦部長らが、2009年に「JPHC研究」を発表しました。この研究は、40~69歳の日本人約5万6,000人を対象にコーヒーを飲む回数を調べたものですが、「週に3~4杯飲む」人は「ほとんど飲まない」人に比べて、2型糖尿病を発症するリスクが男性で17%、女性で38%低下するという結果が出たとしています。

糖尿病発症後は逆効果という見解も

コーヒーの2型糖尿病予防の効果は、世界各国から相次いで報告されていますが、これは糖尿病をまだ発症していない人に限った話です。糖尿病患者へのコーヒーの影響は、はっきりしたことがまだわかっていませんが、コーヒーに含まれるカフェインがインスリン感受性に悪影響を及ぼしたとする研究結果も報告されています。

この研究によると、コーヒーと炭水化物を同時に摂取した場合のインスリン感受性は、カフェインの含まれない飲料とほぼ同等でしたが、その後またすぐに同じものを摂取させて計測した場合は、インスリンの感受性が低下したとの結果が出たそうです。

つまり、まとめると下記のような内容になります。

・コーヒーと炭水化物を一緒に摂取した場合、インスリンの感受性はある程度低下する。

・その影響が続くため、すぐに同じよう内容の食事(カフェイン+炭水化物)をした場合は、インスリンの感受性は大きく低下する。
結果、「耐糖能やインスリン感受性が問題になる病態(たとえば、糖尿病やその予備軍の人)は、「食後に単純炭水化物(甘いケーキなど)とカフェイン入りのコーヒーを一緒に摂取するのは、好ましくないかもしれない」と考えられています。

糖尿病を発症している方は、コーヒー(カフェイン)の摂取には注意が必要かもしれません。

slide_468256_6357832_free-2016-02-26-15-56.jpg

PastedGraphic20-2016-02-26-15-56.png

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

「心のストレス」が糖尿病リスクに影響!
リスクを高める意外なNG習慣3つ

身近な病気である“糖尿病”。「実はうちは糖尿病家系なの……」という方はもちろんですが、そうでない方も日々の意外な生活習慣がリスク要因になる場合が多いのです。
中には「えっ、それも!?」という意外すぎる要因まで明らかになっています。

そこで今回は、世界中の大学や研究機関が発表している調査結果を基に、糖尿病リスクを上げる意外な要因をまとめたいと思います。

■1:車社会で暮らしている

2010年の国勢調査によると、利用交通手段が1種類の人(50,209千人)の中で“自家用車”で通勤・通学している人(15歳以上)は半数近くに及ぶそうなんです。思ったよりも多くないでしょうか?
米国糖尿病学会でも、通勤で自家用車を使っている人は公共交通や自転車などを使っている人と比べて、34%も糖尿病リスクが高いという研究成果が紹介されています。
車社会に住んでいると通勤だけでなく、プライベートの買い物なども全部車移動に……。結果として運動量が落ちて肥満リスクが高まり、一緒に糖尿病リスクも高まってしまうのですね。

■2:朝食を抜いている

厚生労働省が作成した平成26年「国民健康・栄養調査」を見ると、30代の女性で2割、40代の女性でも1割が朝食を抜いている、あるいは抜いた状態に近いと分かっています。
朝食を抜くと、糖尿病の引き金である肥満を招きやすくなるといいます。
さらにイスラエルのテルアビブ大学によれば、朝飯を抜くと昼食や夕食の直後に血糖値の急上昇(食後高血糖)が見られ、1日中インスリンの反応が悪くなると分かったのです。
インスリンの反応が悪いと、血中のブドウ糖が上手に体に吸収されなくなってしまうといいます。
テルアビブ大学などが中心となって行った実験の対象者は糖尿病患者ですが、これから予防しようと考えている人にも重要な話です。朝食はしっかりと食べましょう。

■3:勤務先や家庭内で強いストレスを感じている

カナダの臨床評価に関する研究所などが7,443人を対象に行った調査では、仕事のストレスが大きい人はそうでない人と比べて、2倍の糖尿病リスクが確認されたとか。
その理由はストレスに反応して分泌されるコルチゾールなどのホルモン。これらのホルモンが血糖値を上昇させてしまうからだと考えられています。
仕事先の人間関係や夫婦関係で強いストレスを感じている人は、要注意ですね。

以上、糖尿病のリスクを高めてしまう意外な原因をまとめましたが、いかがでしたか? 十分に注意したいですね。
(ライター 坂本正敬)

PastedGraphic17-2016-02-26-15-54.png

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

ストレスが脳梗塞の原因に!?
心房細動、糖尿病、高血圧、動脈硬化との関係を解説

PastedGraphic14-2016-02-25-15-51.png

1.脳梗塞の原因とは?分類とメカニズムについての解説

2.ストレスがあると脳梗塞になりやすい?高血圧、糖尿病、動脈硬化との関連についての解説

3.ストレスから解放。脳梗塞の予防法とは?

4.脳梗塞になったらどんな治療が必要になるの?
脳梗塞の原因は様々です。高血圧糖尿病により進行される動脈硬化、血栓を脳の血管に飛ばしてしまう危険のある心房細動、さらには精神的ストレスなどによって引き起こされます。今回は、脳梗塞を発症するメカニズムについて解説していきます。

脳梗塞の原因とは?分類とメカニズムについての解説

脳梗塞の原因は大きく3つに分類されます。

アテローム硬化による脳血栓症とも呼ばれます。アテローム硬化とは、コレステロールなど脂肪性の物質が溜まり、血管の内周に余分な塊ができることです。このアテローム硬化は動脈硬化を引き起こすため、血管の内腔を狭めてしまい、狭くなった血管に血栓が詰まることで脳梗塞を発症します。このタイプは太い脳動脈に生じやすいです。

  • 心原性脳塞栓

心房細動などにより、心臓が規則正しく拍動できなくなると、血液の流れが悪くなります。血栓ができやすくなります。この心臓で出来た血栓が剥がれ、脳の太い血管を突然詰まらせてしまうことで脳梗塞が引き起こされます。血栓が剥がれて脳の血管が詰まってしまうため、突如発症することが多いです。

  • ラクナ梗塞

穿通枝と呼ばれる脳の細い血管が詰まることで脳梗塞を引き起こします。梗塞の大きさが1.5cm未満の小梗塞です。高血圧により高い圧力が細い血管の壁に長期的に加わり、その結果、傷ついた壁が分厚くなり動脈硬化を起こすことが原因と考えられています。

◆ストレスがあると脳梗塞になりやすい?
高血圧糖尿病、動脈硬化との関連についての解説

56b99e3c61733b61008b62e4_sm-2016-02-25-15-51.jpg

高血圧糖尿病脂質代謝異常は動脈硬化の原因となるので、これらの指摘を受けている方は注意が必要です。また、心臓に疾患を抱えている方や不整脈を指摘されている方も注意が必要です。精神的ストレスも脳梗塞の原因につながりやすいと言われています。過度なストレスは自律神経を乱し、血圧や脈拍を上げてしまうからです。また、ストレスを感じたときに分泌されるホルモンは血糖値を上げる役割も担うので、持続的なストレスでは血糖値を上げてしまい動脈硬化を招く危険もあるのです。

◆ストレスから解放。脳梗塞の予防法とは?

高血圧糖尿病、精神的ストレスはそもそも生活習慣の乱れで引き起こされます。まずは規則正しい生活を送ることを心がけることが最大の予防となります。血圧は毎日測定し、日々の血圧を把握しておくことが必要となります。急激な血圧の変化や平均の値が上昇してきた時は医師に相談し一度検査をしてみることも予防としては大切になります。

脳梗塞になったらどんな治療が必要になるの?

脳梗塞を発症した直後の治療法として血栓を溶かす血栓溶解療法があります。ただし、この治療法が適用されるのは4.5時間以内です。また、誰にでも適用できるわけではなく、細かな項目を満たした場合のみに行われる治療です。その他の急性期に行なわれる治療としては、脳保護療法、抗血小板療法、抗凝固療法、抗脳浮腫療法などがあります。発症後状態が落ち着いてくる慢性期と呼ばれる期間に入ると、降圧剤や抗血小板剤、抗凝固剤の投与など再発危険因子に対する治療が行なわれます。以上の薬物治療と併行して、リハビリテーションは早期からの実施が推奨されています。早期のリハビリテーションにより後遺症の軽減や合併症を防ぐことにつながります。

脳梗塞は、心房細動や動脈硬化などによって発症しやすくなる病気です。高血圧糖尿病は動脈硬化の原因となり、生活習慣の乱れによって引き起こされます。また、精神的なストレスも脳梗塞の原因になり得ます。まずは生活習慣を見直し、血圧管理など出来ることから予防していく意識が大切となります。

PastedGraphic13-2016-02-25-15-51.png

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

動脈硬化 放置で足切断 
糖尿病や高血圧で危険性高く、無症状の人も

6-2016-02-25-15-45.jpg

【右・手術前】閉塞性動脈硬化症の患者のコンピューター断層撮影(CT)画像。左脚(向かって右)の血管が詰まり、血流が悪くなっている【左・手術後】バイパス手術を受けた患者のCT画像。左脚に人工血管を移植し、足先に血が通うようになった=関西医科大滝井病院提供

 動脈硬化が進むと血管が狭くなったり詰まったりし、脳梗塞(こうそく)や心筋梗塞につながることは知られる。それが足で起きると「閉塞(へいそく)性動脈硬化症(ASO)」と呼ばれ、「歩くと痛みを感じる」「足の傷が治りにくい」などの症状が出る。足の切断に至る場合もあり、軽視は禁物だ。

 ●しもやけが悪化

 「毎年しもやけになるけど、治らない年があった」。大阪府の女性(68)は2012年11月、左足の指のしもやけが悪化して化膿(かのう)し、自宅近くの皮膚科を受診した。週1回通ったが治らず、検査を受けると脚の血管が詰まっていた。足先に十分な酸素や栄養が届かなくなっていたのだ。女性は「外からでは分からない。画像を見て『うわー、血が通ってないねんな』と思った」と振り返る。

 ASOは60歳以上で発症率が上がり、男性に多い。たばこや糖尿病、高血圧で危険性が高まる。国内の患者は増えているとみられるが、正確な数は不明だ。日本血管外科学会の宮田哲郎理事長によると、疫学調査で「ASO患者の40%が糖尿病を患う」「糖尿病患者の5~10%がASO」と見積もられ、糖尿病が強く疑われる人が950万人(12年国民健康・栄養調査)というデータから推定すると、ASO患者は120万~240万人になるという。

 症状は、進行度による。(1)血液の流れは悪いが症状はない(2)歩くと足が痛くなり、休むとまた歩ける(3)じっとしていても足が痛み、眠れないこともある(4)足先の傷が治らず、潰瘍ができる--の4段階に分類され、無症状が最も多い。

 治療は、重症度や詰まった血管の位置などによって異なる。(1)や(2)の場合は禁煙など生活習慣の改善や薬物療法、血行を良くする運動療法をする。改善しなかったり、重症化したりして(3)や
(4)に進んだ場合は、主に新たな血管の迂回(うかい)路を作るバイパス手術や、「ステント」という筒状の金網を使い、細くなった血管を広げる治療で血行を再建する。

 バイパス手術は、日本では主に血管外科が担ってきた。ステント治療は、心臓の冠動脈の治療に使われ、12年には脚の動脈の治療でも保険適用となった。バイパス手術に比べて、体への負担は軽い。

 ●「たばこやめず」

 しもやけの悪化でASOが分かった女性は翌年1月、循環器内科でステント治療を受けた。しかし、再び血管が狭くなり、計3回ステントを入れることになった。その後、別の病院でバイパス手術を受けて血行は良くなったが、足の潰瘍は治らず、昨年、左足の膝下から先を切断することになった。女性は「軽く考えていて、たばこをやめるように言われてもやめなかった」と反省する。今はリハビリを受け、義足で再び温泉旅行に行こうと考えている。

 女性のバイパス手術をした関西医科大滝井病院(大阪府守口市)の駒井宏好教授によると、ステント治療後に再び血管が狭くなる確率は足の部位によって異なるなど、それぞれの治療法には長所と短所があるという。駒井教授は「患者や症状によっては、バイパスを先にやった方が良いケースもある。さまざまな治療法が可能なのは血管外科だが、日本には専門医が少ないのが現状だ」と指摘する。

7-2016-02-25-15-45.jpg
腕と足首の血圧の比率を調べるABI検査。足の血圧が低いと、動脈硬化が進んでいる可能性がある=根本毅撮影

 ●脳や心臓でも

 足で動脈硬化症が見つかった場合、脳や心臓の動脈硬化も進んでいる可能性が高い。ASOの早期発見には、腕と足首の血圧の比率(ABI)を調べる検査が有用だ。駒井教授は「早期発見し、適切な治療を受けてほしい」と話す。【根本毅】

PastedGraphic7-2016-02-25-15-45.png

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病の予防効果が期待できる天然アミノ酸・ALA

PastedGraphic1-2016-02-25-15-39.png

アミノ酸の1種であるALA(5-アミノレブリン酸)を使った研究開発を行うALAサイエンスフォーラムは2月25日、ALAと糖尿病の関連性についてメディアセミナーを開催した。
PastedGraphic2-2016-02-25-15-39.png

ALAは、さまざまな生命体の細胞内のミトコンドリアに存在し、ヒトの体内では代謝を亢進する役割を果たしていると考えられている。ヒトでは17歳をピークに減少することが報告されており、ALAが不足することで糖代謝が低下し(血糖値が上昇し)、糖尿病につながる可能性がある。また、糖代謝が停滞するとエネルギー代謝が低下するため、加齢および疾病が進行して悪循環に陥ってしまう。これに対し、ALAと鉄を投与することでエネルギー代謝が向上するとの報告があり、糖代謝の悪循環に対する有効な改善方法になる可能性があると見られている。

PastedGraphic3-2016-02-25-15-39.png

血糖値に対するALAの効果はヒトで確認されており、糖尿病予備軍を対象とした臨床研究ではALAが空腹時血糖と糖負荷試験の2時間後の血糖値を優位に低下させることが確認された。また、2型糖尿病患者を対象とした臨床試験でも、糖尿病と密接な関係を有するHbA1cを有意に低下させることがわかった。また、いずれの場合でも副作用は認められず、経口糖尿病薬で治療中の2型糖尿病患者がALAを服用しても安全であることが確認された。

PastedGraphic4-2016-02-25-15-39.png

ただ、経口糖尿病薬とALAの効能を比べると、HbA1cの減少量で見た場合ALAは薬剤ほど効果があるわけではない。しかし同セミナーに登壇した東京大学医科学研究所の山下直秀 教授によれば、上記の研究結果などから糖尿病予備軍に対しては有効な成分だと言えることができるという。また、ALAは食品から効率的に摂取することが難しいことから、サプリメントとして摂取することで糖尿病の予防効果が期待できるとした。

PastedGraphic5-2016-02-25-15-39.png

マイナビニュース

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

人工透析って、どういうことなのか知っておきたい!

thum_2749_1-2016-02-23-10-13.jpg

人工透析は腎臓の病気の人が受ける治療の1つで、近年この人工透析を受ける人は徐々に増えているといわれています。
今回はこの人工透析について、医師に詳しい話を聞きました。

人工透析とはどんな治療?

人工透析は、かんたんにいうと働かなくなった腎臓の代わりを行う治療のことです。
腎臓は血液中のいらない老廃物をろ過して尿をつくり、体の水分量・血圧などをコントロールします。

腎臓の働きが不十分になると腎不全という状態になります。すると尿として出るはずの老廃物が体にたまってしまいます。そのままにしておくと、尿毒症となり、吐き気や頭痛、高血圧や、けいれん、意識障害などの症状があらわれます。
このような機能が不十分な腎臓の代わりに水分や老廃物の調整を行う治療が、人工透析です。

腎不全の原因となる疾患は、糖尿病による糖尿病性腎症が多く、その数は増え続けています。
そのほかに、慢性糸球体腎炎など腎疾患による腎不全、全身のショック状態などで急に腎不全になった急性腎不全の場合も透析が行われます。

人工透析はどのように行うの?

透析療法には、主に、血液透析療法と腹膜透析療法があります。

≪血液透析法≫

血液透析は、病院などの透析室で行われます。
血液透析装置と、手術で形成された「内シャント」と呼ばれる動脈と静脈を合わせた血管をつなげて、血液を体内から取り出します。取りだした血液中の余分なミネラルや老廃物、水分を除去し、ろ過された血液を体内に戻します。
1回あたり約4~5時間かかります。慢性疾患で血液透析が必要な場合は、週3回くらいのペースで定期的に行われます。

≪腹膜透析法≫

腹膜透析は、自宅で行われることが多いです。
あらかじめ設置した腹部のカテーテル(医療用の管)から透析液を通します。ろ過するための膜(透析膜と言います)として自分自身の腹膜を利用し、老廃物を排出して血液を浄化します。
約30分の透析を1日数回行ったり、あるいは就寝中に機械による腹膜透析を行う方法などがあります。

災害時、透析している人が困るのはなぜ?

いつものように透析ができなくなってしまうような災害時には、普段から透析を行っている人は困ったことになります。
医療機関で透析ができなくなってしまうと老廃物やミネラルがたまり、尿毒症となり、命の危険にさらされるからです。
また、人工透析は水をたくさん使います。災害時に断水してしまった場合なども人工透析に影響が出ます。
腎臓が働かず透析を行っている人、特に血液透析などで定期的に受診している人にとっては、大きな問題です。
災害時には、かかりつけの透析医療機関と連絡を取るようにしましょう。次回の透析のスケジュールの確認をしたり、しばらく透析治療が行えない状況の場合は、他の施設への移動方法などの指示を受けることになります。

人工透析を受けるにあたっての注意点

人工透析を受けるにあたっての注意5ヶ条をお伝えします。
1.決められたカロリーや、カリウムの摂取制限を守ること
2.栄養バランスの良い食事を三食きちんと食べること
3.適切な水分摂取をすること
4.体重を増やし過ぎないこと
5.禁酒、禁煙

【医師からのアドバイス】
人工透析が必要な人は、定期的に透析の治療を受けないと、命に関わる治療です。
今は人工透析をしていない方も、知識として人工透析の仕組みや受けるにあたっての注意点などは覚えておくといいかもしれません。
(監修:Doctors Me 医師)

origin_doctorsme-2016-02-23-10-13.png

ガジェット通信

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

青年期に「ストレスに弱い」男性は、
のちに2型糖尿病になりやすい

56c57bd00b0e4b13008b4778_lg-2016-02-23-10-07.jpg

社会的・心理的なストレスは2型糖尿病発症に関連しますが、青年期のストレスと長年経った後の2型糖尿病のリスクについては明らかにされていませんでした。米国の研究チームが兵役経験者を対象にその関連について検証しました。

◆兵役を経験した1,534,425人の男性を追跡調査

研究チームは、1969年から1997年の間にスウェーデンで徴兵された糖尿病と診断されていない18歳男性1,534,425人を対象に追跡調査し、青年後期でのストレス耐性が後年の2型糖尿病発症リスクと関連するかを検証しました。

◆青年期に「ストレスに弱い」ことが後年の2型糖尿病のリスクに

対象者は事前に心理学的なストレス耐性の評価を受けました。追跡調査ののち、1987年から2012年の間に2型糖尿病と診断されたのは34,008人でした(最大到達年齢62歳)。

ストレス耐性テストの評価が最低のグループと最高のグループを比べると、ストレスへの耐性が低いと2型糖尿病を発症するリスクが51%高くなる結果でした。
これほど大規模で、しかも質の高い研究は初めてで、この問題に関しては結論が出たといえるのではないでしょうか。今回は男性に関する報告ですが、男性と女性ではストレスに対して異なる反応をするという研究もあり、女性ではどうなのかも気になります。

PastedGraphic5-2016-02-23-10-07.png

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

どんなに運動をしても、
座りすぎの生活が糖尿病のリスクを高める

new_zai-2016-02-23-09-54.jpg
座りすぎは体によくないですよ~shutterstock.com

 座りすぎの生活は、肩こりや腰痛はもちろん、乳がんや心血管系の病気のリスクを高め、寿命にも影響しうることが、近年、いくつかの研究で示唆されている。当サイトでも、これまでに次のような記事を紹介してきた。

『2時間以上で5時間未満!? 健康によくないのはデスクワーク、それとも立ち仕事?』

 そしてこのほど、座りすぎの生活は、たとえ水泳やランニングなどの強度の高い運動をしていたとしても、2型糖尿病の発症リスクも高めることが、オランダの研究で示された。(オンライン版「Diabetologia」2月2日に掲載)。
 日本人の糖尿病の大部分が2型糖尿病である。遺伝的要因のほか、食べ過ぎ、脂肪の多い食生活や運動不足などによって発症すると言われており、予防のためにはこうした生活習慣の見直しが提唱されているが、今後は「座る時間を減らす」ことも考える必要がありそうだ。

座って過ごす時間が1時間増えるごとに発症リスクが22%上昇

 今回発表された研究では、オランダの成人男女約2,500人(平均年齢60歳)のデータを収集した。56%は正常血糖値で、15%は耐糖能異常、残りの29%が2型糖尿病であった。
 対象者に活動量計を24時間、8日間にわたって装着してもらい、座位で過ごした時間の長さや立ち上がった回数などを計測したところ、2型糖尿病患者の座位で過ごす時間は、血糖値が正常の人や耐糖能異常を示した人に比べて、1日あたり26分長かった。解析の結果、座位で過ごす時間が1時間増えるごとに2型糖尿病リスクが22%高まることが示された。しかし、立ち上がった回数や座っていなかった時間の長さと糖尿病との間に関連性は認められなかった。

 また、この研究では、座位時間と糖尿病リスクの関連性は、ランニングや水泳といった強度の高い運動の有無とは独立したものであることも示された。
「健康の維持に運動が重要であることは周知の事実だが、今回、『座り続けること自体が健康に悪い』ということが判明した。どれだけ運動しようとも、座っている時間が長いほど2型糖尿病のリスクは高まる」と、研究を主導したマーストリヒト大学のJulianne van der Berg氏は述べている。
 
 ただし、同氏は、座位時間と糖尿病の間に関連性が認められただけで、因果関係が証明されたわけではない点にも注意を促している。

座りすぎからの脱却が必要

 米モンテフィオーレ医療センター(ニューヨーク市)臨床糖尿病センター長のJoel Zonszein氏は、「テレビやコンピュータの前で座って過ごす時間だけでなく、そのときに手を伸ばしがちなスナック菓子などの影響も大きい」と指摘し、「今回の研究結果は、2型糖尿病の予防や管理には、運動とは別に、座位時間を減らすための策が必要であることを示すものである」と述べている。

 早稲田大学スポーツ科学学術院の岡浩一朗教授の研究チームによる調査によれば、日本人成人の一日平均の総座位時間は8~9時間程度であり、世界20ヵ国の成人を対象にした平日座位時間の国際比較研究結果では、日本人成人の座位時間が最長であったという。座る時間を減らす工夫の余地はたくさん残っている。 (文=編集部)

参考:読売オンライン
http://www.yomiuri.co.jp/adv/wol/opinion/sports_150316.html

ビジネスジャーナル ⁄ Business Journal<

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病と痛風に繋がる血糖値と尿酸値の最新情報


 健康診断の数値を見るたびに一喜一憂させられるのが「血糖値」と「尿酸値」だ。中年男性に共通の不安だが、多くの人が間違った知識に振り回されている。これまでとは大きく変わった「新常識」をレポートする。

「血糖値」と「尿酸値」が多くの男性にとって悩みの種になっているのは、それぞれが「糖尿病」「痛風」というつらい病気に冒されるリスクを孕んでいるからだ。糖尿病の治療で人工透析に通う男性(65)がいう。

「50代で糖尿病と診断されました。合併症で腎臓を患い、週3回4時間の透析をしています。日常生活がここまで制限されるととても不自由です」

 痛風に苦しむ男性(62)が後悔の念を語る。

「ある日、いきなり足の指の関節が赤く腫れ上がり、あまりの激痛に自力では歩けませんでした。自分の不摂生を後悔するばかりです」

 こうした病気につながっている血糖値と尿酸値とは何か。人間にとって重要なエネルギーであるブドウ糖は、体内に入ると小腸から吸収される。このブドウ糖が血中に占める濃度が血糖値だ。

 尿酸は人間の細胞の核を構成するプリン体という成分が分解されて生じる老廃物で、尿酸の血液中の濃度が尿酸値となる。

 この2つは健康診断のたびに目にする数値だが、最近は驚くべき「新常識」が生まれているという。銀座泰江内科クリニックの泰江慎太郎院長が話す。

「これまで信じられてきた基準値や改善法のなかには、間違っていたことが明らかになったものもある」

 血糖値と尿酸値の最新情報を専門医の解説とともに見ていこう。

◆「糖質オフ」「プリン体ゼロ」で安心するな

 それぞれの値が血中に占める糖質とプリン体の濃度なのだから、それらを摂らなければいいと考えがちだが、意外な落とし穴もある。たとえばプリン体はビールに多く含まれることが広く知られているが、「プリン体ゼロ」だからといって安心してはいけないと、両国東口クリニックの大山博司理事長が解説する。

「プリン体の含まれていない発泡酒でも、アルコール成分が曲者です。アルコールが体内で分解される際にプリン体が作られて尿酸値が上がってしまうリスクがある。“プリン体フリー”だから『どれだけ飲んでも大丈夫』と思っている人は、その考えを改めたほうがいい」

 秋津医院の秋津壽男院長は「食べ物」ばかりに目が行きがちだが、「ストレス」の影響も大きいと話す。

「精神的・身体的なストレスが影響して、血糖値、尿酸値ともに数値が上がることが確認されています。ストレスが脱水症状を引き起こし、水分が減ることで様々な物質の血中濃度が上がるからと考えられている」

◆血糖値が高いと尿酸値も上がる?

 2つは全く別の数値と思われがちだが、前出の大山理事長は「相関関係が考えられる」と話す。

「そもそも尿酸値の高い人は血糖値の上がりやすい生活習慣であるケースが多い。

 さらに血糖値が高いと、それを抑えようとインスリンが多く分泌される『高インスリン血症』という状態になりやすくなる。インスリンには尿酸の排泄を抑える働きがあるので、高血糖が尿酸値の上昇にも関係しているといえる」
2/2 ページ
◆男女差はあるの?

 尿酸値については同じものを食べても男女で違いがあるという。

「女性ホルモンが尿酸を排泄する働きをもつとされていて、女性の方が尿酸値が上がりにくい」(同前)

◆本当に怖いのは痛風じゃない

 尿酸値が高くなることによる深刻なリスクを大山理事長が指摘する。

「尿酸値が高いと血管内で炎症を起こしやすい。この炎症により血管の通り道が狭くなり、血栓ができることで動脈硬化を引き起こしてしまう。最終的には心筋梗塞などの心疾患や脳卒中のリスクが増します」

 この動脈硬化のリスク上昇は「血糖値が高い場合も血管に炎症を引き起こしやすくなる」(前出・泰江院長)ので同様だという。命にかかわる病気だけに注意したい。

◆血糖値と認知症は関係ある?

 糖尿病を発症すると、アルツハイマー型認知症のリスクも高まるという新たな研究結果が注目されている。

「オランダで糖尿病患者を調べた追跡調査によると、アルツハイマー型認知症になる確率が2~4倍高いことが分かった。そのメカニズムは完全には解明されていませんが、高血糖が脳神経にダメージを与えるのではないかといわれている」(前出・泰江院長)

◆血糖値とがんの関係は?

 血糖値が高いとがんの発症リスクが高まるという報告もある。高血糖が原因でインスリンの血中濃度が慢性的に高い「高インスリン血症」になると、それによって腫瘍が増殖すると推定されている。

「がんは糖尿病患者の死因として非常に多い。血糖値に注意することは糖尿病予防だけではなく、がんや動脈硬化、様々な合併症を防ぐためにも必要なのです」(芝浦スリーワンクリニックの板倉弘重名誉院長)

◆ほかにもある危険な発症リスク

 尿酸値が上昇すると「腎臓結石」になりやすいことにも注意したい。

「どうしても痛風ばかりを気にしがちですが、腎臓の石の大部分は尿酸でできているため尿酸値が高いと結石ができやすくなる。背中やわき腹を強烈な痛みが襲います」(前出・秋津院長)

※週刊ポスト2016年3月4日号

PastedGraphic1-2016-02-22-09-53.png

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病患者に朗報! 採血しなくても血糖値が分かる

as_20160222103845-2016-02-22-09-52.jpg
現在の指を刺して計測する方法は将来なくなるかも(写真はイメージ)

   東北大学大学院医工学研究科・工学研究科、松浦祐司教授の研究グループは、2016年2月2日、採血をせず、遠赤外線を照射するだけで、血糖値測定ができる手法の開発に成功したと発表した。

   糖尿病患者の多くは、体調管理や治療のため血糖自己測定をしているが、その方法は針で指を刺し、少量の血液を採取して測定するというもの。針の改良によって、採血時の痛みは少なくなっているものの、自分で指を刺すという行為を苦痛に感じている患者も少なくないという。

   こうした患者の負担を軽減するため、松浦教授らが注目したのが、遠赤外線を人体に照射すると、一部が血中のグルコースに吸収される現象。
   原理的には高精度の血糖値測定が可能とされていたが、遠赤外線は皮膚の表面ですべて吸収されてしまうため、この現象を利用して正確な血糖値測定をするのは困難といわれていた。

   そこで松浦教授らは、同研究室で以前から研究されていた、遠赤外線を効率よく伝送、照射できる特殊な光ファイバ「中空光ファイバ」を利用し、皮膚のような厚い角質がない、唇の内側の粘膜に遠赤外線をあてることで、血糖値を正確に測定することに成功した。

   この方法での測定値の誤差は、従来の採血による測定値の20%以内になっており、臨床でも利用できる精度が得られているという。
   遠赤外線レーザーは、小型化、低コスト化がしやすい光源とされており、今後、病院のベッドサイドでの血糖値モニタリング装置や、家庭用ヘルスケア機器として実用化を目指す。
topics
(Aging Style)

Aging Style

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

「白身魚」に「ほうれん草」 風邪を早く治すのにおすすめの食べ物


クックパッドが運営する【おいしい健康】は、健康や美容に気遣う女性・糖尿病や高血圧など生活習慣病が気になる方向けに、健康的でおいしい食事をご紹介。季節の気になる症状を、食事で内側から改善するコツをお届けします♪


風邪になったときの対処法は?

風邪(かぜ)は、正式には「風邪症候群」といって、鼻やのどの急性的な炎症の総称です。ウイルスに感染した粘膜が炎症を起こし、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、のどの痛み、咳、たん、発熱などの症状が起こります。

では、風邪かな?と思ったら、どのように対処したらいいでしょうか。安静にする、十分な睡眠をとる、病院に行く、薬を飲む等、いろいろあると思います。しかし、なるべく薬は飲みたくないという場合や、仕事や学校が忙しくて病院に行く時間がないという場合もあると思います。そんなときは、まず、食べ物から工夫してみてはいかがでしょうか

風邪に効く食べ物って?

風邪をひいたときには、抵抗力UPのための良質のたんぱく質、免疫力UPのためのビタミンC、のどや鼻の粘膜を保護するビタミンAなど、体力の消耗を補ってくれる栄養価の高い食事をとるようにしましょう。

  1. たんぱく質:白身魚、鶏のささみ、卵など
  2. ビタミンC:赤ピーマン、キウイ、いちご、はちみつなど
  3. ビタミンA:レバー、ほうれん草、春菊など

これ以外にも、殺菌効果のあるアリシンを豊富に含む長ねぎや、血行促進効果のある生姜なども、風邪のときの食事にオススメです。

風邪のときに避けたい食べ物は?

逆に、風邪のときには避けたい食べ物もあります。まずは「体を冷やすもの」。熱が出たときは、脱水症状を防ぐためにこまめな水分補給が大切ですが、冷たい飲み物は胃腸に負担をかけてしまいます。なるべく温かいものをとるようにしましょう。また、「刺激の強いもの」もNGです。熱すぎたり、辛すぎるものは胃やのどの負担になるので控えましょう。それから、「油っぽいもの」も避けましょう。特に揚げ物などは、消化に時間がかかるため体力が奪われ、胃腸にも負担がかかってしまいます。

風邪をひいた時は、これらの食べ物をなるべく避け、温かく胃腸にやさしいものを食べるようにしましょう
9ede6aeb675c21f6377d9e714977ea03-2016-02-21-10-10.jpg
保存版!風邪のときに食べたいお手軽レシピ
e6d967f1647702e2a0d8398e8008413f-2016-02-21-10-10.jpg

モロヘイヤと卵の炒め物
by kigiriさん

お手軽で、栄養価の高い一品。消化吸収の良いタンパク質や、ビタミン、ミネラルがバランスよく含まれます。
b6fdaf090dfafbb1cbd383dfe11216f8-2016-02-21-10-10.jpg

【簡単副菜】ピーマンと人参のピリ辛ナムル
by shiratoriさん

レンジで簡単!色鮮やかなナムルは、抗酸化ビタミンA、Cが豊富。また、カルシウムの吸収を高めるビタミンDもたっぷり!
485781ea953307e541974422e01a0c37-2016-02-21-10-10.jpg

ほっとする冬瓜のカニあんかけ
by yurikotさん

やわらかくトロミを利用して大変食べやすいレシピです。利尿効果でむくみをとり、豊富なビタミンCが免疫力アップに働きます。
4343cafe5d6e84f55d1428d7e68dbf9f-2016-02-21-10-10.jpg

ライブドアニュース

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com