「日本食」は理想的な健康食 

糖尿病の人にも日本食スタイルはメリットが多い

2020年08月19日

20181206-1-2020-08-19-22-43.jpg

 日本食の食事パターンの人は、循環器疾患や心疾患などによる死亡リスクが低いことが、日本人9万人を19年追跡した大規模調査で明らかになすった。

 日本食は、海藻、漬物、緑黄色野菜、魚介類、緑茶などを食べるのが特徴で、健康増進に役立つ栄養素を多く摂取できるメリットがあるという。

糖尿病の人にとって日本食はメリットが多い

 2型糖尿病の早い段階から、動脈硬化が進みやすい。動脈硬化は、内臓に脂肪がたまる内臓脂肪型肥満やメタボリックシンドロームとも関連が深い。

 動脈硬化が進むと、循環器疾患や心疾患など合併症の発症リスクが上昇する。不健康な食事や運動不足などの生活スタイルを見直すことで、動脈硬化を改善できる。

 日本食は動脈硬化の予防の観点からもメリットが多い。日本動脈硬化学会が提唱している「The Japan Diet」は日本食パターンの食事。日本食は、魚(とくに青背魚)、大豆・大豆製品(納豆、豆腐、高野豆腐)、緑黄色野菜を含む野菜、海藻、キノコなどを摂りやすいので勧められている。

 日本食が健康的であることを裏付ける、新たな研究が発表された。海藻、漬物、緑黄色野菜、魚介類、緑茶を組み合わせて食べることで、死亡リスクが低下するという。

 

日本食の健康への影響は 日本人9万人を19年追跡

 「JPHC研究」は日本人を対象に、さまざまな生活習慣と、がん・2型糖尿病・脳卒中・心筋梗塞などとの関係を明らかにする目的で実施されている多目的コホート研究。

 東北大学や国立がん研究センターの研究グループは、1995年と1998年に、岩手、秋田、長野、沖縄、東京、茨城、新潟、高知、長崎、大阪の11保健所管内に在住していた45~74歳の男女のうち、食事調査アンケートに回答した男女9万2,969人を2016年まで追跡して調査した。

 食事調査アンケートから、8項目の食品(ご飯、みそ汁、海藻、漬物、緑黄色野菜、魚介類、緑茶、牛肉・豚肉)の摂取量について、「日本食インデックス」(JDI8:8-item Japanese Diet Index)により点数化した。

 さらに、JDI8の7つの項目(ご飯、みそ汁、海藻、漬物、緑黄色野菜、魚介類、緑茶)について、摂取量が中央値より多い場合に各1点、牛肉・豚肉では、摂取量が中央値より少ない場合に1点として、合計0~8点で算出した。

 この「日本食パターンスコア」により、参加者を4つのグループに分類し、18.9年の追跡期間中に確認された死亡(全死亡、がん死亡、循環器疾患死亡、心疾患死亡、脳血管疾患死亡)との関連を調べた。循環器疾患には、⼼不全や⼼筋梗塞などの虚⾎性⼼疾患、脳卒中などの脳⾎管疾患などが含まれる。

日本食パターンの人は死亡リスクが低下

 その結果、日本食パターンのスコアが高いグループでは、全死亡・循環器疾患死亡・心疾患死亡のリスクが低いことが明らかになった。

 日本食パターンのスコアの高いグループは、低いグループに比べ、全死亡のリスクが14%、循環器疾患死亡のリスクが11%、心疾患死亡のリスクが11%低下した。

 さらに研究グループは、「日本食インデックス」の8項目の食品について、それぞれの食品の摂取量を多い・少ないの2つのグループに分けて死亡リスクを調べた。

 その結果、8項目の摂取量が多いグループでは、死亡リスクが低下することが分かった。海藻では6%、漬物では5%、緑黄色野菜では6%、魚介類では3%、緑茶では11%、それぞれ死亡リスクが低下した。

日本食パターンと死亡リスクとの関連

20200819-2-2020-08-19-22-43.png

出典:国立がん研究センター 社会と健康研究センター 予防研究グループ、2020年

8項目の食品それぞれの摂取量の多さと全死亡リスクとの関連

20200819-3-2020-08-19-22-43.png

出典:国立がん研究センター 社会と健康研究センター 予防研究グループ、2020年

日本食は体に良い栄養素を多く摂取できる

 このように、日本食により、全死亡・循環器疾患死亡・心疾患死亡のリスクが低下することが明らかになった。

 理由としては、日本食の食事スタイルの人は、海藻、漬物、緑黄色野菜、魚介類、緑茶をよく食べており、これらの食品により食物繊維、抗酸化物質、カロテノイド、エイコサペンタエン酸といった健康に有益な栄養素を摂取できることが考えられる。

 さらに、それぞれの食品は単体では死亡リスクの低下にそれほど影響しないにしても、日本食パターンとして組合せて食べると、それぞれ食品に含まれるさまざまな栄養素の作用により、死亡リスクが低下した可能性が考えられるという。

日本食は塩分が増えやすいという欠点も

 一方で、日本食パターンは、健康的とされる地中海食などの海外の食事パターンに比べ、食事に含まれる食塩が多いという懸念もある。今回の研究でも、日本食パターンのスコアが高いグループほど、食塩摂取量が多いという結果になった。

 これについて研究グループは、日本食パターンの人はカリウムの摂取量も多く、食塩とカリウムの摂取量の比はすべてのグループでほぼ同じだったことを挙げている。

 通常、食塩摂取量が多いと、高血圧になりやすくなり循環器疾患のリスクが上昇するが、カリウムを摂取すると、食塩のナトリウムを体外に排泄し血圧の上昇を抑える働きがあるため、食塩による悪影響が打ち消された可能性があるとしている。

 なお、今回の研究では、日本食パターンと全がん死亡との関連はみられなかった。理由として、がんの部位によって食品や栄養素との関連が異なるので、がん死亡との関連がみられなかったことなどが考えられる。

 「今後も日本食と特定のがんとの関連を検討する研究が必要です。また、今回の研究は1回の食事調査アンケートによる評価だったので、食習慣の変化を考慮できていないことが挙げられます」と、研究グループは述べている。 多目的コホート研究(JPHC Study) 国立がん研究センター 社会と健康研究センター 予防研究グループ

Association between adherence to the Japanese diet and all-cause and cause-specific mortality: the Japan Public Health Center-based Prospective Study(European Journal of Nutrition 2020年7月16日) 一般社団法人 日本動脈硬化学会

動脈硬化のリスクが高いと言われたら The Japan Diet

[ Terahata ]

日本医療・健康情報研究所

「日本食」は理想的な健康食 糖尿病の人にも日本食スタイルはメリットが多い | ニュース | 糖尿病ネットワーク

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病患者に起こりやすい低血糖とは?

2020年8月17日

 糖尿病は、血糖値が高くなる病気として知られていますが、薬で血糖コントロールをしている人は低血糖を起こしやすいということをご存じですか。なぜ、低血糖が起こるのでしょうか。低血糖を防ぐ方法は?

 糖尿病患者に低血糖は無縁と思われがちですが、実は、糖尿病の治療で血糖値を下げる内服薬やインスリン製剤を使用している人に低血糖は起こりやすいのです。糖尿病は血糖値が高くなる代謝異常の病気なので、治療では血糖値を下げる、または上げないための食事療法と運動療法を基本に、必要に応じて薬物療法を行います。ただし、使っている薬の作用と、食事の量や回数、運動量などとのタイミングがずれると、血糖値が下がりすぎて低血糖状態になるのです。

 低血糖は、血中のブドウ糖濃度が正常値より低くなる状態で、一般には、血中濃度が70㎎/dL以下の状態を「低血糖」といいます。健康な人の場合、血糖値は食事や運動などの影響を受けながら70~140㎎/dLで変動しており、60㎎/dL以下になることはほとんどありません。しかし、糖尿病患者の薬物治療で副作用として起こる低血糖では、60㎎/dL以下になることもあります。

この記事は有料記事です。

残り1798文字(全文2287文字)

糖尿病患者に起こりやすい低血糖とは? | 医療・健康Tips | 毎日新聞「医療プレミア」

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

【阪神】岩田稔、同じ1型糖尿病患者の仙台育英・松本京太郎にエール

「全て出し尽くすつもりで頑張って」6年前テレビ企画で対面

スポーツ報知8/14(金) 5:00

 阪神・岩田稔投手(36)が13日、自身と同じ1型糖尿病と闘いながら、甲子園交流試合に出場する仙台育英・松本京太郎外野手(3年)に熱烈エールを送った。2人は14年8月に「24時間テレビ 愛は地球を救う」の企画で対面。病に打ち勝ち、野球に真摯(しんし)に取り組むことを誓い合った。6年の歳月を経て、ベテラン左腕は同志の晴れ舞台を見守ることを約束。松本外野手も14日の倉敷商戦での恩返しにつながる全力プレーを約束した。

(取材=長井 毅、表 洋介)

◆岩田「京太郎に負けない」

 互いを励まし、共闘を誓った仲間が聖地の土を踏む。岩田はまだあどけない松本少年の姿を思い出しながらエールを送った。「1試合だけど、全てを出し尽くすつもりで頑張って欲しい。本当なら僕も生観戦したいし、宿舎に乗り込んで言葉をかけたいぐらい。コロナ禍でかないませんが、テレビ、動画で京太郎のプレーを見させてもらいます」と声を弾ませた。

 2人は6年前の夏に、甲子園で対面。インスリン注射の回数やタイミングについて助言し、ブルペンではキャッチボールも行った。  「まだ小さかったけど、良い球を投げる。僕の小学生の時と比べても、相当すごいと思いました」

 その後、連絡を取り合うことはなかったが、岩田は日頃から「松本京太郎」をスマホで検索し、動向を追ってきた。仙台育英に進み、今春のセンバツ出場を決めたことも把握していた。だがその後、大会は中止に追い込まれた。

 「センバツに京太郎が出場することを楽しみにしていた。だから本当に残念だった。これは他の3年生にも言えることですが、全国大会への出場機会を失って、進路にも影響が出るんじゃないか」。自身も高校2年の冬に1型糖尿病を発症し、社会人チームへの内定を取り消された。急きょ関大に進み、その後プロの扉を開いたが、現役高校生の置かれた現状は人ごとではない。  岩田は元巨人のガリクソンが1型糖尿病と付き合いながらマウンドに立ち続けたことを知り、勇気をもらった。現在は右脇腹痛から戦列復帰を目指すが、ユニホームを着続けることで、ファン、そして闘病患者に希望を与える使命を感じてきた。「故障前も投球自体の調子は悪くなかったので。自分も京太郎に負けないように、甲子園で投げる姿を見せたい」。憧れのまなざしを注がれた少年の成長が、また左腕を強くする。

◆京太郎「頑張っている姿見せられたら」

 6年前に勇気と希望をもらった甲子園に帰ってくる。15日の倉敷商戦を前に、仙台育英・松本は胸を高鳴らせた。「岩田投手は偉大というか、雲の上の人。病気のこともありますけど、頑張っている姿を見せられたら」。ベンチ入りメンバーとして初めて迎える聖地での戦いに力を込めた。

 9歳で1型糖尿病を発症し、一度はどん底に突き落とされた。そんな時に主治医の先生や両親から不屈の左腕の名を知らされた。「病名を言われた時は終わりかな、もう野球はできないのかなと思った。前を向けたのは岩田選手の存在が大きかった」。14年夏にキャッチボールをした際のボールの勢いは忘れられない。

 今でも1日4度のインスリン注射が欠かせない。親元を離れ、仙台育英に入学後は1人で対処してきた。「ずっと目標にしていた舞台。日本一を狙うことはできないけど、しっかり1試合に全てを出せる準備をして挑みたい」。恩返しの思いを秘め、集大成の戦いに臨む。  

◆岩田 稔(いわた・みのる)1983年10月31日、熊本県生まれの大阪府育ち。36歳。大阪桐蔭高から関大を経て、05年ドラフト希望枠で阪神に入団。3年目の08年にプロ初勝利を挙げるなど10勝(10敗)をマーク。09年にはWBCに出場し、世界一を経験。17年に1型糖尿病患者との交流や根治活動が認められ、報知新聞社制定「ゴールデンスピリット賞」を受賞。1軍通算192試合に登板し、59勝80敗、防御率3・33。179センチ、95キロ。左投左打。

◆松本 京太郎(まつもと・きょうたろう)2002年5月9日、埼玉・長瀞(ながとろ)町生まれ。18歳。長瀞ジャイアンツで小2で投手として野球を始める。深谷彩北シニアで投手兼三塁手。仙台育英では2年秋から外野手としてベンチ入り。50メートル走6・0秒。遠投100メートル。173センチ、70キロ。家族は両親、弟、祖母。AB型。  

◆1型糖尿病 すい臓のインスリンを作り出す細胞が破壊され、食事から得られるエネルギー(ブドウ糖)を体内の細胞に取り込めなくなる病気。不足したインスリンを日々の注射で補い、血糖値を下げる必要がある。1988年から2年間、巨人で活躍したビル・ガリクソン投手は、この病気と闘いながら日米通算183勝を挙げた。小児を含めてあらゆる年齢で発症する可能性があり、食生活や肥満など生活習慣が原因となる「2型糖尿病」とは区別される。

【阪神】岩田稔、同じ1型糖尿病患者の仙台育英・松本京太郎にエール「全て出し尽くすつもりで頑張って」6年前テレビ企画で対面(スポーツ報知) – Yahoo!ニュース

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

意外な盲点? 

清涼飲料飲み過ぎで糖尿病、「ペットボトル症候群」とは 無糖ならOK?

オトナンサー8/14(金) 8:10

 今年の夏は新型コロナウイルス感染症への対応で、高温多湿であってもマスクを着用する機会が多く、例年以上に熱中症になりやすい環境です。そのため「これまで以上に水分補給を意識しましょう」と呼び掛けられていますが、スポーツドリンクなど糖分を含む清涼飲料水を飲み過ぎると、糖尿病と似た「ペットボトル症候群」という症状が出るそうです。  では、無糖や微糖の清涼飲料水であれば、ペットボトル症候群にはなりにくいのでしょうか。内科・糖尿病専門医の市原由美江さんに聞きました。

吐き気、倦怠感、意識障害…

Q.ペットボトル症候群とは何ですか。

市原さん「そもそも、スポーツドリンクなどの清涼飲料水には多くの糖質が含まれており、大量に飲むと血糖値が上がります。血糖値がだいたい180mg/dlを超えると、尿の中にブドウ糖(尿糖)が出るようになり、尿量が増えます。体内から水分が多く出るため喉が渇き、清涼飲料水を日常的に飲む人はその渇きを解消するために、さらに清涼飲料水を飲むという悪循環に陥ります。 通常は大量の糖質に対して、インスリンが分泌されて血糖値を下げようとしますが、急激で過剰な糖質の負荷にインスリンの分泌が追いつかなければ、さらに血糖値が上がっていき、糖尿病になってしまいます。これがペットボトル症候群です」

Q.ペットボトル症候群はどのような症状が出るのでしょうか。また、どのような人に症状が出やすいのですか。

市原さん「吐き気や倦怠(けんたい)感、意識障害が起きることがあります。症状が出やすいのは、家族の中に『2型糖尿病(遺伝的な要因に運動不足や食べ過ぎなどの生活習慣が加わって発症する糖尿病)』がいる人や、『境界型糖尿病』『糖尿病予備軍』など自覚症状がなく、明らかな糖尿病ではないものの血糖値が少し高めの人です。 また、普段から清涼飲料水を習慣的に飲んでいる若者は、暑いときは水分補給でさらに多く飲むと思います。血糖値が高いかどうか、若者は自分自身であまり意識はしていないので、若者が突然発症することもあり得ます」

Q.清涼飲料水を1日にどれくらい飲むと、症状が出やすくなるといわれていますか。

市原さん「清涼飲料水500ミリリットルのペットボトル1本に含まれる糖質は、スポーツドリンクで約30グラム、コーラやサイダーで約50グラムと大量です。摂取した糖質を体内で正常に処理できるかどうかは個人差が大きいので一概には言えませんが、このようなペットボトルを1日に1~2本飲む程度であれば、問題ないことが多いと思います。

しかし、水分補給をお茶や水ではなく、清涼飲料水のペットボトルで全てを賄う人は危険性が高まります。ペットボトル症候群で病院の外来を受診する患者さんでいうと、1日に2リットル以上の清涼飲料水を飲んでいる人が多い印象です」

Q.最近は、無糖や微糖の清涼飲料水も販売されています。こうした糖分が少ない、あるいは糖分が含まれていないとされている清涼飲料水であれば大丈夫でしょうか。

市原さん「清涼飲料水の中でも、無糖のものは全く問題ありません。微糖のものは、100ミリリットル当たり2~3グラムの糖類が含まれていることが多いのですが、これは通常の清涼飲料水に含まれる糖質の半分以下なので、よほど大量に飲まない限りは心配ありません。

夏に水分補給をするときには、喉の渇きで想像以上に、一気に飲み物を飲んでしまうことがあります。清涼飲料水を飲み慣れている人が夏に、水分補給を目的に清涼飲料水を飲む場合、可能な限り無糖や微糖を選んだ方が安心でしょう」

Q.清涼飲料水以外では、どのような飲み物が水分補給として最適でしょうか。

市原さん「水分補給には、お茶や水が適しています。熱中症予防のためには、カフェインをあまり含まないものが理想的なので、麦茶やルイボスティーがおすすめです。その他のお茶でも、カフェインによる利尿作用は過度に心配する必要はないので、お茶の種類を気にし過ぎずに積極的に水分補給をしてください。

水を飲み過ぎると、体内の電解質バランスが崩れて、いわゆる『水中毒』になるのではないかといわれています。ただ、水中毒になりやすいのは精神疾患がある人など限られているので、健康な人は1回に200ミリリットル程度の摂取までと意識していれば、過度に心配する必要はないと思います」

Q.マスクをしていると湿気がこもり、喉の渇きを感じにくいといわれますが、喉の渇きを感じなくても定期的に水分を口にする方がよいのでしょうか。その場合は、どれくらいのペースで水分を口にすればよいですか。

市原さん「喉の渇きを感じる前に水分補給することが大切です。1日に必要な水分量は1~1.5リットル程度ですが、汗を大量にかいたときや暑い環境にいるときは、それ以上の水分補給が必要です。

普段は朝起きたとき、食事のとき、入浴の前後、寝る前には必ず水分補給をし、それ以外は小まめに、夏の時期であれば、最低30分に1回は水分を口に含むことを意識するといいと思います」

オトナンサー編集部

意外な盲点? 清涼飲料飲み過ぎで糖尿病、「ペットボトル症候群」とは 無糖ならOK?(オトナンサー) – Yahoo!ニュース

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病の人は「アルコール」に注意 

連休に飲み過ぎないための9つの対策

2020年08月12日

20190419-1-2020-08-12-22-45.jpg

 お酒は適量を飲むと、ストレスを解消できる効果を期待できるが、量が増えると確実に心と体の健康を損なう原因になる。糖尿病のある人は、アルコールの飲み過ぎによるダメージを受けやすいという調査結果も発表された。

 休日が続くと、アルコールを飲み過ぎてしまいがちになる。米国糖尿病学会(ADA)などは、アルコールとの「上手な付き合い方」を紹介している。

つい飲み過ぎてしまうのがお酒

 アルコールに含まれるカロリーは1gあたり7kcalで、脂肪の9kcalに次いで高カロリーだ。カロリーの他に栄養成分はほとんど含まれない(非蒸留酒には糖質が含まれる)。

 はじめは「少し」と思っていても、つい飲み過ぎてしまうのがお酒だ。さらに、アルコールには食欲を高める作用もあり、食べ過ぎて肥満の原因になる。

 アルコールに強い体質かどうかは遺伝によって決まり、日本人は4~5割程度がお酒に弱い遺伝子をもっているとされる。下戸にとっては宴席で何を飲むかというのは、切実な問題だ。

 

適量であれば血糖コントロールが良好という報告も

 アルコールが代謝されると、アセトアルデヒドなどの毒性のある中間代謝物が生成される。アルコールは他の栄養素の代謝にも影響を及ぼすので、アルコールの摂取量の適正化は大切になる。

 アルコール摂取量と糖尿病などのリスクはUカーブの関係にあるとされる。血糖コントロールは、アルコールの摂取量が適量であると良好で、飲み過ぎると悪化するという現象が報告されている。適度の飲酒を続けていた1型糖尿病の人では、合併症のリスクも低下するという報告もある。

 適度なアルコール摂取により、インスリン感受性を亢進し、血糖を下げるインスリンが効きやすくなると考えられている。アルコール摂取と糖尿病の発症リスクを調べた研究でも、純アルコール量で約20~25g程度の飲酒によりリスクが低下すると報告されている。

 しかし、この効果は大量のアルコール摂取によって打ち消される。とくに日本人では、アルコールを少し飲み過ぎただけで、糖尿病リスクは上昇するとみられている。飲み過ぎにはくれぐれも注意したい。

アルコールを飲むときの注意点

 「アルコールにはリラックス効果があり、ストレスの軽減を期待できますが、飲み過ぎには注意が必要です。安全な飲酒の方法を知っておくことが必要です」と、米ジョスリン糖尿病センターのジェニファー ルブラン氏は言う。

 米国糖尿病学会(ADA)や英国糖尿病学会(Diabetes UK)は、糖尿病とともに生きる人がアルコールを飲むときに、下記の注意が必要だとアドバイスしている。

  • アルコールはアルコールそのものの作用やアルコールの代謝により血糖値に影響を与える。アルコールを飲むときでも、食事は3食をきちんととることが大切。アルコールを飲むからといって、食事を抜くのは危険がともなう。
  • 摂取されたアルコールは、消化を受けないで胃や小腸で速やかに吸収される。良質のタンパク質が多く含まれる魚や肉、大豆製品、ミネラルや食物繊維を多く含む野菜、とくに緑黄色野菜、海藻、キノコなどを食べることが勧められる。
  • 血糖降下薬を飲んでいる人は、食事を十分に摂らずに飲酒すると低血糖になるおそれがある。食事量が低下すると、肝臓のグリコーゲンが減少し、アルコールの代謝にともなう代謝経路の変化により、糖新生(肝臓での糖の産生)が抑制されるからだ。
  • とくにインスリンや、SU薬などの経口血糖降下剤で薬物治療をしている人は、アルコールの急性効果として低血糖を起こしやすくなる。食事をとらずに飲酒するのは避けるべきだ。
  • お酒を飲むときは水も飲む。アルコールには利尿作用がありトイレが近くなる。排出された水分を補わないと脱水状態になりやすい。
  • 2型糖尿病の治療に広く用いられているビグアナイド薬(メトホルミン)は、アルコールを過度に飲むと、副作用である乳酸アシドーシスが起こりやすくなる。とくに過度の飲酒を続けている人では、肝臓での乳酸の代謝能が低下しているおれそがあるので注意が必要だ。
  •  飲み過ぎにはくれぐれも注意したい。脱水を防ぐために、十分な水分補給も忘れずに。吐気・嘔吐・腹痛などの胃腸症状や過呼吸などがある場合は、すみやかに医師に相談する。
  • SGLT2阻害薬は、血液中の糖を尿中に排出させることで血糖値を下げるタイプの治療薬。過度のアルコールを摂取したり、感染症にかかったり、脱水の状態にあると、ケトアシドーシスが起こりやすくなる。このタイプの薬を飲んでいるときにも注意が必要だ。
  •  インスリン作用が不足し、体がブドウ糖を利用できない状態では、代わりに脂肪やタンパク質がエネルギー源として使われが、そのときケトン体という物質が発生する。ケトアシドーシスは体内にケトン体が過剰に蓄積した、血液が酸性に傾いた状態を指す。
  •  ケトアシドーシスでは、口渇、多飲、多尿、体重減少、全身倦怠感などの症状が急激に起こる。悪化すると、呼吸困難、速くて深い呼吸、悪心、嘔吐、腹痛、意識障害などが起こるおそれがある。ケトアシドーシスが疑われるときは、すみやかに医師に相談することが重要。
  • お酒を控えていたり、飲めない体質の人は、周囲の人に「自分はお酒を飲めない」ことを事前に伝えておく。
  • 会席やパーティーでは、ビールやウイスキーの水割りの代わりに、色が似ているウーロン茶やノンアルコール飲料を上手に利用する。
純アルコール量で約20~25gが限度
 厚生労働省の指針では、1日のアルコール摂取量の目安を、純アルコール量で約20g程度だとしている。これをアルコール飲料に換算すると、ビールは中びん1本(500mL)、日本酒は1合(180mL)、焼酎0.6合(約110mL)、ウイスキーはダブル1杯(60mL)、ワイン1/4本(約180mL)、缶チューハイ1.5缶(約520mL)が目安となる。

 アルコール健康医学協会によると、血液中のアルコール濃度0.02~0.04%なら「爽快期」で、さわやかな気分になれる。このときはまだ、皮膚が赤くなったり、陽気になったりする程度だ。0.05~0.10%は「ほろ酔い期」。体温が上がり、脈が速くなったりする。

 一般的に、純アルコール量で約20~25gを限度とするのが上手なお酒の飲み方といえる。これは、「爽快期」を維持して酒を楽しみ、酒量が増えたとしても「ほろ酔い期」までにとどめておける量だ。

 体重約60kgの人が日本酒にして2合のお酒を30分以内に飲んだ場合、アルコールは約3~4時間体内にとどまる。それより多い量のお酒を飲むと、アルコールが体内から消失するまで約6~7時間かかる。

 これには個人差があるため、体質的にお酒に弱い人や女性はもっと長い時間がかかる。深夜まで飲んでいると翌朝起床後まで体内にアルコールが残っているため、二日酔いにもなりやすいので注意が必要だ

「糖質ゼロ」でもカロリーは「ゼロ」ではない

20200812-1-2020-08-12-22-45.jpg
 「糖質ゼロ」「カロリーオフ」といった表示をしたビールや発泡酒などの酒類が店頭をにぎわしている。しかし、「糖質ゼロ」と表示してあっても、カロリーは「ゼロ」ではないので注意が必要だ。健康増進法に基づく栄養表示基準では、飲料では100mL当りで糖質0.5g未満であれば「糖質ゼロ」と表示でき、熱量(カロリー)が20kcal以下であれば「カロリーオフ」と表示できる。

 実際には、量を少なくしていても糖質が含まれていたり、カロリーもある場合がある。そもそも酒類のカロリーは、糖質の量よりもアルコール度数の方が影響は大きい。アルコールは栄養表示基準で1g当たり7kcalで計算される。100mLは約100gなので、アルコール分5%であれば100mL当たり35kcal。ビール350mL(レギュラーサイズ)では、糖質も含まれているので、カロリーは140kcalくらいになる。

 オーストラリアでの研究によると、糖質ゼロのビールをよく飲んでいる人は「普通のビールより健康的だ」と思い込み、より多くの量を飲んでしまう傾向があるという。大量に飲むと余ったカロリーが体内に蓄えられ、肥満になりやすくなるので注意が必要だ。

寝る前の飲酒は睡眠の質を下げる

 アルコールは寝つくまでの時間を短縮させるので、寝酒に使っている人は少なくない。しかし就床前に飲んだアルコールは、少量でも睡眠の後半部分を障害することが知られている。つまり、寝つきは良いが夜中に目覚めてその後なかなか眠れない「中途覚醒」が起こりやすくなる。

 睡眠の質を高めたいのなら、就床前にはアルコールを飲まないのが望ましい。アルコールが体内から消失するまでにおよそ6~7時間がかかる。就床6時間前までに飲まないようにすると、気持ちの良い睡眠を得られる。眠りや不眠症の悩みを抱えている人は、アルコールを飲まずに、医師に相談しよう。

アルコールを飲み過ぎるとストレス解消の効果はなくなる

 適量の飲酒は気分を良くし、リラックス効果もありストレス解消になるが、飲み過ぎは心にも体にも好ましくない影響を及ぼす。また、強いストレスを感じているときにお酒で解消しようとすると逆効果になることもある。

 糖尿病のある人では、糖尿病のない人に比べ、飲酒による事故や死亡のリスクが高いことが、フィンランドのヘルシンキ大学病院の研究で明らかになった。

 43万4,629人を対象に平均7.1年間追跡した調査で、糖尿病のある人の飲酒に関連する死亡リスクは、糖尿病のない人に比べ、飲み薬を服用している男性で1.71倍に、女性で2.10倍に上昇することが示された。

糖尿病の人を支える心理的・社会的なサポートが必要

 「糖尿病の自己管理は心に大きな負担をもたらします。毎日インスリンを注射し、血糖値をチェックし、食事や運動も管理し、血糖コントロールを良好に維持するのは大変なことです」と、ヘルシンキ大学病院のレオ ニスカネン教授は言う。

 糖尿病とともに生きる人々は、とくに血糖コントロールがうまくいかないときに、大きなストレスを抱え不安に陥りやすい。糖尿病の治療は大きな精神的な負担を強いるので、アルコールを飲むことでストレスを解消しようとする人がいても無理のないことだ。

 アルコールがストレスや気分が落ち込んでいるときの対処として役立つと思っている人は多い。確かにアルコールはリラックスした気持ちにさせてくれるかもしれない。

 「しかし、アルコールは心をコントロールするための方法としては健康的ではありません。もしもあなたがストレスや不安を感じているのなら、体を動かしてアクティブになったり、趣味や話の合う友達をみつけたり、読書や音楽、入浴などでリラックスする方法が役立ちます」と、ニスカネン教授は述べている。

 「あなたの気持ちについて、友人や家族など、身近な人と話してみたり、かかりつけの医師や医療スタッフからアドバイスとサポートをもらうのも効果的です」。

 「糖尿病とともに生きる人々を支える心理的・社会的なサポートが必要です。医師や医療スタッフは、糖尿病患者のストレスを効果的に軽減しサポートするために対策する必要があります」と指摘している。

Drinking With Diabetes(米国糖尿病学会 2019年3月)

Alcohol and diabetes(英国糖尿病学会)

The relationship between alcohol consumption and glycemic control among patients with diabetes: the Kaiser Permanente Northern California Diabetes Registry(Journal of General Internal Medicine 2008年3月)

Alcohol as a risk factor for type 2 diabetes: a systematic review and meta-analysis(Diabetes Care 2009年11月)

VicHealth National Community Attitudes Survey: awareness and behaviours of low carb beer drinkers(VicHealth 2010年12月)

Diabetic patients are more at risk of death from alcohol, accidents and suicide(欧州内分泌学会 2018年10月12日)

Excess mortality in Finnish diabetic subjects due to alcohol, accidents and suicide: a nationwide study(European Journal of Endocrinology 2018年10月12日)

[ Terahata ]

日本医療・健康情報研究所

糖尿病の人は「アルコール」に注意 連休に飲み過ぎないための9つの対策 | ニュース | 糖尿病ネットワーク

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

【新型コロナ】

糖尿病のコントロールがさらに重要に 

COVID-19に対策

2020年08月11日

COVID-19パンデミック時の糖尿病管理の重要性が高まる、AHAニュース

AHA072420-2020-08-11-22-46.jpg

 糖尿病はどのようなときにも適切にコントロールされていた方が良い。とくに、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が糖尿病の人々を危険な状態に導くというエビデンスが蓄積されつつある現在、糖尿病を適切に管理しておく必要性が、かつてないほど重要になっている。

 「糖尿病自体がCOVID-19重症化の危険因子だ」とカリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)のPrakash Deedwania氏は言う。

 米疾病対策センター(CDC)では、糖尿病患者がCOVID-19に感染した場合、基礎疾患のない人より入院を要する確率が6倍、亡くなる確率が12倍高くなるとして、糖尿病を心血管疾患に続くCOVID-19重症化につながる基礎疾患に挙げて注意喚起している。

 Deedwania氏は、血糖コントロールが良くない状態が長期間続くと、心臓病や脳卒中、腎臓病、神経障害、あるいは失明を含む視覚障害などが発生する可能性があるばかりでなく、免疫システムが脆弱化すると述べている。

 その一方で、糖尿病をコントロールすることで、異なる結果を生み出すことも可能なようだ。中国から最近、COVID-19に罹患した糖尿病患者のうち、血糖管理が良好な人はそうでない人よりも死亡率が低いと報告された。

 米オハイオ州立大学のJoshua Joseph氏は、「血糖値が高い人は医療従事者と連絡を取り合い、高血糖を管理すべきだ」としている。

 

 パンデミック中、遠隔医療の利用が拡大している。Joseph氏も、インスリン投与量の調節も含めた遠隔医療を行っている。ただし、血糖値が非常に高い患者には来院を求めるという。

 同氏の施設では、血糖管理目的で患者が受診する場合に備えて、十分な感染予防対策を講じている。「血糖コントロールが不良な状態を修正する必要があるにもかかわらず、COVID-19感染の恐れから医療機関受診をためらうべきではない」と、同氏は語っている。

 Deedwania氏とJoseph氏は、COVID-19禍での糖尿病患者の血糖コントロールに関連し、以下の3点を推奨している。

・ 処方どおりに薬を使用し、予備の薬を十分に手元に置いておく。  心臓病予防のために糖尿病患者によく処方されるACE阻害薬やアンジオテンシン受容体拮抗薬などに関し、いくつかの誤った情報が流布されたことを強調したい。
 米国心臓病学会(ACC)、米国心臓協会(AHA)、米国心不全学会(HFSA)は3月に、「医師の指示がない限り、これらの薬を服用している患者は治療を継続すべきである」との声明を発表している。

・ 血糖値を頻繁に確認し、インスリンと食事を調整して、血糖コントロールに努める。  テイクアウト食品を食べ過ぎないように。使われている食材が明確に分かる、家庭で調理された料理をなるべく食べるようにする。

・ ストレス解消。  ストレスが高まると、血糖コントロールが不良になることがある。

 Joseph氏は、ストレスを軽減し血糖コントロールを維持する具体的な方法として、「強力なソーシャルサポートネットワークと良好な関係を保つことが重要。

 また、週に150分以上の運動を行い、睡眠を十分に取り、瞑想や深呼吸、音楽を聴くことも良い」とアドバイスしている。

 またDeedwania氏は、「COVID-19への暴露を避けるために必要な予防策を講じることは、もちろん大切。糖尿病がある場合、常にマスクを着用した方が良い」と述べている。

[American Heart Association News 2020年7月24日]

関連情報

記事原文

Abstract/Full Text American Heart Association News covers heart and brain health. Not all views expressed in this story reflect the official position of the American Heart Association. Copyright is owned or held by the American Heart Association, Inc., and all rights are reserved. If you have questions or comments about this story, please email editor@heart.org.

[ Terahata ]

日本医療・健康情報研究所

【新型コロナ】糖尿病のコントロールがさらに重要に COVID-19に対策 | ニュース | 糖尿病ネットワーク

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

猛暑に急増するペットボトル症候群 

清涼飲料水のとり過ぎによる急性糖尿病に要注意

まいどなニュース8/11(火) 14:30

 例年とは違い、マスク着用がエチケットとなった今年の夏。マスクをしていると、のどの渇きが分かりにくいため、水分補給が遅れるといわれています。ですから熱中症対策のためには、こまめに水分を取ることが重要です。しかし、気をつけたいのは水分の取り方。

一つ間違えると

ペットボトル症候群」を引き起こすことがあります。正式名は「ソフトドリンク(清涼飲料水)ケトーシス」といいます。 【写真】夏場に増える「アイスクリーム頭痛」って何?

■暑い日は要注意?

 「暑い日は汗も出やすく、のども乾いて、自動販売機を見つけては冷たい飲み物をつい買ってしまう」という声が少なくありません。その時、どんな飲み物を買うかが問題です。スポーツドリンクやジュース、炭酸飲料などの清涼飲料水をよく飲むという人は「ペットボトル症候群」に注意してください。

 というのも、スポーツドリンクや清涼飲料水には通常100mlあたり5g~10g前後の糖分が含まれているものが多いといわれています。角砂糖は1個約4g。もし、1リットル飲めば、角砂糖を10数個から25個を食べているようなものです。軽い気持ちで飲んでいるうちに、予想以上に糖分を取ってしまう危険性があるのです。

 そこで、スポーツドリンクや清涼飲料水を飲む時は成分表もチェックしてください。カロリーオーバーにならないように、甘味料を使ったゼロカロリーやカロリーオフのものを選ぶのも一つの選択肢かもしれません。

■発症すれば、どうなるの?

 暑いからといって1日に数リットル近い清涼飲料水を飲めば、たくさんの糖が一気に体に入り、一時的にインスリン不足に陥り、血糖値が急上昇します。血糖値が上がるとノドが異常に乾き、さらにガブ飲みしたりすれば、さらに血糖値が上がり、悪循環に陥ります。トイレの回数が増え、急性糖尿病の症状が現れることがあります。ひどい場合は意識がもうろうとし、激痩せすることもあります。

 このようなペットボトル症候群は20代、30代に多く、近年は40代以上の中高年にも増えています。

■予防するには?

 予防法は、糖分の多い清涼飲料水のガブ飲みは避けることです。しかし、水分補給は重要なので、水やお茶など糖分のないものを積極的に飲むように心掛けたいですね。暑い夏場は口当たりのいい冷たくて美味しいジュースやアイスクリームなどを食べたくなる気持ちはわかります。しかし、健康のことを考えて、ほどほどにしましょう。

 

◆尾原 徹司 東京医科大学卒業。東京女子医科大学消化器病センターを経て、神戸鐘紡病院消化器科に赴任。昭和57(1982)年に独立し、医療法人社団つかさ会「尾原病院」(神戸市須磨区妙法寺荒打/神戸市営地下鉄西神山手線妙法寺駅徒歩3分)院長に。

猛暑に急増するペットボトル症候群 清涼飲料水のとり過ぎによる急性糖尿病に要注意(まいどなニュース) – Yahoo!ニュース

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

怪奇派レスラーのジャイアント・キマラ死去 糖尿病で両足切断

08/10 11:45 相撲・格闘技
デイリースポーツ

 ジャイアント・キマラのリングネームで日本でも活躍した米国の元プロレスラー、ジェームズ・ハリスさんが死去したと、現地時間の9日に米国の世界最大手プロレス団体WWEなどが報じた。

 ハリスさんは78年に米国でプロレスデビュー。82年には顔と体にペインティングを施すなどアフリカの未開民族にふんした怪奇派のカマラとして活動。83年にはNWA世界ヘビー級王者ハーリー・レイスに挑戦した。84年にはWWF(現WWE)に参戦。85年にはジャイアント・キマラとしてジャパンプロレスに初来日した。89年には全日本プロレスに参戦し、91年にはジャイアント・キマラ2号とタッグを組んだ。

 その後もWWFだけでなくWCWやインディー団体などでも活動したが、11年11月には糖尿病の合併症により左足を切断して現役引退。12年4月には右足も切断。17年には緊急手術を受け、生命維持装置につながれたこと報じられた。

怪奇派レスラーのジャイアント・キマラ死去 糖尿病で両足切断 | 相撲・格闘技 | スポーツブル (スポブル)

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病と筋肉の怪しい関係・・・!

ココカラネクスト2020/08/09 03:00

01340_01-2020-08-9-22-50.jpg

 ヤジトレことオヤジトレーナー&アンチエイジングトレーナーのカズ・山田です。

皆さん、まだまだ歳じゃないし!と思われてないですか?

先日のことです。

フィットネスクラブでパーソナルトレーニング中に、女性のお客様に言われました。

実は糖尿病気味なんです・・・黙っていて言わずにいました・・・。

言っていただいて良かったです。トレーニング時の注意点が変わりますから。

実は今、かなり増えています糖尿病。

予備軍を含めるとここ20年で、3倍!になっているそうです…なってしまうと完治しませんから怖いです。今や日本人の国民病といっても過言ではありません。

 しかも男性に圧倒的に多いと私は思っていましたが、実際には女性にも確実に増えてきています。特に女性は40代から50代以降に急増しています。女性ホルモンの減少も大きく関係しています。

糖尿病は言い換えれば、筋肉減少病です!と、断言される方もいます。

私もあながち間違いではないと思っています。

代謝機能を超える栄養の取りすぎ。

血液中に糖があふれている状態・・・

体内の過剰なブドウ糖を、筋肉という工場が消費できなくなったために起こる現象です。

ブドウ糖は血中から筋肉へ、筋肉という工場で加工処理され、エネルギーとして使われます。

筋肉量が多ければ、多くのブドウ糖を消費します。

が、筋肉量が年々減っているとしたら・・・?

01340_02-2020-08-9-22-50.jpg

加工処理できる工場が少ないのに、原材料だけはどんどん入ってくる…

その結果、体内各所に原材料(ブドウ糖)が、あふれる!

インスリン分泌のすい臓は過剰労働に!

と考えると、糖尿病の原因のひとつは筋肉量の減少が怪しい…!

という問題があるわけです。

まさかと思いませんでしたか?

まさか筋肉と糖尿病が関係しているなんて…

50代以降、糖尿病は増えます。50代以降、筋肉量もさらに低下します。

となると入ってくる原材料(ブドウ糖)を減らし、筋肉という工場を増やすことが、肝要です。

つまり、糖尿病予防には「筋トレ!」ということになるわけです。

しかも筋肉量の多い下半身を鍛えるのが、効率的でしょう!

下半身を鍛えるのに一番良いのは?

そうですね、まずやるならば、スクワットです!

いかがですか?

こんな面からも、筋トレやトレーニングというのは重要なんですね!

01340_03-2020-08-9-22-50.jpg

[文:http://natural-city.com]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

cocokara-46-2020-08-9-22-50.jpg

糖尿病と筋肉の怪しい関係・・・! | ガジェット通信 GetNews

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

「糖尿病」と「精神疾患」には相関関係がある可能性が、

最新の研究で判明。

ウィメンズヘルス8/9(日) 22:02

 

視力から足先まで、体全身に影響を及ぼす糖尿病の心理的負担は大きい。科学者は、糖尿病と精神的症状(うつ病など)の関連性について研究を推進している。精神医学専門誌『 Comprehensive Psychiatry』に掲載された最新の研究によると、糖尿病を抱えている人は、精神疾患を患うリスクが高い可能性を示した。

その内容をアメリカ版『Prevention』からご紹介。 ブラジルの研究チームは、年齢や経済状態に大差のない糖尿病を患う200人(1型糖尿病患者100人と2型糖尿病患者100人)の被験者を対象に調査を行ったところ、約43%が少なくても1つの精神疾患を抱えていることが明らかになった。最も多いのは、全般性不安障害(21%)と慢性的うつ病(15%)。

社会恐怖症や別の種類のうつ病、パニック障害も含まれている。 しかしながら、糖尿病患者が精神疾患になりやすい明確な理由は未だに定かではない。一説では、糖尿病であることに加え、慢性疼痛のような関連症状を抱えることで気分が落ち込み、気分障害に発展していくと考えられている。別の研究によれば、社交不安症のような精神疾患の治療に使われる処方薬が、2型糖尿病を引き起こす恐れがあると示唆している。

研究者たちは、診察をするうえで、糖尿病患者の抱える精神的な問題には今まで以上に注意を払うべきだと主張している。 ※この記事は、アメリカ版『Prevention』から翻訳されました。

「糖尿病」と「精神疾患」には相関関係がある可能性が、最新の研究で判明。(ウィメンズヘルス) – Yahoo!ニュース

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

コンニャク粉が食後の血糖値とインスリン値の上昇を緩やかに 

糖尿病リスクを抑制

2020年08月07日

20200807-1-2020-08-7-22-48.jpg

 群馬大学の研究グループが、コンニャク粉入り粥が、食後の血糖値とインスリン値の上昇を緩やかにすることを確かめた。

 炭水化物の多い主食にコンニャク粉を混ぜると、食物の胃内の通過時間を延長させ、腸管粘膜での糖質吸収を抑制するという。

独自技術でコンニャク粉を開発

 研究は、群馬大学大学院医学系研究科・食健康科学教育研究センターの葭田明弘助教、木村孝穂准教授、村上正巳教授らによるもの。研究グループは、群馬県利根郡昭和村のグリンリーフが独自の技術により開発したコンニャク粉入り粥を対象に実験を行った。研究成果は、「Annals of Nutrition and Metabolism」に掲載された。

 健常者や糖尿病予備群を対象とした今回の研究で、粥に独自技術によってコンニャク粉を添加したことで、血糖値とインスリンの両方の上昇を抑えられる効果が確認された。

グリンリーフHP

20200807-3-2020-08-7-22-48.jpg

 コンニャク粉入り粥が血糖上昇を抑える理由としては、粥に含まれたコンニャク粉が胃内容物の粘りけを高め、食物の胃内の通過時間を延長させ、腸管粘膜での糖質吸収を抑制したことが考えられるという。

 コンニャクは、サトイモ科の植物やその球茎から製造される食品。精粉コンニャクは100gあたり5kcalと低カロリーで、炭水化物は2.3g、不溶性食物繊維は2.1g含まれる。

 コンニャク芋の生産量は全国の80%を群馬県が担い、その約6割が利根郡昭和村周辺で生産されている。グリンリーフは1990年からコンニャク芋の有機栽培を行っている。

 同社は、板コンニャク、シラタキ、結びシラタキなどに加えて、シラタキをパスタに加工したり、コンニャクサラダ、コンニャクそうめんなどの新しい食べ方を提案している。

糖尿病予備群を対象に試験を実施

 糖尿病患者が血糖コントロールが良くないと、動脈硬化が進行し、心血管疾患を引き起こしやすくなる。糖尿病予備群の段階でも、軽度の血糖上昇により、心筋梗塞や脳卒中といった大血管障害のリスクは、糖尿病でない人に比べて大きくなる。

 糖尿病を良好に治療するのに加えて、糖尿病予備群から糖尿病への移行を予防することも、重要な課題となっている。

 これまでソイプロテイン、グアーガム、燕麦、小麦デンプン、セイタカカナビキソウ、5-アミノレブリン酸、食物繊維などで血糖上昇の抑制効果が報告されているが、主に2型糖尿病患者を対象とした検討だった。

 そこで研究グループは、健常者や糖尿病予備群を対象に研究を行った。参加したのは37~60歳の健常男性25人で、糖尿病の診断に用いられる75g経口糖負荷試験行った結果、8人が健常者、17人が糖尿病予備群であることが分かった。

 参加者に3種類の粥(五分粥、0.4%コンニャク粉入り粥、0.8%コンニャク粉入り粥、いずれも約80kcal)を食べてもらい、摂食前と摂食後30分、60分、120分の時点で血糖値とインスリン値を測定した。

コンニャク粉が食後30分の血糖値とインスリン値の上昇を抑制

 その結果、五分粥にコンニャク粉0.8%を加えたことで、食後30分にピークとなる血糖値とインスリンの上昇が抑制されたことが分かった。一方、その他の時間(食前、食後60分、120分)では、両群の間に血糖値とインスリンの差は認められなかった。

 これにより、コンニャク粉入り粥は五分粥に比べ、食後30分で有意に血糖値とインスリン値の上昇を抑制することが分かった。また、血糖値の上昇抑制効果は、糖尿病予備群でより強く、またコンニャク粉の濃度が高いとより強くあらわれた。

 「今回の研究は、糖尿病予備群などを対象としており、コンニャク粉入り粥が血糖とインスリン、両方の上昇を抑制することを示したはじめての報告です。コンニャク粉の食後血糖上昇の抑制作用は、主食と混合することにより強く発揮される可能性があります。糖尿病予備群から糖尿病へ移行するのを抑制して人々の健康増進に貢献することが期待されます」と、研究者は述べている。

主食にコンニャク粉を加えると食後30分にピークになる血糖値とインスリンの上昇が抑制される

20200807-2-2020-08-7-22-48.jpg

出典:群馬大学、2020年

群馬大学大学院医学系研究科臨床検査医学

群馬大学食健康科学教育研究センター

グリンリーフ

Glucomannan Inhibits Rice Gruel-Induced Increases in Plasma Glucose and Insulin Levels(Annals of Nutrition and Metabolism 2020年7月13日)

[ Terahata ]

日本医療・健康情報研究所

コンニャク粉が食後の血糖値とインスリン値の上昇を緩やかに 糖尿病リスクを抑制 | ニュース | 糖尿病ネットワーク

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

腎臓と糖尿病の関係(1)

はじめに

33万人で毎年5000人ずつ増加している。日本における透析患者数です。

糖尿病は腎臓の働きに大きな影響を及ぼします。また腎臓の働きが悪化することで、心臓病や脳卒中などの心血管疾患の発症も促進させてしまいます。生命維持に欠かせない臓器である腎臓について考えてみたいと思います。

腎臓の働き

腎臓は、背中側の腰より少し上あたりに、左右に1つずつある、こぶし大のそら豆のような形をした臓器です。透析の技術が進歩していない頃は、腎臓の働きが尽きることは生命が尽きることを意味していました。また、2000年頃くらいまでは、糖尿病が原因で透析なると5年生存率は50%程度であると言われていました。しかし、最近は透析の医療器具や技術が進歩し、透析患者さんの生命予後は格段に改善しています。つまり、腎臓とは生命維持に直結する非常に重要な臓器なのです。そこで、生命維持における腎臓の働きを紹介したいと思います。

1、体内の不要なものを尿として排出する(尿をつくる)

腎臓の代表的な働きは尿をつくることです。全身を巡っている血液は、腎臓に運ばれてきて、網のような細い血管が集まってできる糸球体に流れ込みます。糸球体を含むネフロンは左右の腎臓にそれぞれ約100万個あり、その1つ1つで尿がつくられています。

糸球体でろ過された血液を原尿といいます。原尿は、細い管で集められ、体内に必要なものは再び吸収され、老廃物や不要物が余分な水分とともに尿として体外に排泄されます。

このように体内の水分量やイオンバランスを調整したり、体に必要なミネラルを体内に取り込んだりする働きがあります。腎臓の働きが低下してくると水分量調節がうまくいかずに、体のむくみを引き起こします。 また、イオンバランスがくずれると、疲労感やめまいなど、体に様々な不調が現れることがあります。さらに腎臓の働きが低下すると、体内に老廃物などがたまることになり、この状態を尿毒症と言います。

2、血圧を調節する

腎臓は、尿中に排出する塩分と水分の量をコントロールすることで、血圧を調整しています。塩分と水分の排出量を増加させると血圧は下がりますし、塩分と水分の排出量を減少させると血圧はあがります。さらに腎臓は血管を収縮させるホルモンの分泌を調節することでも、血圧をコントロールすることができます。

腎臓の働きが低下すると、これらの調節が出来なくなり高血圧になりやすくなります。また、高血圧自体も腎臓の血管にダメージをもたらし、腎臓の働きを悪化させることがあります。

3、骨を強くする

骨の成り立ちには複数の臓器が関わっています。腎臓は、カルシウムを体内に吸収させるために必要な活性型ビタミンDをつくっています。

腎臓の働きが悪くなると活性型ビタミンDが低下し、カルシウムが吸収されなくなり、骨粗鬆症や骨折の要因になります。

4、赤血球をつくる

赤血球はヘモグロビンを含む血液の主要成分です。この赤血球は骨髄の中にある細胞が、腎臓から出るホルモン(エリスロポエチン)の刺激を受けてつくっています。

腎臓の働きが低下してくると、このホルモンが出てこなくなってしまうため、血液が十分につくられず貧血になります。

慢性腎臓病とは

何らかの原因で腎臓が障害されると、上記のような働きが低下してくるとで、様々なリスクが生じてきます。この状態を慢性腎臓病と言います。軽症の方も含めると、実は患者数は1300万以上いると言われています。成人の8人に1人が慢性腎臓病の状態であり、糖尿病(患者数約1000万人)などと並んで、国民病であると言われています。

腎臓と糖尿病の関係(1) :内科医 松田友和 [マイベストプロ神戸]

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

感染防ぐ有給休暇求め異例スト 

糖尿病の男性、新型コロナ

 新型コロナウイルスに感染すると重症化しやすいとされる糖尿病を抱える男性が、感染を避けるための有給休暇を要求、勤務先の飲食会社に対し、5日から1人で無期限のストライキを実施すると通告した。男性が個人加入する労働組合「ジャパンユニオン」が同日、記者会見し明らかにした。

 ユニオンによると、新型コロナを巡り、感染を防ぐための有給休暇を求めるストは異例。厚生労働省は5月、経済団体などに感染対策を求める中で、妊婦や高齢者、糖尿病などの基礎疾患がある人への「労務管理上の配慮」を要請している。

感染防ぐ有給休暇求め異例スト 糖尿病の男性、新型コロナ:東京新聞 TOKYO Web

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

大豆など「植物性タンパク質」が糖尿病リスクを低下

動物性の3%を置き換えただけで効果

2020年08月04日

20200803-1-2020-08-4-22-42.jpg

 「動物性タンパク質」を「植物性タンパク質」に置き換えることで、心血管疾患や2型糖尿病のリスクが減少するという研究が発表された。

 野菜や穀物、大豆などの植物性食品を食べることで、寿命を延ばせる可能性がある。

動物性食品の食べ過ぎに注意

 タンパク質は、肉・卵・牛乳・魚などに多く含まれる「動物性タンパク質」と、野菜・全粒穀物・大豆・豆類、ナッツなどに含まれる「植物性タンパク質」に分けられる。

 筋肉はタンパク質でできており、合成と分解が常に繰り返されているので、食事でタンパク質をしっかり摂ることが必要だ。

 筋肉を維持するためには、1日に体重1kgあたりタンパク質1g以上を摂りたい。フレイルのリスクのある高齢者では、筋肉を増やす必要があるため、タンパク質は1日に体重1kgあたり1.2g以上が必要になる。

 しかし、注意したいのは、動物性食品を食べ過ぎないようにした方が良いということだ。動物性タンパク質はアミノ酸スコアが高く、良質なタンパク源になるが、食べ過ぎると、飽和脂肪酸やコレステロールが増えるおれそがある。

植物性タンパク質を増やすメリット

 植物性タンパク質を摂取すると、2型糖尿病や高血圧のリスクを抑えられるという研究が発表されている。植物性タンパク質を摂ることで、血圧、コレステロール、血糖値の好ましい変化を得られる。

 東フィンランド大学の研究では、毎日約5gの動物性タンパク質を植物性タンパク質に置き換えると、糖尿病のリスクが18%減少することが示された。植物性タンパク質を摂ることで、血糖値が低下するという。

植物性食品は糖尿病にも良い

 米国糖尿病教育者協会(AADE)によると、野菜、全粒穀物、果物、大豆、豆類、ナッツなどの植物性の食品を摂ることで、過剰にたまった体脂肪が減り、インスリン感受性が改善し、インスリンを分泌する膵臓のβ細胞を保護する効果を期待でき、糖尿病合併症のリスクが低下する。

 「植物性食品をベースとした食事療法は、糖尿病の治療と予防、減量のために勧められます。野菜などの植物性食品を中心とした食事スタイルをもつ人は、2型糖尿病と心臓病の発生率が低いという報告があります」と、AADEのジェイソン ギャレット氏は言う。

 植物性食品には、食物繊維、抗酸化物質、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれている。

 抗酸化物質とは、動脈硬化を引き起こす活性酸素の発生やその働きを抑制したり、活性酸素そのものを取り除く物質のこと。抗酸化ビタミンやポリフェノール、カロテノイドなどの種類がある。

 「植物性食品に含まれる食物繊維により、腸内細菌叢が改善し、短鎖脂肪酸の生産が増加します。短鎖脂肪酸は、有害な菌が増えるのを抑えたり、炎症を抑えるなど、有用な働きをします。そのほかにも、栄養素の吸収の改善、満腹感の改善、インスリン抵抗性の減少など多くの利点があります」と、ギャレット氏は言う。

植物性タンパク質に置き換えると死亡リスクが低下

20200803-2-2020-08-4-22-42.jpg
 朝食で納豆や豆腐、味噌などの大豆食品を食べ、動物の肉を食べ過ぎない食事スタイルは健康につながりやすい――。そんな研究結果を、米国立がん研究所(NCI)が発表した。

 ふだんの食事に含まれる動物性タンパク質を少し植物性タンパク質に置き換えるだけで、心血管疾患などによる死亡リスクが低下する可能性があるという。

 研究グループは、1990年代から米国の各地で実施されている「NIH-AARP食事・健康研究」に参加した男性23万7,036人と女性17万9,068人の1995~2011年のデータを解析した。

 その結果、植物性タンパク質を多く摂っている人は、全死因および心血管疾患による死亡リスクが低いことが明らかになった。

 食事エネルギー摂取量からみて、動物性タンパク質の3%を植物性タンパク質で置き換えた人は、16年間の追跡期間で全死因による死亡リスクが10%減少し、心血管疾患の死亡リスクも、男性で11%、女性で12%、それぞれ減少した。

動物性と植物性のバランスが大切

 とくに卵を植物性食品になどに置き換えると、死亡リスクは男性で24%、女性で21%、赤身肉では男性で13%、女性で15%、それぞれ低下した。

 対象者の食事に含まれるタンパク質の割合は平均で15%で、そのうち60%が動物性、40%が植物性だった。

 「今回の研究は、植物性食品の摂取を勧める食事ガイドラインを支持するものになりました」と、米国立がん研究所のジアキ ヒュアン氏は言う。

 「動物性食品は良質なタンパク源になりますが、食べ過ぎにはリスクがともないます。植物性食品と良好にバランスをとることが大切です」としている。

Plant protein may protect against type 2 diabetes, meat eaters at greater risk(東フィンランド大学 2017年4月19日)

Intake of different dietary proteins and risk of type 2 diabetes in men: the Kuopio Ischaemic Heart Disease Risk Factor Study(British Journal of Nutrition 2017年3月28日)

Don’t Miss: “Plant-Based Culinary Skills for a Healthy Gut” in Baltimore!(糖尿病ケア・教育専門家協会(ADCES) 2018年5月10日)

Higher Intake of Plant Protein Compared to Animal Protein Associated with Lower Mortality(米国立がん研究所 2020年7月13日)

Association Between Plant and Animal Protein Intake and Overall and Cause-Specific Mortality(JAMA Internal 2020年7月13日)

Diets high in protein, particularly plant protein, linked to lower risk of death(BMJ 2020年7月22日)

Dietary intake of total, animal, and plant proteins and risk of all cause, cardiovascular, and cancer mortality: systematic review and dose-response meta-analysis of prospective cohort studies(BMJ 2020年7月22日)

[ Terahata ]

日本医療・健康情報研究所

大豆など「植物性タンパク質」が糖尿病リスクを低下 動物性の3%を置き換えただけで効果 | ニュース | 糖尿病ネットワーク

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病の人が今すぐ行うべき認知症の発症回避対策

【進化する糖尿病治療法】

日刊ゲンダイDIGITAL8/4(火) 9:26

【進化する糖尿病治療法】

 アルツハイマー認知症は最も多い認知症ですが、糖尿病の人はインスリン抵抗性(インスリンが正常に働かなくなる)によって、アルツハイマー型認知症の原因物質であるアミロイドβが脳内に蓄積しやすくなることが研究で明らかになっています。

 また、糖尿病を長く患っていると、動脈硬化が進行し、脳梗塞や脳出血を起こしやすくなります。加えて、糖尿病の人は高血圧、脂質異常症も抱えているケースが珍しくありません。それによってリスクが高くなるのが、認知症の中で2番目に多い血管性認知症です。血管性認知症は、脳梗塞や脳出血で脳の神経細胞が障害を受けて起こる認知症です。

 つまり糖尿病はアルツハイマー型認知症になりやすく、血管性認知症にもなりやすい。あるデータでは、糖尿病の人はそうでない人に比べて、アルツハイマー型認知症のリスクが約1・5倍高く、血管性認知症のリスクが約2・5倍高いとされています。認知症のトップ2のリスクが高いという事実は、深刻に受け止めなければなりません。

 さらに問題視したいのは、認知症を発症した後の糖尿病治療です。糖尿病治療は、食事、運動、薬物治療の3本柱が基本です。しかし認知症で認知機能が低下すると、食事や運動の管理がうまくできなくなります。定期的な薬の内服や注射も管理しづらくなります。

 同居するご家族がいる場合は、ご家族の負担が増えますし、一人暮らしの場合は、なんらかの対策が必要。しかし、そうしていても認知症発症前と同じように糖尿病治療がうまくいかず、糖尿病が悪化してしまうケースが珍しくないのです。

 7月8日(米現地時間)、米国の製薬会社「バイオジェン」がアルツハイマー型認知症の治療候補薬について、FDAへの生物製剤ライセンス申請を完了したことを発表しました。これまで承認されている薬は認知機能を一時的に改善するに過ぎないのに対し、今回の候補薬は認知機能の低下を抑えられたとの結果が臨床試験で出ており、世界初のアルツハイマー型認知症治療薬になるのではないかと、期待されています。

 しかし現段階ではFDAに承認されるかどうかはなんとも言えません。承認されたとして、日本に入ってくるのは何年も先でしょうし、しばらくは非常に高額で、一般の人が使えるようになるまでは時間がかかると思われます。

■症状が出てきたらすぐ病院では遅い

 となると、現在糖尿病を抱えている人は、将来の認知症対策として、何をすべきか?

 認知症を疑うような症状が出てきたら早く病院に行って検査を受ける。これは確かに早期発見という意味で有効ですが、症状が出てきているということは、すでに認知症を発症しているということ。認知機能を一時的に改善する薬しか現段階ではないため、できるなら、発症する前になんらかの対策を講じたい。

 そうなると、確実にできる対策は、血糖コントロールしかありません。前述の糖尿病治療の3本柱にきちんと取り組む。高血圧、脂質異常症がある人は、血管性認知症のリスクを下げるために、それらの治療にも取り組む。

 米国の2型糖尿病を対象にした研究では、HbA1cの上昇とともに認知機能が低下することが示されており、HbA1c7・0未満を目標にコントロールすることが、認知機能を良好に保つ上で必要であるとの結果が出ています。

 さらに、低血糖を起こさないことも重要です。血糖値が下がりすぎる低血糖は、脳の神経細胞にダメージを与えるからです。重症低血糖のある人は、そうでない人に比べて認知症の発症リスクが2倍になるとの報告もあります。

 血糖コントロールは、将来後悔しないための方法でもあるのです。

(坂本昌也/国際医療福祉大学 病院教授 内科部長・地域連携部長)

糖尿病の人が今すぐ行うべき認知症の発症回避対策【進化する糖尿病治療法】(日刊ゲンダイDIGITAL) – Yahoo!ニュース

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com