【新型コロナウイルス】

糖尿病のある人の不安にこう対処

「こころの健康」を保つために

2020年04月30日

jrc-2020-04-30-07-19.jpg

 日本赤十字社は、新型コロナウイルス感染症で困っている人の「こころの健康」を保つヒントとなるサポートガイドを作成した。

困難な時期を乗り切るための一助に

 新型コロナウイルス感染症は、世界中で感染の拡大が続いている。多くの人がはじめての隔離や自宅待機を経験し、大変な思いをしていたり、その人を支える家族・友人・職場の方もどのように接したらよいか分からず、悩んだり迷うことが少なくない。

 そこで、日本赤十字社は国際赤十字と協力し、新型コロナウイルス感染症で困っている人の「こころの健康」を保つヒントとなるサポートガイドを作成した。

 「高齢者や糖尿病などの基礎疾患をお持ちの方とその家族の方も、連日のニュースで不安な気持ちを抱かれているかもしれません。困難な時期を乗り切るための一助として是非お役立てください」と呼びかけている。

「感染症流行期にこころの健康を保つために」シリーズ

1「隔離や自宅待機により行動が制限されている方々へ」

 隔離や自宅待機により、それまで感じたことのない不安・心配におそわれることがあります。どのように対処したら良いのか、そのヒントが掲載されています。

supportguide001-thumb-autox301-23940-2020-04-30-07-19.jpg

感染症流行期にこころの健康を保つために~隔離や自宅待機により行動が制限されている方々へ

2「隔離や自宅待機されている方の周りにいるあなたへ」

 家族や友人・同僚の方が隔離や自宅待機となった場合、その方の「こころの健康」を支えるときに役立つヒントが掲載されています。

supportguide002-thumb-autox302-23939-2020-04-30-07-19.jpg

感染症流行期にこころの健康を保つために~隔離や自宅待機されている方の周りにいるあなたへ~

3「高齢者や基礎疾患のある方・ご家族の方へ」

 高齢者や基礎疾患のある方は、この感染症を発症した時に重症化しやすいと言われています。そのような方々とそのご家族の「こころの健康」に役立つヒントが掲載されています。

supportguide003-thumb-300xauto-23938-2020-04-30-07-19.jpg

 

感染症流行期にこころの健康を保つために~高齢者や基礎疾患のある方とご家族へ

日本赤十字社

緊急事態宣言下でも献血は必要です(日本赤十字社)

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で血液不足が懸念されるなか、日本赤十字社は「毎日約3,000人あまりの患者さんが輸血用血液を必要としています。ご予約による献血へのご理解とご協力をお願いいたします。献血へのご協力は不要不急の外出にはあたりません」と呼びかけている。

[ Terahata ]

日本医療・健康情報研究所

【新型コロナウイルス】糖尿病のある人の不安にこう対処 「こころの健康」を保つために  | ニュース | 糖尿病ネットワーク

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

神戸新聞NEXT|医療ニュース|

コロナ禍の療養生活 糖尿病患者が心がけるべきこと

PastedGraphic5-2020-04-30-07-18.jpg

 新型コロナウイルス感染症が重症化する要因とされる既往歴には、日本人の国民病といわれる糖尿病も含まれる。世界保健機関(WHO)が中国の感染者を分析したところ、基礎疾患に糖尿病がある人の致死率は基礎疾患のない人の6倍を超え、警戒が必要だ。感染拡大防止策で外出が難しく、自粛ムードによるストレスも懸念される中、糖尿病患者らはどのような療養生活を心がければいいのか。医療機関で糖尿病患者らに栄養指導を行う管理栄養士の坂井敦子さん(49)=兵庫県南あわじ市=にポイントを聞いた。(佐藤健介)

PastedGraphic6-2020-04-30-07-18.jpg

■心構え

 「慢性的なストレスでウイルスを攻撃する細胞などが減少し、免疫機能は低下する。コロナの終息が見えない今、世界中の人々がそうした状況だと考えていい」と懸念。その上で「恐怖や不安といったマイナス要因ではなく、自身の生活習慣を見直し、体調を整える良い機会としてプラス要因に受け止めてはどうか」と発想の転換を促す。

■食事

 主食、主菜、副菜のそろった食事を1日3度、規則正しく摂取するよう求める。特に戒めるのは、ご飯やパン、麺類、小麦などの主食を過度に少なくする糖質(炭水化物)制限だ。

 「コロナで家にいる時間が長いと、運動不足で太るのを気にし、主食を敬遠する人が少なくない。代謝が低下し、かえって太りやすくなる」と警鐘を鳴らす。

 代謝が悪くなる仕組みは、こうだ。体内のブドウ糖が不足すると、体は筋肉(タンパク質)を分解してブドウ糖を作り、エネルギーに変える。筋肉は代謝を主につかさどるため、筋肉量が減るとエネルギーが余り、脂肪となってしまう。

 肥満で血糖値が上がれば血管を傷付け、心臓病や腎臓病などの危険性は大きくなるとされる。毎食ごとの主食量について「150センチ前後の小柄な人なら約150グラム、背の高い人なら約200グラムは必要だ」とアドバイスする。

■運動

 外出を控えると運動不足に陥りがち。先に示したように、筋力と筋肉量の低下に注意を促す。「筋肉量が減ると代謝が低下し、血糖値のコントロールが乱れる」と指摘する。

 「食事で筋肉の基となるタンパク質を毎食きちんと取ることはもちろん、自宅でできるトレーニングにも積極的にチャレンジしてほしい。テレビや動画サイトなどでも筋力を維持できる体操を紹介しているので、参考にしては」と勧める。

■睡眠

 「十分に眠ることに尽きる」と強調。適度な運動と、朝食を含む3度の規則正しい食事で、目覚めている時間とのメリハリをつけることが前提だとする。

 睡眠時間が6時間以下の人は7時間以上の人より感染症の発症率が4倍高い-とする研究結果に触れ、「眠りで分泌が促される成長ホルモンは、免疫細胞を増やすと考えられる。感染症をもたらすコロナから身を守る上でも、良い眠りは有効ではないか」と説く。

 眠りの質をどう高めるか。厚生労働省の指針は、就寝前のカフェインやアルコールは控える▽昼寝は午後3時までに20~30分-といった点を挙げる。一方で、適正な睡眠時間には個人差があり、必ずしもこだわらなくていいという。同指針に沿い、「日中に眠くて困らなければ十分。寝付けなくても、眠くなるのを待って遅い時間に床に就いても良い。ただし、起きる時刻は一定させ、生活リズムを保って」と助言する。

 

【さかい・あつこ】 1971年生まれ。徳島大大学院博士課程修了。栄養学博士。糖尿病や腎臓病の療養指導を専門とし、食事相談などに関する執筆と講演活動に取り組む。

     ◇     ◇

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

神戸新聞NEXT|医療ニュース|コロナ禍の療養生活 糖尿病患者が心がけるべきこと

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

インスリン治療って副作用はあるの?

糖尿病専門医に質問

4/30(木) 9:13

医師から「インスリン注射を始めましょうか」と言われたら……。だれでも、どうやって打つのか、いつ打つのか、そして何よりも副作用が出て日常生活や仕事に差し支えることはないのだろうかと心配になるはずだ。最近ではインスリン注射が積極的な意味で評価されている。糖尿病の進行を遅らせ、結果的に合併症から体を守ることにもなる。インスリン注射の副作用について糖尿病専門医の根岸先生に、詳細を伺った。 [この記事は、Medical DOC医療アドバイザーにより医療情報の信憑性について確認後に公開しております]

【この記事の監修医師】 根岸雅嗣先生(根岸医院 院長) 帝京大学医学部卒業後、同附属溝口病院に勤務。衛生文化協会城西病院を経て、2016年より祖父の代から続く東京都杉並区天沼の根岸医院院長。地域のかかりつけ医として地域医療に尽力するとともに、糖尿病専門医として糖尿病患者に寄り添い、より高度な治療を提供している。日本糖尿病学会、日本内科学会、日本東洋医学会(漢方)所属。

 

インスリン治療で多い副作用は低血糖

編集部: 糖尿病の治療にインスリン注射がありますが、副作用はあるのでしょうか? 根岸先生: ありますね。そんなに珍しいことではありません。糖尿病はインスリンの出る量が少なくなったり、分泌されても働きが低下して高血糖の状態が続く病気です。そこで、治療として血糖を下げるインスリンを使うのですが、これが効きすぎて血糖が下がりすぎることがあるのです。副作用で一番多いのが、この低血糖です。 編集部: でも、糖尿病になったからといって、すぐにインスリンを始めるわけではないですね? 根岸先生: もちろんです。日本人に多い2型糖尿病の患者さんの場合は、食事や運動、内服薬などの治療をしても血糖値のコントロールができず、高血糖になってしまう場合にインスリン注射で治療をすることになります。 1型糖尿病の患者さんの場合は、インスリンを分泌する膵臓の細胞が壊れているので、当初からインスリン注射による治療が中心になります。

インスリン治療って副作用はあるの? 糖尿病専門医に質問(Medical DOC) – Yahoo!ニュース

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

連休(GW)こそ糖尿病のコントロールに注意 

8つの対策で乗り切る 

食事・運動・体内時計がポイント

2020年04月28日

20190227-1-2020-04-28-07-17.jpg

 

 連休はふだんの生活スタイルを維持するのが難しく、食べ過ぎと運動不足が重なり、余分なストレスをためこみやすい。体重を増やしたり、血糖コントロールを乱す人が多い。

 この時期を快適に乗り切るための8つの対策法をご紹介する。

わずか5日間、食べ過ぎただけで

インスリンの働きが悪くなる

 高脂肪の食事をわずか5日間とり続けただけで、筋肉がブドウ糖や脂肪酸を代謝してエネルギーに変えるメカニズムに異変が起こることが、米国のヴァージニア工科大学の研究で判明した。

 「通常の食事では、脂肪のエネルギー比率は25~30%程度です。これを超える量の脂肪をとり続けると、5日間で筋肉でのエネルギー代謝は悪くなることが判明しました」と研究者は述べている。

 糖尿病は血液中のブドウ糖の濃度が慢性的に高くなる病気だ。ブドウ糖は細胞や筋肉でエネルギー源として使われるが、血糖を下げるホルモンであるインスリンが不足したり、インスリンの効きが悪くなるインスリン抵抗性があると、ブドウ糖は細胞に十分とりこまれず血液中にあふれてしまう。

 肥満になると、血糖を下げるホルモンであるインスリンが細胞に十分に取り込まれなくなり血糖値が高くなる「インスリン抵抗性」が起こりやすくなる。これは、糖尿病予備群でも起こる現象だ。

 インスリン抵抗性が起こると、肝臓や筋肉、脂肪細胞などでインスリンが正常に働かなくなる。糖尿病予備群の段階から影響し、肥満(とくに内臓肥満)、高血圧、高中性脂肪、低HDLコレステロールなどを併発することも多い。

 さらに、肥満によって脂肪細胞が増加すると、インスリンの働きを悪くする生理活性物質である「アディポサイトカイン」が放出され、筋肉や脂肪などの組織、肝臓へブドウ糖が取り込まれにくくなる。

 「高脂肪の食事をわずか5日間とり続けただけで、体のエネルギーの代謝に悪影響があらわれます。高脂肪の食事をとると、ブドウ糖を筋肉に取り組むインスリンの働きが悪くなります」と、研究者は述べている。

食べ過ぎが1週間続いても、

運動で打ち消すことができる

20180821-4-2020-04-28-07-17.jpg
 休日が続くと食べ過ぎになりがちだ。食事で摂取するカロリーが、体が消費するカロリーを上回ると、肥満にやりやすくなり体にとって有害な影響があらわれる。英国のバース大学の研究によると、食べ過ぎと運動不足が2~3日続いただけで、体のエネルギー代謝は悪くなるという。

 しかし、ウォーキングなどの運動を続けていれば、食べ過ぎによる弊害をある程度打ち消すことができる。この研究は国際生理学会で発表された。

 研究チームは、26人の健常者を対象に、ふだんよりカロリーの多い食事を1週間続けてもらった。被験者を2つのグループに分け、片方にはなるべく体を動かさないようにしてもらい、もう片方には1日45分の活発なウォーキングをしてもらった。

 その結果、運動をしなかったグループの脂肪組織を調べたところ、過剰なエネルギーが中性脂肪となって増え、ブドウ糖や脂質の値が高くなった。一方で、運動をしたグループでは、エネルギー代謝と関連のある遺伝子があらわれ、ブドウ糖や脂肪酸の利用が促され、血糖値も改善していた。

 「食べ過ぎと運動不足が重なりやすい休日には、体重が増えやすくなります。しかし、運動をしていれば、たとえ体重が増えたとしても、体には好ましい変化が起こります。休日が続く時期こそ、ふだん以上に運動をするべきです」と、研究者は述べている。

不規則な生活が体のリズムを乱す

「社会的時差ぼけ」に注意

20180501-2-2020-04-28-07-17.jpg
 土曜日や日曜日、連休にゆっくり休んだはずなのに、勤務日に体がだるいと感じることはないだろうか? それは「社会的時差ぼけ」のせいかもしれない。

 仕事のある平日に定刻に起きていても、休日は遅くまで寝ている習慣のある人は、疲れが思ったようにとれないおそれがある。それどころか、睡眠習慣の乱れによって体内時計が狂い、肥満や2型糖尿病、心臓病の発症リスクが高まる可能性がある。

 睡眠や体温、血圧、ホルモン分泌など体の基本的な機能はおよそ24時間のリズムを示す。この1日周期のリズムは「概日リズム」と呼ばれる。概日リズムを調整している「体内時計」は、生活習慣から大きな影響を受けている。

 不規則な生活などが原因で、体内時計と生活時間との間にずれが生じるのが「社会的時差ぼけ」(ソーシャル ジェットラグ)だ。

 「平日は規則正しい生活をおくっていても、週末に夜更かしや朝寝坊をして就床時刻や起床時刻がずれると、それをきっかけに体内時計が乱れ、時差ボケのような症状を招くことがあります。これが”社会的時差ぼけ”で、睡眠医療の研究者に注目されています」と、英国医学研究評議会(当時)のマイケル パーソンズ氏は言う。

 パーソンズ氏らが800人以上を対象に行った調査では、休日と就業日の睡眠パターンの差が大きいほど、代謝に異常が生じ肥満にやりやすくなることが明らかになった。休日の睡眠パターンにわずか2時間のズレがあるだけで、2型糖尿病や炎症を判定するためのバイオマーカーの値が上昇するという。

 社会的時差ぼけを防ぐために、概日リズム(体内時計)に狂いが生じないように生活スタイルを工夫することが必要だ。

血糖コントロールを乱しやすい時期を

8つの対策で乗り切る

 連休中はふだんの生活スタイルを維持するのが難しくなる。そのため食事や運動などに偏りが出たり、余分なストレスをためこむおそれがある。

 休日が続くと、食べ過ぎと運動不足が重なり、血糖コントロールを乱したり、体重を増やす人が多い。ハーバード大学医学部や米国糖尿病学会では、休日を健康的に過ごすために、以下のことをアドバイスしている。

1 休日をどう過ごすか、計画を練る

 休日は生活が不規則になりがちになり、ふだん通りの食生活を続けるのが難しくなり、運動不足になりやすい。仕事の片付けや予定外の用事が入ったり、子供の相手を過ごす時間が増えるなど、ストレスがたまりやすい時期でもある。

 また、多くの人にとって、体重コントロールが難しい時期でもある。ハーバード大学医学部によると、休日が続くと多くの人が体重を0.2~0.3%増やすという。「今よりも体重を増やさないようにしよう」という気持ちを強くもつことが大切だ。

 事前に「いつ・どこで・何をするか」という予定を、カレンダーに書き留めておくと、健康的な食事や運動のための時間を確保できるようになる。

2 快眠はまずは規則正しい生活から

 規則正しい生活によって、体内時計がホルモンの分泌や生理的な活動を調節し、睡眠に備えて準備してくれる。この準備は自分の意志ではコントロールできない。体内時計を整え、体を睡眠に導くために、毎日同じ時刻にベッドに入り、起床時間も一定にすることが大切だ。

3 夜遅い時間に食事しない

 体内時計を整えるために規則正しい食事が望ましい。食事で摂取した食べ物が消化・吸収されるまでに2~3時間が必要となる。夜遅い時間に夕食をとると、胃の消化活動が活発になり、大脳皮質や肝臓の働きが活性化し、結果として食べ過ぎや睡眠不足につながる。もちろん体重が増えて、血糖コントロールも乱れやすくなる。

4 朝食を抜かない

 朝食をしっかりとることで、その日の3食の食欲をコントロールしやすくなる。逆に朝食を抜いて空腹でいると、反動で食べ過ぎてしまうおそれがある。なるべく1日に摂取するカロリーの3分の1は朝食でとるようにしたい。

5 ゆっくり食べる

 食事をして、胃がふくれてから、脳の満腹中枢に信号が伝わるまでに、10分以上の時間がかかる。満腹中枢は食後の血糖値の上昇によっても刺激される。

 よく噛んでゆっくり食べることで、満腹中枢に刺激が伝わり、食欲を抑えられる。よく噛むことで、食欲を抑制する働きのあるレプチンというホルモンの分泌も促進される。早く食べると満腹感が得られにくく、食べ過ぎの原因となってしまう。

6 ストレスをためない

 ストレスは不安や睡眠障害、血圧の上昇など、好ましくない影響をもたらす。糖尿病や高血圧症のある人にとっては、血糖や血圧のコントロールに悪影響が出てくるおそれがある。

 ふだん通りの食事を続けられなくなったり、アルコールを飲みすぎたり、運動不足が続くことも、ストレスの原因になる。

 休暇には、想定外の用事が入り忙しくなり、さらに生活が乱れやすくなる。この時期に外せない予定を作りすぎないようにし、余裕をもって計画をたてよう。

7 運動を続ける

 日中に体をアクティブに動かし運動する習慣のある人は、質の良い睡眠を得られるという調査結果がある。30分のウォーキングなどの運動を毎日続けよう。

 運動や身体活動は自然なストレス解消法になる。血糖コントロールや血圧コントロールにもつながり、健康上の利便はたくさんある。

 30分の適度な運動を週に5日行うのが理想だが、それが難しい場合は、1日に10~15分のウォーキングなどの運動を1日に2回取り入れるようにしよう。

 不規則な生活が続く場合でも、運動のための時間を確保するために、カレンダーに運動する予定を書きとめとくと効果的だ。

8 アルコールに注意

 アルコール類にもカロリーがあり、アルコールには食欲を増進する作用があるため、飲み過ぎは肥満につながる。この時期は高カロリーの食事が多いため、相乗的に悪影響があらわれる。

 糖尿病の治療を受けている人は、アルコールにより低血糖の危険性が高まるおそれもある。アルコールを飲む場合は、上限を決めて飲み過ぎないようにしよう。

 「節度ある適度な飲酒」の上限は、純アルコール換算で「1日平均20g程度」。これは、ビールは中瓶1本(500mL)、清酒は1合(180mL)に相当する。

Five days of eating fatty foods can alter how your body’s muscle processes food, researchers find(ヴァージニア工科大学 2015年4月13日)

Exercise counters the physiological effects of Christmas excess(国際生理学会 2013年11月26日)

Exercise counteracts the effects of short-term overfeeding and reduced physical activity independent of energy imbalance in healthy young men(Journal of Physiology 2013年11月26日)

Study finds ‘social jetlag’ is associated with obesity-related disease(英国医学研究評議会 2015年1月20日)

Social jetlag, obesity and metabolic disorder: investigation in a cohort study(International Journal of Obesity 2014年12月22日)

Healthy eating through the holidays(ハーバード大学医学大学院 2018年12月20日)

Six Holiday Tips(米国糖尿病学会 2014年7月11日)

[ Terahata ]

日本医療・健康情報研究所

連休(GW)こそ糖尿病のコントロールに注意 8つの対策で乗り切る 食事・運動・体内時計がポイント | ニュース | 糖尿病ネットワーク

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

I型糖尿病の阪神岩田、医療従事者に感謝

「命を張って働いてくれている」

2020.4.28 07:00

spo2004280001-p1-2020-04-28-07-08.jpg
甲子園球場で練習をする阪神の岩田(阪神タイガース提供)

 阪神の岩田稔投手が27日までにオンラインで報道陣の取材に応じ、新型コロナウイルス感染者の治療にあたっている医療従事者に対し、「すごい大変だと思う。(ウイルスは)目に見えるものじゃない。どうしてかわからないところで罹ってしまうリスクがある中、僕たちのために命を張って働いてくれているので、感謝しかありません」とねぎらいのメッセージを送った。

 岩田は高校時代にI型糖尿病を発症。2009年から難病をなくすための研究基金に1勝ごとに10万円の寄付を行っており、医療の充実と発展を願いながら現役生活を続けている。「自分も(I型糖尿病で)基礎疾患を持っているので、新型コロナにかからないように気をつけながら生活をしていく」と強調した。

 チームが活動を停止していた約3週間、通常の練習が行えない中でもでも運動不足にならないように心がけてきた左腕。現在も甲子園球場での自主練習には大阪府内の自宅から自転車で片道1時間以上かけて通っているという。今年も困難に立ち向かいながら、野球に取り組む気構えはできている。(上阪正人)

I型糖尿病の阪神岩田、医療従事者に感謝「命を張って働いてくれている」 – 産経ニュース

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病薬302万箱回収 

発がん性物質検出―大日本住友製薬

 大日本住友製薬は27日、糖尿病治療薬「メトグルコ錠」約302万箱を自主回収すると発表した。厚生労働省の要請を受けた検査の結果、一部で基準を超える発がん性物質が検出されたため。

 この薬は患者の血糖値を下げるため使われていた。回収するのは「メトグルコ錠250mg」と「メトグルコ錠500mg」の2種類。2017年9月から19年12月にかけて全国の薬局や医療機関、延べ約7万施設に納入された。既にほとんどが服用されたとみられるが、これまでに健康被害の報告はないという。問い合わせ先は、専用ダイヤル(0120)870851。

【経済記事一覧へ】 【時事ドットコムトップへ】

糖尿病薬302万箱回収 発がん性物質検出―大日本住友製薬:時事ドットコム

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

在宅ワークの夫が糖尿病に…

リモート生活で高まる健康リスク

漫画家の妻に聞く

4/27(月) 9:26

 

 家族にひどい咳が続いていたら…今の時期なら真っ先に新型コロナウイルス感染による肺炎などを疑うだろう。しかし、このようなケースもあるので要注意だ。   「うちの夫が糖尿病になっちゃった! ズボラ夫が血糖値を下げた方法」(日本実業出版)を描いた漫画家のマルコさんの場合、夫のKタローさんが咳き込んでいるので病院に連れて行ったところ、風邪薬を処方された。  しかしそれでも咳が治らないため、人間ドッグで検査をしたところ、糖尿病だと判明した。  糖尿病はすい臓から出るインスリンというホルモンの作用が不足して血糖値が下がりづらい状態が続く病気で、免疫力も下がってしまう。  そして一度発症すると治らないのである。

 Kタローさんはもともとインドア派だったことに加え、脱サラしてからは家で座りっぱなしで仕事をするようになったという。さらには子育て中ということもあり、昼夜逆転して不規則な食生活を続けた結果、糖尿病を発症してしまった。  しかしこれは他人事ではない。敏感な読者はお気づきだろう。新型コロナウイルス感染対策のため、いまや多くの人が外出自粛をして家にこもり、仕事を続ける生活スタイルになってきているからだ。糖尿病リスクは目の前にある。

 糖尿病は新型コロナウイルスが感染した場合、悪化リスクを高めるともいわれるので今の時期、特に要注意でもある病気。そこでマルコさんに、外出自粛要請下での健康リスク対策について話を聞いた。

■在宅ワークで自分で時間をキッチリ決めるのは難しい

 ――なぜKタローさんは咳が出続けたのでしょうか。

「もう4年前の話ですが、最初はただの風邪だったのが、当時の夫は血糖値が高い状態が続いて免疫力が落ちていたので悪化していき、咳が止まらなくなっていたんですね」

 ――そもそも糖尿病とはどういう病気なのですか。

「これは夫の入院中に一緒に勉強したことですが、糖尿病と聞いたら、太っているとか食べ過ぎとか不摂生の人だけがなるというイメージが強いですよね。だけど糖尿病は大きく分けるとⅠ型とⅡ型があり、原因がよくわかっていないⅠ型に対し、糖尿病患者の約95%といわれるⅡ型糖尿病は遺伝、運動不足、暴飲暴食、不規則な生活習慣、ストレス、年齢などいろいろな要因がからんで発症します。夫の場合もⅡ型糖尿病で、家で仕事をするようになってから、健康診断も受けていなかったので、不規則な生活や運動不足から高血糖が放置され続けて発症したと思います」

 ――政府が「人との接触を8割減らせ」と訴え、テレワークリモートワークと在宅勤務が多くなっています。Kタローさんが糖尿病になったときの生活と似てきている人も多そうですね。

「私のブログでも最近書いているのですが、それはとても思います。会社勤めをしていると自然と規則正しい生活になるものですよね。だけど在宅で仕事をして自分で時間をキッチリ決めることってけっこう難しいんです。特に家にお子さんがいらっしゃったりすると、昼間に集中できないので夜型になったりとか。それもあってうちの夫も深夜に仕事をすることが多くなっていました。深夜に仕事をするとお腹が空くので間食します。そういう不規則な生活が悪循環になっていくのですが、結局、病気になるまでそれがわかりませんでした」

 ――どのような生活スタイルがよいのでしょうか。

「決まった時間に食事をとることが血糖コントロールには大事です。不規則な食事をしていると間食も増えます。そうすると一日に食べる量も増えてしまいます。規則正しい生活がともかく大切で、睡眠時間もしっかり確保して、1日1回は少しでも運動したほうがいいです。今なら、人の少ない時間帯に散歩すると決めるとか、自宅でできるエアロバイクがおすすめです。あとはストレスを溜め込まないようにしたほうがいいので、自分なりのストレス解消法をみつけたいですね」

 ――食事についてですが、最近、スーパーマーケットなどでは強力粉やドライイーストが売り切れになったりしています。主食になるパンを作ることが流行っているからでしょうが、主食で使われる小麦粉やお米の摂取について注意点はありますか。

「夫がよく食べる主食はオートミールです。食物繊維が豊富でGI値(糖質の吸収の速さ)が低いからです。雑穀米や玄米も食べています。GI値的にはフランスパンは要注意ですね。パンなら、小麦粉のかわりにふすま粉を使ったものがおすすめです。ふすま粉にはミネラルや食物繊維も豊富に含まれているので、健康維持にも効果的です。ネットショッピングでかんたんに購入できます。最近はコンビニでもブランパンという名前でよく売られています」

 ふすま粉とは小麦粒の外皮や胚芽など表皮を使った粉のこと。小麦の表皮部分は小麦ブランと呼ばれており、強力粉の小麦粉より大幅に低糖質な粉になる。

「また、パンを食べるならたっぷりの野菜を挟んだサンドイッチもおすすめです。野菜やお肉や卵など、何かをパンにはさんで食べたほうがボリュームも出ます。野菜には食物繊維が多く入っているので、糖質の吸収がゆっくりになって、血糖値が上がりにくくなります。夫の食事の基本はベジファーストで、最初に野菜や海藻類を食べ、肉や魚などのタンパク質、炭水化物の順番に食べます。最後にパンといえばコーヒーですが、コーヒーはポリフェノールが多いので血管にもよく、血糖値の上昇を抑え、糖尿病予防に役立つといわれています。砂糖やミルクをたくさん入れると逆効果なので注意してほしいですが」

 ――外食と家食は良し悪しもありますね。

「家で食事をつくると糖質量や脂質量が調整しやすいし、野菜を多く摂ることができます。外食だと比較的、野菜の量が少なくなりますし塩分も高めになってしまい、どれくらいの糖質や脂質が入っているか明確ではありません。ただ一番大事なのは長く続けることなので、家の食事に飽きたら外食も楽しんでいます。その場合はオムライスや牛丼、ラーメンなどの炭水化物中心のものではなく、定食など野菜やおかずの多いものを選んで食べるようにしています。ただ、今の時期はさすがに外食は控えています」

 ――健康だと思っている人も気をつけたほうがいいですね。

「糖尿病だけでなく、すべての生活習慣病において食事と運動を気を付けることは大事だと思います。病気の原因はつながっていますよね。私も夫と同じ生活をするようになって、以前よりも健康になったと思います。40歳超えていますが、いま妊娠8カ月でとても順調です。私ってどんなに元気なのと思います(笑)」

 外出自粛要請が終わっても、テレワークやリモートワークは増えていくだろう。その反面、自宅で仕事をするがゆえの健康リスクも潜んでいることには注意したほうがいいだろう。糖尿病リスクを下げる巣ごもり生活についてさらに詳しく知りたいなら、マルコさんの本をお読みいただきたい。

(取材・文=平井康嗣/日刊ゲンダイ)

在宅ワークの夫が糖尿病に…リモート生活で高まる健康リスク 漫画家の妻に聞く(日刊ゲンダイDIGITAL) – Yahoo!ニュース

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

白鷹山、糖尿病も発熱なく無症状 

自覚なく拡大恐れ

[2020年4月26日7時42分 ]

日本相撲協会は25日、高田川親方(53=元関脇安芸乃島)と弟子の十両白鷹山(25=高田川)、幕下以下の力士4人の計6人が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。幕下以下の力士については個人情報保護の観点で部屋名などを公表していない。親方や十両以上の関取の感染確認は初で、角界での感染者は合計7人となった。

  ◇   ◇   ◇  

協会が徹底した予防策を講じても、相撲部屋は稽古に加え、原則的に衣食住をともにする共同生活で、完全な封じ込めは難しそうだ。約20人の弟子を抱える部屋の師匠は力士にコンビニにも行かせず、早朝に自らが買い出しをしており「最善を尽くすが、団体生活は1人でもかかればどうしようもない。長い闘いになる」と口にした。

糖尿病の持病がある白鷹山は、発熱などもなく無症状だったという。同様の協会員がいた場合、自覚がないまま感染が広がる恐れもある。ある協会役員は「執行部がどう判断するか。本当に怖い。もう、やるとかやらないという問題ではないのではないか。一番大事なのは命だ」と吐露した。

白鷹山、糖尿病も発熱なく無症状 自覚なく拡大恐れ – 大相撲 : 日刊スポーツ

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病患者は新型コロナの重症化リスクが高い?

米国糖尿病協会が発表

PastedGraphic3-2020-04-26-07-13.png

ヘルスデーニュース2020.4.26 5:10

img_8e53bf0b4ccda073fbd4b25c2ba98198114738-2020-04-26-07-13.jpg

Photo:HealthDay

糖尿病患者はなぜCOVID-19への懸念が大きいのか? 

 家族や友人に糖尿病患者がいる人なら、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の高リスク者リストの中に、常に糖尿病患者が挙げられていることにお気づきかもしれない。そして「なぜだろう?」と思っていることだろう。

 糖尿病患者にとって良いニュースと良くないニュースがある。良いニュースとは、糖尿病があるからといって必ずしもCOVID-19の感染リスクが高いわけではないことだ。良くないニュースとは、COVID-19に感染した場合、重症化するリスクが高いことだ。

「最近の米疾病対策センター(CDC)のデータによると、COVID-19と診断された人のうち糖尿病患者の占める割合は10%にすぎず、これは米国の糖尿病有病率とほぼ同じである。ただし入院した場合には、より重篤になる可能性がある」と、米国糖尿病協会(ADA)のRobert Eckel氏は語っている。

「Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism」の編集長で英リーズ大学のPaul Stewart氏は同誌5月号掲載の論説で、糖尿病などの内分泌疾患をもつ患者がCOVID-19のリスクにどのように対峙すべきかをまとめている。同氏は、入院中の糖尿病患者は感染による死亡リスクが高いと記している。ただし、それが糖尿病に起因するものなのか、あるいは他の因子によるものなのかは未だ判明しておらず、「糖尿病のためではなく、単に糖尿病患者には高齢者が多いということの表れかもしれない」という。

 Eckel氏は、中国からの報告の一部で示された糖尿病患者の高い死亡率は、基礎疾患として心疾患を有する患者が多く含まれていたことに起因する可能性が示唆されている点を指摘。より多くのデータを得て時間をかけなければ、糖尿病自体が深刻な転帰の原因と結びついているのか否かは判明しないとしている。

糖尿病患者は新型コロナの重症化リスクが高い?米国糖尿病協会が発表 | ヘルスデーニュース | ダイヤモンド・オンライン

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

1型糖尿病の人は

新型コロナウイルス感染症にどう対策したら良いか?

PastedGraphic4-2020-04-23-07-15.png

2020年04月23日

 

 

1型糖尿病の人がCOVID-19について知っておくべきこと

 1型糖尿病患者は普段でさえ常に健康上の気苦労が少なくない。それに現在は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の不安が加わっている。

 1型糖尿病患者のCOVID-19感染リスクについて、米JDRF(旧・若年性糖尿病研究財団)のCEOであるAaron Kowalski氏は、「健康な1型糖尿病の人では、HbA1cが適度に保たれていればリスクが高まることはない」との見方を示している。一方で、HbA1cを良好に保てていない人は感染しやすくなる可能性があると指摘している。

 米ニューヨーク大学(NYU)ランゴンヘルス小児糖尿病センター長のMary Pat Gallagher氏は、「HbA1cが9.5%未満であれば免疫不全状態に当たらないが、高血糖が2週間以上続くと免疫能が損なわれることがある」と指摘している。

 COVID-19関連の合併症については、中国とイタリアの初期データからは糖尿病の人ではそのリスクが高まることが示唆されている。ただしこの点についてGallagher氏は、恐らく2型糖尿病やその他の併存疾患を有する高齢糖尿病患者の経過を反映したものとの見方を示し、「小児の場合、(何らかの疾患の有無に関わらず)経過は良好で、重篤な合併症の発症リスクは非常に低い」と付け加えている。

 年齢によらず血糖コントロールが良好であればCOVID-19による合併症リスクが高まることはなさそうだが、1型糖尿病患者が病気に罹患した場合には注意が必要となる。それは、1型糖尿病患者が何らかの病気にかかると、血糖値が大きく乱れることがあるためだ。

 糖尿病患者がインフルエンザなどのウイルス性疾患にかかると、ケトーシスやケトアシドーシス(DKA)のリスクが高くなることが知られている。したがって、糖尿病の管理により慎重を期すことが重要だ。ウイルス性疾患の治療に用いられる薬剤の中には、血糖値を上昇させる可能性のあるものや、持続血糖測定(CGM)の測定値に影響を与える薬剤があることに留意する必要もある。

 Kowalski氏は「シックデイ(病気にかかったとき)に備え管理計画を立てておくことが重要」とし、Gallagher氏は緊急時に24時間連絡が取れる主治医の連絡先を控えておき、家族が見やすい場所に貼っておくことを勧めている。

 さらにGallagher氏は、もしまだ手元にないのなら、可能な限り早いうちに処方箋を発行してもらうよう助言している。インスリンなどの糖尿病ケア用品についても、手元に余裕があるか確認しておく必要がある。

 感染した場合は、主治医に連絡して具体的な指示を仰ぐようにする。Gallagher氏は、1型糖尿病の人は病気のときも持効型インスリン(基礎インスリン)が必須であることを忘れてはならないと強調。基礎インスリンを減らした方が良いこともあるものの、自己判断で絶対に中止すべきでないと述べている。

 日々の生活における一般的な注意としてKowalski氏は、誰もが行うように手をこまめに洗い、他人との間に一定の距離をあけ、身体活動量を保つよう助言している。Gallagher氏もまた、「社会的距離を保ちながら、毎日できるだけ運動する必要がある。また、ストレスを感じているときは食生活も乱れがちになるため、できるだけ健康的な食事を取るように努めてほしい」と呼び掛けている。

[HealthDay News 2020年4月9日]

関連情報

Copyright ©2020 HealthDay. All rights reserved.

[ Terahata ]

\\
1型糖尿病の人は新型コロナウイルス感染症にどう対策したら良いか? | ニュース | 糖尿病ネットワーク

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

脳卒中について。その23

2020年04月22日
福島民友

公立藤田総合病院
佐藤昌宏先生
satou-kao-2020-04-22-07-11.jpg

福島県立医科大学医学部大学院卒、医学博士号を取得。同大学附属病院から総合南東北病院、福島赤十字病院、原町市立病院等にて勤務し1996(平成8)年4月から公立藤田総合病院脳神経外科、2008年4月より同病院副院長。専門は脳血管障害の診断と外科治療。日本脳神経外科学会専門医・指導医、福島県立医科大学医学部臨床教授。

PastedGraphic1-2020-04-22-07-11.jpg

PastedGraphic2-2020-04-22-07-11.jpg

 脳卒中のリスクの2番目は糖尿病です。引き続き、糖尿病の治療についてお話します。糖尿病の治療には、食事療法・運動療法・薬物療法の3本柱があります。今回は薬物療法についてです。

 食事療法・運動療法を継続的に実践しても血糖コントロールが十分に得られない場合に薬物療法が開始されます。もちろん薬物療法が始まっても、食事療法と運動療法は継続しなければなりません。続けることにより薬物療法の効果も上がってきます。1型糖尿病はインスリン注射が必須となります。ここでは糖尿病の大部分を占める2型糖尿病の薬物療法、特に非インスリン療法を中心にお話します。

1.薬物の選択はどうするの??

 最近では、薬の種類が増えており、主治医の判断によって症状に応じたものが選ばれます。糖尿病のタイプや症状、糖尿病による合併症、そして血糖コントロールの状態などを正確にみた上で、どんな薬を使うかが決められます。患者さんを総合的に考えて、効果的でより副作用の少ない治療を選択します。ただし、初診でインスリン療法が絶対適応になる方は、すぐにインスリン治療が始まります。

2.薬物の種類はどんなものが

 インスリン以外の糖尿病治療薬には、作用機序の違いから経口糖尿病治療薬3系統7種類(図1)と、注射薬であるGLP-1受容体作動薬1種類の合計8種類があります。詳細はここでは省きますが、これら8種類の薬剤を、年齢や肥満の程度、合併症、高血糖や代謝異常の程度、薬剤の副作用を考慮して選択されます。

 1つ目は、インスリン抵抗性を改善する2種類の薬剤です。

 2つ目は、膵臓からのインスリン分泌を促進させる3種類の薬剤です。

 3つ目は、糖の吸収を抑制する薬剤と腎臓からの排泄を促進させる薬剤です。

 これらの経口糖尿病薬は少量から開始されて、血糖値やHbA1cの値を見ながら、徐々に増量されていきます。通常、食事療法と運動療法などの生活改善と1種類の薬剤の組み合わせを行い、効果が得られない場合には2種類以上の薬剤の併用を行います。また、複数の薬が合わせて作られる合剤と呼ばれるものもあります。

 注射薬は、血糖依存的にインスリン分泌を促進して、血糖上昇させるグルカゴンというホルモンの分泌を抑制させて、血糖を下降させます。さらに、食欲抑制効果や体重減少効果もあることから、肥満2型糖尿病の患者さんに使用されています。主に糖尿病専門医が処方する薬剤です。

3.薬剤を使用する上での注意

 薬剤には、それぞれ薬物自体の特徴や合併症が起こる可能性があります。薬を使用するようになったら、自分が使う薬はどういう働きをするのか、どんな注意が必要かなどを理解することが大切です。

 薬物療法は、薬のことをよく理解して正しく使い、自己判断で服薬を中断せずに指示どおりに続けることが基本です。

 薬物療法で最も気をつけなくてはならない副作用は低血糖、つまり、血糖値が下がりすぎることです。軽症では冷や汗、手足の震え、めまい、動悸、四肢の脱力、呂律障害、目のかすみなどの症状が出現します。重症になると意識が悪く、さらに重症となると昏睡状態となり、生命の危険にさらされます。特に高齢者では、低血糖が繰り返されると認知機能低下やADL(日常生活)の低下につながりますので、低血糖の予防に十分留意しなければなりません。そのためには患者さんの病態や心身の機能、サポート体制などを評価することが大事です。高齢者糖尿病診療ガイドラインでは、HbA1cの管理目標が、若い患者さんに比べかなり緩徐になっています(図2)。

 薬の量を減らす、増やす、止めるなどの判断は、医師が患者さんの状態に合わせてその都度適切な処方をしていますので、必ず医師の指示に従うようにしましょう。血糖コントロールが順調な時は、食事療法・運動療法と、服薬している薬がうまく機能しているからです。

 また、生活習慣の改善や体重減少により、糖毒性(高血糖により、インスリン分泌の障害と作用障害がさらに増悪して悪循環になること)が解除されれば、経口糖尿病薬の減量や中止が可能となる場合もありますので、よく主治医と相談することが大切です。

 もし、今、服薬している薬について少しでも不安や疑問があれば、遠慮せずに主治医または薬剤師に相談するようにしましょう。安心して、信頼して薬が飲めることも、治療の継続と成功への大切な要素であり、それが脳卒中や心筋梗塞、腎不全などの合併症を予防することにつながります。

   ◆   ◆   ◆  

 次回は糖尿病の合併症についてお話します。

 ※引用文献:糖尿病治療ガイドライン2018-2019 高齢者の安全な薬物療法ガイドライン

脳卒中について。その23:Me&You・健康ジャーナル:福島民友新聞社 みんゆうNet

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

【神戸】MFサンペール、SNSで自身の糖尿病について語る

4/22(水) 0:16

 神戸MFセルジ・サンペール(25)が、SNSで自身の糖尿病について明かした。

20日にスペイン1部レバンテのFWマジョラルとインスタグラムのライブ配信を実施。同1部バルセロナの下部組織時代に糖尿病と診断されたことを告白した。当時は大きなショックを受けたというが、年代別のスペイン代表で同じ病を抱えるマジョラルと出会ったことで勇気づけられたと振り返った。  バルセロナからの加入2年目となる今季は、新型コロナウイルスの感染拡大により公式戦は中断。再開のめどはたっていない状況だが、「糖尿病で苦しんでいるすべての人たちの助けになれば」との思いでライブ配信を決めたというサンペール。「あなたは何でもできる」とエールを送った。

【神戸】MFサンペール、SNSで自身の糖尿病について語る(スポーツ報知) – Yahoo!ニュース

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

幸せ料理研究家・こうちゃん、

糖尿病を告白し病で苦しむ小学生の希望に

週刊女性PRIME

4/21(火) 16:00配信

jprime-2020-04-21-13-48.png

 

 ’05年にスタートしたこうちゃん(本名・相田幸二)のブログ『こうちゃんの簡単料理レシピ』。同名の書籍はシリーズ累計200万部に!

【写真】見るからに美味しそうなこうちゃんの料理

「幸せ料理研究家としてテレビ出演し、’08年には『こうちゃんの幸せ!簡単!お料理レシピ』というゲームソフトになるほどブームになりました」(料理ライター)

こうちゃんと小学生との深イイ話

 あらゆるメディアに愛されたこうちゃんだが、ここ10年のレシピ本の発売はゼロ。いったいどうしたのか。

《誤解の無いように申し上げますが生活習慣病でなった訳ではありませんので当方のレシピや料理を食べててなったのではありません。(中略)ある日突然、ウイルス感染などを反動して発症してしまうような病気で自己免疫疾患。(中略)なんで俺なんだろう。なんでそんな希少なクジを引いてしまったんだろうと(涙)》(原文ママ)

 ’18年1月更新のブログに年間発症率が10万人に1人~3人といわれる病名を明かしていた。こうちゃんは今、1型糖尿病と闘っている。

「おかげさまで血糖コントロールがうまくいっており、数値も健常者並み。2か月に1回の通院と、毎食後の1日4回のインスリン注射、そしてバランスのいい食生活と適度な運動を心がけています。とはいえ、ストレスをためないように、たま~に大好きなラーメンも食べていますよ」

 と、メールでの取材に丁寧に答えてくれたこうちゃん。突然の病気公表報告にファンもさぞや驚いたことだろう。

「ブログにはたくさんの励ましのメッセージが届きました。特にうれしかったのは仙台市の小学生のお母さんからの手紙。1型糖尿病を発症して、落ち込んでいた娘さんに“料理のこうちゃんも同じ病気だけど、頑張ってテレビでお仕事しているんだよ”と教えたところ、元気を取り戻してくれた、ということでした」

 そもそも仙台が拠点のこうちゃんは、東日本大震災の影響を受け、テレビ出演が減ってしまう。だが、地元・仙台放送での冠番組には出演し続けていた。番組を見ていた少女は、“テレビで元気に頑張っている大人”こうちゃんが自分と同じ病気と知り、励まされたという。こうちゃんのブログには今も、おいしそうなレシピが並ぶ。

「今までどおりパンチのある料理を、時に健康志向のレシピも織り交ぜつつ、みなさんに楽しんでもらえるものを発信したい。変わらず応援していただけたらと思います」

 これからも“幸せ”いっぱいのレシピを届けてほしい。

最終更新:4/21(火) 16:00

幸せ料理研究家・こうちゃん、糖尿病を告白し病で苦しむ小学生の希望に(週刊女性PRIME) – Yahoo!ニュース

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

神戸サンペール、レアル・マドリー所属FWと自身の糖尿病を振り返る「打ちひしがれた」

SPORT.es

 

何万キロも遠く離れた場所にいる2人のエリートサッカー選手が、サッカー以外のことを語り合っている。

神戸MFサンペール、欧州復帰が目標も「今はここで幸せ」

糖尿病を患っていると言われたとき、私は打ちひしがれた」と、ヴィッセル神戸の選手であるセルジ・サンペールが明かしている。

「最初の数ヶ月はとても怖かった。しかし、最後には、それが学習と成長のすべてであることに気づいた。日々の闘いだ」とレアル・マドリー所属のストライカー、ボルハ・マジョラルと話している。

サンペールはバルセロナから日本に渡り2年目、マジョラルもレンタル先のレバンテで2年目を戦っている。

2人はインスタグラムのライブトークを通して病の体験を共有した。

「言われる覚悟ができていなかった。私はサッカーをすることをあきらめなければならないと思った」とサンペールが告白すると、マジョラルも「今でも覚えているあの12歳の時のことを」と同じ経験をしたと話し、アンダーカテゴリーのスペイン代表で二人が出会い病気の話をしたとき、お互いが「一人ではない」ということに気づき心強かったと振り返った。

そして現在、糖尿病と闘う人たちへ、「あなたは自分自身のケアをしなければならないが、糖尿病は何も奪っていない 」

「あなたは食べることができ、スポーツをすることができ、あなたは何でもできる!」とエールを送った。

「今、糖尿病を患っている子供たちの気持ちを少しでも助けるために、友人とのトークで自分たちの気持ちを告白した」と二人は話した。

神戸サンペール、レアル・マドリー所属FWと自身の糖尿病を振り返る「打ちひしがれた」(SPORT.es) – Yahoo!ニュース

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

<コロナ 医療を守ろう>

糖尿病患者、行き場なく 

感染者以外制限「命守るため」

 

 新型コロナウイルスの院内感染を防ぐため、ほかの疾患患者の通院を制限する医療機関が増えてきた。糖尿病を患う東京都中野区の富田真也(まさや)さん(60)は通院先の変更を迫られたが、新しい病院が見つかっていない。「何かあったとき、どこに搬送されるのか。医療崩壊を実感する」と危機感を募らせる。 (中村真暁)

 「これから新型コロナウイルスの感染者を受け入れます。命を守るため、病院に入らないで」

 今月七日、都内の民間病院の診察室。防じんマスクとゴーグルを着けた男性主治医が、二メートル以上も離れた部屋の端から富田さんにそう告げた。主治医は「今後、感染者を受け入れる可能性が低く、入院患者のいない別の病院を探す」と説明。富田さんはいつもの三倍に当たる三カ月分のインスリンなどの処方箋を受け取り、病院を後にした。

 途方に暮れた。一人暮らしで、移動は電動車いす。糖尿病は感染症による重症化のリスクが高く、外出時は感染予防でマスクとゴーグル、消毒スプレーなどを欠かさない。病気への配慮を示す「ヘルプマーク」をいつも携帯し、マークに搬送先として同病院の名称を書いてきた。実際、外出中に突然意識を失い、病院へ何度も搬送された。でも、今は空欄だ。

 受け入れ先の病院はまだ決まらない。新型コロナの感染者が増える中、見つかる期待が持てない。「一番、命懸けなのは医療従事者たち」と理解を示しつつ、「命をつなぐ病院に、さよならを言われた。搬送先がないなら、もう終わり」と不安はぬぐえない。「重症患者を追い出すしかないとは。政府は何してるんだ」とやるせない気持ちになる。

 富田さんが通院していた病院は取材に「感染リスクを減らすため、不急な検査などの通院を先送りしている」としている。

 糖尿病患者や家族による認定NPO法人「日本IDDMネットワーク」(佐賀市)の大村詠一副理事長は「不安を抱いている患者は多い。医療機関によってオンライン受診などができるかどうかといった対応に違いがあり、課題がある」と話す。同ネットワークはホームページで、「もしも感染してしまったら」など、患者の不安に答えるQ&Aも公開している。

 医療体制の状況を公開する政府サイトによると、都内の病院(入院病床二十床以上)のうち、新型コロナを除いて平日の外来診療で平常通りに対応すると答えた病院は十六日時点では42・9%。感染者以外の疾患患者の受け皿が小さくなっている。

 

     

 「医療を守ろう」へのご意見、情報は、〒100 8505 東京新聞社会部へ。社会部のメール=shakai@tokyo-np.co.jp、ファクス=03(3595)6919=でも受け付けます。

(東京新聞)

東京新聞:<コロナ 医療を守ろう>糖尿病患者、行き場なく 感染者以外制限「命守るため」:社会(TOKYO Web)

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com