骨折しやすい人は注意! 糖尿病や甲状腺の病気との気になる関係:主治医の小部屋|テレ東プラス

骨折しやすい人は注意! 

糖尿病や甲状腺の病気との気になる関係:主治医の小部屋

テレ東の長寿番組「主治医が見つかる診療所」(木曜夜7時58分から)は、今話題の健康法から、いざというときの医師・病院選びのコツまで、医療に関するさまざまな情報をお届けする知的エンターテイメントバラエティ。

さて、今回のWEBオリジナル企画「主治医の小部屋」には、繰り返し起こす骨折と骨粗鬆症の関係について疑問が寄せられました。早速、同番組レギュラー・中山久德医師にお聞きしましょう!

骨密度が高くても、骨質が劣化していると骨折を起こしやすい

shujii_20200708_01-2020-07-8-08-09.jpg

Q:30代男性です。趣味でフットサルをやっているのですが、1年に2回くらい骨折します。しっかり準備体操をしてストレッチもしているはずなのに、いつも骨折するのは利き足の右足です。骨粗鬆症を疑ったのですが、検査の結果は異常なしでした。それでもこれだけ頻繁に骨折するということは、将来的に骨粗鬆症になるリスクが高いのではと心配です。その可能性はあるでしょうか?

── 先生、年に2回の骨折は多くないですか。

「実は私も昨年、テーブルの脚に足の指をぶつけて骨折したのですが、足の指の骨のような小さな骨に非常に強い力がかかってしまったら、男性でも骨折することはあります。ただ30代の男性で、しかもシューズを履いて蹴り込んだり、誰かと接触したりして、足の指よりももっと中心に近い太い骨を年に2回も骨折するとなると、ただごとではない感じがしますね。

同じところばかり骨折するのであれば、その部分が十分に治りきらないうちに、また強い力が加わってしまったことが考えられます。通常、骨はシーネでしばらく固定しておけばつくのですが、痛くないからと、途中で固定をやめてしまうとぐらついた状態(偽関節)のままになり、そこに力がかかればその部分が再び折れやすくなります。もし、そうではなく完治した後で骨折を繰り返すのだとすれば、原因をきちんと調べておいたほうがよさそうですね」。

── 検査では骨粗鬆症は否定されたようです。

「骨粗鬆症というのは、骨の強度が低下して骨折しやすくなる疾患です。骨の強さ(骨強度)を決める要因には2つあって、よく知られている “骨密度” と、骨密度以外のものを全部ひっくるめた “骨質” があります。おおよそ骨の強さは7割を骨密度が規定していて、残り3割くらいを骨質が決めているといわれています。

つまり極端なことをいうと、骨密度が高い人であっても、骨質が非常に衰えている人は骨折を起こしやすいということです。この相談者のいう骨粗鬆症の検査が骨密度の測定を指すのであれば、骨密度は保たれている一方で骨を弱くする何らかの要因がほかにあり、骨強度全体が落ちている可能性があります。

ちなみに、骨質にはいろいろな概念があるのですが、最近よくいわれているものにコラーゲン架橋があります。骨を鉄筋コンクリート構造の建物に置き換えて説明すると、コラーゲン(タンパク質)が鉄骨、ミネラル(カルシウム)がコンクリート、コラーゲン架橋は梁(はり)に相当する部分です。

梁があることで鉄骨同士が強固に結びつき、しなやかさで丈夫な構造になるのですが、その梁が軟弱であれば鉄骨同士の連結が弱まり、グラグラになって倒壊してしまいます。だから骨質の劣化によって骨はもろくなるんですね」。

── 骨密度はどのような検査で調べるのですか。

「骨密度は体のどこで測るかによって検査方法に違いがあります。いちばん全身の骨折を起こすリスクを調べるのに適しているといわれているのが、腰骨と足の付け根(大腿骨近位部)です。

腰椎と大腿骨近位部の骨密度を調べて骨密度が低かった場合には、骨折した部位に関係なく全身のどこかで骨折を起こしやすいということになります。ただし、この骨密度測定装置は当院のような骨粗鬆症を多く診ているクリニックや、比較的大きな病院でないとなかったりします。

簡易的な測定法として、手のレントゲン撮影やかかとの超音波検査などで骨密度と似たものを測定し、解析する方法もあります。測定部位や測定法によっては、その検査だけではわからない骨強度の低下が隠れていることも考えられます。」

── 相談者の場合は足の骨折ですから、かかとでの検査をされているかもしれませんね。

「かかとでの測定は、足を機械に入れるだけなので非常に簡便に行えます。ただ、それは骨密度に似通った指標を見るだけのものであって、厳密には骨粗鬆症の診断には使えないのです。

かかとで測った骨の評価指標の値が低い場合には、しっかりと骨粗鬆症の精密検査を受けたほうがいいでしょう。数値が高いからたぶん大丈夫だといわれても、実際に骨折を起こしているのであれば、もう少し掘り下げて検査を受けておくことをおすすめします。

でも、そんなにたびたび骨折しているとなると、気になるのは先ほどもいったように骨密度以外の要因があるのではないかということですね」。

糖尿病などが原因で骨折しやすくなることも

shujii_20200708_02-2020-07-8-08-09.jpg

画像素材:PIXTA

──骨折しやすくなる病気や生活習慣などもあるのですか。

「いちばんよくいわれているのは糖尿病ですね。糖尿病の人は、骨密度は低くないかむしろ高めであったりするのに、実際には骨折することがよくあります。こうした骨折の起こしやすさは1型糖尿病の方が顕著ですが、2型糖尿病でも同様の傾向がみられます。

また、関節リウマチや腎臓の機能が落ちている人、肺気腫などの慢性閉塞性肺疾患の患者さんでは骨密度が低下し骨折を引き起こしやすくなります。

さらに、喫煙や過度の飲酒も骨折の頻度を高めるので、こうした生活習慣がある方は注意が必要です。

── やはり今後のために骨粗鬆症の精密検査は受け直したほうがいいでしょうか。

「通常の骨粗鬆症を考えると、一般的には女性に多く、閉経後から骨密度が低下していきます。また、男性であっても50歳ぐらいから徐々に骨がもろくなってくるんですね。30代でしかも男性だとすると、通常の骨がもろくなる経過以外の力が加わらないとそんなに脆弱になることはないはずです。

糖尿病が隠れていたり、他にも骨折をひき起こしやすくする病気が潜んでいたり、何かしら他の原因がないかを調べたほうがいいと思いますね。なんでこんなに骨折してしまうのかということを手がかりに、もっと大きな病気が見つかるかもしれませんよ」。

── 中山先生、ありがとうございました。

【中山久德医師 プロフィール】

1965年 東京都生まれ。1988年 早稲田大学商学部卒業 1996年 国立山形大学医学部卒業 東京大学医学部付属病院物療内科(現、アレルギーリウマチ内科)入局

東京大学医学部付属病院、東京都立駒込病院アレルギー膠原病科を経て国立相模原病院(現、国立病院機構相模原病院)リウマチ科医長

2012年 そしがや大蔵クリニック開業

内科総合専門医、リウマチ専門医、骨粗鬆症認定医

※この記事は中山久徳医師の見解に基づいて作成したものです。

今回お話を伺った中山先生も出演する主治医が見つかる診療所【(秘)芸能人からSOS! 認知症検査に完全密着】(7月9日木曜夜7時58分)。

shujii_20200708_03-2020-07-8-08-09.jpg

ある芸能人から緊急SOS! 「記憶力がひどく衰えている…」。認知症の専門医による検査に完全密着! 果たして診断の結果は? さらに、「病院に行きたくない」「キツイ運動や食事制限なしで健康に!」…そんな願いを叶えるための主治医オススメの方法を紹介! 押すだけで血流UP、頭スッキリ、冷え撃退できる夏の最強ツボを伝授。頭皮をのばすだけで肩こり腰痛を解消! ほかコロナで急増するドライアイの予防法についてもお届けする。

骨折しやすい人は注意! 糖尿病や甲状腺の病気との気になる関係:主治医の小部屋|テレ東プラス

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病の人は熱中症になりやすい? 夏場にマスクを着用して運動するときには注意 | ニュース | 糖尿病ネットワーク

糖尿病の人は熱中症になりやすい?

夏場にマスクを着用して運動するときには注意

2020年07月08日

20170207-3-2020-07-8-07-54.jpg

 

 新型コロナウイルス感染症に対策するために、多くの人がマスクを使い続けている。しかし、夏場のマスクは熱中症のリスクを高めるので注意が必要だ。

 マスクを着用して運動をするときは、「身体に負担がかかるので、マスクをはずして休憩することも大切」と、専門家は注意を呼びかけている。

夏場にマスクを着用すると熱中症のリスクが上昇

 夏場にマスクを着用していると、熱中症のリスクが上昇するので、注意が必要になる。

 気象庁によると今年の夏は気温が平年並みか高めになる。熱中症のリスクが高まると考え準備しておくことが大切だ。

 とくに高齢者や乳幼児、糖尿病などの基礎疾患をもつ人は、熱中症のリスクが上昇しているおそれがある。

 日本救急医学会による熱中症の実態調査によると、糖尿病、高血圧、心血管疾患、認知症があると熱中症になりやすい。

 糖尿病をもつ人が熱中症になりやすい理由は、▼血糖コントロールが悪い状態が続くと、血管や神経に障害が起こりやすくなる。その結果、汗腺の働きが悪くなり、汗をかきづらくなり、体を効果的に冷やすのが難しくなる。▼夏場に猛暑が続くと、運動をふだん通り続けるのが難しくなり、血糖コントロールが乱れやすくなるといったことだ。

 朝夕の涼しい時間帯に運動する、糖分の多い高カロリーの飲料を飲み過ぎないようにするなどの工夫が必要となる。

関連情報

糖尿病患者は熱中症リスクが高い? 熱中症予防に関する緊急提言も

熱中症を予防するための8ヵ条 マスク着用で熱中症リスクが高まる

マスクをしていると身体を冷やすのが難しくなる

 ヒトは、気温が高くなり体内に熱がこもるようになると汗をかき、呼吸をして冷えた空気を体内に取り込むことで熱を発散し、体温調節を行っている。

 しかし、マスクをしていると自分の呼吸により温められた空気しか入ってこないため、呼吸で身体を冷やすことが難しくなる。また、顔の半分ほどがマスクで覆われることで、熱がこもりやすくなる。

 さらに、マスクによる加湿で口の渇きを感じにくくなるため、熱中症に気づくのが遅くなり、とくに高齢者では熱中症になるリスクは高まると考えられている。

マスク着用により低酸素環境に

 マスク着用下で運動をすると、呼吸障害が引き起こされ、熱中症を起こしてしまうおそれがある。

 マスク装着し運動した人は、心拍数、呼吸数、二酸化炭素が増加し、顔面の温度が2℃近く上昇したという報告もある。

 マスク着用時の運動により、めまいや頭痛、血圧の上昇など、高地トレーニングのような症状が起こるおそれがあるという研究も報告された。

 英国のハートフォードシャー大学のリンゼイ ボトムズ氏は運動生理学を専門としている。

 ボトムズ氏らは、運動時のマスク着用の有無で、二酸化炭素濃度や酸素濃度がどのように変化するのかを調べるために、ランニングマシンで時速10kmの速度で3分間走り、呼吸がどう変わるかを確かめる実験を行った。

高地トレーニングのような症状が

20200701-1-2020-07-8-07-54.jpg
 その結果、大気中の酸素濃度は海抜0メートルで21%程度だが、フェンシング用マスクの下にマスクを着用して走ると、酸素濃度は17%にまで低下した。

 これは、海抜1,500m地点での高地トレーニングに近い状態で、心臓や心血管系の負荷が高まり、血圧も高くなるという。

 運動は筋肉の収縮により行われ、代謝産物として二酸化炭素、乳酸、そして熱が生じる。

 「マスクを付けて運動をしていると、二酸化炭素の排出がマスクによって遮られ、呼吸数や心拍数が増え、高地トレーニングに似た低酸素環境になり、身体により負荷をかけてしまうるおそれがあります」と、ボトムズ氏は言う。

 中国では10代の少年2人がマスクを着用して体育の試験を受け、おそらく熱中症を起こし、1週間以内に亡くなったという報道がある。

 「ウォーキングなど低強度から中強度の運動であれば、マスクを使用しても、少し息が苦しくなることがあっても、快適に歩けるかもしれません」と、ボトムズ氏は指摘する。

 「しかし、マスクを着用する場合には強い負荷の運動や作業を避けるべきです。高温や多湿の環境下では、ときおりマスクを外して、心拍数を整える必要があります」。

マスクをはずして休憩することも大切

 今年は外出を自粛し、家で過ごした時間の多い人が多く、屋外の暑さに慣れておらず、マスクをつけて外出することで体調を崩す可能性もある。

 熱中症を予防するために、▼こまめに水分を摂ること、▼室内では冷房を活用し、室内を涼しくすることが重要だ。

 日本救急医学会や日本感染症学会など4学会は、「マスク着用により、身体に負担がかかりますので、適宜マスクをはずして休憩することも大切です」と注意を呼びかけている。

 「ただし感染対策上重要ですので、はずす際は身体的な距離(フィジカル ディスタンシング)に配慮し、周囲環境などに十分に注意を払って下さい」としている。

気が付いたら熱中症になっていたというケースも

 水分はこまめにゆっくりと摂ることも必要で、のどが渇いたときに水分を摂っていると、気が付いたら熱中症になっていたというケースもある。

 のどの渇きを感じにくい高齢者や自分で喉の渇きなどを訴えにくい乳幼児も積極的に水分を摂ることが大切だ。

 また、ウイルスへの感染を防ぐため室内を換気する際は気温が上がらないようカーテンなどで直射日光を避け、エアコンをこまめに使ってほしいとしている。

 本格的な夏を迎える前に、暑さに体を慣らしておくため、気温が下がる時刻に外を散歩したり、家の中で立ち上がって足踏みをする、スクワットをする、体操をするなどして、徐々に体を慣らしておくのも効果的だ。

 気象情報をしっかりとチェックし、自分の体調を知っておくことも大切。とくに1人暮らしの高齢者などは屋内で熱中症になることが多いため、周囲の人が頻繁に声をかけることも求められている。 熱中症の実態調査(日本救急医学会)

新型コロナウイルス 感染症の流行を踏まえた熱中症予防に関する提言(日本救急医学会 2020年6月1日)

Why it could be dangerous to exercise with a face mask on(ハートフォードシャー大学 2020年6月15日)

[ Terahata ]

日本医療・健康情報研究所

糖尿病の人は熱中症になりやすい? 夏場にマスクを着用して運動するときには注意 | ニュース | 糖尿病ネットワーク

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病患者の負担を軽減、中国スタートアップが針を使わない血糖値測定器で認証取得(36Kr Japan) – Yahoo!ニュース

糖尿病患者の負担を軽減、

中国スタートアップが針を使わない血糖値測定器で認証取得

7/7(火) 7:20

 

中国は糖尿病大国になってしまった。現在、中国の糖尿病患者数は世界一になっており、中国人の約10人に1人が糖尿病を患っている。世界的に見ると、糖尿病は世界人口の8.8%に影響を及ぼす世界最大の流行病の一つになっている。急激な高齢化や疾病構造の変化に伴い、糖尿病は今後も増加していくと見込まれる。

 

糖尿病患者にとって大きな負担となっているのは、毎日針を刺して行う採血だ。患者は血糖値を測定するために毎日、何度も指先を傷つける必要がある。1日最低3回、できれば6~7回測定する必要があるのだが、患者がこれを守るのは大変だ。 

これが、血糖値測定器が普及しない大きな原因になっている。中国の血糖値測定器の普及率はわずか20%、つまり、患者5人のうち血糖値測定器を購入して使用するのは1人だけだという。世界平均の60%、先進国の90%と比べて中国の普及率はかなり低い。 

「博邦芳舟医療科技」は、この血糖値測定器にイノベーションを起こした。同社の血糖値測定器は皮膚を傷つけない非侵襲的な測定法を採用している。2019年8月、博邦芳舟は中国企業としては初めて「非侵襲的血糖測定器」で医療機器登録証明書を取得した。 

本血糖値測定器は、博邦芳舟が清華大学との10年に及ぶ共同研究によって開発された。これは「国家ハイテク研究発展計画(863計画)」に由来し、そのコア技術のいくつかは国内発明特許を取得している。研究開発から臨床試験登録まで、何万人分ものデータを測定してきた。 

新しい測定技術で関心が集まるのは、その精度だろう。博邦芳舟の非侵襲的血糖値測定器はMHC方式をベースに複数のセンサーを組み合わせ、皮膚を傷つけることなく1分弱で血糖値を測定する。臨床試験を通して、その測定精度は静脈血採血による測定値の94.5%、指先セルフ採血の測定値の94.4%に達することが明らかになった。 

博邦芳舟はこの製品について「中国初の非侵襲的血糖値測定器認証書を昨年8月に取得しても、それをすぐにそのまま販売することはなかった。センサーの精度を向上させ、アルゴリズムを最適化し、外観を調整するなど、製品をブラッシュアップしたのだ。ブラッシュアップされた製品は量産テスト中であり、認証を取得した当初の測定器に型番を追加することによって承認を得、今後1~2カ月以内に発売する予定だ」と語る。 

鳴り物入りで販売を計画するのであれば、マーケティング計画も考えなければならない。博邦芳舟は現在、全国の医療機器販売代理店と提携し、大手代理店の成熟した販売チームとチャネルを通じて、薬局、糖尿病患者、糖尿病予備群に販売している。将来的には健診センターや医療機関への参入も検討しているという。 

従来の侵襲的検査では1日6~7回の採血が必要であるが、博邦芳舟の非侵襲的血糖値測定器は完全に非侵襲的なので痛みがなく、感染リスクを軽減できる上、いかなる消耗品も使用しないのでランニングコストがかからない。患者への負担も小さいのでユーザーの拡大が見込まれる。この製品は、糖尿病患者の毎日の血糖管理だけでなく、血糖調節障害(耐糖能障害および空腹時血糖障害)のある患者にも適用できる。製品の価格は1万元(約15万円)程度を見込んでいるが、消耗品が不要なため、長期間使用すれば、1回あたりのコストは抑えられるという。 

この中国初の「非侵襲的血糖値測定器」認証書はどれほど大きなブレイクスルーなのか。業界ではどの程度のレベルなのか。業界概要をちょっと整理してみよう。従来の検査方法は針を使った侵襲的検査であり、この市場の85%に上る病院関係は「ジョンソン・エンド・ジョンソン」「エフ・ホフマン・ラ・ロシュ」「アボット・ラボラトリーズ」などの外国の製薬会社が占めている。小売面では「魚躍医療」「三諾生物伝感(Sinocare)」「北京怡成(Biostrips)」が、国内ブランドのECチャネルでの市場拡大をサポートしている。 

技術の進歩に伴い、皮下埋め込み型などの低侵襲的な血糖値測定器が開発される。2017年に中国で発売されたアボットの「FreeStyleリブレ」のほか「Dexcom」「Cnoga 

Medical」「美奇医療器械(Meiqi)」「凱立特(POCTech)」なども低侵襲的な血糖値測定器を開発している。 

今、血糖値測定器は低侵襲的から非侵襲的にシフトしている。例えば、イスラエルの医療機器メーカーがグルコースモニター「GlucoTrack」を開発、2014年にCEマークを取得した。こちらの製品は、耳クリップで耳たぶを挟み、超音波、電磁、熱の変化により、血糖値を算出する。 

博邦芳舟は商品発売準備と臨床試験のために新たな資金を調達すべく、出資者候補と連絡を取り始めているという。

糖尿病患者の負担を軽減、中国スタートアップが針を使わない血糖値測定器で認証取得(36Kr Japan) – Yahoo!ニュース

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

乳がんや糖尿病、脳梗塞など30の病気がわかる「10秒チェック」で危険に気づいて!(週刊女性PRIME) – Yahoo!ニュース

乳がんや糖尿病、脳梗塞など30の病気がわかる

「10秒チェック」で危険に気づいて!

7/4(土) 7:00

 味がわからない……もしかして新型コロナウイルス? 味覚がおかしい病気の症状はほかにもあるのです! 病気のサインはさまざま。年齢のせいかもと勘違いして手遅れになることも……。大病を見逃さないためにも知っておきたい“アラート”を30連発でご紹介!

【写真】乳がんのサインをイラストで解説! 「胸のしこり」以外に12個も

 

乳がんや卵巣がんは遺伝性が高い

 病気は早期発見が大切といわれるが、健康診断や人間ドックを受ける以外に何をすればいい? 「最近は新型コロナウイルスばかりが話題ですが、40代以上はほかにも気をつけたい病気がたくさんあります。自分で毎日できるチェック方法がありますので、病気のサインを見逃さず早期発見につなげていきましょう」

 と、医学博士の植田美津恵先生。  日本人の三大疾病といわれる、がん、心筋梗塞(こうそく)、脳卒中、そして女性特有の病気には意外なサインがある。健康診断や人間ドックだけに頼らずに、自分で病気のサインに気づくことによって早期発見にもつながる。 「特に母親や祖母など、女性の肉親がかかった病気のチェックは欠かさないようにしましょう」(植田先生、以下同)

 乳がん、卵巣がん、大腸がんは遺伝性が高いので、要注意を。

「急に病気にかかったように思えても、実は身体の中ではずっと前からジワジワと進行していることがほとんどです。健康診断でひっかかるのはかなり進行してからということも少なくありません。どの時点で気づくかが重要です」

 そのためには日ごろから自分の身体の状態を知ることが大切。夜ではなく、朝にチェックすることがオススメ。

「すっきり起きられたか、夜中に息苦しかったり、トイレに立ったりして頻繁に目が覚めていないか、寝汗をかいていないか。さらには、気分のよしあし、肌、顔、目、舌、尿、便のそれぞれの色や形、手足のむくみなどをチェックしてみてください。いつもと違うところはないか比較することで病気のサインに気づくことができます」

 メイクや着替えのときもチェックができる。

「化粧をしているときには顏や頭髪、着替えるときには身体の皮膚の状態がチェックできます。それぞれ10秒もかからないと思いますよ。友人に、化粧のときに鼻の頭にちょっとしたできものを見つけたので、気になって病院へ行ったら、皮膚がんといわれた人がいます」  それでは、自分でチェックできるサインを教えてもらいましょう! 病気のサイン:眉が薄くなった

1.『橋本病』 「メイクをするとき眉毛の量をチェックしてみてください。全体的に薄くなった、上のほうが生えてこなくなった、最近剃(そ)らなくてもよくなったなどは橋本病のサインかもしれません」

 甲状腺機能が低下し、甲状腺ホルモンが不足する橋本病。甲状腺ホルモンは、身体の多くの組織を調節する大切な働きをしているため全身に症状が出る。

「自己免疫疾患のひとつで、男性に比べて圧倒的に女性に多い病気です。代謝が低下するため、活力や気力がなくなるのが特徴で、生命力が枯渇したような状態になります」

 眉だけでなく頭髪も薄くなることもあるという。

「ほかには、だるい、眠い、夜眠れない、疲れやすいといった症状もみられます。眉が薄くなってこれらの症状があれば、橋本病を疑ってもいいかもしれません」

次ページは:身体の小さな不調にも要注意

乳がんや糖尿病、脳梗塞など30の病気がわかる「10秒チェック」で危険に気づいて!(週刊女性PRIME) – Yahoo!ニュース

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病の生活習慣改善をサポート! 行動変容を促すアプリ医療施設が閲覧できる新機能リリース|エーテンラボ株式会社のプレスリリース

糖尿病の生活習慣改善をサポート! 行動変容を促すアプリ医療施設が閲覧できる新機能リリース

医師から糖尿病患者に治療の継続におすすめのアプリとして紹介

2020年7月3日 15時10分
■機能の特徴と仕組み

d24217-42-283954-0-2020-07-3-07-41.jpg

糖尿病などの慢性疾患の患者様にみんチャレを推奨する「アンバサダー医師制度」※1を設け、登録した医師が所属する医療施設をアプリ「みんチャレ」内で紹介します。今回の機能により、患者は前向きに治療に取り組むことができる医療施設を知ることができ、医師は患者の通院の継続を期待できるようになります。
<掲載情報>
・医療施設名、医療施設写真、住所、電話番号、HP、医師名、役職 など
※1「みんチャレ」アンバサダー医師制度とは患者同士の5人1組のチームとなり励まし合いながら治療を続けるみんチャレの理念に共感した医師が登録する弊社独自の制度

アンバサダー医師のご登録は以下から行えます。
【登録申請フォーム】https://forms.gle/db9cSZhLA5dCb4Rj7

d24217-42-222853-6-2020-07-3-07-41.jpg

■機能を開発した背景
~社会問題となっている糖尿病患者の治療の継続をサポートしたい~
糖尿病は、糖尿病有病者、予備群合わせて2000万人にものぼり近年深刻な問題となっています。しかしながら、初期の自覚症状がないため糖尿病患者の44%が治療を途中で中断してしまっているという課題があります。糖尿病治療は、医師からの積極的動機付けにより患者本人が積極的に治療に参加することが重要ですが、医師不足の中、人力介入には限界があるのが実状です。

■アプリを使った治療の動向
アメリカでは、デジタルセラピューティクス:DTx※2として、Welldoc社の「BlueStar」などが治療用のアプリとして認定され医師から処方されています。
日本では、CureAppが「ニコチン依存症治療用アプリ」として薬事承認が了承され、2020年内にも保険適用される見通しです。
また、昨年11月、製薬会社大手のアステラス製薬は、Welldoc社と提携し国内での開発、商業化に着手、今年7月1日には医療機器・医薬品の製造販売を行うテルモが、医療スタートアップと提携し糖尿病を治療するスマートフォンアプリの共同開発を始めたと発表しています。
※2デジタル技術を用いて疾病の予防や診断、治療などの医療行為を支援したり実施したりするソフトウエアのこと

■みんチャレの糖尿病治療の効果

d24217-42-455011-2-2020-07-3-07-41.jpg

弊社は将来、習慣化アプリ「みんチャレ」が糖尿病患者の治療用アプリとして確立し、患者さんと医師のサポートとなることを目指しており、そのために現在アプリの治療有用性についてエビデンスを構築しております。先日その第一歩として、運動療法において有意に効果があるという実証を行いました。※3 今回の新機能で、より多くの糖尿病患者様と医師のサポートができるようになります。
※3参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000041.000024217.html

■アンバサダー医師からのコメント

成松 宏人医師(神奈川県立保健福祉大学ヘルスイノベーション研究科教授)

d24217-42-884893-4-2020-07-3-07-41.jpg

「生活習慣病の重症化予防には健康意識の改善と行動変容が必要です。COVID-19の感染症蔓延もあり、いま非対面で利用可能なデジタル技術を活用した生活習慣病対策が求められています。みんチャレは誰もが気軽に仲間を見つけられ、生活習慣の維持改善に取り組めるツールとして期待しています。」

種市 摂子医師(Ridente産業医事務所 代表 精神科/心療内科/産業医)

d24217-42-837672-3-2020-07-3-07-41.jpg

「産業医として、精神科医として、私自身の役割は、人々の健康と成長と能力の最大化に貢献することだと思っています。“習慣は第二の天性“です。多くの方が、みんチャレで、仲間を見つけ、理想の習慣を確立し、より豊かな人生を手に入れて頂けるよう応援しています!」

石井 洋介医師(秋葉原内科saveクリニック共同代表医師、おうちの診療所目黒 共同代表医師 内科/大腸肛門科)

d24217-42-124790-5-2020-07-3-07-41.jpg

「当院では夜間診療やオンライン診療等、診療を継続しやすい工夫をしています。また、生活習慣病をはじめ、過敏性腸症候群や難病等、薬だけではすぐに治らない・治せない病気に対して行動や認知を変えてもらうアプローチをしており、みんチャレを併用して行動変容を支援できれば幸いです。」

◆「みんチャレ」とは
5人1組の励まし合いコミュニティ
同じ目標を持つ匿名5人でチームを組み、チャットで励まし合える習慣化アプリです。ユーザーが続けたい習慣を目標にチームを作れる仕組みなので、運動、学習、ダイエットなど様々なチームを形成しています。

<アプリ概要>
タイトル:みんチャレ
利用料:無料ユーザー  無料       
プレミアムユーザー 1ヶ月プラン 500円/月
配信日:2015年11月6日
公式サイト:https://minchalle.com/
ダウンロードURL:
【iOS】https://itunes.apple.com/jp/app/minchare/id1047462806?l=ja&ls=1&mt=8
【Android】https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.sony.minchalle&hl=ja
公式SNS:
【Twitter】 https://twitter.com/minchalle
【Instagram】 https://www.instagram.com/minchalle.official/
【facebook】https://ja-jp.facebook.com/minchalle/

【会社概要】
社名:エーテンラボ株式会社
住所:東京都渋谷区恵比寿1-8-5 東洋ビル 3階
代表者 :代表取締役CEO 長坂 剛
設立:2016年12月21日
資本金 :4,800万円
URL:https://a10lab.com

【お問い合わせ先】
広報/事業開発 担当  加藤
TEL : 03-5422-8396 
e-mail : maho.kato@a10lab.com

☆プレスリリースのダウンロードはこちら☆

https://prtimes.jp/a/?f=d24217-20200703-6260.pdf

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病の人は太り過ぎ、やせ過ぎだと死亡リスクが上昇 適正体重を維持することが大切 | ニュース | 糖尿病ネットワーク

糖尿病の人は太り過ぎ、やせ過ぎだと死亡リスクが上昇 適正体重を維持することが大切

2020年07月02日

20191225-2-2020-07-2-07-51.jpg

 糖尿病のある人は、太り過ぎや、やせ過ぎであると、死亡リスクが上昇することが、糖尿病の既往歴のある日本人4,600人以上を20年間追跡した調査で明らかになった。

 適正体重を維持することが大切であることが、あらためて示された。

日本人は軽度の肥満でも糖尿病を発症しやすい

 「JPHC研究」は日本人を対象に、さまざまな生活習慣と、がん・2型糖尿病・脳卒中・心筋梗塞などとの関係を明らかにする目的で実施されている多目的コホート研究。

 2型糖尿病と肥満は関連が深いと考えられている。肥満は、2型糖尿病、高血圧、循環器疾患、さらに死亡リスクを上げることが分かっている。欧米には糖尿病患者での肥満と死亡との関係について調べた研究が多くある。

 一方で、日本人は欧米人と比べ肥満度が低い傾向がみられ、軽度の肥満でも糖尿病を発症しやすいことが知られている。日本人を含むアジア人の糖尿病の特徴は欧米人と異なると報告されているが、日本人を対象に糖尿病と肥満度、死亡リスクの関連について調べた研究は少ない。

 そこで研究グループは、1990年と1993年に、岩手、秋田、長野、沖縄、茨城、東京、新潟、高知、長崎、大阪の11保健所管内に在住していた、研究開始時のアンケートで糖尿病があると回答し、過去にがんや循環器疾患になったことのない40~69歳の男女約4,647人(男性 3,032人、女性 1,615人)を18.5年間、追跡して調査した。

BMIが糖尿病の人の健康にどう影響するかを調査

 今回の研究では、糖尿病のある人の肥満度(BMI)と全死亡・主要死因死亡との関連を調べた。研究成果は、医学誌「Diabetes Research and Clinical Practice」に掲載された。

 BMI(体格指数)は、体重と身長から算出される肥満度をあらわす指数。日本では、BMI 18.5~25未満は普通体重(適正体重)、BMI 25以上は肥満、18.5未満は低体重(やせ)と判定される。BMIを日頃からチェックすることは、健康を維持するために重要だ。

 研究グループは、調査開始時のBMIにより7つのグループ(BMI:14~18.9、19.0~20.9、21.0~22.9、23.0~24.9、25.0~26.9、27.0~29.9、30.0以上)に分けて、BMI 23.0~25未満のグループを基準として、10年間の死亡率を比較した。

 解析の際には、年齢、性別、地域、高血圧、喫煙状況、アルコール摂取量、余暇の身体活動、20歳以降の体重変化などの影響を調整した。

糖尿病の人は太り過ぎ、やせ過ぎだと死亡リスクが上昇

 その結果、糖尿病の人では、とくに男性で、太り過ぎ(BMI 30以上)、やせすぎ(BMI 19未満)のグループで、死亡リスクが増加することが明らかになった。

 BMIが30以上の肥満のグループで全死亡のリスクは1.36倍に増加した。死亡原因ごとにみると、がんによる死亡リスクも肥満のグループでは上昇し、BMIが25以上で1.42倍に、30以上で1.66倍に増加した。心疾患による死亡リスクも、BMIが30以上で1.86倍に上昇した。

BMIが30以上の肥満の人では死亡リスクが1.36倍に増加

20200702-5-2020-07-2-07-51.jpg

出典:国立がん研究センター 社会と健康研究センター、2020年

 さらに、BMIが19未満のやせのグループでも、死亡全体のリスクは1.25倍に増加していた。糖尿病のある人のBMIと脳血管疾患と呼吸器疾患による死亡リスクとの関係はみられなかった。

 調査時点ですでに死亡リスクの高い重篤な病気をもっていたために体重が減少した可能性があるため、調査開始後3年間に死亡した人を除いて解析したが、結果は変わらなかった。

 次に、男女別に分けて、糖尿病のある人のBMIと死亡リスクとの関係を調べてみると、男性ではBMIが30以上のグループと19未満のグループで、死亡リスクが増加していた。一方、女性では、BMIと死亡リスクには有意な関連がみられなかった。

 喫煙は糖尿病の治療の妨げとなるだけでなく、合併症や他の病気のリスクも高めることから、喫煙歴があるグループ(現在喫煙している、もしくは過去に喫煙していた)と喫煙歴がないグループを比較したところ、喫煙歴があるグループで死亡リスクは増加していた。

男性では肥満でもやせでも死亡リスクは増加 喫煙しているとリスクはさらに上昇

20200702-6-2020-07-2-07-51.jpg

出典:国立がん研究センター 社会と健康研究センター、2020年

肥満とやせの解消と禁煙が望まれる

 この研究では、糖尿病の人では、とくに男性で、太り過ぎとやせ過ぎのグループで、死亡リスクが増加することが明らかになった。

 研究グループはこれまでに、糖尿病の有無に関わらず、太り過ぎでもやせ過ぎでも死亡リスクが上昇するという研究結果を発表している。今回の研究では、糖尿病をもっている人でも同じことがあてはまり、適正体重の維持が重要であることが示された。

 肥満は、高血圧や脂質代謝異常、高血糖などの原因になり、循環器疾患の死亡リスクを上昇させると考えられる。また、やせは感染症や呼吸器疾患などのリスクを上昇させる。

 「今回の研究結果から、男性で糖尿病をもっている人では、やせや太っていることに加えて、喫煙も死亡リスクを増加させるリスク因子になります。肥満の解消に加えて、タバコを吸う人では禁煙も望まれます」と、研究グループでは述べている。

 男女で違いが生じるメカニズムについてはよく分かっていないが、1つの可能性として「糖尿病の既往者は男性に比べて女性の対象者が少なく(男女比はおおよそ2:1)、統計学的に十分評価できなかった可能性があります」としている。

 また、長期にわたり糖尿病を患っている場合や、糖尿病の治療がうまくいっていない場合にやせることがある。「この研究では調査開始時点の糖尿病のある人の罹患期間や重症度について考慮できていないため、今後、さらなる研究が必要です」としている。 多目的コホート研究(JPHC Study) 国立がん研究センター 社会と健康研究センター 予防研究グループ

Body Mass Index and Mortality Among Middle-Aged Japanese Individuals With Diagnosed Diabetes: The Japan Public Health Center-based Prospective Study (JPHC Study)(Diabetes Research and Clinical Practice 2020年6月)

[ Terahata ]

日本医療・健康情報研究所

糖尿病の人は太り過ぎ、やせ過ぎだと死亡リスクが上昇 適正体重を維持することが大切 | ニュース | 糖尿病ネットワーク

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

日本人の4人に1人が抱える糖尿病と「シメジ」「エノキ」の正体(本がすき。) – Yahoo!ニュース

日本人の4人に1人が抱える糖尿病と「シメジ」「エノキ」の正体

7/2(木) 11:02

現代人のほとんどが糖質過多と評される中、糖質過多が引き起こす死に至る病の1つ、「糖尿病」。なぜ糖質過多によって糖尿病が発生するのか? 発症すると何が起こってどう危険なのか。糖尿病に関するワード「シ・メ・ジ」「エ・ノ・キ」とは? 実はよく知らない糖尿病について、管理栄養士の麻生れいみさんに解説していただきます。 本稿は、麻生れいみ『長生き食事術 人生100年時代の「新・栄養学」入門』(光文社新書)の一部を再編集したものです。

■日本の国民病、糖尿病

肥満以外に糖質過多が招く恐ろしい病気の1つが、糖尿病です。 平成28年の調査では、日本では糖尿病の患者数は約1000万人に達すると推定されています。予備群も約1000万人と推定されており、あわせると成人男性の約3割、成人女性の約2割に達しています。まさしく国民病です。 改めて定義すると、糖尿病とは、インスリンの効き目が悪くなり、血糖値が高くなりすぎる病気です。血糖値が高くなりすぎると、尿からも血糖が出てくるため、糖尿病という名前が付けられました。

糖尿病には、1型糖尿病と2型糖尿病があります。 1型糖尿病は、免疫の異常などにより、すい臓でインスリンを分泌する細胞が死んでしまって生じるもの。2型糖尿病は、遺伝的なバックグランドがあり、そこに糖質過多や運動不足といった悪しき生活習慣が加わって起こるもの。 日本人の糖尿病の95%以上は2型であり、本書でもとくに断らない限り、糖尿病=2型糖尿病として話を進めています。

■糖質過多が糖尿病を引き起こす仕組み

糖質過多で糖尿病が生じるプロセスは次の通り。 糖質を多く摂って血糖値が上がると、それを下げるためにインスリンが大量に出てきます。すると、肥満ホルモンであるインスリンにより、体脂肪の合成が進んで肥満が進行。肥満になるとインスリンの効き目が落ちます。 インスリンの効き目が落ちると、それを量でカバーしようとすい臓はより多くのインスリンを分泌しようとします。

このような生活を長年続けていると、やがてインスリンを分泌するすい臓の細胞がダウン。それによってインスリンの分泌が減り、インスリンの効き目も回復しないと、血糖値が上がったままで下がりにくくなり、糖尿病が起こります。

日本人は太らなくても、糖尿病になる人が大勢います。 日本人は欧米人などと比べると、すい臓のインスリンを分泌する力が弱いという弱点があります。このためインスリンの作用で過度に太りすぎることはありませんが、インスリンで血糖値を下げる力がもともと足りないため、糖尿病になりやすいのです。 世界的に見ると、糖尿病は太った人が罹る病気ですが、日本はその例外。太らなくても罹りやすいのです。日本人の2型糖尿病の発症時の平均BMIは24~25です。

日本に病的な肥満が少ないのは、肥満ホルモンとして働くインスリンの分泌力が低いためです。アメリカを旅するとしばしば目にするような、極度に太った人を日本で見かける機会はほとんどありません。

そもそも日本ではBMI25以上が肥満ですが、世界保健機関(WHO)の定義ではBMI30以上が肥満。アメリカでも同じくBMI30以上が肥満であり、人口の40%近くがそれに相当しています。その一因は、インスリンがたくさん出せることなのです。 欧米人の糖尿病発症時の平均BMIは32であり、かなりの肥満です。 糖尿病の原因は糖質過多ですが、なかでも女性はご飯の食べすぎに気をつけましょう。 国立がん研究センターが45~74歳の男女約6万人を5年間追跡調査した次のような研究があります。 この研究では、女性でご飯の摂取量と糖尿病発症のリスクに関わりがありました。その結果、ご飯の摂取がもっとも少ないグループに比べて、1日3杯食べると糖尿病発症リスクが1・48倍、1日4杯以上だと1・65倍に達していたのです(American Journal of Clinical Nutrition 2010(92)1468-77)。この研究では、同じ糖質なのに、パンや麺類ではご飯のような傾向は見受けられませんでした。

日本人の4人に1人が抱える糖尿病と「シメジ」「エノキ」の正体(本がすき。) – Yahoo!ニュース

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

世界の経口抗糖尿病薬市場ー薬剤別(アルファ-グルコシダーゼ阻害剤、ドーパミンD2受容体アゴニスト、ナトリウム-グルコース共輸送-2(SGLT-2)スルホニル尿素)、地域別予測2020-2027年:時事ドットコム

世界の経口抗糖尿病薬市場ー薬剤別(アルファ-グルコシダーゼ阻害剤、ドーパミンD2受容体アゴニスト、ナトリウム-グルコース共輸送-2(SGLT-2)スルホニル尿素)、地域別予測2020-2027年

Kenneth Researchは調査レポート「世界の経口抗糖尿病薬市場:世界的な需要の分析及び機会展望2027年」2020年6月 30日 に発刊しました。このレポートには、業界のプレーヤーがビジネス目標を達成するのに役立つ、進行中の業界のトレンドとイノベーションも含まれています。それとは別に、レポートは、市場規模、市場シェアと予測、市場機会の成長機会と課題に関する包括的なデータとともに、北米、中南米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東とアフリカなど地域に関する世界的な分析を提供します。世界の経口抗糖尿病薬市場は、世界各国の政府による医療支出の増加により、予測期間中に重要なCAGRを記録すると予測されています。

 

経口抗糖尿病薬は、糖尿病(2型)を治すために経口摂取される薬物と定義できます。これは、血糖値を下げることで糖尿病を治療します。これらの薬物は、経口抗高血糖薬または経口低血糖薬としてよく知られています。経口抗糖尿病薬も単剤療法として推奨されていますが、急性の場合はインスリンと混合して与えることができます。世界中で糖尿病の発生率が上昇し、高齢化人口の増加、及び経口薬の需要を促進するための製薬メーカーによる研究開発努力の急増は、予測期間中の市場成長を牽引すると予測されます。世界の経口抗糖尿病薬市場は、2019年に約268億米ドルと評価されており、2020~2027の予測期間中に10.3%以上の成長率で成長すると予想されています。

国際糖尿病連合(IDF)によると、2019年の成人(20~79歳)の糖尿病の有病率は約4億6,300万人で、2045年までに約7億人に増加すると推定まれます。同様に、2019年のIDF糖尿病アトラスによると、ヨーロッパの糖尿病患者数は2045年までに約6,800万人に達し、糖尿病の総医療費は約2,140億米ドルになると予測されています。

世界銀行の統計によると、世界の現在の医療費は、2011年のGDPの9.391%から2017年のGDPの9.896%に増加しています。さらに、統計はまた、オセアニア地域の国であるツバルが2017年にGDPの17.143%の最高支出をしたと述べました。

d59861-41-374467-0-2020-07-2-07-43.jpg

世界の経口抗糖尿病薬市場は、薬剤別(ビグアナイド、アルファ-グルコシダーゼ阻害剤、ドーパミンD2受容体アゴニスト、ナトリウム-グルコース共輸送-2(SGLT-2)阻害剤、ジペプチジルペプチダーゼ-4(DPP-4)阻害剤、スルホニル尿素、メグリチニド)および地域別などによって分割されています。さらに、レポートは、各セグメントとそのサブセグメントの詳細な分析に焦点を当てています。レポートでは、一次および二次リサーチを通じて得られた最近の傾向と動向、および将来の成長見通しについても説明しています。調査レポートでは、ポーターの5つの力の分析、SWOT分析、PESTEL分析などのさまざまな分析ツールを利用して、詳細な分析も示しています。

地域に基づいて成長ハイライト

地域に基づいて、世界の経口抗糖尿病薬市場は北アメリカ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東、アフリカに分割されています。北米は、糖尿病の有病率の上昇と、その地域での有効性を向上させる新しい抗糖尿病薬の導入により、市場シェアの点で世界で最も重要な地域です。一方、アジア太平洋地域は、2020年から2027年の予測期間にわたって最高の成長率/ CAGRを示すと予想されています。糖尿病人口の増加、ヘルスケアインフラストラクチャの改善などの要因と、この地域の経口抗糖尿病薬の需要に有利な成長見通しが生まれます。北米の市場は、研究開発のためのこの地域の国々の増加する支出により、最大の市場シェアを保持すると予想されており、それはさらに医療インフラの開発を支援します。さらに、地域の国々は、先進的な医療技術の採用に強い関心を寄せており、これも地域の市場の成長を牽引すると予想されています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10325250

主要企業

世界の経口抗糖尿病薬市場におけるTakeda Pharmaceutical Company Ltd.、Pfizer Inc.、Eli Lilly and Company、Janssen Pharmaceutica、Astellas Pharma、Boehringer Ingelheim Group、Merck & Co., Inc.,、AstraZeneca plc、Novartis International AG、Sanofi S.A.などキープレーヤーを含む市場のキープレーヤーにさらに焦点を当てています。

一方、市場は世界的なパンデミック[COVID-19]の影響を大きく受けると予想されます。それでも、世界的なパンデミックは、ヘルスケア業界のいくつかの業界にとって主要な機会ドライバーになる態勢を整えています。世界の経口抗糖尿病薬市場のレポートはさらに、市場へのプラスとマイナスの両方の影響に関する詳細な分析を提供します。

Kenneth Research会社概要

Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

調査レポートの詳細内容について

https://www.kennethresearch.com/report-details/global-oral-antidiabetic-drugs-market-/10325250

企業プレスリリース詳細へ (2020/07/02-09:41)

世界の経口抗糖尿病薬市場ー薬剤別(アルファ-グルコシダーゼ阻害剤、ドーパミンD2受容体アゴニスト、ナトリウム-グルコース共輸送-2(SGLT-2)スルホニル尿素)、地域別予測2020-2027年:時事ドットコム

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

テルモが「デジタル薬」開発へ、糖尿病をアプリで治療  :日本経済新聞

テルモが「デジタル薬」開発へ、糖尿病をアプリで治療

テルモは1日、医療スタートアップのMICIN(マイシン、東京・千代田)と提携し、糖尿病を治療するスマートフォンアプリの共同開発を始めたと発表した。患者が血糖値や食事、服薬などの情報をアプリに入力すると、生活習慣の改善アドバイスを自動返信する。テルモは数年以内に発売する考えで、糖尿病関連事業の強化につなげる。

「デジタル薬」や「治療用アプリ」と呼ばれるスマホアプリを共同開発する。デジタル技術で病気の自己管理や医師の診察を補い、治療効果を高めることを狙う。発売に向けては薬事承認の取得も視野に入れる。

テルモは糖尿病領域で血糖測定器やインスリンポンプなどの製品を手掛け、年間売上高は約200億円。スマホアプリを加えることで、より幅広い場面で糖尿病の治療を支援できるようにする。アプリと血糖測定器などを組み合わせて販売したり、機能を連携させたりする使い方も検討する。

デジタル薬の活用は米国で先行しているが、日本も実用化段階を迎えた。医療スタートアップのCureApp(キュア・アップ、東京・中央)が開発した禁煙治療用アプリは6月19日、厚生労働省から薬事承認の内定を受けた。糖尿病向けのデジタル薬は、アステラス製薬も米企業と提携して日本やアジア地域での販売を計画している。

国内には糖尿病患者が予備軍を含めて約2000万人いるとされる。医療費増大の要因の一つとなっており、スマホアプリなどデジタル技術の活用による治療の効率化が期待されている。

テルモが「デジタル薬」開発へ、糖尿病をアプリで治療  :日本経済新聞

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病がある人は将来、心臓トラブルが生じるリスクが高い|日刊ゲンダイヘルスケア

糖尿病がある人は将来、心臓トラブルが生じるリスクが高い

「もっと早くに調べておけばよかった」

 医療の現場では、この言葉をよく聞きます。

「もっと早くに調べて病気を発見していれば治療の選択肢がもっとあったのに」「治る可能性があったのに」「こんなに苦しい思いをすることがなかったのに」――。患者さんにそんな後悔をしてほしくありませんから私が繰り返し言っているのは、つらい症状が出てくる前に検査を受けてください、ということです。

 今回も心不全に関する話です。狭心症や心筋梗塞などで心臓の機能が低下する心不全は、ある段階を過ぎると元には戻れません。特効薬もないので、ちょっとした動作でも息苦しさを感じながら日常生活の行動を大幅に制限された状態で、ゆるゆる死に向かっていくことになります。

 それを避けるためにも、糖尿病の患者さんには「心不全を起こすリスクが高い」としっかり認識してもらいたい。心不全には、心臓の収縮がうまくいかなくなる収縮機能不全タイプと、拡張がうまくいかなくなる拡張機能不全タイプとがあり、糖尿病の患者さんにリスクが高いのは拡張機能不全タイプになります。

 男女問わず、糖尿病、または高血圧や脂質異常症があり、50代を過ぎたら、一度は心臓の超音波検査を受けるべきです。「かかりつけ医が何も言っていないから大丈夫だろう」というのは、間違いです。

 たとえば糖尿病を専門とする医師は、心不全に至る道の「入り口」は注意を払って診ていますが、心不全という「出口」はあまり意識していません。一方、循環器を専門とする医師は、「出口」は専門分野であるものの、「入り口」はノーチェックになっていることが珍しくありません。

 ひとりの医師が「入り口」も「出口」もトータルで診るのは、残念ながら、今の医療体制では難しい。対策としては、患者さんが心不全リスクを念頭に置き、自ら動いて検査を受けるしかないのです。

 今回、コロナの外出自粛期間で活動量が減り、体重が増えた人が多くいました。緊急事態宣言は解除され、県をまたいでの移動も可能になったとはいえ、今でも在宅勤務が推奨されている人は少なくないでしょう。「外出自粛期間中ほどではないけど、以前ほどあまり外に出なくなった」という話もよく聞きます。

 今後、リモートワークが珍しくなくなることを考えると、糖尿病、高血圧、脂質異常症の患者さんは、ますます増えていくのではないかと予想しています。

 よっぽど意識して体を動かし、食事内容に気をつけていないと、容易に糖尿病などを発症してしまう時代に突入しているのです。

 今まで通りの生活を続けていればどうなるか。活動量が減れば筋肉が落ちます。筋肉が落ちれば将来的にリスクが高くなるのがフレイルです。筋力や心身の活力が低下した状態(虚弱)で、風邪や転倒でも寝たきりになる可能性が高まります。

 このフレイルは、心不全と密接に関係しています。心不全になると息苦しく動きづらくなるので、よりフレイルが進行します。フレイルでは腎臓の働きも悪くなることがあり、そうすると心臓にも負担がかかって、むくみが生じます。

 また、動かなければ筋肉量が減少して筋力や身体機能が低下する「サルコペニア」の状態に陥りやすくなります。サルコペニアやフレイル、そして心不全が重なれば、要介護・要支援の状態になりやすく、健康寿命が短くなることは明らかです。

 早めの心臓チェックとともに、少しでも活動量を増やせる工夫を積極的に取り入れること。それが、人生100年時代を生き生きと楽しく過ごせるための必須項目だと思います。

糖尿病がある人は将来、心臓トラブルが生じるリスクが高い|日刊ゲンダイヘルスケア

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

眠れない、急激な眠気が… 季節性うつや糖尿病の疑いもある(NEWS ポストセブン) – Yahoo!ニュース

眠れない、急激な眠気が… 

季節性うつや糖尿病の疑いもある

6/30(火) 16:05

 

 日本は世界一の不眠大国。「最近忙しくて常に眠い」「たっぷり眠ったはずなのに、なぜか疲れが残っている」…その眠気、いつまでも抱えていると、次は二度と目覚められなくなるかもしれない。睡魔がもたらすリスクを知れば、忙しいあなたもいますぐ寝床に入りたくなるはず。

 うつ病になると不眠症状を訴える人が多いが、雨晴クリニック副院長で睡眠専門医の坪田聡さんは「季節性うつ」では眠くなると指摘する。主に秋に発症し、春になると治る季節性の「冬季うつ病」は、過眠傾向になるのが特徴だ。

「発祥のメカニズムはまだ解明されていませんが、ヨーロッパでは北欧、日本では北日本での発症が多い。日照時間が短い地域のため、冬眠と同じように眠くなるのではないかと考えられています」(坪田さん・以下同)

 幻覚や妄想などの症状が出る「統合失調症」や、子供に多い「注意欠陥・多動性障害(ADHD)」でも、眠気が出ることがある。

「これらの精神的な病気を抱えている場合、脳内物質の分泌がうまくいかなくなります。すると、日中、意識を覚醒させるのに必要なセロトニン、オキシトシン、ドーパミンなどの脳内物質が不足し、常に眠気を感じるようになる」

 良質な睡眠が取れないと、病気自体も悪くなりやすいため、悪循環に陥りやすい。高齢者の場合、外傷を放置することで眠気が起こることがある。

「転んで頭を打つなどした1~2か月後に、慢性的な眠気を感じるようになったら要注意です。『慢性硬膜下血腫』といって、転んでから時間をかけて頭の中でじわじわと出血が進み、脳を包んでいる『硬膜』という部分に血がたまっている状態になっている可能性がある。

“いつも寝てばかりいる”という高齢者にCT検査をしたら、脳に血がたまっていたことがありました。たんこぶができるくらい頭を打ったら、3か月くらいは注意して様子を見た方がいい。放っておくと意識障害に陥るケースもあります」

眠れない、急激な眠気が… 季節性うつや糖尿病の疑いもある(NEWS ポストセブン) – Yahoo!ニュース

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

年3000回「針を刺す」子どもたち 1型糖尿病を「治る病気」にするために | ハフポスト

年3000回「針を刺す」子どもたち 1型糖尿病を「治る病気」にするために

患者・家族らでつくる団体が、再生医療研究への支援を呼びかけている。

A-port

生涯、注射を打ち続けないと生きることができない……あなたはそんな人生を想像できるだろうか。現在のところ根治法がない1型糖尿病の子どもたちは、年間3000回にも及ぶ「針を刺す」日々を送っているのだという。

この出口のない苦しみから子どもたちを解放し、普通の生活を取り戻すことを目指して、患者・家族らでつくる日本IDDMネットワーク(本部・佐賀市)は、iPS細胞から膵臓をつくる最先端の再生医療研究への支援をクラウドファンディング「A-port」で呼びかけている

根本治療は移植のみ インスリンが手放せない日常

5ef2efb0250000cf30eb3e40-2020-06-30-07-24.jpeg

1型糖尿病患者らとの意見交換、交流会に参加する東京大学医科学研究所の山口智之特任准教授(右)=日本IDDMネットワーク提供

1型糖尿病は、自己免疫の暴走によってインスリンをつくる膵島(膵臓内にある細胞群)β細胞が破壊され、血糖値を調節できなくなる難病だ。血糖値を下げる働きを持つインスリンが分泌されず、高血糖状態が続くと様々な合併症を引き起こす危険がある。

そのため、患者は1日に何度も針を刺して血糖値を測り、インスリンを4~5回も注射し血糖値をコントロールしなければならない。国内の糖尿病患者約1000万人のうち、1型の患者は10万~14万人と推定されている。

なぜ発症するのか、原因はわかっていない上、根本的な治療法としては膵臓、膵島移植しかないのが現状だ。周囲の理解と協力のもと、本人がインスリン注射などで血糖値を正しく管理できれば、健康な人と同じ生活をすることはできる。1型糖尿病と闘いながらプロで活躍するスポーツ選手もいるほどだ。

だが、小児期に発症するのはほぼ1型で、子どもたちは将来に続く長い人生を日々の痛みと不安を抱えながら生きていかなくてはならない。

4歳で発症した小学校2年生の女の子はこんなメッセージを寄せている。

「1日に何回もけっとうはかったりちゅうしゃをしなきゃいけないのがめんどくさいです。たまにいたいときがあるからいやです。いつもお母さんに聞いたインスリンのりょうをけいさんしてからじゃないと食べれないのでびょう気がなおったら、なんにも気にしないですぐに食べたいです」

患者と家族を支援し、病気根絶のための研究もサポート

5ef2e3a1250000cf30eb3e37-2020-06-30-07-24.jpeg

インスリンを注射する1型糖尿病の子ども=日本IDDMネットワーク提供

「泣き叫び逃げ回る子を抑えつけ針を刺すのは本当につらい。最初のうちは現実を受け入れられない親が少なくありません」

長男が1型糖尿病で、自身も患者である日本IDDMネットワーク職員、笹原加奈子さんはこう話す。

「発症原因もわからないので、どうしても親は自分を責めてしまいます。代われるものなら自分が代わってやりたい……といった思いに苦しみながら、状況を受け入れるのに1年から3年ぐらいかかるケースが多い。それだけに、この病気が治る方法があるかもしれないと想像するだけで涙がでてきます」

日本IDDMネットワークの「IDDM」とは、「インスリン依存状態」を示す英語の略語。同ネットワークはインスリンを常に補充しないと生活できない1型糖尿病患者を中心にその家族らとで1995年に設立された。

患者や家族への情報提供や交流、支援活動のほか、“1型糖尿病の根絶(=治療+根治+予防)”というゴールを目指し、2005年からは先進的な医学研究への資金助成にも取り組み、これまで4億円余を提供してきた。

動物の体内でヒトの膵臓をつくる研究

5ef2fbd72200009a2c82b300-2020-06-30-07-24.jpeg

iPS細胞を使った実験に取り組む東京大学医科学研究所の胚操作室

今回支援を呼びかけているのは東京大学医科学研究所の山口智之特任准教授らが進める、iPS細胞を使って他の動物の体内にヒトの膵臓を作り出す研究だ。研究が成功すれば、膵臓、膵島移植のドナー不足や移植後の拒絶問題なども含めて一挙に解決する可能性が高く、関係者の期待は大きい。

山口特任准教授は2017年に世界で初めてマウスのiPS細胞からラットの体内に膵臓をつくりだし、大きな注目を集めた。

「胚盤胞補完法(はいばんほうほかんほう)」と呼ぶ手法で、「受精卵由来の細胞」と「iPS細胞由来の細胞」から成り立つキメラ動物のラットを生みだし、その体内でマウスのiPS細胞由来の膵臓を生成することに成功。さらにその膵臓から膵島を取り出し糖尿病のマウスに移植すると、その後マウスは免疫抑制剤なしで血糖値を正常に保つことができた。

この仕組みを人間に応用した場合のイメージ図がこちらだ。

5ef2fc77220000a82c82b301-2020-06-30-07-24.png

日本IDDMネットワーク提供

日本では2019年、ヒトのiPS細胞を使って動物の体内で臓器をつくる実験がようやく認められた。ヒトへの応用へ向けて新たな段階に取り組み始めた矢先に今回の新型コロナウイルス禍が起きてしまった。緊急事態宣言で大学への立ち入りも制限された。実験はリモートではできないため、6月に再開されるまで研究は約2カ月ストップしてしまった。

山口特任准教授によれば、世界では欧米の研究者が中国と協力して同様の研究を進めているという。「研究中断は残念だったが、遅れを取り戻し5年後の2025年のゴールを目指したい」と語る。

マウスからヒトへの応用について、「壁は高いが、培ってきた技術で乗り越えられる手応えもある」と話す。これまで日本IDDMネットワークが主催する交流会やフォーラムに参加し、患者や家族の切実な思いを聞く機会も多かっただけに、研究の成功によって「日々不安を抱えて暮らしている患者さんに、普通の生活を取り戻してほしい」と願っている。

5ef2fed7300000da31158728-2020-06-30-07-24.jpeg

山口智之特任准教授(右)=日本IDDMネットワーク提供

不治の病を治る病気に。子どもたちに未来を届けたい

笹原さんは「自分は無理かもしれないが、子どもの世代には1型糖尿病が『治る』病気になってほしい。ヒトの膵臓を動物内でつくれるようになれば、他の病気への治療や応用も可能になるでしょう。社会貢献の一つとして、多くの皆さんに協力を考えてもらえれば」と話している。

支援の受け付けは7月27日まで

今回のクラウドファンディングには、京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥所長や1型糖尿病患者である阪神タイガースの岩田稔投手が応援メッセージを寄せるなど注目を集め、当初目標の500万円を6月中に達成した。

現在はネクストゴールとして800万円を目指しさらなる支援を呼びかけている。詳細はこちら

(朝日新聞社デジタル・イノベーション本部 山内浩司)

年3000回「針を刺す」子どもたち 1型糖尿病を「治る病気」にするために | ハフポスト

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

2型糖尿病・予備群にチーム制アプリ「みんチャレ」を提供し、目標歩数の達成率が2倍以上に(アスキー) – Yahoo!ニュース

2型糖尿病・予備群にチーム制アプリ「みんチャレ」を提供し、目標歩数の達成率が2倍以上に

6/26(金) 16:00

エーテンラボ、2型糖尿病・予備群に習慣化アプリ「みんチャレ」を提供し、生活習慣改善の効果を検証。目標歩数の達成率はみんチャレ使用群が57.5%、非使用群は26.5%と比較して高かった。 【もっと写真を見る】

 エーテンラボは6月26日、2019年10月から約3ヵ月間、神奈川県のプラットフォーム「神奈川ME-BYOリビングラボ」を活用し、2型糖尿病・予備群に習慣化アプリ「みんチャレ」を提供し、生活習慣改善の効果を検証した結果を発表。    みんチャレを活用したグループにウォーキング目標歩数の達成率の有意差が認められた。具体的には、目標歩数の達成率はみんチャレ使用群が57.5%、非使用群は26.5%と比較して高かった。  

 対象者は神奈川県在住・在勤の40~70歳の男女、5.6%≦HbA1c(ヘモグロビン糖化率)<7.0%、スマホ保持者。参加者はみんチャレを使用するグループ(使用群)と使用しないグループ(非使用群)に分かれ、みんチャレ使用群はアプリ上でチームを組み、仲間と励ましあいながら個人の目標達成を目指す。非使用群はチームではなく、自分1人で目標達成に取り組んだ。  

 AOI国際病院 内科統括部長で、糖尿病専門医の呉昌彦氏は「私が担当していた糖尿病患者さんの内、スマホが使える方にみんチャレをご紹介したところ、生活習慣の改善に前向きになったり、検査数値が改善したりととても良い兆候がみられました。糖尿病の治療・予防には、食事や運動の習慣を変える本人の努力が必要ですが、ハードルが高く苦労されている方もたくさんいます。その中で、行動変容を促すみんチャレのようなテクノロジーはこれからどんどん活用していくべきだと思います」とコメント。  

 東海大学健康学部健康マネジメント学科 講師の柴田 健雄氏(医学博士)は「みんチャレを利用して毎日チーム内でコミュニケーションをとることにより、健康意識が維持されて糖尿病予備群・軽度糖尿病患者の目標歩数の達成率、平均歩数が有意に向上したのだと思います。デジタルピアサポートを活用することで、生活習慣改善のための行動変容支援が可能になると期待しています」と語る。   文● ASCII

2型糖尿病・予備群にチーム制アプリ「みんチャレ」を提供し、目標歩数の達成率が2倍以上に(アスキー) – Yahoo!ニュース

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

血糖値の改善に役立つ歯周病治療 糖尿病と双方向に影響するメカニズムとは?(AERA dot.) – goo ニュース

血糖値の改善に役立つ歯周病治療 糖尿病と双方向に影響するメカニズムとは?

2020/06/24 17:00

 歯周病は糖尿病、心筋梗塞、認知症など、全身の健康とも大きくかかわっていることが分かってきています。そのキーワードは歯周病による「慢性炎症」と考えられています。日本歯周病学会・日本臨床歯周病学会による公式本『続・日本人はこうして歯を失っていく』では、歯周病が全身の健康に悪影響に及ぼすメカニズムを解説しています。ここでは「糖尿病」「関節リウマチ」を抜粋して届けします。

*  *  *

 糖尿病は歯周病との関連について最も研究が進んでいる病気の一つです。糖尿病があると歯周病が進行し、歯周病があると糖尿病が悪化するというように双方向に影響します。このため、歯周病は網膜症や腎臓病、神経障害などの合併症とともに、糖尿病の6番目の合併症とされています。医師が参照する診療ガイドラインをはじめ、患者さんが使用する「糖尿病連携手帳」にもしっかりこのことが明記されています。

 糖尿病があると歯周病が悪化する原因の一つは、肥満など、メタボリックシンドロームの人の脂肪組織から多く分泌される「アディポカイン」という生理活性物質です。このアディポカインの産生が亢進すると、さらに他の炎症性サイトカインという炎症を亢進させる物質が放出され、これが全身を軽い炎症状態に至らせるとともに、歯周組織の炎症も悪化させます。

 こうして炎症が悪化し、重症化した歯周病がさらに炎症反応を引き起こし、血糖の代謝に悪影響を及ぼし、糖尿病を悪化させるのです。

 また、肥満度はそれほど高くなくても重度の歯周病を持っている人は、からだの炎症反応が高く、炎症性サイトカインが肝臓などの臓器や筋肉などがインスリンを使っておこなう糖の代謝を妨げ、インスリン抵抗性の状態を作り出していることも示唆されています。

 大事なことは、歯周病を治すことが血糖値の改善に役立つという点です。日本人の糖尿病患者を対象とした研究では重症の歯周病を持つ糖尿病患者に歯周病の治療をした結果、血糖値の指標であるHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)が統計的有意に約0・4%改善したという結果が得られています。

 また、過去に発表された糖尿病患者に歯周病の治療をした数多くの研究結果を解析したところ、「歯周病治療で改善するHbA1cは約0・4%」と報告されており、重度の歯周病の人がしっかり治療を受ければ血糖値が下がる可能性を示しています。

 糖尿病と合併症については、HbA1cを1%改善すると糖尿病関連死のリスクが21%、心不全が16%、心筋梗塞が14%、脳卒中が14%、微小血管障害が43%、末梢神経障害など細い血管の病気による手足の切断が37%予防できるとされています。

■関節リウマチ

 関節リウマチは自己免疫疾患の一つで、関節の滑膜という部分に炎症が起こり、「こわばり」「痛み」「腫れ」が生じる病気です。自己免疫疾患とは、本来ならからだに入ってきた異物を排除する免疫系が何らかの原因により、自分自身の細胞やタンパク質を異物ととらえて攻撃し、それによって起こる病気の総称です。関節リウマチの場合は攻撃が滑膜に起こり、進行すると骨や関節を破壊するのです。ただし、なぜこのようなことが起こるのか、明らかな原因はわかっていません。

 歯周病とリウマチに関する多数の研究報告を分析した調査で、関節リウマチの人たちはそうでない人たちに比べ、歯周ポケットの深さが1・17倍、歯の喪失は2・38倍、高いことが報告されています。一方、中等度、重度の歯周病患者は健常者と比べ、関節リウマチのリスクが高いことがわかっています。

 実は歯周病と関節リウマチの病因、病態には共通点が多いのです。

 いずれも患部に慢性的な炎症が起こっており、炎症性サイトカインや骨を壊す細胞が組織破壊を引き起こします。また、発症には遺伝的要因もあり、環境要因の喫煙が発症と悪化の要因という点も同じで、歯周病と関節リウマチに双方向の関係がある可能性があります。

 また、歯周病の患者さんは手指の機能障害のためにプラークコントロールが困難であることや、関節リウマチの治療薬で免疫力が低下し、それによる感染のしやすさから歯周病を併発しやすいこともあります。

 一方で、歯周病治療によって関節リウマチの病状が改善したという報告が、複数あります。歯周病治療により関節リウマチにかかわりが深いとされるシトルリンというアミノ酸の血清中の濃度や、P.g菌に対する血清抗体価が減ることなどが確認されています。

※『続・日本人はこうして歯を失っていく』より

≪著者紹介≫

日本歯周病学会

1958年設立の学術団体。会員総数は11,739名(2020年3月)。会員は大学の歯周病学関連の臨床・基礎講座および開業医、歯科衛生士が主である。厚労省の承認した専門医・認定医、認定歯科衛生士制度を設け、2004年度からはNPO法人として、より公益性の高い活動をめざしている。

日本臨床歯周病学会

1983年に「臨床歯周病談話会」としての発足。現在は、著名な歯周治療の臨床医をはじめ、大半の会員が臨床歯科医師、歯科衛生士からなるユニークな存在の学会。4,772名(2020年3月)の会員を擁し、学術研修会の開催や学会誌の発行、市民フォーラムの開催などの活動をおこない、アジアの臨床歯周病学をリードする。

血糖値の改善に役立つ歯周病治療 糖尿病と双方向に影響するメカニズムとは?(AERA dot.) – goo ニュース

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com

糖尿病、予備軍含め2000万人 放置で重症、透析必要に(NIKKEI STYLE) – Yahoo!ニュース

糖尿病、予備軍含め2000万人 放置で重症、透析必要に

6/24(水) 6:40

 新型コロナウイルス感染で、重症化につながる基礎疾患の一つとして注目された糖尿病。若い世代でも増え、放置すると心筋梗塞など深刻な疾病につながりかねない。発症の仕組みを知り、適切に予防したい。 糖尿病の種類や症状などの図解はこちら

糖尿病は、血液中の糖の濃度である血糖値が高い状態が続くことで、血管や細胞が傷つく疾患だ。その結果、全身に様々な合併症が現れる。初期段階は自覚症状がないのが特徴。杏林大学医学部(東京都三鷹市)の安田和基教授は、「合併症の症状が現れたときは既に進行している状態」と説明する。

 網膜症、腎症、神経障害が糖尿病の3大合併症とされる。糖尿病による網膜症は緑内障につぐ失明の原因疾患であり、腎症は人工透析を必要とする病気の1位を占める。神経障害が進行すると痛みや熱さを感じなくなり、けがややけどを負いやすくなる。

 また、血管を傷つける糖尿病は動脈硬化のリスクを高め、脳卒中や虚血性心疾患の原因にもなる。免疫機能を低下させるために、感染症にかかりやすくなる。うつ病、歯周病、がん、認知症との関連も明らかになっている。

 血糖値が高い状態が続くのは、すい臓から分泌されるインスリンが不足したり機能しなくなったりするためだ。

 通常、食事をとると血糖値が高まり、インスリンによって血液中に増えた糖が細胞に取り込まれエネルギーとなる。糖尿病には、このインスリンがほとんど分泌されなくなる1型と、インスリンの分泌量の低下や効きが悪くなる2型がある。

 このうち日本人の糖尿病の約9割を占めるのが2型。40歳以上に多く、遺伝的な体質、運動不足や食べ過ぎなどの生活習慣、ストレスや加齢などが関わっている。「同じような生活をしていても、2型の発症には個人差がある」(安田教授)。一方、1型は小児を含め幅広い年齢で発症する。免疫の異常などが関係するが、原因は不明なところも多いとされる。

 厚生労働省の2016年「国民健康・栄養調査」によると、糖尿病有病者と予備軍は、いずれも約1000万人。高齢者の増加のほか、小児を含む若い世代で2型の発症が目立つようになった。むさしの糖尿病・甲状腺クリニック(東京都武蔵野市)の田口学院長は「幼少期からの運動不足や、糖質過多の食習慣の影響も考えられる」と話す。

 日本人は欧米人に比べて体質的にインスリンを分泌する力が低く、糖尿病になりやすい。そこに食生活の欧米化が加わったことも、患者数増加の要因とされている。また、「最近増加傾向にある低出生体重児は、成人期の糖尿病発症リスクが高い」と安田教授は指摘する。  糖尿病は、血液検査で診断がつく。治療は初期の場合だと食事療法と運動療法を組み合わせるが、血糖値の変動が一定レベルを上回ると、飲み薬やインスリンの投与など薬物治療が行われる。

 また、合併症が起きたらその治療も必要になる。例えば、糖尿病腎症が重症化すると人工透析が必須となる。人工透析は「1回4~5時間を週3回。患者さんの苦痛と負担は大きい」(田口院長)。人工透析の医療費は1人あたり年間約480万円だが、保険で賄え、国の年間負担総額は1兆5700億円と推定されている。

 糖尿病対策で問題なのは、健康診断などで「今の生活のままでは糖尿病発症のリスク大」と指摘されても、自覚症状がないため放置する人が少なくないことだ。  高血糖を指摘されたら早めに専門医にかかる必要がある。何よりも若いうちから暴飲暴食を控えて肥満を予防し、適度な運動を心がけたい。

(ライター 仲尾匡代) [NIKKEIプラス1 2020年6月13日付]

 

糖尿病、予備軍含め2000万人 放置で重症、透析必要に(NIKKEI STYLE) – Yahoo!ニュース

看護師の書いた糖尿闘病記
夫の糖尿病と闘い、克服していった生々しい記録。勇気が出ます
www.tubasa1.com