週刊朝日MOOK「おいしい暮らしの相談室 
糖尿病&高血圧」6月27日発売!

糖尿病でもチーズケーキが食べられる! 「おいしい」「がまんしない」糖尿病食の価値観を変える

2017年6月27日

d4702-232-790802-0-2017-06-27-12-46.jpg
糖尿病や高血圧などの生活習慣病を治すには、これまでの暮らし方を変える必要がある。特に食生活の見直しは不可欠だが、長年続けてきた習慣を変えるのは苦しい。発売中の週刊朝日MOOK「おいしい暮らしの相談室 糖尿病&高血圧」は、そんな苦痛や制限をともなう食事療法の考え方を変え、「おいしい・がまんしない・かんたん」な食事法を提案する。
目玉は、レシピの組み合わせ方がわかる「4日間のおいしい献立」だ。たとえば、塩分が多くなりがちな和食メニューでは、塩焼きや味噌汁の塩分を抑えてもおいしく食べられるコツがわかる。他にもビールと一緒に楽しむ「お休みの日のごちそう献立」や、「忙しい日のクイック献立」など、糖質と塩分をおさえながらも楽しく食事を続けられるテクニックを紹介する。

糖尿病向けの「かんたんレシピ集」では、野菜をたっぷり取れる小鉢料理や、缶詰めや冷凍野菜を使ったスピードメニュー、市販ルーを使った脂質が少ないカレーなど、家庭目線のお役立ちレシピを収録している。

巻頭エッセイは松浦弥太郎さんの「作りかたと食べかたの大切」。病気と食にまつわる家族の思い出をつづる。

さらに、糖尿病専門医が最新医学にもとづいた知識を語る「知っておきたい『糖尿病』『高血圧』11のこと」は、最新治療薬や隠れメタボを解消する運動法、医師とのつき合い方、不眠やEDいった意外な合併症などを解説する。また、全国757病院に調査をおこなった「糖尿病と向かい合う病院」では、専門医や管理栄養士の人数、専門外来の有無など、本書でしか読めない独自データを掲載している。

【そのほかの特集】
●糖尿病にも“やさしい”お取り寄せパン
  おいしい低糖質パンが買えるお店 厳選12店
●仮面高血圧に、ご注意
  記者が24時間測定してわかった「隠れた」リスク
●血糖値&血圧コンシャスな手づくりドレッシング
  おいしく野菜を食べられる手作りバリエーション
●体にやさしい調味料の知恵
  塩/砂糖/しょうゆ/油/みそ
●妊娠中の糖尿病
  妊娠中に気をつけたい血糖値のコントロール
  妊娠糖尿病/糖尿病合併妊娠
●糖尿病と高血圧で病院にかかる県、かからない県
  糖尿病と高血圧にまつわる“県民性”

【商品情報】
週刊朝日MOOK「おいしい暮らしの相談室 糖尿病&高血圧」
定価:980円(税込み)
発売日:2017年6月27日
A4判変型 132ページ・無線綴じ

PR TIMES

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.