100%フルーツジュースは血糖値に影響しない? 

米企業、34論文の解析から可能性を示唆

2018.2.27

 

   米国の科学コンサルタント企業Exponent社から、複数の論文解析の結果100%のフルーツジュースは、短期的には血糖値やインスリン抵抗性に影響を与えていないとする研究結果が発表された。

   健康へのポジティブな効果が期待できるとして、日本や米国の食事摂取基準では毎日果物を摂取することが推奨されており、一定量の果物を定期的に摂取していると糖尿病リスクが低下する可能性を示唆する研究も複数存在する。

as_20180226145039-2018-02-27-12-23.jpg

ほどほどのフルーツジュースは摂取しても問題なし

 

  米食事摂取基準では果物摂取を補う方法として100%フルーツジュースも効果的であるとされている一方で、ジュースにした場合にはリスク上昇・低下両方の結果を示す研究もあり、検証が求められていた。

   そこで、Exponent社の食品安全部門に所属する研究者らは、最低2週間から最大で6か月100%フルーツジュースかその他の飲料を飲んでいる人を対象に、空腹時血糖や空腹時血中インスリン、インスリン抵抗性に与える影響を比較した論文34件の解析を行った。

   100%フルーツジュースは濃縮還元もしくは絞っただけ(凍結粉砕など)の無調整無加糖のもので、種類はリンゴ、ブルーベリー、サクランボ、クランベリー、ブドウ、グレープフルーツ、オレンジ、ナシ、ザクロ、イチゴ。トマトは含まれていない。

   1日に摂取する量や一緒に食べた食事内容など、血糖値やインスリンに影響を与えると思われるその他の条件は調整している。

   その結果、100%ジュースは空腹時血糖、空腹時血中インスリン、インスリン抵抗性に有意な影響を与えていないことが確認され、研究者らは「100%フルーツジュースが2型糖尿病発症リスクの上昇と関連しておらず、100%フルーツジュースが血糖コントロールに有意な影響を及ぼさない可能性を示す証拠となる」とコメントしている。

   論文は2017年12月15日、オープンアクセスの英国栄養学会誌「Journal of Nutritional Science」に掲載された。

医師・専門家が監修「Aging Style」

Aging Style
100%フルーツジュースは血糖値に影響しない? 米企業、34論文の解析から可能性を示唆 : Aging Style(エイジングスタイル)

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

食べ物だと意識する前に脳は反応 

脳が「食べよう、やめよう」と指令

20170704-1-2018-02-27-12-17.jpg

 「食べよう、いや、やめよう」という判断は、脳が無意識のうちに操っている可能性がある。脳の活動の変化が、食事に対しする日頃から自制(我慢)に影響していることが、大阪市立大学の研究グループで明らかになった。

「食べ物だ」と意識する前に脳は分かっている

 大阪市立大学の研究グループは、無意識下で食品画像を提示するだけで交感神経系が興奮し、同時に脳部位の複数で活動の変化がみられることを明らかにした。さらに、この脳の活動変化は、交感神経の興奮の程度や、食事に対して日頃から自制(我慢)をする程度とも関連することが分かった。

 研究グループによると、食べ物が目に入ったときに生じる脳活動は、本人が自覚していない間に起きている。これは、日常生活で「どれだけ食べることを我慢しているか」の程度と関連している。

 ヒトの食生活では、このような脳神経の仕組みが、食行動に関する判断や意思決定を無意識下で操っている可能性がある。無意識下の認知過程の仕組みを解明することは、特に偏った食行動など、現代人にみられる生活習慣のゆがみを改善し、肥満や過体重、高齢者の食欲不振などの健康問題を解決する上で重要だ。

「食べようか、いや、やめようか」その判断は脳が操っている

 ヒトは生活のさまざまな場面で、自覚なく行動の意思決定を行うことがある。例えば食品を目にしたとき、「食べようか、いや、やめようか」と意識して考えることもあるが、何も考えずに食べてしまうこともある。これは、無意識のうちに意思決定がされており、そういった「何気ない」行動の連続が生活習慣に影響していることを示している。

 しかし、本人の意識とは関係のないところで、脳が判断や意思決定をどのように操っているのかは十分に解明されていない。

 そこで研究グループは、こうした無意識下での認知過程の仕組みを明らかにすることが、特に食行動といった生活習慣の改善の糸口となり、肥満や過体重、高齢者の食欲不振などの健康問題を解決する上で重要と考えた。

 そこで、本人が自覚しないうちに、食品の写真を提示したときに生じる自律神経や脳神経の活動と日常の食行動との関係を検証した。

食品画像を提示したときの神経の活動を解析

 具体的には、健康な成人男性20人を対象に、無意識下で食品画像を提示したときの脳神経および自律神経の活動を解析した。5分間閉眼で過ごした後に、無意識下の瞬時の画像提示を10分間繰り返し、その後5分間、閉眼で過ごしてもらった。

 画像提示は、さまざまな食品の画像を提示する「食品課題」とその食品画像から作成したモザイク画像を提示する「対照課題」の2課題で構成され、画像提示の順序は被験者ごとにランダムに設定された。

 無意識下の瞬時の画像提示では、被験者に食品やモザイク画像が提示されたことを気づかせないように、瞬時(0.0167秒)に食品あるいはモザイク画像を提示した直後にマスク画像(風景写真)を2秒間提示した。

 自律神経活動の変化を調べるために課題前後の閉眼各5分間の心電図を記録し、心拍間隔の周期的変動(心拍変動)の周波数解析を行うとともに、画像が提示されるごとに引き起こされた脳神経活動を脳磁図法により計測した。

交感神経が興奮しない人ほど食べたいときに我慢できる

 その結果、心拍変動の周波数解析から、食品画像提示後の「LF/HF比」は提示前の値と比較して増加した。LF/HF比は、自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスを表し、数値が高いほど交感神経が優位であることを指す。

 このことから、食品の画像の提示後は、提示前と比べて交感神経が活発に興奮すると分かった。

 また、実験後に質問紙をもとに調べた個々の日常生活における摂食の認知的自制(我慢)の程度と、食品画像提示の前後に観察されたLF/HF比の関係性から、食品画像提示後に交感神経が興奮する人ほど、食べたいときに我慢できない傾向があることが示された。

 つまり、食品画像提示後に交感神経が興奮しない人ほど、食べたいときに我慢できる傾向があるという。

 また、モザイク画像提示時と比較して食品画像提示時は、瞬時の画像提示のたびに活動に変化を生じる脳部位(下前頭回・島皮質)がみつかった。特に、画像提示直後0.75~0.90秒の間では、行動抑制などに関与する右大脳半球の下前頭回の活動変化量とLF/HF比の増加量との間に負の相関が認められた。

 これは、食品画像提示後に交感神経が興奮する人ほど、下前頭回の活動が弱いことを示している。さらに、同時間帯(画像提示直後0.75~0.90秒)、摂食行動などに関与する右大脳半球の島皮質の活動が抑制される程度と、日常の摂食の認知的自制(我慢)の程度との間に正の相関が認められた。

20180221-1-2018-02-27-12-17.jpg

食べたいときに我慢できない人は、島皮質の活動が抑制されていない

 島皮質の活動の抑制程度が低い人ほど、食べたいときに我慢できない傾向がある可能性がある。つまり、島皮質の活動の抑制程度が高い人ほど、食べたいときに我慢できる傾向があるということだ。

 今回の研究により、無意識下における食品画像提示により引き起こされる自律神経活動および脳神経の応答が、日常の食行動に関わっている可能性が示された。つまり、ヒトの食習慣において行われている「食べよう、いや、やめよう」という意志決定は、無意識のうちに働く脳の習性に左右されている可能性がある。

 今回は若年成人男性を対象とした研究なので、研究グループでは今後、中高年や高齢者、女性を対象とした幅広い層で行うことを課題としている。観察されたヒトの脳の無意識下における習性が、実生活における各ライフステージの食と健康にどのように影響するのかを検討していき、糖尿病や肥満などの生活習慣病現代病の病態生理を明らかにしていくという。

 研究は、大阪市立大学医学研究科運動生体医学の高田勝子氏、石井聡氏、吉川貴仁教授らの研究グループによるもので、国際学術誌「Scientific Reports」オンライン版に発表された。

大阪市立大学医学研究科運動生体医学

Neural activity induced by visual food stimuli presented out of awareness: a preliminary magnetoencephalography study(Scientific Reports 2018年2月15日)

食べ物だと意識する前に脳は反応 脳が「食べよう、やめよう」と指令 | ニュース・資料室 | 糖尿病ネットワーク

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

ヨーグルトが心血管疾患リスクを低下 

糖尿病リスクも減少

20170809-11-2018-02-27-11-41.jpg

 ヨーグルトの摂取量が多いほど、高血圧の男性と女性の心血管疾患のリスクが低下する傾向があることが、7万人以上を対象とした調査で明らかになった。ヨーグルトを食べると、糖尿病のリスクが低下することも分かっている。

ヨーグルトが心臓の健康の維持に役立つ

 高血圧は、心筋梗塞や心不全などの心血管疾患の主要な危険因子だ。世界の10億人が高血圧であると予測されており、効果的な心血管疾患の予防策が求められている。

 これまでの研究で、ヨーグルトなどの乳製品を食べることで、高血圧、2型糖尿病などを予防・改善でき、インスリンの効きが悪くなるインスリン抵抗性を改善できることが示されている。これらは心血管疾患の危険因子であり、ヨーグルトを食べることで心血管疾患を予防できる可能性があることが、7万人以上を対象とした調査で明らかになった。

 「高血圧の男性と女性を30年以上追跡した大規模な研究で、ヨーグルトが心臓の健康の維持に役立つことが分かりました。食物繊維が豊富に含まれる野菜や果物、全粒穀物とともに、ヨーグルトを食べることが勧められます」と、ボストン大学医学部予防疫学部のジャスティン ブレンディア氏は言う。

ヨーグルトが女性の心筋梗塞リスクを30%減少、男性では19%減少

20141202-1-2018-02-27-11-41.jpg

 研究チームは、米国で実施されている大規模調査である「看護師健康研究」(Nurses’ Health Study)に参加した5万5,898人の女性(30~55歳)と、「医療従事者追跡研究」(Health Professionals Follow-up Study)に参加した1万8,232人の男性(40~75歳)のデータを解析した。

 研究の参加者は、61項目の食事についての質問票に回答し、心筋梗塞や脳卒中などの発症や、血行再建術などの治療歴について報告した。期間中に3,300人の女性と2,148人の男性が、これらの疾患と診断されたり治療を受けた。

 解析した結果、ヨーグルトの摂取量が増えると、高血圧のある人で、心筋梗塞のリスクが女性では30%減少し、男性では19%減少することが分かった。女性では、ヨーグルトを食べることで、血行再建術の手術を受ける割合が16%低下した。

 さらにどちらのグループでも、週2回以上のヨーグルトを食べている人は、追跡期間中に主要な冠動脈性心疾患や脳卒中を発症するリスクが20%減少した。

 「ヨーグルトなどの乳製品が健康に良いことは多くの研究で指摘されています。今回の研究で、ヨーグルトを長期間食べ続けると、心血管疾患のリスクを低下できることが示されました」と、ブレンディア氏は言う。

 

ヨーグルトが糖尿病リスクを下げる

 ヨーグルトを積極的に食べると、2型糖尿病のリスクを低下できるという調査結果も発表されている。

 2型糖尿病は、血糖値を下げるホルモンであるインスリンが十分に分泌されなかったり、インスリンが効きにくくなる「インスリン抵抗性」という状態に陥ることで発症する。

 ヨーグルトを食べることが、糖尿病の発症リスクにどう影響するかを調査したこの研究は、ハーバード公衆衛生大学院栄養学部のフランク フー教授らによるものだ。

 研究チームは、米国で行われた大規模調査である「看護師健康研究」(1980~2010年)、「看護師健康研究II」(1991~2009年)「医療従事者追跡研究、」(1986~2010年)に参加した男女を対象に調査した。

 対象となった人数と年齢はそれぞれ、4万1,436人(40~75歳)、6万7,138人(30~55歳)、8万5,884人(25~42歳)だった。調査期間中に1万5,156人が2型糖尿病を発症した。

 分析した結果、ヨーグルトを毎日28g食べていると、2型糖尿病を発症するリスクが18%減少するという結果が得られた。ヨーグルト28gはティースプーン山盛り2杯半分に相当する。

 

ヨーグルトがインスリン受容性を改善、炎症も低減

 研究チームは、「ヨーグルトを食べると、インスリン受容性が改善し、血糖を下げるインスリンの効きが良くなり、炎症を減らす作用を得られる可能性があります」と指摘している。

 また、炭水化物の摂取前に乳製品を摂取すると、インスリン分泌を刺激する消化管ホルモンである「グルカゴン様ペプチド-1」(GLP-1)の分泌が刺激され、食後の血糖値の上昇を抑えやすくなることが、過去の研究で確かめられている。

 「植物ベースの食事を摂ること、野菜や果物、全粒穀物を十分の摂ること、運動を習慣として続けることなどに加え、ヨーグルトを食べることを健康的な習慣に加えるべきでしょう」と、ハーバード公衆衛生大学院栄養学部のフランク フー教授は述べている。

Eating yogurt may reduce cardiovascular disease risk(オックスフォード大学 2018年2月15日)

Regular Yogurt Intake and Risk of Cardiovascular Disease Among Hypertensive Adults( American Journal of Hypertension 2018年2月15日)

Yogurt may reduce type 2 diabetes risk(ハーバード公衆衛生大学院 2014年11月25日)

ヨーグルトが心血管疾患リスクを低下 糖尿病リスクも減少 | ニュース・資料室 | 糖尿病ネットワーク

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

5年後の自分とセールスという仕事 

連載「インスリンとの歩き方」

 

 連載では、そんな遠藤さんの半生を、糖尿病と上手につきあうためのコツやノウハウを中心に、実体験のエピソードを交えて語っていただきます。1型糖尿病患者さんをはじめ、2型糖尿病患者さん、糖尿病医療に携わる方々は、ぜひご一読ください。

 本人の希望や好き嫌いなどとは無関係に、会社に勤めていれば人事異動はやってくる。

 入社してから数年が経った僕は、ずっと同じ部署で働いていたけれど、規模の大きな会社だったため、営業マンを管理する、いわゆる「課長」とか「部長」とよばれる僕の上司は2~3年に一度のペースで変わった。このような人たちはもう車は売らずに、管理職に徹した。

 そして人事異動は、僕が月に一度診察に通っていた白い巨塔でも行われた。糖尿病になってから十数年が経過していたから、僕の担当の医師も、会社の上司のように何度か変わった。

 会社では、好きな上司や嫌いな上司、部下を踏んづけて出世する上司や説教ばかりする上司など、多様な上司がいた。そして蝉時雨が始まる7月に、4人目の上司が僕の営業所に赴任した。その新しい上司のKさんに、僕はまず1型糖尿病であることを伝えた。

「私には1型という糖尿病の持病がありまして…」

いつものように2型の糖尿病と勘違いされないように、1型を強調した病気の紹介から僕は始めた。

「1型糖尿病だと何か注意しなければいけないことはあるの?」

「はい、低血糖になったときに、ブドウ糖を飲まないと倒れてしまうことです。それと、食事の度ごとにインスリンを打たなければならないことです」

「そうですか。それじゃあ、今まで大変だったでしょう」

今まで大変だったでしょう…すごく嬉しい言葉だった。いえいえ、そうでも…とは答えたけど、はい、ちょっとだけ大変でした、と僕は心の中で呟いた。

「いつ1型糖尿病になったの?」

Kさんはまだ聞いてくる。

「はい、中学1年生のときです。」

「どうしてわかったの?」

「学校の健康診断で尿に糖が出ていて、すぐに近くの病院に行きました」

「そうですか。僕も人事異動後でわからないことだらけですので、よろしくお願いします。」

続きはこちら…
第21回 5年後の自分とセールスという仕事 ▶

5年後の自分とセールスという仕事 連載「インスリンとの歩き方」 | ニュース・資料室 | 糖尿病ネットワーク

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病の人工透析減らす…高リスク患者絞り込み

2018年2月26日

 高額な医療費がかかる人工透析を減らそうと、予備軍である糖尿病の患者を早めに見つけ、予防する取り組みが全国の市町村で始まっている。中でも愛媛県八幡浜市は、健診データを生かし、治療や保健指導の対象者を効率よく絞り込むことで成果を上げている。

20180219-027-OYTEI50005-N-2018-02-26-11-21.jpg

 

  ■腎機能に着目

 松山市から南西に70キロの八幡浜市は、漁業が盛んな人口3万5000人の港町。国民健康保険(国保)の医療費に占める糖尿病治療費の割合が高い。

 同市は、市立八幡浜総合病院(256床)や地元医師会と連携し、2012年度から、特定健診(メタボ健診)や通院時の検査結果を集めて糖尿病患者すべての状態をデータベース化。症状の進行度を把握し、対策に生かしている。

 特に、腎機能のデータに着目した対策が特徴だ。糖尿病は腎症を合併することも多く、透析患者の4割は糖尿病性腎症が原因。自覚症状がほとんどなく、気付いた時には重症化していることが多い。

 同市では、腎機能の目安となる「eGFR」という数値について、3回以上の検査結果をもとに専用ソフトで低下率を計算し、その患者に透析が必要になる時期を予測。それが5年以内である患者を対象として絞り込む。

 「より高リスクの患者を選んで集中的に治療と保健指導を行うのがポイント」と、同病院内科部長の酒井武則さんは説明する。

 治療には血糖値を下げる薬を使うが、単に数値を下げるだけでなく、腎臓を保護する効果も期待できるタイプを選んでいる。

  ■減塩指導が柱

 保健指導は減塩が柱で、保健師が患者宅を訪問し、食事内容から塩分量を推定する方法などを指導する。塩分の過剰摂取は腎症を悪化させ薬の効き目を弱めるため、1日6グラム未満を目標としている。

 同市によると、把握できた高リスク患者は、14年末で89人。保健指導を受けた22人のうち、15~17年度のいずれかの時点で透析が必要になると予測された患者は16人だった。しかし、実際にそうなったのは17年末で4人に抑えられた。

 透析にかかる医療費は1人分で年500万円とされており、この取り組みにより、単純計算で1億円以上を減らすことができたという。今後は、保健指導を受ける高リスク患者を増やすことが課題だ。

 この手法を考案した日本慢性疾患重症化予防学会の代表理事で、元千葉県立東金病院長の平井愛山さんは、「透析予防には、血糖管理だけでなく減塩も重要。医師や保健師の数が少ない地域でも、対象者を絞れば効率よく成果を上げられるはず」としている。

年1.6兆円 莫大な医療費

 人工透析の患者は30万人を超え、年間1.6兆円という 莫大な医療費が費やされている。国保を運営する市町村にとって、糖尿病性腎症から透析に至る患者を減らす取り組みは最重要課題の一つだ。

 メタボ健診やレセプト(診療報酬明細書)のデータを使い、何を基準に患者を絞り込み、どのような保健指導を行うと効果が上がるのか。多くの市町村が試行錯誤を続けている。

 八幡浜市にならい、同じ手法を採用したのは、埼玉県皆野町、大分県臼杵市など全国20か所。いずれも八幡浜市と同様に成果が上がり始めているという。

 この手法を医療機関主導で行うケースも出てきた。愛媛大教授で内科医の松浦文三さんを中心に、愛媛県内27か所の病院や診療所で、患者の検査結果から透析の高リスク患者を絞り込んでいる。

 (赤津良太)

糖尿病の人工透析減らす…高リスク患者絞り込み : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

【高血圧や糖尿病も】

高齢出産による母体へのリスクは

Mamatenna_88801_01801mmt1801kourei02_1-2018-02-24-12-16.jpg

高齢出産は卵子の老化によって、胎児に様々な影響を与える可能性が高いというのは、すでにご存じの方も少なくないでしょう。では、母体へのリスクについては? 東邦大学医学部産科婦人科学講座の片桐由起子医師に、高齢出産によって発生する母体への健康上のリスクについて、話をお聞きしました。

妊娠をきっかけに高血圧や糖尿病を発症するリスクも

高齢出産における母体への健康リスクとして、よく挙げられるのが「妊娠高血圧症候群」。妊娠20週から分娩後12週までの期間で、高血圧または高血圧にたんぱく尿を伴うもので、かつこれらの症状が単なる妊娠の偶発合併症によるものではないものをいいます。以前は「妊娠中毒症」などとも呼ばれていました(2005年に名称変更された) 。

片桐医師は、妊娠高血圧症行群も、やはり加齢によって発生するリスクは高まるといいます。人間の血管には弾力性があり、心臓から押し出される血液の圧力に応じで緩やかに拡張や収縮を繰り返しているのですが、その弾力性も加齢によって低下。すると、血管が拡がらず、血管内を流れる血の勢いは増すとともに、血圧が高まるというわけです。

「その他、妊娠していない時には現れていない健康被害が妊娠によって引き起こされることがあります。妊娠糖尿病などもその一例です」(片桐医師、以下同)

元々、血糖値が高くなりやすい 傾向にあり、高年齢になったら発生するかもしれない 人が、妊娠をきっかけに糖代謝異常を発症するということもあるそう で、これは20代・30代の妊婦でも起こりうることですが、年齢が高くなるほど発症リスクも高まると片桐医師は話します。

高齢出産の母体リスクを減らすためには家族の既往も

先々の出産を考えているなら、しかも、それが高齢出産となりそうならば、やはり、日ごろから健康的な生活を送ることを心掛けておくことが大切となりそう。

しかし、健康的な生活といっても、栄養バランスの取れた食事や十分な睡眠時間などは想像ができますが、その他に何かできることはあるものでしょうか?

「自分の両親の疾病歴を調べておくということも、重要なことです。病気には遺伝性の強いものも多く、自分の両親が病気を発症した年齢に近くなれば、自分もその病気を発症する可能性も高くなると言えます。今の自分の健康状態だけでなく、隠れた健康状態を知っておきましょう。あとは、やはり肥満は様々な生活習慣病を引き起こす要因となるとともに、妊娠合併症の原因にもつながるので注意が必要です。また『やせ』にも注意が必要です」

会社の定期健康診断などで自分の血圧や血糖値を定期的に計測していれば、自身の体の変化にも気づきやすいかもしれませんが、健康である限り、自分の健康には興味が薄くなるもの。高齢出産を検討するなら、まずは、自分の今と未来の健康状態を詳しく知ることから始めましょう。
(文・団子坂ゆみ/考務店)

【高血圧や糖尿病も】高齢出産による母体へのリスクは|ウーマンエキサイト

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

続けると糖尿病に。

生活習慣でやりがちな間違っていること6

 

最近、「糖質制限」という言葉を見かけるようになりました。その言葉の通り、糖質を制限することでダイエットを目指すというもの。

しかし糖質ってどんなものに含まれているのか、どのくらい制限すればいいのか、わからなくなっている人も少なくないのでは? そこで今回は、北里大学研究所病院の山田 悟先生に糖質制限の基本について話を伺いました。

糖質はなぜ太るの?

toshitsu_01-2018-02-23-11-37.jpg

食べ物にはさまざまな栄養素が含まれています。その中で、人間が活動するために必要とするのが炭水化物と脂質、たんぱく質の3つで、これらをまとめて三大栄養素と呼びます。

「『糖質は炭水化物のことだよね』と思っている方も多いかもしれませんが、炭水化物は糖質と食物繊維で成り立っているので、イコールではありません

また、糖質という字から『糖質は甘いもの』というイメージもありますが、お米や麦などの穀類、いも類などに含まれるでんぷんも糖質のひとつです。ですので、ごはんやパンだけでなく、おせんべいやスナック菓子なども糖質を多く含む食べ物です」(山田先生)

ではなぜ「糖質が太る」とされるのでしょうか。

「糖質は、体の中で基本的にブドウ糖になりますが、ブドウ糖は人間などあらゆる動物が活動するためのエネルギー源となる物質のひとつです。

車やさまざまな機械などの文明が発達する以前は、人間の活動量も大きく、多くのエネルギーを必要としていました。例えば江戸時代以前は、車がありませんでしたので、移動にも膨大なエネルギーが必要でした。その頃は必然的に糖質を多く含む食品が主食に選ばれてきたのです」(山田先生)

しかし、現在は文明が高度に発達して、体をあまり動かさなくてもいい時代になりました。多くのエネルギーを必要としなくなった私たちは、摂取した糖質を消費できず、体の中に余るようになっているそうです。

糖質で太るのは、この体の中で消費されずに残ってしまった糖質が、インスリンというホルモンの働きで脂肪となり、体内に蓄積されるため。脂肪が多く蓄積されると、インスリンの働きが悪くなり、結果として糖尿病のリスクを大きく上げてしまいます」(山田先生)

やってはいけない生活習慣とは?

toshitsu_02-2018-02-23-11-37.jpg

現在、太っていなくても30~40代の女性に糖尿病予備群が増えています。健康にいいと思ってやっていることでも、実は太りやすいか、糖尿病になりやすい生活習慣のこともあるのです。

みなさんはこのような生活習慣をしていませんか。下記のリストをチェックしてみてください。

・朝ごはんにスムージーを飲んでいる

・全粒粉のパンや雑穀米、玄米などを積極的に摂っている

・断食をしたことがある

・朝ごはんを抜くなど、1日の食事が3食以下

・油ものは控えるようにしている

・甘いものが好きなのでその分食事は控えるようにしている

山田先生によれば、これらに共通するのは、すべて血糖値を上げる生活習慣だということ。

「血糖値とは、血中のブドウ糖濃度のこと。糖質の多い食事を摂ると、血糖値は急激に上がります。それをインスリンというホルモンが働いて血糖値を下げます

糖質の多い食生活を続けると、インスリンを過剰に分泌させることになりますが、これが続くと膵臓が悲鳴を上げ、だんだんインスリンを出す力がなくなって、血糖が高いままとなり、結果として糖尿病になるのです。ですから、血糖値を急激に上下させない食生活が重要なのです」(山田先生)

たとえば、スムージーは、野菜だけならばいいのですが、飲みやすいようにと果物やはちみつなど糖類を加えることが多いため、糖質が多くなるとか。

また、全粒粉や玄米など、精製していないものは健康にいいと思われがちですが、多少のミネラルは摂れるものの、糖質の量自体は変わらないため、それが太る要因だという意外な事実も。

「断食をする、1日の食事が3食以下など、空腹の時間が長いと、体はエネルギーをより取り込もうとするので、血糖値は急激に上がります。断食後に酵素ドリンクを飲むなどもってのほか。酵素ドリンクは糖質のカタマリで

すので、美容面でも健康面でも何かメリットがあるとは思えません」(山田先生)

健康面だけでなく、美容にも悪影響の「糖化」

toshitsu_03-2018-02-23-11-37.jpg

「酸化」という言葉を聞いたことがある方も多くいらっしゃると思いますが、最近注目されているのが「糖化」です。糖化とは、体の中のたんぱく質に余分な糖がくっつくことでたんぱく質が劣化し、体を老化に導く物質を作ることで、結果的に体の酸化も導くといわれています。

「酸化が体のサビなら、糖化は体の焦げのようなものです。糖化が起こると、しみが増え、顔にしわができたりと美容面でも悪影響を与えますし、健康面でも糖尿病や高血圧、がんや動脈硬化などの大きな影響があるといわれています。このように糖質は、摂りすぎることで、体に大きな悪影響を与えてしまうことになるのです」(山田先生)

そこで出てきたのが糖質制限という食事法です。糖質制限をすることは、ダイエットにつながるだけでなく、美容面でもたくさんのメリットがあるそうです。

 

 

次回は、その方法をご紹介します。

カロリー制限は超危険! 正しいロカボとは?【糖質制限の応用】

糖質特集はこちら

yamadasatoru-2018-02-23-11-37.jpg

山田 悟(やまだ さとる)先生

医学博士。内分泌・代謝内科部長、糖尿病センター長、予防医学センター長、予防医学科部長、人間ドック科部長、透析センター長、医療社会事業部部長、医療福祉相談室長、医療連携室長。1994年、慶應義塾大学医学部卒業。糖尿病専門医として多くの患者と向き合う中、カロリー制限中心の食事療法では、食べる喜びが損なわれている事実に直面。患者の生活の質を高められる糖質制限食に出会い、積極的に糖尿病治療へ取り入れている。日本内科学会認定内科医・総合内科専門医、日本糖尿病学会糖尿病専門医・指導医・研修指導医、日本糖尿病協会療養指導医、日本医師会認定産業医。『緩やかな糖質制限 ロカボで食べるとやせていく』(幻冬舎単行本)、『糖質制限の真実 日本人を救う革命的食事法ロカボのすべて』 (幻冬舎新書)、『忙しい人こそ知っておきたい 糖尿病がわかる本』(法研)など著書多数。

取材・文/大場真代

続けると糖尿病に。生活習慣でやりがちな間違っていること6 | MYLOHAS

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

1型糖尿病患者、障害年金支給求め提訴

「病状改善ないのに年金打ち切りは不当」 

国は争う方針 大阪地裁

2018.2.23 13:57

 

 血糖値を下げるインスリンが体内で分泌されなくなる1型糖尿病の患者9人が、病状が改善していないのに障害年金の支給を打ち切られたのは不当として国に支給再開を求めた訴訟の第1回口頭弁論が23日、大阪地裁(三輪方大=まさひろ=裁判長)であり、国は請求棄却を求めて争う方針を示した。

 1型糖尿病は、生活習慣病が主な原因の「2型」と異なり、幼少期に発症することが多く、根本的な治療法はない。

 訴状によると、原告は大阪、奈良、福島の3府県に住む26~49歳の男女9人で、いずれも未成年で発症し、成人後に障害年金の支給を申請。当初は「日常生活に著しい制限を受けている状態」として障害等級の2級に認定されたが、それぞれ平成21~28年に2級に該当しないとして支給が打ち切られた。

 患者側は「症状の改善がないのに判断理由も示されずに違法に支給が停止された」と訴えている。

PastedGraphic-2018-02-23-11-18.png

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病・血管病予防の切り札!

「血糖値スパイク検診」

 

 糖尿病内科と循環器内科のW専門医による診療と国際医療メディカルツーリズムを推進する医療法人光史会銀座泰江内科クリニック(法人:東京都中央区銀座、院長:泰江 慎太郎)では、この度心臓・脳血管疾患の発症から最悪の場合、突然死の原因ともなりうる血糖値スパイクを最新の持続血糖チェック機器を用いてモニタリングし、糖尿病専門医、循環器専門医が診断、指導する「血糖値スパイク検診」を2018年3月1日(木)より開始することをお知らせいたします。

 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/149450/LL_img_149450_1.jpg

血糖値スパイク検診

 ●血糖値スパイクの脅威

空腹時の血糖値は正常でも「食後1~2時間のうちに急激に高血糖(140mg/dl以上)となる」病態が血糖値スパイクです。空腹で行う健康診断では正常と判断され、放置されるため気付かないうちに血管が高血糖によるダメージを受け、心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、脳出血、更にはがん、認知症等のリスクが高まることが知られています。これらの疾患を防ぐために、血糖値スパイクをより早期に発見し予防することが重要です。

 ●「血糖値スパイク検診」の特徴

1、最新持続血糖チェック機器(FreeStyleリブレ)を2週間装着し、食事や運動による血糖値の影響を24時間リアルタイムにモニタリングし、血糖値スパイクを発見します。

 FreeStyleリブレオフィシャルサイト:

http://myfreestyle.jp/products/freestyle-libre-system.html

*リブレは皮下間質液のグルコース濃度を測定し、血糖値に換算して表示しています。

 2、血管年齢、糖化・老化年齢(AGEs)、内臓脂肪面積、体組成(脂肪・筋肉・基礎代謝量)を測定します。

これらの検査データに基づき、専門医・管理栄養士・臨床検査技師が血糖値スパイクを防ぐ生活習慣をオーダーメイドで提案します。

 3、患者とクリニックをつなぐ食事管理アプリを用いたきめ細かな指導で、血糖値スパイクを完全抑制します。

 ●コース概要

・初診時に血管年齢、糖化・老化年齢(AGEs)、内臓脂肪面積、体組成を測定し、FreeStyleリブレを装着

食事管理アプリを設定し、現在のライフスタイルをカウンセリング

・1週間目、2週間目に診察を行い、FreeStyleリブレのデータにより血糖値スパイクをチェックし、生活習慣の見直しを図る

・検診日時: 火曜日、土曜日の午後(予約制)

所要時間: 各30分程度

料金 : 35,000円(税抜)

別途費用 FreeStyleリブレセンサー10,000円(税抜):使い捨て使用のためご購入いただきます。

 心臓・脳血管疾患を引き起こし、最悪の場合突然死の原因ともなりうる血糖値スパイクを、最先端の医療機器と糖尿病・循環器の専門家によるカウンセリングで早期発見・予防します。

 銀座泰江内科クリニックの「血糖値スパイク検診」を今すぐ始めてみませんか。

 ■銀座泰江内科クリニックについて

当院は東京都中央区銀座にある糖尿病内科、循環器内科のW専門医がいるクリニックです。平日夜19時まで専門医が診療を行っております。睡眠時無呼吸症候群、高血圧、高コレステロール(脂質異常)などでお悩みの方をはじめ、当院には国際医療メディカルツーリズムを目的に連日国内外から糖尿病・予防ドックなどを受けに多くの方にご来院いただいております。

 社名 : 医療法人光史会銀座泰江内科クリニック

代表者: 院長 医学博士 泰江 慎太郎

所在地: 〒104-0061 東京都中央区銀座5-1-15 銀座メディカルセンター4F

URL : https://www.ginza-ys-clinic.com/

 ●理事長・院長 医学博士 泰江 慎太郎

医療法人光史会銀座泰江内科クリニック院長・理事長。京都大学大学院医学研究科博士課程修了。医学博士。京都大学医学部附属病院、社会保険小倉記念病院循環器科、国立循環器病研究センター病院動脈硬化・糖尿病内科勤務を経て現在に至る。

これまでに糖尿病・心臓病合わせ10万人以上の患者を診療。中国、インド、アメリカ等海外のVIPからも、多数診察依頼があり担当する。TVや雑誌、新聞等の出演、著書多数。日本糖尿病学会専門医、日本循環器学会専門医、日本医師会認定産業医、日本医師会認定健康スポーツ医。社団法人メディカルヘルスケア協会代表理事。

糖尿病・血管病予防の切り札!「血糖値スパイク検診」 – SankeiBiz(サンケイビズ)

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病の肥満予防に「ゆっくり食べる」ことが効果的 6万人を調査

20180216-4-2018-02-19-16-48.jpg

 2型糖尿病で、早食いになりがちな人は、食物をよく噛んで箸を休めながら食事をすることで、体重を減らせる可能性があることが、九州大学が日本人約6万人を対象とした研究で明らかになった。

 食べる速度が速い人は、就寝の2時間前以降に夕食を摂っている割合も高く、食事が不健康になりがちだという。

食事の速度が肥満や体格指数(BMI)に影響

 研究は、九州大学大学院医学研究院のハースト裕美、福田治久氏らによるもので、医学誌「ブリティッシュ メディカル ジャーナル」(BMJ)のオンライン版「BMJ Open」に発表された。

 研究チームは、調査期間中に2型糖尿病と診断された日本人5万9,717人を対象に、食べる速度と体重の増減との関連を調べた。日本医療データセンター(JMDC)が作成した健康保険組合の実施した健康診断のデータベースを利用した。

 研究チームは論文で、食事の速度は肥満や体格指数(BMI)の値、腹囲に影響すると指摘し、「食べる速さがゆっくりであるほど、肥満の割合は減少することが明らかになりました。ゆっくり食べるよう食事のスタイルを変えていくことで、肥満の予防や、肥満が関連する健康リスクを減らせる効果を得られる可能性があります」と結論付けている。

速く食べる人ほどBMIや腹囲が上昇 もっとゆっくり食べよう

 BMI(体格指数)は身長と体重から算出され、体重が適正範囲内かどうかを判断する際に用いられる。

 研究の対象となった2型糖尿病患者は、2008年から2013年にかけて定期健診を受けており、インスリン、SU薬、ビグアナイド、チアゾリジン薬、α-グルコシダーゼ阻害薬、グリニド薬、DPP-4阻害薬、GLP-1受容体作動薬などで治療を受けていた。年齢、性別、BMI、ウエスト周囲径、血圧、食生活、飲酒や喫煙の有無などを調べた。

 参加者の3分の1以上(36.5%)が6年間に1回以上の検査を受け、3分の1(29.5%)には2回の検査を受け、5人に1人(20%)3回の検査を受けていた。

 解析した結果、食べる速度が速い人は全体の37.6%、普通の人は55.4%、ゆっくりの人は6.9%であることが判明した。

 BMIが25以上の肥満の割合は、食べる速度が速い人では44.8%、普通の人では29.6%、ゆっくりの人では21.5%で、食べる速度がゆっくりであるほど肥満の割合は少なくなることが明らかになった。

 食べる速度はウエスト周囲径にも影響する。ウエスト周囲径の平均は、食べる速度が速い人では86.8cm、普通の人では82.8cm、ゆっくりの人では80.1cmで、食べる速度がゆっくりであるほど、お腹周りも引き締まることが分かった。

 また、就寝の2時間前までに夕食を食べている人の割合は、食べる速度が速い人では43.3%、普通の人では33.4%、ゆっくりの人では36.8%だった。就寝前の食事は肥満につながりやすい。食べるのがゆっくりであると、食事スタイルも健康的になる傾向がみられた。

夕食は就寝の2時間前までに 朝食も大切

 「食べるのが速いと満腹感が得にくくなり、十分なカロリー摂取をしたにもかかわらず、満腹感を得られるまで余計に食べ続けることになります。反対にゆっくり食べると、満腹感を得やすくなるので、食欲をコントロールし、食べ過ぎを抑えられるようになります。糖尿病の人にとって大切なことです」と、研究チームは述べている。

 また、就寝の2時間前以降に夕食を摂ったり、夕食後に間食を摂ったり、朝食を抜くなどすると、肥満につながりやすい。研究では、食べるのが速い人は、就寝の2時間前以降に夕食を摂るなど、食事スタイルが不健康になりがちであることも判明した。

 「夕食を摂る時間が遅いと、翌日の朝食を十分に摂れなくなるおれそがあります。長期間にわたって朝食を抜くと、糖尿病の人ではBMIが上昇し、心臓血管疾患のリスクが上昇することが報告されています。朝食をしっかり食べることが、肥満やBMIのコントロールにつながります」と、研究チームは指摘している。

九州大学 大学院 医学系学府 医療経営・管理学専攻

Slow eating speed may be linked to weight loss(BMJ Open 2018年2月12日)

Effects of changes in eating speed on obesity in patients with diabetes: a secondary analysis of longitudinal health check-up data(BMJ Open 2018年2月)

糖尿病の肥満予防に「ゆっくり食べる」ことが効果的 6万人を調査 | ニュース・資料室 | 糖尿病ネットワーク

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

マイタケ足して糖尿予防

7-2018-02-17-16-57.jpg
半干しマイタケのロコモコ風ライス


6-2018-02-17-16-57.jpg

 

 

 健康診断で血糖値が正常値でも油断できないという隠れ糖尿病境界型「食後過血糖」。その予防には、いつもの食事にマイタケをちょっと加える「まい足し」料理がお勧めだ。

 ●食後過血糖を防ぐ

 臨床栄養実践協会理事長で管理栄養士の足立香代子さんによると、食後過血糖とは食後血糖値が高い状態(血液1デシリットル当たり140ミリグラム以上)を指す。空腹時の血糖値が同100ミリグラム未満の正常値で、血糖値の平均的な状態を示す「ヘモグロビンA1c」も正常であっても、食後1時間値が同180ミリグラム、2時間値が同140ミリグラムを超える場合がある。一般的な健康診断ではほとんど測定されない。

 健康な人は食後の血糖値はそれほど上がらず、食事前から血糖値の高い糖尿病の人は、食後さらに上昇する。一方、食後のみ血糖値の高い人は空腹時が正常値の範囲内なので、自分でも病院でも気付きにくい。足立さんは「食後血糖値が高い可能性は誰にでもあるということを知ってほしい」と強調する。

 食後過血糖を放置すると数年~10年後くらいに空腹時血糖値が上昇し、糖尿病になるリスクが高くなる。過血糖の状態が続くとがんや認知症、心疾患、脳血管疾患の発症にもつながるため、予防が必要だ。だが、流行する糖質制限では栄養バランスが崩れてしまう。そこで足立さんは、食事にマイタケを取り入れる「まい足し」を勧める。

 ●三つの栄養素注目

 優れた栄養素が豊富なマイタケ。その中でも足立さんは血糖値の上昇を緩やかにする食物繊維と、インスリンの効きを良くする「マイタケα-グルカン」、糖尿病患者に処方されるα-グルコシダーゼ阻害薬に似た「n-ヘキサン」の三つに注目する。梅おにぎり(100グラム)だけを食べた場合と、マイタケ(100グラム)を食べてからおにぎりを食べた場合の血糖値推移を測定すると、大きな違いがみられた=図。豊富な食物繊維と歯ごたえのある食感も血糖値急上昇の一因となる早食いを防ぎ、食後血糖値を抑えていると考えられるという。

 市販のマイタケは1パック約100グラム。足立さんによるとその半分を1回の食事に加えるのが上手な食べ方だという。少なすぎては効果がなく、多すぎても飽きてしまうからだ。「手っ取り早いのはサラダに入れて、シャキシャキ食べる。サッと熱湯にくぐらすのもいいし、オーブンで少し加熱すれば香りが出てかみ応えもいい。油を使って調理したマイタケは腹持ちがいい」とアドバイスする。

b8c83f7e3c23e862c24e0cde73e6ee8c.jpg
マイタケのヘルシースープカレー

 足立さんに手軽な「まい足し」レシピを2品教えてもらった。「ロコモコ風ライス」の炒めた具は、常備菜のようにパンにのせたりスープに入れたりしてもいい。「ヘルシースープカレー」は具材を大きく切り、かみ応えを出すのがポイントだ。「食べ方を工夫して、満足感を得てほしい」と話している。【矢澤秀範】

 ●骨の健康に一役

 マイタケにはカルシウムと並ぶ、骨の健康に必要な栄養素ビタミンDが豊富に含まれる。骨粗鬆症(こつそしょうしょう)財団理事で健康院クリニック院長の細井孝之さんは「ビタミンDは冬に不足しがちな栄養素。キノコや魚で補ってほしい」と語る。細井さんによると、ビタミンDはサケやイワシなどの魚やキノコに多く含まれる。特にマイタケは含有量が多い。厚生労働省の摂取基準では、成人の目安量は1日当たり5.5マイクログラムで、100グラム食べると1日の必要量を摂取することができる(生4.9マイクログラム、ゆで5.9マイクログラム、油炒め7.7マイクログラム)。葉酸も含まれており、骨の質を高めることも期待できる。ビタミンDは紫外線を浴びることでも生成されるが、冬場は日照が弱く運動量も減るため、高齢者が骨折しやすくなるという。

 この他、最新の研究ではうつなどのメンタル疾患や認知症の予防、風邪の予防、慢性炎症の抑制などの健康効果が分かってきた。細井さんは「マイタケは鍋にも炒め物にも使える。いろいろな食材と組み合わせて上手に取り入れてほしい」と話している。

半干しマイタケのロコモコ風ライス

 《主な材料》(2人分)

▽マイタケ      1パック

▽ニンジン      1/5本

▽タマネギ      1/2個

▽ニンニク      1片

▽ゴボウ       1/6本

▽レンコン      2センチ幅

▽牛豚ひき肉     140グラム

▽カマンベールチーズ 2個(36グラム)

▽オリーブ油     大さじ1

▽A(コンソメ小さじ1、コチュジャン大さじ1と1/3、ナンプラー小さじ2、塩・コショウ・ナツメグ・タカノツメ各適宜)

▽卵         2個

▽サラダ油      少々

▽リーフレタス    2枚

▽ミニトマト     4個

▽パクチー      適宜

▽ご飯        200グラム

 《作り方》

<1>半日干したマイタケ、ニンジン、タマネギ、ニンニクは大きめのみじん切りにする。

<2>ゴボウ、レンコンは大きめのみじん切りにして、電子レンジで加熱する(500ワットで2分程度)。

<3>オリーブ油をフライパンで熱し、ニンニクを弱火でキツネ色になるまで炒め、(1)(2)の野菜を加えて炒める。さらに肉とAを加えて炒め、刻んだカマンベールチーズを加えてなじませる。

<4>別のフライパンでサラダ油を熱し、目玉焼きを作る。

<5>お皿にご飯、(3)(4)、リーフレタス、ミニトマトを盛り、パクチーを飾る。

マイタケのヘルシースープカレー

 《主な材料》(2人分)

▽マイタケ      1パック

▽すりおろしショウガ 大さじ2

▽ニンニク      2片

▽タマネギ      1/2個

▽カボチャ      3センチ角2個

▽ナス        1個

▽パプリカ(赤、黄) 各1/5個

▽ブロッコリー    2房

▽むきエビ      12個

▽水         2カップ

▽A(カレー粉大さじ1と1/3、麺つゆ大さじ2、ナンプラー小さじ1)

▽糸寒天       二つまみ

 《作り方》

<1>マイタケは大きめにさき、2等分にする。

<2>ニンニクはみじん切りに、タマネギ、カボチャはくし形、ナス、パプリカは乱切り、ブロッコリーは食べやすい大きさに切る。

<3>鍋に水とタマネギ、ニンニク、カボチャを入れ火が通ったら(1)と(2)の残りの野菜、ショウガ、むきエビ、糸寒天、Aを入れて煮る。

<4>(3)を器に盛る。

毎日新聞

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病の人は「足の冷え」「しびれ」に注意 

足の動脈硬化を改善

 

20180215-2-2018-02-16-16-42.jpg

 寒い冬につらさが増す「足の冷え」や「むくみ」「しびれ」。実は足の血液の流れが低下することが密接に関係している。深刻な病気が隠れている場合もあるので、注意が必要となる。治療法は進歩しているので、まずは検査を受けることが大切だ。

冷えやむくみを改善するために「血流」が大切

 例年になく寒い日が続いている今年の冬。血流が悪化して「足の冷え」や「足のむくみ」「しびれ」に悩む人が少なくない。

 2月10日は「フットケアの日」だった。「フットケアの日」は、日本フットケア学会、日本下肢救済・足病学会、日本メドトロニックが2012年に制定したもの。

 「フットケアの日」に合わせて、サンパックは20~50代の女性1万人を対象に「女性の足の悩みに関する調査」を実施した。

 それによると、足の悩みが多い季節として「冬」と答えた人が79.9%に上った。具体的な悩みを聞くと、「冷え」(39.8%)、「かかとのヒビ割れ」(31.0%)が多く、「むくみ」「足全体の乾燥」はそれぞれ9.1%だった。

 調査では、血流を良くすることでどのような効果があると思うか聞いたところ、「冷え性の改善」(89.8%)、「むくみ改善」(74.5%)という結果となり、多くの人が冷えやむくみに対して、血流が重要であることを理解していることが分かった。

 一方で、血流を良くするために実践している具体的なケア方法を聞いたところ、「何も行っていない」という人が32.0%、つまり約3割の人が全くケアをしていないことが判明した。

毛細血管は酸素を運ぶ重要なルート

 さらに、足の悩みについて聞くと、「冷え性で布団に入っても足が温まらず、全く眠れない」(67.4%)、「冷え性で寝る前にお湯で足を温めようと試みるが、足先が暖まる前にお湯が冷める」(30.5%)、「部屋が臭うなと思ったら、自分の足の臭いだったことがある」(21.6%)、「慣れない靴を履くとすぐに靴擦れし、絆創膏にお世話になる」(72.1%)といった回答が寄せられた。

 「足の冷え」について、常葉大学健康科学部の久保明教授(銀座医院院長補佐・抗加齢センター長)は、「毛細血管は、酸素を運んでいく重要なルートです。毛細血管のコンディションが整わないと、体の組織に十分な酸素が行き渡らなくなる可能性があり、足の冷えや疲労感という、血管の老化である動脈硬化の一歩手前の状況につながります」と述べている。

 また、医療ジャーナリストの増田美加氏(NPO法人日本医学ジャーナリスト協会会員)は「手足の冷えなどを改善するためには、血液の流れる道を整備することは必須であり、血液の質の向上はもちろんのこと、血液の流れる毛細血管を正常化することが重要です」とコメントしている。

足の動脈の病気で多い「末梢動脈疾患」(PAD)

 今回の「血流」と「足の悩み」についての調査をみると、足の血管(毛細血管)を健康に保ち、動脈硬化を予防することが大切だと気付かされる。

 足の動脈は、足の指先に向かって血液を送り、酸素と栄養を供給している。

 足の動脈の病気で多いのが、動脈が途中で狭くなったり詰まってしまう動脈硬化によって、酸素不足や栄養不足を起こす「末梢動脈疾患」(PAD)だ。足のPADは日本では「下肢閉塞性動脈硬化症」とも呼ばれている。

 下半身に向かう動脈は、骨盤の部分で枝分かれし、太もも・ふくらはぎを通って、足の指先に向かって血液を送っている。このふくらはぎ、太もも、骨盤の中を通る太い血管そのものが狭くなったり詰まったりすると、血液が十分には流れず、酸素不足、栄養不足となる。

 PADになると、しびれや痛み、悪化すると潰瘍ができたり、ひどい場合には壊死することもある。全身の動脈硬化を伴うことも多く、心筋梗塞や脳梗塞に罹患する危険性が高まる。

糖尿病の人は足を見てもらおう 「PAD」(末梢動脈性疾患)にご注意

ウォーキングなどの有酸素性運動が動脈硬化を3分の1以下に抑える

自分の足を知ろう 「足潰瘍」は糖尿病の重大な合併症

糖尿病・高血圧・高脂血症・喫煙習慣があると悪化しやすい

20170215-3-2018-02-16-16-42.jpg

 PADは、ほとんど無症状のまま病気が進行し、いったん症状が出始めると完治が難しくなる。

 PADの病期としては、ます冷感やしびれが起こり、やがて「間欠性跛行」(しばらく歩くと痛みが出る、休むとまた歩ける、という症状)があらわれ、それが進行すると安静時にも疼痛が起こるようになる。

 糖尿病・高血圧・高脂血症・喫煙習慣があると、動脈硬化が進行しやすくなるので、これらの疾患をきちんと治療することが大切だ。

 糖尿病で血糖コントロールが悪いと、動脈硬化が進みやすくなるだけでなく、とくに膝から下の動脈(下腿動脈)が詰まりやすくなる。血流の迂回路ができにくく、足部の虚血が進み重症化しやすいので、特に注意が必要だ。

 PADを予防・改善するために、バランスの取れた食事や適度な運動を心がけ、禁煙に努めるが必要だ。喫煙、糖尿病、高血圧、高脂血症、ストレス、肥満などの動脈硬化の危険因子をコントロールしていくことが求められる。

治療は進歩している 治療により症状は改善

 

 それでも改善されない場合は、薬物治療と運動療法が行われる。間欠跛行の薬物治療では、血液をサラサラにする抗血小板薬を使い、病状の進行を抑え、ほかの部位の動脈の閉塞を予防する治療が行われる。

 運動療法では、医師の指導の下で1日30分以上の歩行訓練を週3回、3ヵ月以上続けると多くの場合で改善する。ウォーキングを続けることで細い血管が発達し、足への血流が改善する。

 間欠性跛行のある場合は、少し歩いたのち、足が痛くなる前に歩くのをやめ、しばらく休んでからまた歩くという運動療法が効果的だ。

 薬物や運動療法でも症状が改善しない時は、途絶えた血流を再開させる血行再建術が行われる。

 血行再建術には、動脈硬化を起こした血管を内側から広げる血管内治療と、詰まった血管を迂回してその先の血管につなげるバイパス手術がある。

 血管内治療では、カテーテルを通じて風船を膨らませ、血管を拡張させるバルーン治療や、ステントを血管内で広げて固定するステント治療がある。

 これらの治療は、ここ数年で飛躍的に技術や治療器具が進歩しており、これまでは治療不可能であった部位についても、治療の幅が拡がってきている。

 PADは全身の血管疾患でありトータルケアが重要だ。治療により症状が良くなるだけではなく、今後起こりうる血管疾患の予後も改善しうることが可能となる。 サンパック

フットケアの日(日本フットケア学会)

日本下肢救済・足病学会

末梢閉塞性動脈疾患の治療ガイドライン(日本循環器学会)

「PAD」(末梢動脈性疾患)(米国糖尿病学会 2014年9月24日)

糖尿病の人は「足の冷え」「しびれ」に注意 足の動脈硬化を改善 | ニュース・資料室 | 糖尿病ネットワーク

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

豊川市糖尿病予防プロジェクトが野菜メニューPR

02月15日(木)00:00掲載

PastedGraphic13-2018-02-15-16-54.png

 バレンタインデーの14日、豊川市の女性職員を中心に所属課を超えて構成する「豊川市糖尿病対策プロジェクト」が、糖尿病予防啓発として県や民間企業と展開する「野菜たっぷりメニュー」を本庁舎食堂でPRした。健康を重視した“プレゼント”に、男性職員らも真剣に聞き入った。

 メンバー11人は昼食中の職員らに、愛知県が全国で野菜摂取量が最も低く、豊川市民はヘモグロビンエーワンシーの有所見者が県平均より2割以上高く糖尿病予備群が多いことを報告。この日のナス、タマネギ、白ネギを使用した「厚揚げとナスの麻婆炒め」を筆頭に、給食調理サービス業・メーキュー穂なみ豊川店の協力で食堂で提供する野菜たっぷりメニューを紹介した。

 全体の約350㌘のうち、1日の野菜の必要摂取量の3分の1が摂取できるメニューで、昨年4月からは2日に一度の割合で提供。メーキューの栄養士・水野理奈さんは「健康に留意して、野菜をたくさん摂ってほしい」と期待し、保健センターの保健師・松本絢さんも「食事の最初に野菜を食べると、血糖値の上昇が緩やかになる」と効果を説明した。

 野菜メニューはB定食(550円)として提供され、一般市民も食事できる。今月は19日に八宝菜、20日にイカと里芋の煮物、21日にゴボウ入りチンジャオロースなどを予定している。

 プロジェクトメンバーは保健センター、保険年金課、介護高齢課の女性職員で発足し、今年度から保育課、農務課の職員も加わった。

(由本裕貴)

PastedGraphic12-2018-02-15-16-54.png

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖質過多の食事、認知症リスク増大との研究結果

文=森由香子/管理栄養士

post_22335_02-2018-02-15-16-46.jpg

「Thinkstock」より

 

 

 糖質の摂り過ぎは体に良くないといわれ始め、糖質制限食を実践している方が多いと思います。ご存知のように糖質過多の食事は、糖尿病などの生活習慣病を引き起こす要因のひとつと考えられています。では、糖質過多の食事が認知症を早める危険因子にもなっていることをご存知でしたでしょうか。

 近年、肥満、高血圧、脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病が、アルツハイマー型認知症の発症と深い関係があるといわれています。そのなかでも、糖尿病と認知症との関連が注目を浴びています。

 

 その理由のひとつとして、血糖値が高い状態を長い間そのままにしておくと、脳の神経細胞がダメージを受けやすいためと考えられています。私たちの体は、インスリンが血糖の働きをコントロールしています。しかし、食べ過ぎや運動不足などの悪い生活習慣によりインスリンが不足したり、働きが衰えたりすると、血糖の働きをコントロールすることが難しくなります。

 また、インスリンは、血糖のコントロールをするだけではありません。神経細胞の働きをサポートするなど大切な役割も果たしていることもわかっています。

 ところで、インスリンは役目を終えたら最後はどうなるのでしょうか。実は、役目を果たしたインスリンは、インスリン分解酵素の働きにより分解されてしまいます。そしてうれしいことに、その時、認知症の原因とされるアミロイドβという物質も分解してくれるというのです。

 アミロイドβとは、タンパク質の一種で、脳の神経細胞からでたゴミのようなもので、ヒトは誰でも加齢とともにアミロイドβが、多かれ少なかれたまっていきます。このゴミのようなアミロイドβがたまっていくと、脳の神経細胞の外に老人班というシミのようなものができ、脳の細胞の働きを邪魔し、細胞を死滅させて脳を委縮させることがわかっています。

 アミロイドβは、認知症の症状が発症する20年ぐらいまえから脳内にたまり始めます。

 食事から糖質を摂り過ぎてしまうと、インスリン分泌量が増え過ぎます。するとインスリン分解酵素は、インスリンの分解を優先します。

 そのため、インスリン分解酵素は、アミロイドβの分解をすることができなくなり、アミロイドβがたまり、神経細胞が死んでしまうと考えられています。ある研究者は、アルツハイマー型認知症を脳の糖尿病と呼んでいます。

 生活習慣病の糖尿病は、予防することが可能です。血液検査で血糖値が高い方は、早い段階から生活習慣、食事習慣を改善し、血糖値を基準値内に保つようにしましょう。認知症の発症リスクが低くなります。糖質の摂り過ぎに注意し、適量の摂取を心がけましょう。

(文=森由香子/管理栄養士)

ビジネスジャーナル ⁄ Business Journal

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

花粉症対策のステロイド剤には糖尿病や胃潰瘍のリスクあり

NEWSポストセブン

 

 花粉症で処方される抗ヒスタミン剤は、鼻水や皮膚の赤み、かゆみなどの症状を抑える。だが、代官山パークサイドクリニック院長の岡宮裕医師はこう指摘する。

「抗ヒスタミン剤は、眠気を生じさせたり、頭痛、乾燥が酷くなって鼻や口が乾いたり、排尿が困難になるなどの副作用があります。特に高齢者は肝臓代謝力が低下しているので、眠気を通り越し、注意力散漫や酩酊に近い状態が長く続くこともあります。

 また、抗ヒスタミン剤とステロイド剤を混合したセレスタミンという内服は非常に強力ですが、ステロイド剤はアレルギーを抑えるのと同時に体の免疫力も抑えてしまうので副作用も強い。血圧の乱高下や糖尿病を誘発したり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍を起こしたりする可能性がある」

 効く薬は、その分、副作用も強く、高齢者にはあまり向かないといえる。

「私が高齢者に花粉症薬を処方する場合、昔からあるポララミンなどの抗ヒスタミン剤は避け、効きは弱いけれど『アレグラ』を処方します」(岡宮氏)

 アレグラは眠くなりにくいのも特徴で、注意力散漫を起こしにくいという。

※週刊ポスト2018年2月16・23日号

ニフティニュース

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com