古い油と高温での調理が心疾患リスクを高めている? 
インド、パキスタンの食習慣分析から

揚げ物や焙煎などの高温で食品を調理することが、「虚血性心疾患(冠動脈疾患)」の発症リスクを有意に高めているのではないかとする分析結果が、英エジンバラ大学とインド国立糖尿病財団の研究チームによって発表された。

虚血性心疾患は、心臓に血液を供給する冠動脈の血流が悪化し、心臓の心筋に十分な血液が供給されないために起こる疾患の総称で、狭心症や心筋梗塞、たこつぼ心筋症などが含まれる。
研究チームは、心疾患の中でも虚血性心疾患は発症率の地域差が大きく、例えば南アジアの一部(インド、パキスタン、バングラデシュなど)は、イングランドよりも60%以上高いと指摘。

従来の研究では、この発症率の差は南アジアに糖尿病患者と喫煙者が多いためだとされていたが、研究チームはこれらの要因を調整しても依然として差があることに注目し、食習慣、特に調理法の差に原因があるのではないかと推測した。
そこで、インドやパキスタンなどで一般的な揚げ物やローストする料理と、中国南部の炒め物や蒸し・煮込み料理を比較。すると、前者の料理では「トランス脂肪酸」と、たんぱく質と糖が加熱変性した老化促進物質「終末糖化産物(AGE)」が大量に含まれていることが確認された。

詳しく分析したところ、インドやパキスタンの料理で多用される「150度以上の高温で加熱する」「(揚げ物を作る際)古い油を再利用する」といった調理法が、食品に含まれる無害な成分をトランス脂肪酸やAGEに変性させてしまっていることがわかったという。
研究チームは因果関係を証明しているわけではなく、あくまで仮説としつつ、「食品だけでなく調理温度の選択、過度な高温調理を避け低温調理法を取り入れるといった行為も、心疾患リスクを下げる上で重要な要素になるのではないか」とコメントしている。
発表は、2016年7月26日、基礎栄養学分野の専門誌「Nutrition」オンライン版に掲載された。

参考論文
Urbanized South Asians’ susceptibility to coronary heart disease: The high-heat food preparation hypothesis.
DOI: 10.1016/j.nut.2016.07.006 PMID:27776951
医師・専門家が監修「Aging Style」

古い油と高温での調理が心疾患リスクを高めている? インド、パキスタンの食習慣分析から|ニフティニュース

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

夜中の間食は百害あって一利なし! 男は黙って早く寝ろ!

PastedGraphic1-2016-12-31-10-20.png

夜中に間食するのは、どれほど身体に悪いのでしょうか。どのような病気や身体の不調が待っているというのでしょうか。専門家にお話を伺ったところ、夜の間食には健康とは程遠い効果があることが分かりました。

10代男性からの相談:「夜中に間食するのは本当に悪いことなのでしょうか?」

『 私は今19歳なのですが、健康法について聞きたいことがあります。
それは夜だいたい10時以降にお菓子やファストフードを食べてしまうことは本当にいけないことなのかということです。
もちろん健康にはよくないということはわかるのですが、実際にどのように今後にそれが響いてくるのでしょうか。例えば糖尿病だったり、そのような深刻な問題に直接繋がってしまうのでしょうか。
今は時々、深夜でも一日中起きていたりすることはあるのですが、これが次の日に影響するということがないので心配したことはなかったのですがやはりやめたほうがいいのでしょうか。 』

似た質問もチェックしてみましょう
>>間食の習慣は糖尿病のリスク大?!

知らず知らずのうちに忍び寄る糖尿病の魔の手

糖尿病に年齢は関係ありません。日々の積み重ねが重大な疾患に繋がります。専門家による糖尿病へ向かうメカニズムについてご紹介します。

『 年齢が若いので、ファーストフードが悪いものと言われても、あまり何も感じなければ問題だとは思わないですよね。ですが、そういう自覚症状が無く忍び寄ってくる一番怖い病気が糖尿病です。(看護師) 』

『 お菓子はほとんどが油分と糖分でできています。クッキー3枚にどれだけのバターが入っているか知っていますか? パン6枚はどっぷり塗れるほどのバターが入っています。糖分もクッキーやお菓子にはかなりの量が入っています。ポテトチップスやポテトフライは油分やカロリー、炭水化物を多く含んでおり、ポテトSサイズでご飯茶碗1杯分よりも多い計算になります。(看護師) 』

『 普通、人は夜中に食べないので、夕食分の糖分は体の中で分解されて少しずつ血糖値は朝までに落ち着いてきます。夜中にお菓子などを食べることで、体の中の血糖値は上昇した状態が続き、必要な栄養や血流が脳に行き渡らなくなります。結果的にいくはずの栄養が少なく、空腹と勘違いした脳は、間違った指令を起すことで、血糖値が高いままにも関わらずに空腹を感じてしまうのです。(看護師) 』

『 糖尿病に自覚症状がないので、気づいた時には高血糖の状態になっているのです。これが、糖尿病です。糖尿病は若い人でも最近では多く、早めの治療をしないと合併症を起こす危険もあります。(看護師) 』

まだまだある夜中の間食が引き起こす健康被害

夜中の間食が引き起こす健康被害については枚挙に暇がありません。身体に蓄積されるダメージは普段気づくことはできないでしょう。

『 夜中に食べたものは全部肥満の原因になります。それだけではなく、人間の体は夜は次の日に備えて準備するようにできています。眠っている間に胃や腸の掃除をして、内臓を休ませます。夜中に間食をしていると掃除ができずに、胃や腸にいつも食べ物が入っている状態になり消化不良になります。(看護師) 』

『 夜中に間食することで、朝を食べないことが多くなり、昼に多く食べてしまうので夜遅く食べてしまい悪循環になります。このサイクルは体内時計が狂ってしまうので、自律神経が乱れてしまい、不眠症、アレルギーの悪化、肌荒れ、腸内環境の乱れなど引き起こします。(看護師) 』

『 虫歯の原因にもなります。悪影影響しかないので辞めた方がいいといえます。(看護師) 』

『 糖尿病だけでなく、お菓子などは塩分や油分も多く含み、野菜が不足がちになることから、高血圧や高脂血症になることもあります。(看護師) 』

『 次の日に影響がなくても体の中では十分に影響している可能性はありますので、数年後も健康であることを願うのであれば、やめた方がいいでしょう。(看護師) 』

とりあえず、早く寝ろ

夜中の間食をやめ、紹介したような健康被害を回避するには、寝るしかありません。

『 ストレスが原因で止められない時もあります。口が寂しくて食べてしまうときはガムや歯磨きで気を紛らわせましょう。(看護師) 』

『 お腹が空くという時は、消化が良くてカロリーが低いものを少し摂るようにしてください。(看護師) 』

『 一番のおすすめは早く寝ることです。そうするとお腹が空いて朝食も食べられるようになります。(看護師) 』

後悔先に立たずといいます。誰しも若い頃は健康について考えないものです。そして、大人になって数値とにらめっこするハメになるのです。健康がすべてではありませんし、日々の生活がどのように身体に現れてくるかは個人差がありますが、身体は資本だともいいます。将来が不安になっているのであれば、今のうちに節制できるものは節制しておきましょう。

PastedGraphic-2016-12-31-10-20.png

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

一生美しく楽しく呑めるために 老けないためのお酒との付き合い方

1年のうちで最も酒量が増える季節といえば、やはり冬ではないでしょうか。特に12月と1月は忘年会や新年会など宴会の予定が多く、お正月休みはついつい昼間からお酒に手が伸びるという人も多いかもしれませんね。

そんな季節性を考慮して、今回は老けないためのお酒との付き合い方についてお話ししたいと思います。

ニキビ、肌荒れ、シミ、シワはお酒が原因?

古くからお酒を適度に飲むことは健康によいとされ、毎日適量飲酒する人は、全く飲酒しない人や時々飲酒する人と比べて心筋梗塞などの冠動脈疾患による死亡率が低い傾向にあるというデータもあります。また、お酒にはストレスを解消する効果や食欲を促進させる効果など嬉しい効果も指摘されています。

しかし、その一方で大量の飲酒を続けていると、脂肪肝、肝硬変などの肝臓の病気の原因になるほか、糖尿病や高血圧、動脈硬化症、心臓疾患、脳血管障害、がんなどをまねくことが知られています。そして、アルコール依存症になる危険性も……。

このあたりは皆さんご存知ですよね。
では、アルコールが肌に与える影響について。
肝臓がアルコールの処理で疲弊してしまうと、肝臓が持つ解毒機能が落ちてニキビなどの肌荒れの原因になることも。また、肝臓の機能が落ちるとメラニン色素が増殖・停滞しやすくなるのでシミをまねくことにつながります。
加えてアルコール処理の際には体内の水分が必になります。お酒を飲み過ぎると脱水気味になり、肌の乾燥につながります。注意しましょう。
老けないためのお酒との上手な付き合い方とは
とはいえ、上手に付き合えばお酒は必ずしも「悪」ではありません。まずは、適量を守ることが大切です。厚生労働省が推進する国民健康づくり運動「健康日本21」によると、「節度ある適度な飲酒」は1日平均純アルコールにして約20グラム。これは、アルコール度数5度のビールであれば約500ミリリットル、アルコール度数14度のワインであれば約180ミリリットル、アルコール度数25度の焼酎であれば約110ミリリットル、アルコール度数43度のウイスキーであれば約60ミリリットルといわれています。

ただし、ご高齢の人や女性、アルコールに弱い人はこれよりも少ない量を適量と見た方がよいようです。ひとつの目安にしてください。
また、休肝日をつくることも健康にお酒を楽しむ上で大切なポイントになります。週に2回程度お酒を飲まない日をつくることが大事です。

飲むならアンチエイジング効果のある○○○がおすすめ

お酒を飲むなら健康や美容に嬉しい効果のあるものを飲むのが◎。そういう意味でおすすめなのは、赤ワインと日本酒です。

赤ワインには抗酸化作用の高いポリフェノールが豊富に含まれていて生活習慣病を予防する効果のほか、細胞を若々しく保つ効果や血流をよくする効果、肌を引き締める効果、更年期障害を軽くする効果などがあるといわれています。そして、身体を温める効果もあります。

日本酒の原料に含まれるコウジ酸にはメラニンの生成を抑える効果があり、シミを抑制する効果が期待できます。そのため日本酒には美白効果があるほか、保湿効果や血行を促進させる効果、抗酸化作用もあるといわれています。そして、身体を温める効果もあるので赤ワイン同様今の季節にはピッタリです。

お正月のニュース – 一生美しく楽しく呑めるために 老けないためのお酒との付き合い方 – 最新ボディケアニュース一覧 – 楽天WOMAN

PastedGraphic3-2016-12-29-10-23.png

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病患者に朗報!手軽に摂取したインスリンが記録できるデバイス「Insulog」が登場
2016.12.28


世界で約4億人にも上るという糖尿病人口。この病気の治療を続けている人は通常、毎日数度のインスリン注射が欠かせない。糖尿病に悩む人々に良さそうなディバイスが登場した。
Insulog1-2016-12-28-12-41.jpg
・インスリンの記録デバイス「Insulog」
糖尿病患者は、注入したインスリンの量、時間、血糖値なども逐一記録しておく必要がある。これは実に悩ましい問題であり、記録ミスなどちょっとした間違いが致命的な結果をもたらしかねない。
現在開発中のデバイス「Insulog」は、そうした煩わしい記録を自動的に行ってくれるという優れもの。使い捨てのインスリンペンにはめ込むことで、過去のデータが表示される。また、iOSとAndroid双方のスマホアプリとも連携しており、情報の記録・保存にも便利だ。
・イスラエルのスタートアップが開発
Insulog2-2016-12-28-12-41.jpg
イスラエルに本拠を置くInsulogのCEO、Menash Michael自身も30年来の糖尿病患者だ。インスリンの摂取量には最大限の注意を払っていたにもかかわらず、あるとき誤って通常の倍量を摂取してしまい危機的な状況に陥った経験から、同社の設立を決意した。
このデバイスは、いつどれだけの量の注射を行ったかをセンサーが検知する。Bluetoothを通して自動的にデータがアプリへアップロードされ、ユーザーは関連データを取得することができる。充電はマイクロUSBを介して2時間足らず、バッテリー寿命は5~6日とのこと。まさに、Menash自身が最も必要としているデバイスといえる。
・クラウドファンディング実施中!
現在、INDIEGOGOにてクラウドファンディング実施中。目標金額は4万ドル(約470万円)だ。これまで逐一手作業で記録しておくしかなかった煩わしい作業を自動でやってくれる。糖尿病患者には実にありがたいデバイスである。
販売予定価格は199ドル(約2万3000円)だが、今支援を行えば109ドル(約1万3000円)で入手可能となる。発送は来年7月以降の見込みだ。
Insulog3-2016-12-28-12-41.jpg

ガジェット通信

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

「薬を減らせ」というのは簡単だが、どうやめるかこそ問題

 75歳以上の高齢者の約3割近くの人が10種類以上の薬を服用しているという。『週刊現代』は薬をやめる上で〈まずは10種類の薬を3種類に減らす〉と題する記事を掲載した。たしかに薬は少なければ少ないほど良いように思えるが、果たして真実はどうか。
『誰も教えてくれなかったくすりの始め方・やめ方―ガイドラインと文献と臨床知に学ぶ―』の著者で、北品川藤クリニック院長の石原藤樹氏はこう指摘する。

「薬のやめ方に関しては“イチかゼロか”ではありません。実際に薬をやめるためには、『分量』と『期間』という重要な2つの視点から検討する必要がある」

 つまり、一概にはいえず、「ケースバイケース」といったところだろう。とはいっても、中には「分量」を気にしなくていい薬もある。

「代表的なコレステロール降下剤のスタチンの場合、急にやめても心血管疾患のリスクが高くなるというデータはありません。そのため、『量を減らす』というステップを踏まずにいきなり、服用を中止しても問題ないでしょう」(同前)
 だが、そのスタチンは服用の「期間」が重要になる。病気や薬の種類によっては、「ある程度の期間、飲み続けないと効果がない薬がある」(同前)からだ。
「スタチンは5年以上服用を続けた場合、中止してから20年間にわたって心筋梗塞など心血管疾患のリスクを、2割以上低下させるというデータがあります。

 そもそもこの薬はコレステロールを下げるためではなく、心血管疾患予防のために服用する。そのため、既に服用している人が“1年で正常値になったからやめる”では何の意味もないんです。5年以上服用して初めて、中止を検討する段階になる。

 しかもこれは、既往歴のない人に限った話です。心疾患の病気になったことがある人は、再発の危険があるため10年間は使用し続ける必要があるでしょう」(同前)
 また、やめやすいか、やめにくいかは「年齢」によって異なるケースもある。
「糖尿病薬は網膜症や腎症などの合併症予防のため、飲み続けることが原則ですが、75歳以上の場合は服用を続けると低血糖で昏睡などに陥るリスクが増加します。そのため、特に重症低血糖を引き起こしやすいアマリールなどの『SU剤』(※注)の服用者は中止を検討しても良い。

 逆に降圧剤は75歳以上の場合、リバウンドが起きやすい。既に動脈硬化が進行して脳卒中や心筋梗塞のリスクが高いと考えられるため、服用を突然やめることは避けた方が良いでしょう。あくまでも『量を減らしながら段階的に』が原則です」(同前)
【※注/糖尿病薬。インスリンを合成するすい臓のβ細胞に働きかけ、インスリン分泌を促進させる】

 このように「薬を減らせ」というのは簡単だが、「どうやめるか」が問題で、病気や薬ごとに、やめ方は違うのである。

※週刊ポスト2017年1月1・6日号

medicine_image1-2016-12-27-12-50.jpg

origin_postseven-2016-12-27-12-50.png

ガジェット通信

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

年末年始 太らないこつ キーワードは野菜、水、小皿、腹筋

PK2016122702100095_size0-2016-12-27-12-46.jpg

 忘年会や新年会など宴会続きで、お正月にはおせち料理をパクパク-。ごちそうを食べる機会の多い年末年始は、気付かないうちに太ってしまいがちなもの。家族や友人とのだんらんを楽しみながら、健康的に過ごすためのキーワードは、「まず野菜」「アルコールには水」「重箱から小皿に」「テレビを見ながら腹筋」の四つだ。 (河野紀子)

 「この時季は宴会が多く、正月料理はカロリーが高め。寒いので家から出ずに運動不足になる。この三重苦にはまると、太るのは当たり前です」

 「糖尿病・甲状腺いしやま内科クリニック」(愛知県日進市)院長の石山雅美さん(52)はずばりと言う。日本糖尿病学会専門医で、日頃は糖尿病患者に食事指導を行っている。

 まずは宴会対策から。宴会で出される料理は大皿が多く、ちょこちょこつまむうちについ食べすぎてしまうことが多い。から揚げや天ぷらなど、高カロリーの揚げ物も盛りだくさんだ。

 石山さんが勧めるのは、最初にサラダから食べること。空腹感をまず満たして一気に食べすぎるリスクを減らす。野菜の食物繊維は、糖質と油分の吸収を抑えてくれる効果もある。

 宴会に付きものなのが、アルコールだ。一日の適正量は二十グラム程度で、例えばビールなら五百ミリリットル(ビールジョッキ一杯)、日本酒は一合、焼酎は半合、ウイスキーはシングル二杯程度。だが、仲間との楽しい会話や雰囲気につられて、飲みすぎてしまう。アルコール対策はちょっとハードルが高めだ。

 石山さんが勧めるのは、テーブルに水も用意しておいて、酒を一杯飲んだら水を一杯のペースで、アルコールと同量の水を飲むこと。喉の渇きを潤し、アルコールを分解する際に必要な水分を補うこともできるという。

 糖質の少ない焼酎なら大丈夫と思っている人もいるが、「たくさん飲めば同じこと。お酒は食欲を増進させるので、食べすぎの原因にもなる」。

◆おせち、カロリー要注意

 おせち料理は長期間保存するために、砂糖や塩分が多く使われている。カロリーも高く、黒豆や栗の甘露煮、だて巻きなどは、市販の一袋で二百キロカロリーを超える。

 「食べすぎないように、重箱のおせちは一人分を小皿に取り分けて量を把握して」
 さらに、お雑煮やお汁粉で食べる餅は、一般的な市販の切り餅二個で、ご飯一膳分にもなる。宴会と同じように、先に野菜を食べるのが有効だ。

 最後に注意すべきなのは運動不足。こたつに入って「食っちゃ寝」はいいものだが、体重計に乗ったら飛び上がってしまうことになりかねない。この時季は寒くて外に出るのが面倒でもあり、「寝正月」が生活リズムを崩してしまう。
 防止するためには「一日一回は外出を」。コンビニに歩いて買い物に行くだけでもいい。さらに余裕があれば、歯磨きをするときにスクワットをしたり、テレビを見ながら腹筋したり。日常の動作に軽い運動を取り入れると、無理がなく長続きしやすいという。

 石山さんは「太る理由をきちんと理解することが大切。年末年始は家族や友人など大切な人に会う機会。少し気を付けるだけで、楽しみながら健康的に過ごすことができる」と呼び掛けている。

PastedGraphic3-2016-12-27-12-46.png

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

どんな酒でもたくさん飲めば悪さをする
可能なことから実践したい「節酒法」
 この欄の担当編集者から「宴会シーズンなので『お酒の飲み方』というテーマなんて、どうでしょうか?」というアドバイスをちょうだいした。このテーマは、いつかは書かないといけないとは思っていたのだが、「最も書きたくないテーマ」である。とりわけ、現在は疾病を持っていない「健康人」に対しては、きわめて無意味な(こちらからすると「むなしい」)アドバイスになる可能性が高いからだ。
 基本的に、私たちの健康にとって飲酒は好ましい習慣とはいえない。にもかかわらず人は(私たちは)なぜお酒を飲むのだろうか? その理由なら10でも20でもあげることができるが、一言でいえば「解放されたい」からではないだろうか。ふだん私たちは、社会的、家庭的、心理的、肉体的等々、様々な制約の中で生活している。お酒を飲むと、そういうことから(一時的に)解放されて楽しくなる。
 平たくいえば「ヤなこと」を忘れるために飲む、という一面がある。その「ヤなこと」の中には「健康に気をつけて飲食する」ということも含まれているだろうと推測する。なので、「健康にいいお酒の飲み方」というのは、そもそも矛盾する概念なのではないか・・・・。
 ということで気が進まないのだが(笑)、ほぼ毎回ここに書いてあるように、もし「少しでもお酒の飲み方を改善したい」というビジネスパーソンがいたら、以下に書かれているものの中から「実行できそうなこと」を1つでも2つでも試してみてほしい。将来のあなたの健康に貢献するはずだから・・・・。
img_fb235a2dbf4590481ecb760db966665b185976-2016-12-26-12-52.jpg
iStock
「いい酒」と「悪い酒」があるわけではない
 最初に、飲酒習慣の健康への悪影響は摂取する「純アルコール量」による。その量は人によって異なるのだが、基本的に濃い酒(ウイスキーのストレート等)なら少量でも悪影響が出るし、薄い酒(ビールなど)なら多少は飲んでも影響が少ない。

PastedGraphic6-2016-12-26-12-52.png

どんな酒でもたくさん飲めば悪さをする 可能なことから実践したい「節酒法」 WEDGE Infinity(ウェッジ)

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病薬、痛風薬は本当に飲み続けてはいけないのか?


 糖尿病、高コレステロール、脳梗塞、痛風。これらの生活習慣病にかかわる薬を「飲み続けてはいけない」と過去に報じた『週刊現代』の主要な論拠は、薬の「副作用」が患者に重大な影響を及ぼすため、服用を止めるべきだというもの。
 こうした報道を受け、本誌も医師・薬剤師に見解を聞いた。五本木クリニックの桑満おさむ院長は、「薬に副作用があるのは当たり前。どれも処方にあたって医師が注意するものが多く、患者の判断で薬を止めるのは危険です」と主張する。具体的に見ていこう。

■糖尿病

 糖尿病薬で代表的なのが、ジャヌビア、エクアなどの「DPP-4阻害薬」だ。
 これらの薬に対して『週刊現代』は、副作用として、血糖値を正常な範囲より「下げすぎる」と指摘。その結果、神経細胞に障害が発生して認知機能を低下させると警告した。だが、専門家はこの説に否定的だ。
「今は家庭内に簡単に血糖値を測定するキットがあり、患者が自分でリスクを感知できます。むしろ低血糖を怖れるあまり服用をやめ、高血糖状態が続くほうがリスクが大きい」(桑満氏)
■痛風
 痛風治療薬であるザイロリックについては、腎機能の低下している高齢者は薬が排泄されないことがあるため要注意としている。この指摘についてはどうか。
「ザイロリックは体内で作られる尿酸の量を減らす薬です。そもそも尿酸値の高さを判定するには血液検査が必要であり、その際に腎機能が正常かどうかわかります。腎機能に異常があるのにザイロリックが処方されたとすれば、薬ではなく医師の問題です。ただ、今はフェブリクという副作用の少ない薬を処方するケースが多い」(桑満氏)
 桑満院長が指摘する通り、薬には必ず副作用がつきまとう。大事なのはリスクとベネフィット(利益)を天秤にかけて、判断すること。「飲み続けてはいけない」と盲信するのは危険だ。
※週刊ポスト2017年1月1・6日号
medicine_image2-2016-12-25-12-44.jpg

origin_postseven-2016-12-25-12-44.png

ガジェット通信

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病だとインプラント治療ができない? 一体どういうこと?
google_ad_section_start(name=s1) インプラント治療は糖尿病の場合受けられないことがあります。今回の相談者さんは、糖尿病でありながらインプラント治療を受けたいと希望しています。糖尿病でもインプラント治療は受けられるのでしょうか。専門家に意見を伺う中で、糖尿病と歯周病の関係についても知ることができました。

30代男性からの相談:「糖尿病治療中にインプラント治療を受けることはできますか?」

『 私は虫歯や抜けた歯が多いです。そして、糖尿病患者でもあります。
私はインスリンを注射するまでには至っていませんが、糖尿病の薬を毎食後と朝、夕に服用しております。現在は歯医者に通院しておりますが、歯の治療で出血の可能性がある時は、歯科医が糖尿病内科医に事前に連絡をして、歯の治療前に血圧を測定して、糖尿病内科医の許可が出てから歯の治療をするという状態です。
私はこんな状態なのですが、歯のインプラントの治療をすることはできるでしょうか? 前歯が全て抜けている状態で、金歯は見た目に良くないので、どうしてもインプラントによる歯の治療を望んでいます。
私でもインプラントの治療ができるかどうか教えてください。 』

似た質問もチェックしてみましょう
>>糖尿病は遺伝する! 子供を守るためにできることとは

糖尿病のコントロールができていなければ、インプラント治療はできない

専門家によれば、糖尿病であるかどうかではなく糖尿病をコントロールできているか否かがインプラント治療の可否を決めるといいます。

『 糖尿病の治療中にインプラント治療を受けることは、不可能ではありません。しかし、糖尿病のコントロールが上手くいっていない段階では、外科手術を伴うインプラント手術は行われないことが一般的です。(歯科衛生士) 』

『 糖尿病のコントロール状況はどのような状態でしょうか? 日本歯科医学会の「歯科インプラント治療指針」には、通常の待機手術(病状の経過中、手術に適した状態まで待てるような手術)の基準は他臓器の合併症がコントロールされた上で、HbA1c:6.9%以下(NGSP)、空腹時血糖値140mg/dL以下、尿ケトン体(?)であると記載されています。(歯科医) 』

『 相談者さんの場合、歯の治療で出血の可能性がある場合には糖尿病内科医の許可を求めているとのことなので、糖尿病のコントロールがまだ上手くいっていない状態なのではとお察しします。そのため、前歯にすぐにインプラント治療を行うことは難しいと考えられます。(歯科衛生士) 』

糖尿病と歯周病の密接な関係

糖尿病と歯周病には深い相関関係があるといいます。一体どういうことなのでしょうか。

『 糖尿病に罹患されている方は、大抵が歯周病にも罹患しています。そして、糖尿病と歯周病は深い関係にあり、お互いがお互いに影響を与えます。近年では、歯周病を改善させることが糖尿病を改善させることに直接繋がるということが分かってきました。(歯科衛生士) 』

『 歯科に通院中ということであれば、前歯は取り急ぎ入れ歯などで対応し、見た目のカバーをして、まずは歯周病の治療をしっかりと行い、同時に糖尿病のコントロールをきちんと行い、血糖値を下げることに力を入れてみてはいかがでしょうか。(歯科衛生士) 』

糖尿病でもコンディションを整えればインプラント治療は可能

糖尿病でのインプラント治療の可否は医師によっても基準が異なる場合があるようです。しっかりとコンディションを整えることで、インプラント治療を受けることもできるとのことですので、諦めずにいましょう。

『 一般にインプラント手術の可否判断はそれに準じて行なわれていますが、口腔内は体の中で最も細菌感染のリスクの高い部位の1つであるということを加味して、さらに厳しい基準で判断する歯科医師もいます。(歯科医) 』

『 現在前歯が全て抜けている状態だということですが、全て保険内で治療したとしても、最終的に前歯部分が金属になるということはないですよ。(歯科医) 』

『 糖尿病患者であっても、インプラントは不可能ではありませんので、あきらめず、インプラント治療を行えるコンディションを整えていって頂きたいと思います。(歯科衛生士) 』

結論からいえば、糖尿病でもインプラント治療は受けられます。しかし、重要なのは糖尿病をコントロールできているかどうかということ。しっかりと糖尿病治療を続け、生活習慣を規則正しいものにし、病気をコントロールしましょう。

PastedGraphic1-2016-12-24-12-43.png

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

予防のつもりが…!
逆に「糖尿病リスクがアップする」ダイエット方法

Wooris_231352_f820_1-2016-12-24-12-42.jpg

厚生労働省が行っている『平成26年 国民健康・栄養調査結果の概要』のデータによると、男性15.5%、女性9.8%に糖尿病の疑いがあることがわかり、糖尿病の患者数は過去最高となってしまいました。
糖尿病は50代から増えはじめ、歳を重ねれば重ねるほど身近になる病気。というのも、糖尿病になる原因は偏った食事のみならず、加齢も大きく関与しているからです。だからこそ若いうちから日々の食事に気をつけたり、ダイエットをしたりする人もいますよね。
ダイエットというと、運動で脂肪を燃焼させるか、食事制限でカロリーを抑えるか、どちらかが思い浮かぶはず。しかし、どちらか一方だけのダイエットを行っていたら、逆に病気リスクがUPしてしまうのです。
今回は管理栄養士の筆者が、誤ったダイエット方法によって、若くして糖尿病リスクを高めてしまう危険性についてご紹介いたします。

■若年層で増加中! 筋肉量が減ることで起こるリスク
糖尿病=食事の不摂生、食べ過ぎ、というイメージがありますが、実は筋肉量が少ないことでも糖尿病リスクが高まります。
大阪医科大学の研究では、筋肉量が減少するほど、糖尿病(2型)の発症リスクが高まったという報告があります。その理由として、筋肉量が減るとブドウ糖をエネルギーに変えるインスリンの分泌が悪くなり、血糖値が高い状態が続いてしまって糖尿病になりやすくなるのです。
特に最近は、IT環境の発達から外での活動が減り、若者の筋肉の衰えが懸念されています。そして日本人は欧米人に比べてインスリンの分泌機能が低いこともあり、糖尿病になりやすい人が増えてきています。
食事制限メインのダイエットは特に筋肉量が減りやすいので、食事と運動を組み合わせたダイエットが大事であることがわかります。

■“糖尿病”リスクが高まるこの時期…
本来冬は基礎代謝が1年の中で一番高い季節なので、夏に運動するよりも今の時期に運動する方が効率的に脂肪を燃焼することができます。だからダイエットには今の時期が一番オススメです。
しかし、“冬太り”という言葉があるくらい、この時期は体重が増加する人が多くいます。というのも、寒さから食欲が増すのにも関わらず、寒さで外に出る機会が減り、普段の活動量がぐんっと減ってしまうからです。
さらに、クリスマス会、忘年会、新年会と宴会続きで暴飲暴食しやすく、この時期は糖尿病リスクが上がる要因もたっぷりです。

■筋肉を減らさない食事って?
だからこそ、日々の生活で体を引き締めたいですよね。しかし、野菜や海藻だけのヘルシー料理だけではNG。
脂肪を減らしても筋肉を減らさないように、食事では豆腐、納豆、卵、鶏肉などの良質なタンパク質を積極的に摂ることが大切です。
特に動物性タンパク質は筋肉の材料になるので、意識して食べたい食品。そして、運動の直後30分以内にタンパク質を摂ると、肥満予防に加えて筋肉もつきやすくなることがわかっています。
きのこ類や魚類に多いビタミンDも筋力増加の働きがあります。また、紫外線を浴びることでビタミンDは体内で作られます。
なので、寒くても家に閉じこもらずに、天気の良い日はウォーキングやラジオ体操などの適度な運動を取り入れたり、外出をして体を動かすようにしたいものです。それでもどうしても寒くて外出を控えたいときには、自宅でストレッチをするのもいいですね。

以上、いかがでしたか? 今回は食事以外が及ぼす糖尿病リスクについてご紹介いたしました。
ダイエットをするのであれば今の時期はオススメですが、食事制限だけでなく、体を動かすことで筋肉減少を避けたいですよね。
年末年始は大掃除や年賀状準備など家での仕事も多くありますが、時には外出をしてこまめに体を動かすようにしてください。
(ライター  望月理恵子

PastedGraphic-2016-12-24-12-42.png

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

ロースかつ、一口ひれかつ、野菜巻きかつ、一番糖質が少ないのは?
血糖値を上げない食べ方の工夫

 日本には、糖尿病の疑いのある人が約900万人、予備軍も合わせると2500万人以上もいると言われているが、きちんと治療を受けている人は、たった30%と低い。低い理由の一つが、厳しすぎる食事制限に挫折することにある。挫折が後を絶たないことから、我慢が苦手なズボラな人に向けてまとめられたのが、『ズボラでも脱糖尿病 血糖値 上がらないのはどっち?』(アスコム刊)である。

 本書は、料理ごとに血糖値を細かく比較したもの。長年にわたり糖尿病治療に携わってきた医師が管理栄養士と組み、料理ごとの血糖値の目安を示しただけでなく、糖質をカットするコツや血糖値を上げない食べ方もアドバイスする。主食やおかずになるものはもちろんのこと、酒のつまみ、おやつ、コンビニ商品も収録。外食する機会の多い人は常に携帯しておきたい一冊である。

■ご飯もの、麺類は野菜を多く摂る

 日本人の主食である米。例えば、ソースかつ丼、牛丼、天丼であれば、一番糖質が少ないのはソースかつ丼。また、かつカレー、キーマカレー、チキンカレー、ビーフカレーで一番糖質が少ないのは、かつカレーになる。カレーは油脂の多いルーと炭水化物の多いご飯の組み合わせのため、血糖値を上がりやすいが、かつカレーはこの中でも糖質が低いだけでなく、かつが塊肉のため噛む回数が増えて、早食いを防止するため、血糖値の上昇をゆるやかにする。

外でご飯ものを食べる場合、次のことを心がければ糖質はカットできるという。外食でのごはんものでは、丼やラーメンライスなどのW炭水化物、いなりずしのような甘い味つけはタブー。丼には野菜を追加すること。刻みねぎやオクラ、白菜キムチなどがトッピングできるお店では、迷わずのせましょう。また、サイドメニューのグリーンサラダや浅漬け、味噌汁、お浸しなどで、栄養バランスを整えましょう。一番最初に、野菜をしっかりと噛んで食べるようにします。(PART1・25ページ)

 とくに男性は、丼ものだけで食事を済ませてしまったり、ラーメンライスが好きな人が多いだろう。意識して野菜を追加するなり、炭水化物の過剰な摂取を控えることが、糖質を抑える重要なコツになる。主食といえば、麺類も外せない。まず、そばとうどんで比較した場合、糖質は食物繊維が豊富なそばの方が低い。そばとうどんで迷ったら、迷わずそばをチョイスしよう。ラーメンを食べたい場合は、醤油ラーメンか塩ラーメンを選ぶといい。麺類で糖質をカットする技としては、次のようなものが紹介されている。

 気をつけたいのは、もりそば、やまかけそば、かけうどんなど、糖質が高い炭水化物だけのメニューを選んでしまうことです。糖質の少ない具ができるだけたくさん入ったものを選んでください。(中略)具が加わると食感が出てくるので、しっかりと噛む必要があり、食べ方もゆっくりに。また、食物繊維は、血糖値の上昇をゆるやかにします。

ただし、天ぷらや甘く煮たにしん、油揚げはあまりおすすめできません。(Part1・34-35ページ)

 ラーメンを注文するときは、野菜がたっぷりのタンメンやもやしそば、ねぎラーメンがおすすめ。野菜をプラスしたからといって、けっして糖質が減るわけではありません。でも野菜で食物繊維をしっかり摂ることで、具がほとんどないラーメンを食べるよりも、糖の吸収が早くなります。(PART1・40ページ)

 麺類に使われている小麦粉は、米に比べて糖質の吸収が早い。麺類を食べるときは、糖質の量を抑えるのと同時に、吸収スピードをゆるやかにすることに注意が必要。ご飯ものと同様、野菜を多く摂り、糖の吸収をゆるやかにすることを意識する。結局のところ、ご飯ものも麺類も野菜を多く摂り、バランスの良い食事を心がけることが大事だということだ。

Dime_327465_1-2016-12-23-12-48.jpg

■揚げものは、油の質、衣の厚さ、甘い味つけに注意

 主食とくれば、次はおかず。まず、食べる機会が多い揚げものは、どうだろうか? 例えば、とんかつの場合、ロースかつと一口ひれかつ、野菜巻きかつで一番糖質が少ないのは、ロースかつである。ロースかつは一枚肉のため、断面の多い一口ひれかつや野菜巻きかつに比べて衣の量を減らせ、糖質を抑えることができる。

揚げものの糖質をカットするための注意点やコツは、次のように紹介されている。気をつけたいのは、揚げ油の質と衣の厚さ、そして甘い味つけになっていないことだ。

 使い込んだ油は、粘性を増すため、揚げものの吸油率をあげて、脂質も増加します。(中略)外食で食べる揚げものは、衣が厚いものや酸化した油が多いのが難点。衣が薄く、糖質も脂質も少ないものを探すのが、賢い方法です。素材はかたまりのものを。天ぷらであれば天つゆ、唐揚げあれば甘酢あんやケチャップなどを合わせると、糖質が増加します。揚げものは、糖質も脂質も増加します。食べるなら新鮮な植物油で揚げた衣の薄いものにし、衣を残すことも考えましょう。(PART2・66-67ページ)

 揚げものは、酒のつまみの定番でもある。居酒屋で揚げもの定番といえば唐揚とフライドポテトだが、この両者だったら唐揚の方が糖質が少ない。糖質の多いじゃがいもよりもタンパク質の多い鶏肉の方が、血糖値の上昇をゆるやかにする。ただし、唐揚も衣で糖質がつき、油でカロリーが上がるので、オススメはできない。どうしても食べたい場合は、衣が薄く、かたまり肉を揚げたものを選ぼう。

 酒のつまみといえば、焼き鳥を無視できない。注文するとき、味つけを塩かタレのどちらにするかで迷うことがあるが、糖質を抑えるのであれば迷わず塩を選びたい。タレに使われている砂糖やみりんは二糖類。半分に分解されて単糖となり、すぐ吸収される。

炭水化物よりもずっと糖の吸収が早いので、注意が必要だ。

■甘いものは、食べるタイミングを考えて!

 砂糖は糖の吸収が早いとなれば、おやつ類が気になるだろう。洋菓子と和菓子だったら、オススメなのは和菓子。和菓子は洋菓子よりカロリー、脂質、糖質が低い。それに、和菓子に使われるあんこは、カリウムなどのミネラルや食物繊維も摂取できるほか、食物繊維によって糖の吸収がゆるやかになる。

 そうはいっても、ケーキが食べたいときもあるだろう。そういうときは、チーズケーキをチョイスすればいい。ケーキは高カロリー、高糖質、高資質だが、チーズケーキはチーズを多く含む分、ショートケーキやチョコケーキと比べると糖質が少し低い。おやつで糖質をカットするには、洋菓子より和菓子をチョイスするほかにも、食べる時間も重要。その理由は、次の通りだ。
 甘いものは、食べるタイミングを考えて! エネルギーとしてその日のうちに消費できるよう、午後3時ぐらいまでに食べるのがベストです。夜食べるならちょっと我慢をして、朝に変更してみては。1日の始まりの朝なら、糖も消費しやすくなります。(PART5・151ページ)

 糖尿病により食事制限をしなければならない人は、思うように食べられずフラストレーションが溜まる日々を送っているはず。そうならないためには、早めに食生活を見直し予防に努めたいもの。本書は、食生活の見直すきっかけをつくってくれる。

■関連情報

Dime_327465_2-2016-12-23-12-48.jpg

『ズボラでも脱糖尿病 血糖値 上がらないのはどっち?』
アスコム刊/板倉弘重、浅野まみこ
1200円+税
文/大沢裕司

PastedGraphic4-2016-12-23-12-48.pngPastedGraphic5-2016-12-23-12-48.png

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

「糖尿病予備軍」にならないために実践すべきこと

Dime_326117_1-2016-12-20-12-45.jpg

 生活習慣病の中でも、糖尿病は目立って恐ろしいようには見えないものの、発症するまで気づきにくいことや、合併症を起こすリスクがあるため、多くの人々がその予防と治療に励んでいる。「自分は関係ない」と思うあなたも、ひそかに糖尿病が進行している可能性がある。そこで、「糖尿病予備軍」のチェック方法や、糖尿病の大元の原因といわれる「食べ過ぎ」防止ポイントを見ていこう。

■あなたも“糖尿病予備軍”かも?

 糖尿病とは、血糖値が高くなる病気で、通常の上限140よりも高い状態「高血糖」が続く病気だ。高血糖はよほど高い数値でない限り、命の危険にまでは及ばないといわれているが、失明することもある糖尿病網膜症や、しびれが続く糖尿病神経障害、透析を週に約3回も受けなくては生存できない糖尿病腎症などの合併症は恐ろしいものである。厚生労働省の「平成25年国民健康・栄養調査」の結果によれば、糖尿病が強く疑われる人たちは男性16.2%、女性9.2%であり、50代以降に増えることが分かった。

 空腹時血糖値やブドウ糖負荷試験による値が、正常より高く、糖尿病と診断するにはまだ低い場合、「糖尿病予備軍」と呼ばれる。なぜ予備軍が取り上げられるのかといえば、糖尿病にかかっても、初期には症状がほとんどないからだ。進行してはじめて、のどが渇く、疲れやすい、多尿、食欲増進などの状態が現れてくるという。そしてこれがさらに進行すると、先に紹介した合併症が起きてくる。よって、深刻な糖尿病を避けるためには、症状がなくとも、「血糖値が正常より少し高い」、という段階ですぐに改善すべきなのだ。

■糖尿病の原因とは?

 あなたは今年受けた健診結果を見て、ちょっと血糖値が気になり、「予備軍」に心当たりがありはしないだろうか? また、親族に糖尿病の人がいたり、食べてもすぐお腹がすいてしまったり、よく食べているわりには体重が減ってきたり、疲れやすかったり、のどが渇きやすかったりする人は要注意だ。これらはすべて糖尿病予備軍の兆候だといわれる。

 糖尿病の特徴である高血糖はなぜ起きるのかといえば、長年繰り返してきた食べ過ぎや飲み過ぎだといわれる。血糖値が高くなりやすい身体は、血糖が細胞に入り込んでエネルギー化される過程において重要な「インスリン」が働きにくくなる。特に内蔵脂肪型の肥満患者に多く見られるという。よって、予防法としては、肥満を避けるために食生活と運動習慣に気を配ることポイントになりそうだ。

■食べ過ぎ防止のポイント

Dime_326117_2-2016-12-20-12-45.jpg

 そこで、糖尿病や肥満へと促される、大元のNG行動としての「食べ過ぎ」を、どう防止すればいいのか。年末年始は飲み会が増えるが、簡単に実践できそうなことをいくつか提案したい。

●食物繊維を摂取することを忘れずに

 食物繊維は、腸の調子を良くし、便秘解消に効果的に働くというイメージがあるが、食べ過ぎ防止にも有効だ。食物繊維とは、食物に含まれる「難消化性成分」の総称で、いわゆる人間の消化酵素による消化活動において、消化されない成分のことである。
また、胃や腸の中で数倍~数十倍に膨らむものもあり、胃腸が刺激されて自然な満腹感を得やすくなるのだ。

 代表的な食物繊維の多い食材としては、ライ麦パン、オートミール、切り干し大根、ごぼう、モロヘイヤ、きくらげ、干ししいたけ、干し柿、干しいちじく、干しプルーン、アボカド、豆類、栗などがある。ぜひ積極的に選ぼう。

●よく噛んでゆっくり食べる

 食物繊維のところでも紹介したが、よく噛んでゆっくり食べることは、結果的に、食欲が抑制され、早くに満腹感を感じやすくなる。よって、理想的な腹八分目で満足できるようになるのだ。普段の食事で簡単に歯ごたえを出すには、白米に玄米を混ぜるのがおすすめ。玄米は食後血糖値の上昇がゆるやかなこともあり、糖尿病・肥満予防に最適だ。また、家族や仲間、同僚などと共におしゃべりしながら食べるというのもゆっくり食べる一つの方法だ。

●和食をバランスよく選ぶ

 和食は、何気ない中でも食べ過ぎ防止の工夫がふんだんに施されている。例えば、味噌汁などの汁物は、腹を満たしてくれやすい。また、和食はごはんやおかず、汁物などを交互にちょこちょこ食べるのが通例だ。一つの物をひたすら食べるよりも、交互に少しずつ食べたほうがそれぞれを少ない量に留めることができるといわれている。もちろん、洋食と比べて脂肪分が少なく、栄養バランスに優れているのもおすすめの理由だ。
 まずは、簡単にできるこれらのことから実践してみてはいかがだろうか。

取材・文/石原亜香利
※記事内のデータは取材時のものです。

PastedGraphic2-2016-12-20-12-45.png

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

2016年12月20日 午後0:46

潜在患者は1400万人!糖尿病・心筋梗塞にならないための食事法

やせている人でもなる

昼食後、デスクに向かって仕事をしていると、あるいはぼんやりテレビを見ていると、急に強烈な眠気を感じることはないだろうか。だるくなったり、イライラしたり、集中力が失われる。食べてもまたすぐに空腹感を覚えることもある。そういう人は血糖値の異常を疑ったほうがいいかもしれない。
健康診断の血液検査で血糖値の項目は必ず入っている。この値が高いと糖尿病の可能性が高くなるとされ、医者に注意を促されるが、実は健康診断では発見できない「隠れた異常」が現代日本人に蔓延していることがわかってきた。

それが「血糖値スパイク」だ。これは、食後の短時間に限って血糖値が急上昇し、またすぐに急降下するというもの(下図参照)。空腹時血糖の正常値の上限は109mg/dLとされているが、食後はこの値を上回ることがある。

しかし、その上昇があまりに急で140mg/dLを超えてしまう状態を血糖値スパイクと呼ぶ。ちなみにスパイクとは釘のこと。グラフにすると釘のような鋭い形で血糖値が急上昇するので、この名前がついた。


img_26df6aeea31c5a6c30e8e98f92d23e2625482-2016-12-18-12-46.png

通常の健康診断では異常がみつからないので、無自覚の人も多いが、潜在的な患者数は1400万人以上に及ぶと推計されている。
なぜ急激な血糖値の乱高下は身体に悪いのか。東京慈恵会医科大学の糖尿病・代謝・内分泌内科講師の坂本昌也氏が解説する。

「血糖値の急上昇が繰り返されると、血管内の内皮細胞がダメージを受けます。そこに炎症が起こる結果、血管の壁が厚くなる。これが動脈硬化の原因になります。

血糖値スパイクのみで重大な病気になる可能性は高くないですが、そこに高血圧や脂質異常症が加わることで心筋梗塞の発症にもつながります。

また糖尿病の患者さんで血糖値のスパイクが高いと認知症を発症している人が多くなるという調査結果があります。これは、脳の血管がダメージを受け続けたことで、気づかぬうちに小さな脳梗塞が起きているからだと考えられています」

血糖値スパイクは、肥満の人がなるとは限らず、やせ形の若い人でもこの症状に悩まされている人も多い。知らず知らずのうちに、内臓や血管にダメージを与える血糖値スパイクを避けるためには、どのような対策をとればよいのだろうか。

まずは食事の摂り方だが、血糖値上昇の原因に直接関係する糖分は当然、摂りすぎてはいけない。

GI値という指数がある。これは純粋なブドウ糖を摂取したときの血糖値が上昇するスピードを100として、食物の血糖値上昇率を測った数字。GI値は血糖値管理の重要な指標となる。管理栄養士の川端理香氏が語る。

「GI値の高い食べ物の代表は純粋な甘味、砂糖やはちみつです。そして精製された白い小麦で作られたパン。パンにジャムをつけて食べるのが最も血管を傷つける食べ方ですね。

糖と同時に油や食物繊維を摂ると血糖値の急上昇が抑えられる。だからバターが入ったパン、例えばクロワッサンのようなパンのほうが、純粋に塩と小麦でできている食パンやフランスパンよりも血糖値を上げにくい」

PastedGraphic9-2016-12-18-12-46.png

潜在患者は1400万人!糖尿病・心筋梗塞にならないための食事法(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/2)

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病、食後血糖抑制を 
近畿大学副学長/同大薬学部教授・村岡修さん

  1. | 毎日新聞2016年12月18日 大阪朝刊 めっちゃ関西 |

糖質の分解抑える薬/植物由来トクホも効果
 予備軍を含めると2000万人を超え、国民病とまで言われる糖尿病。しかし、軽度の段階で適切な血糖コントロールを行えば悪化を防げ、治る病気でもある。近畿大学副学長で薬学部教授の村岡修さん(66)は「食後の血糖値に気をつけることで、糖尿病のリスクは確実に下がる」と指摘している。【藤原規洋】

 --糖尿病は古代からあったそうですね。
 村岡 中国・後漢時代の医学書には「消渇」と記され、甘い物を多く取る美食の結果としています。インド伝統医学の「アーユル・ヴェーダ」では、甘くて臭い尿を意味する「マドゥメーハ」と呼び、運動不足、甘い飲料、脂質の多い食事、怠惰な生活が原因として「マハラジャの病気」とされています。
 --まさに生活習慣病ですね。改めて、どんな病気ですか?
 村岡 過剰な糖が血中に滞留するために起こる病気です。高血糖が続くと細い血管をもろくし、その結果神経を傷めたりして、糖尿病性網膜症や足の指の壊死(えし)などを起こし、心筋梗塞(こうそく)や脳卒中、認知機能低下などのリスクを招きます。
 --膵臓(すいぞう)から分泌されるインスリンが重要ですね。
 村岡 インスリンは血液中の糖を消費させる働きをします。食事をすると血糖値が上がり、糖質を取る量が多いとインスリン分泌量も多くなります。これを繰り返しているとインスリンの効きが次第に低下、いわゆるインスリン抵抗性が高まり、高じると糖尿病になります。予備軍の人などは、空腹時の血糖値は健常な人とあまり変わらないので糖尿病の兆候に気付きにくいのですが、食後急激に上昇する「グルコーススパイク」を示すことが多いとされています。これを繰り返していると、インスリン抵抗性が高くなります。
 --どんな薬がありますか?
 村岡 インスリンの分泌が少ない人にはインスリンの静脈注射製剤があり、他にインスリン分泌促進薬やインスリン抵抗性改善薬、末梢(まっしょう)神経障害改善薬などもあります。予備軍の人には食後過血糖改善薬が有効です。
 --糖が体内に吸収されるメカニズムを教えてください。
 村岡 炭水化物などの糖質は、ブドウ糖(単糖)が数珠つながりになった多糖で、唾液に含まれる酵素アミラーゼや胃液中の消化酵素により小腸に到達する頃には二糖である麦芽糖などに分解されています。この二糖が小腸にある酵素α-グルコシダーゼによりブドウ糖に分解されます。ブドウ糖になって初めて腸管から吸収されるのです。
 --では、酵素の働きを抑えれば、吸収されなくなる?
 村岡 そうです。食後過血糖改善薬は、二糖類と化学構造が似ているためα-グルコシダーゼに先に取り込まれ、二糖類はそのまま大腸に移動することになり、食後の血糖値の上昇が抑えられます。糖尿病の予防にいいのですが、お医者さんの診断と処方が必要なため、軽い糖尿病と診断されてから処方されることが多いようです。
 --先生は長年、α-グルコシダーゼ阻害薬の研究に取り組まれてきたのですね。
 村岡 アーユル・ヴェーダでは、サラシアという植物の根や幹から抽出したエキスに抗糖尿病作用があるとされ、スリランカでは、サラシアの幹をくりぬいたマグカップで湯冷ましを飲むと糖尿病に良いとされてきました。そこで、京都薬科大学の吉川雅之教授と共同で、約20年前から現地調査を重ねて試験を繰り返し、サラシア抽出エキスにα-グルコシダーゼの働きを阻害し糖吸収を抑える効果があることを確認しました。
 --有効成分も突き止められたのですね。
 村岡 サラシノールやネオコタラノールなど、サラシア属のみに存在する8種の活性成分を明らかにしました。臨床試験も行い、これらの成分を含み糖尿病予防に有効な特定保健用食品(トクホ)も開発しています。科学的エビデンスを有する食品をうまく利用して、健康維持に役立てていただきたいと思います。食後の血糖値の急激な上昇を抑えるには、食事の順番も大事で、野菜から食べるなどするのもよいとされています。

 ■人物略歴
むらおか・おさむ
 大阪大学大学院薬学研究科博士課程修了。薬学博士。米ノースカロライナ大学薬学部博士研究員、近畿大学薬学部助教授などを経て同教授。2012~16年薬学部長、14年から副学長。今年10月から同大学薬学総合研究所長、アンチエイジングセンター長。

ニュースサイトで読む: http://mainichi.jp/articles/20161218/ddn/010/040/032000c#csidxaa7d955dd66418fab6242084c3c322b

Copyright 毎日新聞

PastedGraphic4-2016-12-18-12-31.png

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

【予防と対策】
「妊娠糖尿病」について、知っていますか?

thum_5254-2016-12-18-12-21.jpg

「妊娠糖尿病」についてご存知でしょうか? 妊娠糖尿病は、実は約1割の妊婦のかたに発症するとわれています。
今回は、妊娠糖尿病について、医師に詳しい話を聞いてきました。

「妊娠糖尿病」とは

妊娠糖尿病は、妊娠前には糖尿病ではなかった妊婦さんが妊娠して初めて糖代謝異常が発見された場合を指します。軽度で、通常は産後に元通りになります。ただし、産後に糖尿病を発症しやすくなるといわれています。
妊婦のかたの約1割以上がかかるとされ、珍しいものではありませんが、やはり意識してかからないように予防していくこと、かかってしまったら最大の注意を払ってコントロールしていくことが大切です。

妊娠糖尿病の症状

妊娠糖尿病は、自覚症状がまったくないケースも多くみられます。通常の糖尿病の発症時と同様に、
・喉が渇いて飲み物を飲む量・頻度が増える
・排尿の頻度が増えたりする
といった症状があらわれることがあります。
ただ、これは妊娠によって起こる現象でもあるので、区別がつきづらいでしょう。

赤ちゃんに及ぼす影響やリスクは?

妊娠糖尿病が悪化した場合、以下のようなリスクがあります。
・流産や早産を引き起こしやすくなる
・妊娠高血圧症候群などを起こしやすくなる
・赤ちゃんが大きくなりすぎて難産になることがある
・赤ちゃんが出生後低血糖を起こすことがある
・赤ちゃんに新生児高ビリルビン血症があらわれることがある
・先天的な障害があらわれることがある

妊娠糖尿病を予防するには

妊娠糖尿病にならないための最大の注意点として
1.つわりが終わって食欲が出てきたとき、特に食べ過ぎないように気を付ける
2.常に体重を意識する
といったことが挙げられます。
体重を意識する一環としては、
・脂肪分の摂りすぎに気を付ける
・規則正しく一日3度の食事をとる
・野菜、海藻、豆類を取り入れた健康的な食生活を心がける
などが挙げられます。
妊娠の経過が順調で主治医から許可が出るようであれば、妊婦さんに適したマタニティスイミングやヨガなどの運動をしたり、体をこまめに動かすようにするのも効果的です。

妊娠糖尿病だと診断されたら

妊娠糖尿病であると診断された場合、多くの場合はまず、食事制限で様子を見ることになると思います。一日のカロリー数を制限したり、食後に血糖を測定します。また、医師の判断によって、軽い運動療法も勧められることがあります。
この食事療法で血糖に改善がみられない場合には、インスリンを用いた薬物療法を行うことになることが多いでしょう。

医師からのアドバイス

妊娠糖尿病と診断されると、ショックだとは思いますが、上手にコントロールしていくことで赤ちゃんや母体に対するリスクを減らしていくことができます。
血縁に糖尿病の方がいらっしゃる場合や、太りやすい体質の方などは特に気を付けていきたいですね。

(監修:Doctors Me 医師)

origin_doctorsme-2016-12-18-12-21.png

ガジェット通信

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com