ナチョってどんな人?

12歳で糖尿病と診断されるも

「糖尿病は僕のそばにいるチームメイトのようなものだ」

サッカー 2019.01.31

GettyImages-908355632-e1548847977476-2019-01-31-13-27.jpg

 

サッカーの強豪、レアル・マドリードでプレーするナチョ選手をご存知だろうか。特徴的な登録名で有名なナチョ選手。実は幼い頃から糖尿病を患い、闘病しながらプレーを続けている。

なぜナチョなのか

 

GettyImages-908322564-e1548847948361-2019-01-31-13-27.jpg

(c)Getty Images

ナチョ選手は、一般的に「ナチョ・フェルナンデス」と呼ばれている。しかし、この名前は本名ではない。

ナチョ選手の本名は、ホセ・イグナシオ・フェルナンデス・イグレシアスである。

実は、スペイン語圏では「イグナシオさん」を「ナチョさん」という愛称で呼ぶ風習がある。そのため、サッカー選手としての登録名は「ナチョ」のみ。周囲からも「ナチョ・フェルナンデス選手」と呼ばれるようになった。

経歴

ナチョ選手は11歳の頃でレアル・マドリードの下部組織(ユース)に入団した。ユースでは8年間過ごし「レアル・マドリード・カスティージャ(Bチーム)」へ昇格する。

2011年にトップチームの一員としてデビューしたが、なかなかプレーの機会は与えられなかった。

GettyImages-962427250-e1548847958348-2019-01-31-13-27.jpg

(c)Getty Images

2015年シーズン以降、他の主力選手の怪我などの影響があり、ナチョ選手にスタメンの機会が与えられ始める。

このチャンスを生かしたナチョ選手は頭角を現し、2016年シーズンにはレアル・マドリードの5シーズンぶりのリーグ制覇に貢献。2017年シーズンは42試合に出場し、22試合はスタメン出場した。

このように、ナチョ選手は幼少期からずっとレアル一筋でプレー。レアル・マドリードで出場機会を得られない時期は移籍を考えたこともあるようだが、結果的にトップチームで実力を発揮できたことになる。

プレースタイル

ナチョ選手は守備の要としてチームに貢献している。ディフェンダーとしてどのポジションでもプレーできる上、安定感がある魅力的な選手だ。

粘り強い対応でボールを追い続け、ちょっとした相手のミスを突いてインターセプトをするプレースタイルはレアル・マドリードにフィットしているといえるだろう。

糖尿病と闘病しながらプレー

ナチョ選手は2016年11月、「糖尿病」を患っていることをUEFA(欧州サッカー連盟)のインタビューで明かした。

糖尿病は成人してからではなく、幼少期(12歳)から患っており、レアル・マドリードのユースに入って2年目から闘病していることになる。

ナチョ選手は当時、初診を担当してもらった医師からは「もうサッカーはできないだろう」と告げられ、絶望の淵に立たされたという。

しかし、専門医に診てもらった際、糖尿病には肉体的な運動が必要だから、サッカーは辞めなくて良い」と言われたようだ。

しかし、糖尿病は薬の投与など対処を間違えてしまうと、命の危険にさらされてしまう。薬などの管理に細心の注意を払うようになり、より責任感が増したようだ。

GettyImages-908322564-e1548847948361-2019-01-31-13-27.jpg

(c)Getty Images

ナチョ選手は糖尿病に対し「僕のそばにいるチームメイトのようなものだ」と語っている。

杉山新のクラウドファンディングで糖尿病の子どもたちと対面

実は日本にも糖尿病を患った元・Jリーガーがいる。その名も「杉山新」選手。1999年、柏レイソルに入団した杉山選手は、2003年にヴァンフォーレ甲府へ移籍。しかし、糖尿病を発症してしまい、戦力外通告を受ける。

一度はJリーガーを諦めたこともあったが、「もう一度サッカー選手としてピッチに立ちたい」と思いから、その後10年間さまざまなチームでプレーを続け、2015年にFC岐阜で現役を引退した。

2018年には、糖尿病を抱える少年少女らに「同じ糖尿病を抱えながら戦うナチョ選手の戦う姿をみせてあげたい」という想いからクラウドファンディングを立ち上げる。

450万円の募集に対し、集まった額は460万円。実際に子供たちもナチョ選手に会うことができたという 。

ナチョ・フェルナンデス選手は偉大な選手であることに疑いの余地はない。守備の要というあまり目立たないポジションで、レアル・マドリードで活躍する姿に同じ糖尿病を抱える少年らに勇気を与えた。今後も彼の活躍に注目したい。

≪関連記事≫

鹿島戦でハット達成のガレス・ベイルは、ウェールズ代表でも活躍する3児のパパ!

ベンゼマってどんな人?レアル・マドリードのエースになるまでの経歴

ベンゼマとイグアインを比較!もしイグアインがレアル・マドリードに残留していたら…

モドリッチが後悔しているという、トッテナム退団時のトラブルとは?

GettyImages-908355632-e1548847977476-2019-01-31-13-27.jpg

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

ナチョってどんな人?12歳で糖尿病と診断されるも「糖尿病は僕のそばにいるチームメイトのようなものだ」 | SPREAD

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

がん、肥満、うつ病…

「慢性炎症」が現代人を悩ませる病気の大半にかかわる万病のもとだった!?

51fDxHLvsL-2019-01-30-13-34.jpg
『免疫と「病」の科学 万病のもと「慢性炎症」とは何か(ブルーバックス)』(宮坂昌之、定岡恵/講談社)

「慢性炎症」という言葉を聞いたことがあるだろうか? 文字通り、慢性的に炎症が持続している状態を指し、漠然とはしているがイメージは湧く。実はこの「慢性炎症」は、まだ広くは知られていないが、様々な疾患に関与することが分かってきて、世界中の科学者が注目する研究対象となっているのだ。

『免疫と「病」の科学 万病のもと「慢性炎症」とは何か(ブルーバックス)』(宮坂昌之、定岡恵/講談社)によれば、「慢性炎症」自体は症状が軽いため見つかりにくいが、進行すると、がんや糖尿病、アルツハイマー病などの病気の原因となり、その病気を悪化させてしまう。自覚症状がないまま炎症が進行し、気づいた時には臓器の機能不全などが始まるため、欧米では「サイレント・キラー」「シークレット・キラー」とも呼ばれている。

■現代人を悩ませる病気の大半のもと!? 慢性炎症が引き起こす病気って?

 慢性炎症の状態が引き起こす病気は様々だが、例えば「がん」もそのひとつ。いまや日本人の2人に1人が罹患すると言われている。ピロリ菌や肝炎ウィルスによる持続的な感染が、がんの発生に大きな影響を与えると考えられているが、感染が長引く過程で慢性の炎症が見られる。

 さらに、「肥満」や「糖尿病」などの生活習慣病にも、慢性炎症が大きく関与している。過去に行われた実験から、高カロリー食を摂取して、わずか5日目には、脂肪組織に炎症状態が見られ、炎症反応が促進されるメカニズムが機能していることが分かっている。

 つまり、暴飲暴食を続けると、この炎症が悪化していくということだ。記憶に新しいのは年末年始の生活…。長い休みなのをいいことに、そして、「年に一度だし」「新年だし」と理由をつけて、かなり暴飲暴食をしてしまった。これからは、「体のどこかで生じている炎症」をイメージして、節制を心がけたい。

 驚くべきことに、「うつ病」も炎症と関わりがある。他の病気ほど明確ではないものの、うつ病に関するマウスの実験から、脳内炎症による神経細胞の機能変化が重要であることが示唆されている。少しでも可能性があるなら、気をつけたいところだ。

■慢性炎症を予防するにはどうすればいいのか?

 万病のもととなる慢性炎症。著者は、予防のために大切なのは「健康習慣」であると指摘する。何事もほどほどに、やりすぎないよう心がけることが大切だ。「脂肪分のとりすぎ」「アルコールの飲みすぎ」など、「ほどほど」を過ぎると、血管の壁や臓器など、悪いものがたまる場所で炎症が始まり、体調を崩してしまう。

 疲れていると高カロリーな食事に偏ったり、お酒の量が増えたりするが、それが続くと、体が重く、だるくて調子が出ないと感じることがある。これは、炎症による不調なのかもしれない。

 他には、自分の家族や家系にどのような病気があったかを知ることも重要。体には個人差があり、炎症の起こりやすさ、続きやすさなども、人によって異なるためだ。個人差には、環境によるものと遺伝によるものがあり、環境は自身の努力で改善できる。一方で、遺伝は家系に伝わるものなので、どんな病気があったのかを知っていれば、対処できることもある。

 どの慢性炎症にも効く特効薬はないものの、それぞれの疾患に対しては、効果的な治療が可能になっている。しかし、一番大切なのは慢性炎症の予防。そのためには、何事も「ほどほど」の健康的な生活を心がけ、ストレスをためないようにすることが重要だ。体調が優れないということは、体のどこかに炎症があるかもしれないということ。最初は小さな炎症でも、知らないうちに悪化してしまうため、早めの対処が必要だ。

 何事もほどほどの生活は、簡単なことではないが、いまも体のどこかで発生しているかもしれない炎症を悪化させないためにも、食事や睡眠、ストレスへの対処など、できるところから見直してみてはいかがだろうか。人生100年時代を生き抜くためにも、様々な病気を引き起こす慢性炎症の予防が鍵となりそうだ。

文=松澤友子

がん、肥満、うつ病…「慢性炎症」が現代人を悩ませる病気の大半にかかわる万病のもとだった!? | ダ・ヴィンチニュース

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

アメリカ人に肥満が多い理由のひとつは、睡眠不足?

My Big Apple NY2019年01月30日 09:45

 

「睡眠負債」と言えば、2017年の流行語ベストテンに選ばれた言葉ですよね?皆さまは解消されたでしょうか?

スタンフォード大学の教授が提唱しただけあって、アメリカ人の間で睡眠不足=sleep depriviationは眠れないほど深刻な問題です。疾病対策センター(CDC)が、2014年に「睡眠不足は世間一般に広がる伝染病」なるレポートを公表するほど。米国睡眠財団(National Sleep Foundation、NSF)が18~64歳に7~9時間睡眠を推奨する一方で、同財団の調査によれば、アメリカ人の3分の1の睡眠時間は6時間以下ですから、まさに「睡眠負債」が積み上がる状況と言えるでしょう。

年齢ごとの適切な睡眠時間は以下の通り。

raw-2019-01-30-13-32.jpg

NSF

皆様も既にご存知なように、より良い睡眠のためには長さだけではなく質の向上も不可欠です。NSFによれば、以下が有効とされています。

●一定の就寝時間を守る

●就寝前の寛ぎの時間をもつ

●日常的に運動する

●寝室の温度、音、光などを好みに設定する

●身体に合った枕とマットレスを選ぶ

●アルコール、カフェインなどの飲み物に気をつける

●スマートフォンやゲーム端末機などを遠ざける

アルコールの摂取量が年々増加し、コーヒー好きの人口広がりを見せ、さらにSNSの普及によりスマートフォンなどをベッドに持ち込む人々も多くなる現代。睡眠時間が短くなったり質が低下するのは当然の帰結でしょう。

とはいえ、ランド研究所の調査に基づけば、睡眠不足による経済損失が2016年時点で4,111億ドルとGDPの2.8%に相当するとあって、睡眠不足は何とか改善したいところ。特に、睡眠不足がもたらす健康上の問題は見逃せません。ニワトリとタマゴの議論になってしまうきらいはあるものの、肥満、糖尿病、うつ病などの割合は、睡眠時間が短いアメリカ人の間で高くなっています。特に肥満に関しては、アメリカの成人に占めるシェアとあまり変わりません。

●肥満

→睡眠時間7時間以下:33.0%、7時間以上:26.5%

●運動不足(過去1ヶ月間に一度も運動せず)

→睡眠時間7時間以下:27.2%、7時間以上:20.9%

●心臓病

→睡眠時間7時間以下:4.8%、7時間以上:3.4%

●ガン

→睡眠時間7時間以下:10.2%、7時間以上:9.8%

●脳卒中

→睡眠時間7時間以下:3.6%、7時間以上:2.4%

●糖尿病

→睡眠時間7時間以下:11.1%、7時間以上:8.6%

●うつ病

→睡眠時間7時間以下:22.9%、7時間以上:14.6%

2 / 2ページ

健康的な生活を送る上ではバランスのとれた食事、適度な運動、そして睡眠が重要であることに間違いありません。それでも、アメリカ人が生活上で優先する事項の1位はフィットネス・栄養で、2位が仕事、3位に趣味が入り、睡眠は4位に甘んじていました。身体と心のバランスを考えるならば、アメリカ人も日本人も関係なく、睡眠への意識を変えねばいけないのかもしれません。

(カバー写真:raquiason/Flickr)

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

命を守る最新常識!

恐ろしい「糖尿病」を予防する食べ方とは?

 

「糖尿病」は、血糖値を下げるインスリンが働かなくなるために、慢性的に血糖値が高くなる病気です。そんな糖尿病の本当の恐ろしさは数々の「合併症」にあることを知っていますか?

神経障害や腎症、網膜症を引き起こし、人工透析を必要としたり、最悪の場合失明したりする場合もあります。合併症が表面化、重症化してから糖尿病になっていたことを知る人も多くいるのです。

発症を防ぐためには、体内の血糖値が上がりすぎないよう配慮することが大切。今回は糖尿病を予防するための、食べ方に関する最新常識を紹介します。

「食べる順番」で人生が変わる!?

空腹時は、体が栄養を急速に吸収しようと待ち構えている状態。一口目にごはんやうどんなどの炭水化物を食べると、すぐにブドウ糖に分解され血糖値が急上昇します。

こうした急激な血糖値上昇は「血糖値スパイク」と言われ、何度も繰り返すと糖尿病や合併症の引き金になる危険な現象です。

血糖値スパイクを防ぐには、サラダなどの食物繊維や、肉や魚など消化されにくいものから食べるようにしましょう。すると、あとから入ってきた炭水化物がなかなか消化・吸収されず、血糖値の上昇がゆるやかになります。

▼「すきっ腹にうどんを食べたとき」と「先にサラダを食べたとき」の血糖値上昇のちがい

a58a5be4e39e670023d3b5cf092236cb-2019-01-30-13-26.png

血糖値を急上昇させるNG食品に気をつけよう!

日常的にやってしまいがちでNGな食べ方が、焼きそばパンやポテトサラダサンドなどの「ダブル糖質メニュー」。これらはうっかり手を出すと、血糖値が急上昇するため避けるようにしましょう。

また、実は気をつけなければいけない食品が「フルーツ」。ビタミンを豊富に含み、健康食として捉えられがちですが、血糖値上昇のもととなる場合もあります。

ももやメロンなど甘いフルーツの食べ過ぎや、甘味を追加したフルーツジュースには注意が必要です。

夢じゃない! 血糖値を下げるスイーツがあった!

「血糖値は気になるけど、甘いお菓子を食べたい!」そんな人には「ダークチョコレート」がおすすめです。

近年の研究で、カカオ分70%以上のダークチョコレートに含まれる「ポリフェノール」に、血糖値を下げる効果があるとわかりました。

スイーツを食べて血糖値を下げるとは、夢のような話ですよね。また日本茶やコーヒー、紅茶にもポリフェノールが含まれているため、食後や休憩時間にぜひ摂取してみてください。

正しい食べ方で血糖値をコントロールしよう

はじめは自覚症状がないため、自分とは関係のないことと思いがちな糖尿病ですが、その実態を知ると血糖値のコントロールがいかに重要なことか思い知らされます。

最近では、イギリスのアボット社から針を使わない血糖値測定器が発売され、採血なしで食後血糖値の変動を知ることができるようになり話題となりました。

血糖値を下げるための食べ方をもっと知りたいという人は、『ズボラでもラクラク! 薬に頼らず血糖値がぐんぐん下がる!』をお手に取ってみてください。

糖尿病のメカニズムに即し、食生活をはじめ運動や睡眠、そのほかさまざまな生活習慣に関する知識が掲載されています。恐ろしい合併症を予防するためにも、正しい知識を持つことからはじめてみましょう。

命を守る最新常識!恐ろしい「糖尿病」を予防する食べ方とは? | ほんのひきだし

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病と骨の健康 

骨が分泌する「若返りホルモン」は運動で増やせる

20190129-2-2019-01-29-13-25.jpg

 糖尿病があり血糖コントロールが良好でないと骨が弱くなる。糖尿病の方は、そうでない方と比べて骨折の危険が大きい。

 運動を習慣として続けると、骨を作るホルモンの分泌が活発になり、骨が丈夫になる。加えて「若返り効果」も得られることが、最新の研究で明らかになった。

糖尿病の人は骨が弱くなりやすい

 加齢とともに、人はだんだん骨が弱くなる。皮膚の老化や血管の老化と同じように、骨も老化する。骨の強さには、骨の量の目安となる「骨密度」と「骨質」が関係している。骨粗鬆症になると、骨密度が低下し、骨質が劣化する。

 高血糖や高血圧、脂質異常症などがあり、適切な治療をしないでいると、骨量が低下しやすいので早めの対策が必要だ。インスリンには骨を作る「骨芽細胞」を増やす作用がある。インスリンがうまく働かない状態にあると、骨芽細胞が不足し、骨を作る働きが低下する。

 また、慢性腎臓病があると、カルシウムを体内に吸収させるのに必要なビタミンDの活性化が低下し、血液中のカルシウムが不足するようになる。それを補うために骨からカルシウムが溶け出し、骨量が減少しやすい。

 閉経後の女性も注意が必要だ。女性ホルモンには骨密度を保つ働きがある。女性は、閉経を機に女性ホルモンの分泌量が減少するため、骨量が減少しやすい。

 人生でもっとも骨量が多いのは男女とも20歳頃で、20~40歳代の前半までは、骨量は平坦に推移するが、40歳の半ばを過ぎるとだんだん落ちていく。20歳頃に骨量が少ない人は、高齢になるとさらに骨が弱くなるおそれがある。

骨から分泌されるオステオカルシンは「若返り物質」

 骨を丈夫にするために運動は欠かせない。骨には、運動などの負荷をかけると強くなり、逆に負荷をかけないと弱くなるという性質がある。骨を丈夫にするために効果的な運動は、衝撃や負荷の大きい運動だ。

 逆に、寝たきりの状態の人や、無重力で過ごす宇宙飛行士などでは、骨密度が急激に減少する。運動には転倒予防の効果があり、骨折予防のために重要だが、運動の効果はそれだけではない。

 運動により骨に力をかけると、骨を作る細胞が新しくできてくるだけでなく、「オステオカルシン」というホルモンの分泌も促されることが、岡山大学の研究で明らかになった。

 オステオカルシンは、骨芽細胞で産生される骨基質タンパク質で、血中にもある。カルシウム代謝と関わりが深く、運動による筋肉増強、認知機能の改善、精力のアップなどにも関わっている。

関連情報

骨粗鬆症:6つの方法で予防 40歳過ぎたら骨を強くする対策を

サッカーが糖尿病の運動療法に 骨を丈夫にできる最適な運動

お酒を飲むと赤くなる人は大腿骨の骨折に注意 リスクが2.5倍に

オステオカルシンはインスリンの分泌と感受性も促している

 骨は単なる体の支柱ではなく、重要な臓器のひとつだ。骨の主な成分はコラーゲン線維とそこに沈着しているリン酸カルシウムだが、そのほかにも「オステオカルシン」や「オステオポンチン」などの微量な成分が含まれていて、骨の硬さを調節したり、骨の細胞が接合しやすい足場を作ったりしている

 最近の研究では、これらの微量成分は、骨から溶け出して全身の臓器に働きかけるメッセージ物質として機能していることが分かってきた。

 とくに骨芽細胞から分泌される「オステオカルシン」は大切なメッセージ物質で、脳、精巣、筋肉、膵臓などに働きかけ、記憶力、筋力、精力などをアップする「若返り物質」として働くことが知られている。

 九州大学の研究によると、「オステオカルシン」は、インスリン分泌および感受性も促し、全身の糖代謝をコントロールしている。一方、インスリンは、骨芽細胞内のインスリン受容体を介して骨吸収を活発させる。

運動で骨に力を加えるとオステオカルシンの分泌が増える

 岡山大学の研究グループは今回の研究で、骨に力をかけると、新しく骨を作る細胞が増えてくるだけでなく、それらの細胞が「オステオカルシン」を作るタイミングが早まることを発見した。運動により若さを保つ方法を発見できる可能性がある。

 骨は運動や重力などで力が加わると太く丈夫になり、逆に運動不足や微小重力下では細く弱くなる。骨の継ぎ目(縫合部)を広げるように伸展力を加えると、広がった縫合部を埋めようと、骨を作る細胞が新しくリクルートされてきて急速に骨を作る。

 研究グループはネズミを使った実験で、骨縫合部に伸展力をかけると、引っ張られた方向に新しい骨が急速に作られ、このとき骨を作る骨芽細胞が増えるだけではなく、通常より早いタイミングで「オステオカルシン」を分泌する骨芽細胞があらわれることを発見した。

 今回の研究では、運動で骨に力を加えることで、骨の全身に及ぼす働きに違いが出てくることが示された。今後の研究で、骨と運動という観点から、寝たきりで骨が失われるのを防ぐなど超高齢化社会を健康で若々しく生き抜くためのヒントがみつかる可能性がある。

 研究は、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科口腔形態学分野の池亀美華准教授と岡村裕彦教授、朝日大学歯学部の江尻貞一教授らによるもの。詳細は、米国の細胞組織発生学の雑誌「Journal of Histochemistry & Cytochemistry」オンライン版に発表された。

20181205-6-2019-01-29-13-25.jpg

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科口腔形態学分野

Expression of Noncollagenous Bone Matrix Proteins in Osteoblasts Stimulated by Mechanical Stretching in the Cranial Suture of Neonatal Mice(Journal of Histochemistry & Cytochemistry 2018年8月16日)

Osteocalcin Induces Release of Glucagon-Like Peptide-1 and Thereby Stimulates Insulin Secretion in Mice(PLOS ONE 2013年2月20日)

[ Terahata ]

日本医療・健康情報研究所

糖尿病と骨の健康 骨が分泌する「若返りホルモン」は運動で増やせる | ニュース・資料室 | 糖尿病ネットワーク

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

お米の栄養素を再確認 6%のタンパク質が糖尿病の予防にも

【「お米を食べる」効能を見直す】(1)

 日本人のコメ離れが加速している。1人当たりの消費量は1962年の約118キロをピークに減少し、2016年は半分以下の約54キロ。茶わん1杯分の米が65グラムだから、1日2杯程度しか食べていない。だが、近年になって米の効能に関する研究成果が次々と発表されており、米を見直す動きがある。

 若い女性を中心に炭水化物を減らすダイエットがはやっている。

 精白米は全体の70~80%がデンプン(炭水化物の糖質)でできており、痩せたい女性にとってはにっくき敵だ。

 だが、米の中に約6%ものタンパク質が含まれていることは、あまり知られていない。

「米には炭水化物以外にもさまざまな栄養成分が含まれており、実は日本人は、1日に必要なタンパク質を、肉類、魚介類の次に米から取っています。この事実は、お医者さんでもあまり知らないし、学校でも教えてくれません」

 こう話すのは、「米タンパク質の機能性解明の研究」を行った新潟工科大学副学長の門脇基二教授だ。厚労省「国民健康・栄養調査」(09年=別表)によると、1日に摂取するタンパク質の内訳は、「魚介類」(20.9%)、「肉類」(19.2%)に次いで、「米・加工品」(12.4%)が3位だった。

 タンパク質摂取量は男女とも60代が最も多く、20代男性の1日73.9グラムに対し、60代男性は80・6グラムも取っている。ところが、60代、70代は若い世代に比べ、「穀類」からの摂取割合が少ない。腹八分目でご飯を減らしている可能性はある。

「大豆タンパク質が血中コレステロールや中性脂肪の値を低下させることが分かってきています。そこで、白米タンパク質にも同様の効果があるのか動物実験で調べてみたところ、大豆タンパク質と同程度の効果が出ました。米に含まれるタンパク質は、小腸でつくられるホルモン(インクレチンの一種)を活性化させ、インスリン分泌を促進することが分かっています。白米タンパク質の摂取は、糖尿病の進行を遅延させ、その慢性的な高血糖を原因とする合併症である糖尿病性腎症の進行予防にも役立つことが期待されます」(門脇教授)

 必要な栄養素のうち、日本人に著しく不足しているのが、炭水化物に含まれる食物繊維だ。摂取量は男性15グラム、女性14.4グラムしかなく、目標値に4~5グラムほど足りない。玄米なら茶わん2杯の量だ。

「お米の消費量を減らした結果、みすみすタンパク質という大事な栄養素を逃していた可能性はあります。和食は一汁三菜を基本とし、日本人はお米を主食として魚や野菜などをバランスよく食べてきました。いい副菜を取るためにも、お米は格好の主食となるはずです」(門脇教授)

 米を食べて健康になるのは驚きの事実だ。

お米の栄養素を再確認 6%のタンパク質が糖尿病の予防にも(日刊ゲンダイDIGITAL) – Yahoo!ニュース

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

8年がかりで完成させた“糖質1/10”のスイーツとは?

TOKYO MX+

ディープな東京の魅力を発信するTOKYO MX(地上波9ch)の番組「東京クラッソ!NEO」(毎週日曜21:29~)。1月20日(日)の放送では、さまざまな分野で活躍する“東京マイスター”たちを紹介しました。

z371S254EUlnoa8HBKcGPyjQGTacHjE7NX2Ywt5n-2019-01-28-13-36.jpeg

東京マイスターとは、都内に勤務する技能者のうち、きわめて優れた技能を持ち、ほかの技能者の模範と認められる東京都優秀技能者のこと。毎年度、受賞者が選定され、平成30年度は40名が認定・表彰されました。

今回はそのなかから、4名の東京マイスターを紹介します。

◆安心・安全な“輸送”のために

東日本旅客鉄道株式会社

車両修理工・石川信幸さん

ここは、JR大井町駅に隣接するJR東日本「東京総合車両センター」。山手線や中央線など、都内を走るJR車両のほとんどを整備している巨大施設です。年間約2,000両の修理や改造なども行っています。

OfJ3E1AjqvglAYCPiS8INL61dvFw9uKNlPFArnhY-2019-01-28-13-36.jpeg

同センターに在籍する約500人のエンジニアのなかでも、腕利きの名人として知られるのが、技術科の石川信幸さんです。車両整備に必要な溶接技術は、ガス溶接をはじめ全部で15種類。石川さんはそのすべての資格を取得しています。さらには、溶接技術技能大会で何度も優勝するなど、日本鉄道界で指折りの技能者です。

「溶接に欠陥があると、後に亀裂になって事故などの原因になるので、絶対に欠陥を出してはいけない」と話す石川さん。その言葉通り、適切に溶接された金属は、強い力で曲げても割れることはありません。しかし、溶接が不十分だとひび割れが生じ、事故の原因になります。多くの人々の命を預かる鉄道車両の溶接には、高度な技術が求められるのです。

QPWgHx1RJvi1Owvibm9w8QAOscWgkasfxvS43qbe-2019-01-28-13-36.jpeg

溶接ひと筋44年、叩き上げの石川さんは、国鉄時代に指導してくれた先輩の「良心をもって溶接しなさい」という言葉を、今も心に刻んでいるそうです。「溶接は、(エンジニア)本人がつけて、仕上がってしまうと中が見えない。2層目、3層目がいい加減でもわからない」と言います。そのため、見えないところに、職人としての良心を流し込んでいるのだそうです。

gMakWEmkqxYq1s5EQyT5BgQlO8uGXzySvr7AY4aX-2019-01-28-13-36.jpeg

◆都内の工場現場のキーマン

株式会社鈴木組

建築とび工・齊藤博之さん

続いては、渋谷区代々木の高層ビルの建築現場へ。およそ300人の作業員を束ねるのが、職長・齊藤博之さんです。これまで、東京スカイツリーや虎ノ門ヒルズなどの超高層建築に携わってきました。

とび職人といえば、特に高い場所での作業を担う専門家ですが、大規模な現場ではより重要な役割を担っています。それは“現場の安全管理”。齊藤さんは、「安全をつくるのもとび職人の仕事」と語ります。

齊藤さんは、作業員の命はもちろん、工事現場周辺の安全も守る重要性についても強調します。「今(の作業現場)はまだ外壁ができていないので、外に飛ぶものがないように(隙間などを)チェックしている」と言う齊藤さん。特にこの現場は、すぐそばにJR山手線が通っているため、抜かりない確認作業が必要です。また、転落防止の手すりの固定や、作業途中の状況確認など、隅々までチェックしています。

pSuYsr9ehbmD3jpmgqS4M19XlVdBgG4nXgNIPpIH-2019-01-28-13-36.jpeg

2020年に向けて再開発が進む東京。安全を守るとび職人の“東京マイスター”の活躍も、ますます増えていきます。

◆日本料理で“新しさ”を追求

一般財団法人私学研修福祉会アルカディア市ヶ谷

日本料理調理人・加瀬秀雄さん

次は、市ヶ谷にあるホテル「アルカディア市ヶ谷 私学会館」へ。館内にあるレストラン「日本料理 いちがや」で、和食料理長として腕を振るうのは加瀬秀雄さんです。

DePEaubHHbZ1cjJHBcWLaREyqf4JMVspzSGwXo93-2019-01-28-13-36.jpeg

さまざまな調理技術を極めてきた加瀬さん。今は、日本のある伝統食材を研究しているのだそうです。

DO9xha8hyTApEbFsNjTONhLlYwgLTWac14QuogfB-2019-01-28-13-36.jpeg

加瀬さんが研究しているのは、こんにゃく。実はこんにゃくは謎の多い食材だそうで「同じ(こんにゃくの)量に対して、水・練り方・時間を同じようにしても、毎回(出来上がりが)違う」と話す加瀬さん。研究するうちにすっかりはまってしまい、今では、自宅でこんにゃく芋を栽培するほどなのだとか。

また、加瀬さんには、世界一に輝いたこんな特技も。それは“氷彫刻”。

qazn1HtaWo1Tlg4K33ZNRcPlJ5lbodzjcAT9t97q-2019-01-28-13-36.jpeg

毎年2月に北海道旭川市で行われている「氷彫刻世界大会」。加瀬さんはこの2016年大会の団体戦に、ホテルニューオータニ 東京・平田浩一さんと参加し、見事最優秀賞に輝きました。

氷彫刻にとりくんだきっかけは、料理を盛るための食器を氷で作ったことだったそう。それがやがて本格的な彫刻作品になり、この日は番組のために“鳳凰”という作品も披露してくれました。

w9aT3jmvaP1enxzfGtqUC5YAk5igSjXjfgicTFSF-2019-01-28-13-36.jpeg

加瀬さんは、今後の展望について「新しいものをどんどん取り入れて、世界から認められるような日本料理を目指したい」と語りました。

◆糖尿病患者のために重ねた試行錯誤

パティスリー・ラ・ノブティック

洋生菓子製造工・日髙宣博さん

最後は、板橋区常盤台にある「パティスリー・ラ・ノブティック」のオーナーパティシエ・日髙亘博さん。1999年に行われた「メートル・ド・パティシエ世界選手権」では日本代表キャプテンとして出場し、部門別第1位、総合第4位を獲得しました。

日髙さんが現在力を入れているのは、砂糖や小麦粉を極力使わない“低糖質スイーツ”。きっかけは、医師から糖尿病患者が増え続けている現状を聞き、「糖質制限の食品なら(患者も)食べられると思った」ことだと話します。

d6cr6kVAem0s3zoLAWkilpT7r0PW4YUdol6Z3GPF-2019-01-28-13-36.jpeg

しかし、砂糖を多く使う洋菓子で、低糖質の商品に挑むのは至難の業だったとか。例えば、砂糖の代わりには甘味料を使用していますが、「砂糖は、焼いているときにおいしい香りがしたり、焼き色が付いたりする。甘味料にはそれがない」と話す日髙さん。ただ材料を変えただけではおいしいケーキにはならないため、「試作には通常の10~20倍くらい時間がかかった」と振り返ります。

8年間の試行錯誤の成果が実り、完成したのが「低糖質フレーズムース」(450円)、「低糖質チョコレートケーキ」(400円)、「低糖質レアチーズケーキ」(440円)といった低糖質スイーツ。チョコレートケーキは通常20~30gほどの糖質を含みますが、この「低糖質チョコレートケーキ」の場合、わずか3gほどなのだそうです。

実際にこれらのスイーツを食べた糖尿病患者は、「おいしかったし、血糖値も上がらなかった」と涙ながらに語ってくれたと言います。日髙さんは、「そういう場面に遭遇すると、今後も低糖質スイーツを作り続けていかないといけないと思う」と語りました。

ljpdozAHvN8qBxC4EMTxrmSdFmPxQNXuplfVBjjA-2019-01-28-13-36.jpeg

次回、2019年2月3日(日)の放送は、都立公園で味わう名店の味を特集。西洋料理の草分け的存在の「上野精養軒」、10円カレーで有名な「日比谷松本楼」などをめぐります。お楽しみに!

※この番組の記事一覧を見る

<番組概要>

番組名:東京クラッソ!NEO

放送日時:毎週日曜 21:29~22:00

司会:関根勤、大橋未歩

番組Webサイト:http://s.mxtv.jp/variety/tokyo_crasso_neo/

8年がかりで完成させた“糖質1/10”のスイーツとは?|ニフティニュース

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病や肥満は天然のインスリンと呼ばれる

イヌリン豊富な「きくいも」で改善!

手軽においしい食べ方を紹介する書籍を発売

2019年1月28日

本コーナーは、「@Press」から提供を受けた企業・団体などのニュースリリース(報道機関向け発表資料)を、原文のまま掲載しています。読売新聞社が、 掲載している製品やサービス等の購入や利用を推奨したり、その品質・内容を保証したりするものではありません。本コーナーの内容や削除に関するお問い合わせは「@Press」まで、直接ご連絡ください。

  • img_175513_1-2019-01-28-13-26.jpg

株式会社芸文社(所在地:東京都豊島区、代表取締役:宮崎 有史)は、この度、糖尿病の血糖値を下げ、ダイエット効果が高いと注目されている「きくいも」の働きと効果について科学的根拠を示しながら、手軽においしい食べ方を紹介する本『糖尿病・肥満は「きくいも」で改善!』を発売します。本書は、佐賀大学機能性農産物キクイモ研究所の所長である松本 雄一先生にご監修をいただいています。きくいもには天然のインスリンと呼ばれるイヌリンが豊富に含まれていて、腸の善玉菌を増やしてインスリンの分泌を促進させたり、糖や脂肪の吸収を阻害する働きがあります。糖尿病予備軍2,000万人とも言われる今、ミラクル野菜として医学界からも期待されるきくいも。健康効果の解説と効率の良い食べ方など34レシピを掲載します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/175513/LL_img_175513_1.jpg
本誌表紙

書籍名: 『糖尿病・肥満は「きくいも」で改善!』
監修 : 松本 雄一(佐賀大学機能性農産物キクイモ研究所・所長)
発売日: 2019年2月5日(火)
定価 : 890円(税込)
仕様 : B5変形版(257mm×182mm) 4C/64ページ
ISBN : 978-4-86396-604-8 C9476
発行 : 株式会社芸文社
URL : https://geibunsha.co.jp

<BOOK 内容>
PART1 イヌリンパワーで血糖値が下がる! やせる! きくいもの効果的な食べ方
PART2 きくいもで糖尿病撃退! 水溶性食物繊維イヌリンパワーのヒミツ
PART3 低糖質で低カロリー! おいしい! 毎日食べたいきくいもレシピ
PART4 ベランダ菜園でもできる! 家庭菜園できくいもを収穫しよう

■会社概要
会社名 : 株式会社芸文社
所在地 : 〒170-8427 東京都豊島区東池袋2丁目45番9号 芸文社ビル
代表者 : 代表取締役 宮崎 有史
設立 : 1954年4月23日
資本金 : 3,000万円
URL : http://geibunsha.co.jp/
事業内容: 出版・広告企画・イベントおよびインターネット関連事業

糖尿病や肥満は天然のインスリンと呼ばれる イヌリン豊富な「きくいも」で改善! 手軽においしい食べ方を紹介する書籍を発売 : 【プレスリリース】: ライフ : 読売新聞

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

順天堂大学×ヘルスケアアプリ「カロミル」、

糖尿病と食習慣に関する臨床研究

 ライフログテクノロジーは1月28日、順天堂大学大学院代謝内分泌内科学にて行われる臨床研究で用いられる食事記録アプリに、同社が提供するヘルスケアアプリ「カロミル」が選ばれたと発表した。

 カロミルは、2015年12月より提供している、日々の食事や運動の記録・管理に対応したヘルスケアアプリ。約2万6300の食品や商品のデータベースの中から手動で検索・選択し、栄養素が自動概算・記録される機能に加え、独自開された画像解析AIを用いて、食べ物を撮影するだけで栄養素を記録できる機能を実装している。

 同研究は、食事記録アプリの使用が2型糖尿病患者における食習慣や血糖コントロールにどのような影響を与えるかを検討すべく行われる。順天堂大学医学部附属順天堂医院 糖尿病・内分泌内科に通院する20歳から65歳までの2型糖尿病患者(HbA1c7.5~9%)を対象(本人の文書同意が得られた人)に1月下旬~2月より12週間実施するという。

順天堂大学×ヘルスケアアプリ「カロミル」、糖尿病と食習慣に関する臨床研究 – CNET Japan

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

年間計画で「糖尿病」を撃退! ショウガ紅茶で冷え退治を 健康誌イチオシ特報

2019.1.25

 現在発売中の「はつらつ元気2019年2月号」の大特集は糖尿病です。糖尿病は、運動不足や食べ過ぎ・飲みすぎなどの体によくない生活習慣が長年にわたって積み重なって生じる疾患です。ですから、その改善も一朝一夕ではかなわず、時間がかかりがち。また、短期間での改善は、ダイエットと同じように再発が起こりやすくなります。「すぐ治したい!」との気持ちもわかりますが、糖尿病はしっかり時間をかけ、着実に改善していくのが得策といえるのです。

 そこで、はつらつ元気2月号では、2019年の1年間をフルに使って行う糖尿病の改善法を提案。医師や管理栄養士、鍼灸師、農学博士といった12人の“はつらつ先生”たちが、服薬や運動療法・食事療法を柱に、その月ごとに注意したいこと、おすすめの実践法などを詳しく紹介しています。

 2月の担当をしているのは、イシハラクリニック副院長の石原新菜氏。

 「冷えは糖尿病の大敵です。寒さがいっそう厳しくなる2月、糖尿病の方は体を冷やさないよう十分注意してください」と石原氏はいいます。

 石原氏によると、冷えは糖尿病を招く要因のひとつだそうです。低体温になると、代謝が落ち、血糖が燃えにくい状態になります。糖尿病の発症・悪化が進むのはもちろん、血管も冷えてギュッと縮むので、血圧が上昇しがちになります。また、血流が滞ることで、膀胱(ぼうこう)炎や便秘、むくみ、ひざや腰の痛みといった不調も増えてしまいます。

 「冷えをとることが不調や病気を遠ざける近道。暖房や防寒を心がけるとともに、“体の中から温める”ことを徹底しましょう」(石原氏)

 寒いからといって体を動かさずにジッとしているのは考えもの。体の熱の4割は筋肉がつくっているため、体を温めるには筋力アップが欠かせないからです。「とくに40代以降は筋肉量がガクンと落ちるので、筋肉全体の7割が集中する下半身を意識して鍛えて。スクワットやつま先立ちなどでも効果が期待できます」(石原氏)

 さらに、体を温める食材を積極的に取ることも、石原氏は重要だといいます。

 「体を温める食品のナンバーワンはショウガです。刻んだショウガやおろしたショウガを鍋やおみそ汁、紅茶などに入れてどんどん取りましょう。市販のチューブ入りや粉末のショウガを活用してもよいですよ」と石原氏。

 なかでもおすすめのメニューはショウガ紅茶。最近の研究で、紅茶には血糖値下げの効果やウイルス感染を阻止する作用があることがわかっているのだとか。

 「1日3~4杯のショウガ紅茶を飲んでください。紅茶はウイルスを15秒で無力化します。風邪やインフルエンザ予防にも有効ですよ」(石原氏)

 ぜひ、お試しを!

 【作り方】

 1 カップに5グラムぐらいのおろしショウガや粉末ショウガを入れ、紅茶を注ぐ

 2 甘味はミネラル豊富な黒糖やはちみつで調整する

【健康誌イチオシ特報】年間計画で「糖尿病」を撃退! ショウガ紅茶で冷え退治を – zakzak

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

長時間労働が血糖コントロール不良と関連か 

週60時間以上は危険

長時間労働が血糖コントロール不良と関連か

日本人の若年男性2型糖尿病患者を対象に分析

 若年男性の2型糖尿病患者では、週60時間を超える長時間労働と朝食を抜いたり、夜遅い時間帯に夕食を取ったりする不健康な食習慣は、血糖コントロール不良をもたらす可能性があることが、金沢城北病院(石川県)内科の莇也寸志氏らの研究グループの調査で分かった。

 一方、こうした関連は女性ではみられないことも明らかになった。詳細は「Journal of Diabetes Investigation」1月号に掲載された。

 研究グループは今回、2011~2013年に96カ所の病院や診療所に通院する20~40歳の外来2型糖尿病患者782人のうち、仕事に就いていない人や学生などを除いた478人(男性352人、女性126人)を対象に、労働条件(労働時間と職種、雇用形態、シフト勤務)と不健康な生活習慣(朝食を抜く、遅い時間帯に夕食を取る)が血糖コントロール状況に及ぼす影響について調べる前向き研究を実施した。

 対象患者を1年後(2013年)のHbA1c値が7.0%未満を達成した血糖コントロール良好群(男性135人、女性44人)とそれ以外の血糖コントロール不良群(各217人、82人)に分けて、HbA1c値に影響する2012年の労働条件および食習慣因子について検討を行った。

 その結果、多変量ロジスティック回帰分析により、男性の勤労者では10年を超える糖尿病の罹病期間(オッズ比2.43)と2012年度のHbA1c値7%超(同8.5)、朝食を抜くと同時に遅い時間帯の夕食を取る習慣(同2.50)、週に60時間以上の労働時間(同2.92)が血糖コントロール不良と関連する因子として挙げられた。

 一方で、女性の勤労者では、2012年度のHbA1c値7%超(同17.96)は男性と同様に血糖コントロール不良と関連したが、長時間労働や不健康な食習慣との関連はみられず、それ以外には経口血糖降下薬の服用(同12.49)とインスリン治療(同11.60)が挙げられた。

 以上の結果を踏まえて、研究グループは「若年男性の2型糖尿病患者では、週60時間を超える長時間労働や朝食を抜く、遅い時間帯に夕食を取るといった食習慣は血糖コントロール不良につながる可能性がある」と結論づけている。

 また、「血糖値を正常に保つためには、食習慣を改善し、長時間労働を抑制するよう心掛ける必要がある」と述べている。

記事全文は「糖尿病リソースガイド」でご覧ください

Copyright ©2019 HealthDay. All rights reserved.

[ Terahata ]

日本医療・健康情報研究所

長時間労働が血糖コントロール不良と関連か 週60時間以上は危険 | ニュース・資料室 | 糖尿病ネットワーク

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

女性はストレスに注意 

メンタル不調が糖尿病の原因に

 

精神的ストレスで女性の2型糖尿病リスク上昇

 肥満や高血圧、座りがちな生活習慣などは、2型糖尿病発症のリスク因子であることが広く知られている。しかし、女性では精神的なストレスもその発症に関与している可能性があることが、米カリフォルニア大学のJonathan Butler氏らが実施した研究から明らかになった。

 研究の詳細は、米国心臓協会年次集会(AHA 2018、11月10~12日、米シカゴ)で発表された。

 米疾病対策センター(CDC)の調べによると、米国では2015年時点で2型糖尿病患者は3,030万人と推計され、うち1,200万人が65歳以上の高齢者とされている。また、2型糖尿病のリスク因子に関しては、糖尿病の家族歴や年齢、肥満や高血圧といった従来の要因以外についても研究が進められている。

 しかし、精神的ストレスと2型糖尿病との関連について検討した研究の多くは、職場のストレスや抑うつ症状、不安など個々のストレス因子に焦点を当てたものや、ある一定期間のみに実施されたものだった。

 そこでButler氏らは、高齢の女性を対象に、さまざまなストレス因子と糖尿病リスクの関係を経時的に検討する観察研究を実施した。

 同氏らは、Women’s Health Studyに参加した女性医療従事者のうち心疾患の既往がない2万2,706人(平均年齢72歳)を対象に、急性および慢性のストレス因子に関する情報を収集し、平均3年間にわたり追跡した。

 急性ストレスには否定的でトラウマとなる出来事などが、慢性的なストレスには仕事や家族、人間関係、金銭問題、近所づきあい、差別などに関係するストレスなどが含まれた。

 解析の結果、トラウマとなる出来事などの急性ストレスと家庭や職場の慢性ストレスはいずれも、ストレスレベルが最も高い女性では、新たに2型糖尿病を発症するリスクが倍増することが分かった。

 これらの結果について、Butler氏は「従来知られているリスク因子と同様に、心理社会的なストレスも糖尿病のリスク因子として重視する必要がある」と述べている。

 また、研究の責任者を務める同大学内科教授のMichelle A. Albert氏は「公衆衛生上の観点から、糖尿病リスクを評価する際には心理社会的ストレス因子についても調べる必要があるだろう」と指摘している。

 精神的ストレスと糖尿病リスクとの関係に詳しい米ジョンズ・ホプキンズ大学内科教授のSherita Hill Golden氏は、今回の結果について、「糖尿病の発症予防には、精神的ストレスなど従来とは異なるリスク因子も考慮することの重要性が浮き彫りになった」と評価している。

 また、同氏は「糖尿病予防には生活習慣への介入が有効だが、失業や家族の介護などで精神的なストレスがたまれば健康的な生活習慣を守るのも難しくなる。そのため、患者の社会生活についても尋ね、必要な場合はカウンセラーやソーシャルワーカーを紹介する必要がある」と述べている。

記事全文はこちらをご覧ください

[ Terahata ]

日本医療・健康情報研究所

女性はストレスに注意 メンタル不調が糖尿病の原因に | ニュース・資料室 | 糖尿病ネットワーク

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

博多大吉さんの肺年齢が「69歳」に……

まだ知られていないタバコのリスクを考える – 鳥集 徹

文春オンライン2019年01月22日 17:00

 

 人気漫才コンビ博多華丸・大吉の博多大吉さん(47)がバラエティー番組「教えてもらう前と後2時間SP」(TBS系で1月8日放送)で昨年末に人間ドックを受け、「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」と診断されたそうです。さらに、20歳のときから27年間にわたって1日20本のタバコを吸い続けている大吉さんは、なんと肺年齢「69歳」と判定されてしまったのです。

【写真】タバコがリスクを高める意外な病気とは…

free_l-2019-01-22-13-33.jpg

肺年齢「69歳」と判定された博多大吉さん ©時事通信社

 COPDは主に、長年タバコを吸い続けることによって起こる病気です。気管支に炎症が起こって空気の通り道が狭くなるうえ、肺の中で酸素を採り入れ、二酸化炭素を放出する役割をする「肺胞」が潰れてしまう「肺気腫」が起こります。

 症状が進むと慢性的にせきが出て痰がからみ、階段を上るときに呼吸が苦しくなったり、ぜんそくのような発作が起こったりします。鼻に入れたチューブから酸素を吸入する「在宅酸素療法」を行うことで呼吸困難を和らげることができますが、治療をしても肺が元の状態に戻ることはありません。

落語家の桂歌丸さんも COPDは男性の死亡原因第7位

 昨年、惜しまれながらなくなった落語家の桂歌丸さんもCOPDでした。鼻にチューブをつけながら高座に上がっていた晩年の姿をテレビで見た人も多いのではないでしょうか。歌丸さんのCOPDも、長年吸い続けたタバコが原因だと言われています。

 COPDは喫煙者の15~20%が発症し、男性の死亡原因の第7位にもなっています。大吉さんの病状はまだ軽いかもしれませんが、喫煙者を最後に苦しめる、とても苦しく重い病気なのです(参考:日本呼吸器学会/呼吸器の病気/慢性閉塞性肺疾患(COPD))。

 よく知られているように、タバコはCOPDだけでなく、肺がんの原因にもなります。これまでの研究成果を総合して解析した結果、タバコを吸う人は吸わない人に比べて、肺がんになるリスクが男性で4.4倍、女性で2.8倍となっています(国立がん研究センター社会と健康研究センター予防研究グループ/喫煙と肺がんリスク)。

 このように、タバコは肺(呼吸器)に悪影響を及ぼします。そのことは、みなさんもよくご存知だと思いますが、では、肺以外の多くの病気にも関連していることは知っていたでしょうか。

タバコが原因のがんは10種類! 肺、肝臓、膵臓、それから……

 まず、がんです。厚生労働省の「喫煙の健康影響に関する検討会」の報告書「喫煙と健康」(平成28年8月)によると、「科学的証拠は、因果関係を推定するのに十分である(レベル1)」とされたがんは、「肺」「口腔・咽頭(口とのど)」「喉頭(声帯のあるところ)」「鼻腔・副鼻腔(鼻とその奥の空間)」「食道」「胃」「肝」「膵」「膀胱」「子宮頸部(子宮の出口)」の10種に及びました。

 肺や口の中、のど、鼻など、タバコの煙が入る場所にがんができやすくなるのは、なんとなく想像がつくかもしれません。しかし、タバコはそこにとどまらず、煙が届かないように思える食道や胃、もっと遠くの肝臓、膵臓、膀胱、子宮頸部にまで悪影響を及ぼすことがわかっているのです。

「歯周病」のリスクも上がる

 さらに、タバコはがん以外の病気のリスクも上げてしまいます。厚労省の同じ報告書によると、循環器疾患では「虚血性心疾患(心筋梗塞など)」「脳卒中」「腹部大動脈瘤」「末梢動脈硬化症」、呼吸器疾患では前出の「COPD」に加え「呼吸機能低下」および「結核死亡」、妊婦(本人喫煙)では「早産」「低出生体重・胎児発達遅延」および「乳幼児突然死症候群(SIDS)」がレベル1とされています。

 また、意外なところでは、主に生活習慣によって起こる「2型糖尿病」や「歯周病」などもレベル1、つまりタバコを吸っているとリスクが上がると報告されています。

 なぜ、タバコを吸うと心筋梗塞や脳卒中のリスクが上がるのでしょうか。それは、タバコの煙に含まれるニコチンの作用で血管が収縮して血流が悪くなり、血圧や脈拍も上昇するからです。さらに、煙に含まれる一酸化炭素が赤血球(ヘモグロビン)に結合し、酸素が不足。これらが相まって動脈硬化が進むと考えられています。

 タバコを1日に25~49本吸っている人は、心筋梗塞で死亡するリスクが吸わない人に比べて約2倍になります。心疾患は、がんに次いで日本人の死因第2位。脳卒中(脳血管疾患)は第3位です。タバコはがんに加え、血管の病気のリスクも上げてしまうのです(国立循環器病研究センター/循環器病情報サービス/まだ タバコを吸っているあなたへ)。

 また、タバコを吸うと、血糖を筋肉に取り込む働きをするホルモン「インスリン」の働きが悪くなる「インスリン抵抗性」が高くなり、血糖値が下がりにくくなることもわかっています。糖尿病になると高血糖状態が続くことで血管が傷つきやすくなり、動脈硬化が進みますから、タバコを吸っているとますます心筋梗塞や脳卒中のリスクが上がります。 

 ちなみに、糖尿病になると歯周病になりやすくなることが知られていますが、近年は歯周病が糖尿病や心筋梗塞のリスクを上げるとも言われるようになりました。歯周病菌が腫れた歯肉から血管に侵入し、その毒素が全身に悪影響を及ぼすからだと考えられています(日本臨床歯周病学会/歯周病が全身に及ぼす影響/狭心症・心筋梗塞)。

2 / 2ページ

加熱式タバコなら「受動喫煙」の心配ない?

 さらに、タバコには吸う人の吐く煙で、吸わない人に悪影響を与える「受動喫煙」の問題もあります。厚労省の同じ報告書によると、前出の「レベル1」と判定された受動喫煙によって起こる疾患として、成人では「肺がん」「虚血性心疾患」「脳卒中」、「臭気・不快感および鼻の刺激感」、また、小児への影響として「喘息の既往」および「乳幼児突然死症候群」があげられています。

 近年、火をつけない「加熱式タバコ」が、煙が出ないので迷惑をかけにくいなどとして、使う人が増えています。これなら自身への健康への悪影響は少なく、家族への受動喫煙も心配ないと思っている人が多いかもしれません。

 しかし、医師をはじめとする専門家は、「加熱式タバコで喫煙者が吸うエアロゾルにはニコチンをはじめ各種の発がん物質など有害物質が含まれている」「ニコチンはごく少量でも健康に悪影響を与え、その量と病気のリスクは正比例しない」などと警鐘を鳴らしています。 

 そもそも、本当に健康に悪影響がないかどうかは、長い年月をかけて検証しなければ科学的にはわかりません。ですから、加熱式タバコについても、自身や家族への悪影響を甘くみないほうがいいでしょう(参考:「非燃焼・加熱式タバコや電子式タバコに関する日本呼吸器学会の見解」など)。

1カ月禁煙しないと手術しない病院も

 タバコの悪影響はこれにとどまりません。実は、がんなどになって手術を受ける必要が出てきたとき、術後に起こる脳梗塞や肺炎など重い合併症のリスクが高くなるのです(日本禁煙推進医師歯科医師連盟/手術患者と喫煙)。

 ある大学病院では、肺炎の合併症を起こしやすい食道がんの手術をする患者に対して、「術前に1カ月禁煙するという約束を守らないと手術はしない」と取り決めているほどです。

 以上、タバコが健康に及ぼす主な悪影響をまとめてみました。もちろん、タバコを吸ったからといって、全員ががんや心筋梗塞、脳卒中になるわけではありません。なかには平均寿命より長生きする人もいます。ですが、医学的に見れば、タバコを吸うことは健康面で明らかに「損」だと言えるのではないでしょうか。

タバコを吸っていた私が禁煙した結果

 それに、私も20年ほど前(30代前半)までタバコを吸っていましたが、やめてみるといかに吸わない人に迷惑をかけていたか、痛感するようになりました。たまに家族で近所の居酒屋に行くこともあるのですが、隣の席でタバコを吸われると食事がまずくなりますし、「未成年がいるのに…」と本当に嫌な気持ちになります。「未成年を連れて居酒屋に行く方が悪い」と言われたらそれまでですが、子どもだって焼き鳥を食べたいのです。

 また、大吉さんだけでなく、芸能界には喫煙者が多いことも気になります。芸能人が人間ドックを受けたり、お手軽な健康法を試したりする番組が人気ですが、そんなことより「禁煙チャレンジ」をしてもらったほうが、よっぽど本人のためであり、人びとのお手本にもなるのではないでしょうか。

 わたしは華丸・大吉さんの軽妙なやり取りや博多弁の漫才も大好きです。長く元気に活躍してほしいので、この際、大吉さんにもぜひ「禁煙チャレンジ」をしていただきたいと願っています。

(鳥集 徹)

博多大吉さんの肺年齢が「69歳」に……まだ知られていないタバコのリスクを考える – 鳥集 徹 (1/2)

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

NHK『ガッテン!』が注目、

週2回でも血糖値が下がる「ピンク筋」スクワットとは

週刊女性PRIME2019/01/22 17:00

 超カンタン! 運動が苦手な人にもおすすめの、糖尿病予防に有効な筋トレがいま話題です。

週2回でも効果がある“新”筋トレ

 

 糖尿病の人はこれまで、血糖値を下げる方法として、ウォーキングなどの有酸素運動や、筋力トレーニングなどが推奨されてきました。

有酸素運動は週5回30分ずつ、筋力トレーニングなら週3回45分ずつが理想的なのですが、実際は時間がとれず、長続きしない人が多いです」

 と話すのは、糖尿病が専門の、京都医療センター臨床研究センター予防医学研究室長の坂根直樹さんです。

 最先端の科学とユニークな実験で日常の疑問を徹底的に調査するNHKの人気番組『ガッテン!』では、近年、糖尿病の新しい運動法として脚光を浴びている「ピンク筋」に着目したトレーニングを紹介しました。

ピンク筋」という筋肉を増やす運動をすると、血糖値を効果的に下げられることがわかってきたのですが、その運動、とても簡単で、しかも週にたった2回でも効果があるのです!

 実際、糖尿病の入院患者62人に8週間続けてもらったところ、ほぼ全員の血糖値が低下しました。

増やすなら「ピンク筋」!

 筋肉は筋線維の束でできていて、赤筋・白筋の2種類があります。

ピンク筋」トレを繰り返し行うと、白筋内にミトコンドリアが増えてピンク色になり、白筋が持つ糖を消費する力に、ミトコンドリアの脂肪を燃焼する力が加わり、ダブルの効果が!

 

4e7f4d5abfae14ab7b6fb7f59525b8e5a1f6b32eaf0d9fe6cd1a5a1c93cf532252347f2800f79dfa05282a5d611058bd4d844247ddcfa13b21cfba550199c9c9-2019-01-22-13-30.jpg

 

濃い色の筋肉細胞が「赤筋」、薄い色の細胞が「白筋」、その中間の(緑色の線で囲った)細胞が「ピンク筋」。写真提供/北海道大学大学院教育学研究院教授・水野眞佐夫さん

糖と脂肪をダブル消費するピンク

 白筋が変化してピンク色に見える中間筋。白筋と赤筋の中間的特徴がある。正式には「2a」や「FTa(Fast Twitch

a)」と呼ばれる筋肉。

脂肪を消費する赤筋(せっきん)

 持久力に優れた筋肉で、有酸素運動や姿勢の維持などに使われている。「遅筋」とも呼ばれる。

糖を消費する白筋(はっきん)

 短距離走や重量上げのように、瞬間的に大きな力を出すときに活躍する筋肉。速筋とも呼ばれる。

「ピンク筋」トレでうれしい報告が!

 番組では福島県郡山市の「うさみ内科」を取材。血糖値が改善したおふたりを紹介しました。

「週3回のウォーキングは忙しくて続けられませんでしたが、週2回の“ピンク筋”トレに変えたら、3か月で正常値に(142mg/dl→86mg/dl)。体重も80kgから74kgへと6kg減り、ポッコリお腹もスッキリしました」(関根豊さん/63歳)

「3年前に重度の糖尿病だと診断されましたが、“ピンク筋”トレを始めたところ2か月で330mg/dlから160mg/dl以下にダウンすることができました」(小賀坂一隆さん/46歳)

食べても血糖値が上がりにくい!

ピンク筋」を増やすにはピンク筋」スクワット(写真参照)がおすすめ。10秒かけて腰を落とすと筋肉量の多い下半身に負荷がかかり、「ピンク筋」を効率的に増やせます。ポイント急がずにゆっくりとした動作で行うこと。

 これを週に2回、継続して行うと、次第に「白筋」と呼ばれる筋肉の細胞の中に赤色のミトコンドリアという器官が増え、細胞がピンク色に変わっていきます。

「筋肉内に『ピンク筋』が増えれば、糖と脂肪の両方を効率よく消費できる身体に変わっていきます。食事をしても血糖値が上がりにくくなり、体重を減らす効果も期待できますよ」(坂根さん)

 血糖値が高めでお困りの人は、ぜひお試しください。

【注意】

・ひざの悪い人、高血圧などの持病がある人は医師と相談のうえ、行ってください。

・痛みを感じたらすぐに中止してください。

・足腰に不安がある人や運動が苦手な人は、後ろに安定のいいイスを置き、前にテーブルやイスを置いて支えにすると転倒予防になります。

 

◎監修/坂根直樹さん(京都医療センター臨床研究センター予防医学研究室長)

NHK『ガッテン!』今後の放送予定

総合テレビ 毎週水曜 午後7時30分~8時15分

総合テレビ 毎週土曜 午前0時25分~1時10分(再放送

 

NHK『ガッテン!』が注目、週2回でも血糖値が下がる「ピンク筋」スクワットとは | ニコニコニュース

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病の考え方と漢方処方

 糖尿病は、糖質の代謝異常により血糖値が慢性的に高くなる病気です。初めのうちは自覚症状がまったくないことが多いのですが、進行するにつれて様々な合併症を来します。漢方では、体内の水分バランスを調整し、血液の流れをさらさらにするなどして「糖尿病になりやすい体質」そのものを改善することにより、糖尿病の治療に当たります。

559447_l-2019-01-21-13-36.png

糖尿病の考え方と漢方処方:DI Online

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com